天気の良い日は、ドライフライでイワナ釣り。

 
今シーズン1匹目の尺イワナ。   イワナ 31cm
RIMG9053.jpg

4/22 (日)   長良川水系・I川


日波による季節補正。

前日の土曜日に長良川水系のⅠ川で釣りをした知り合いからの情報で
数は多くないもののドライフライで釣れた。 との話を聞きました。

全体的に川ごとのシーズンインが早いとは思っていましたが
さすがにちょっと早すぎるのではないかと思いつつ、釣れたというので
まったく同じ区間へ私も入ってみることにしました。


まだ木の枝には葉っぱが付いておらず、日陰になる斜面には雪も残っていますが
ここ数日は、暖かい日が続いておりまったく寒くありません。 (むしろ暑いぐらいです。

気温だけで見れば、確かにドライフライでも釣れそうな気もします。

とりあえず、状況を見るのに基準としているプールで手前から流してみると
1投目から釣れてしまいました

たまたま1匹釣れただけという可能性もあるので、もう少し釣り上がってみると
最盛期の半分程ですが、それなりにイワナが釣れます。

カゲロウの姿はほとんど見かけませんでしたが、カワゲラがチラホラ飛んでいますし
小さい水生昆虫を含めれば、何かしらが流下しているようです。 (ライズも見かけました。)

天気の良い日が数日続いたからだと思いますが、確かにドライフライで釣れました。 



葉っぱが付いていないので、空がよく見える。 
RIMG9041.jpg


まだ、雪がある・・・ 
RIMG9076.jpg


この日の傾向。

前日に知り合いが同じ区間を釣りしているからか、時期的なものなのかは分かりませんが
普通サイズぐらいのイワナは、時々泳いでいる姿を見かけるものの
大き目のサイズ帯は、少し隠れているようなポイントで釣れます。

魚の付き場としては、早い時期らしい大場所のヒラキに出てきているようで
サイズを問わなければ一番確立の高いポイントとなっていました。 

少しサイズが良くなる27cm~のサイズ帯は、小場所~中場所の石の下にある緩みに居る割合が高く
あまり一般的とは言えないポイントに偏っていたような印象があります。


最初は、10番のカゲロウっぽいパターンのフライを使用していましたが
特にフライパターンの違いによる差は感じられなかったので、途中から10番のカディスに変更。

特定の水生昆虫が偏って流れていた訳ではないので、カディスに替えても魚の反応に違いはなく
どんなフライを流しても一定の反応が有り、釣り易かったと思います。


あとは、上流へ行けば行くほどイワナと水生昆虫の気配がなくなっていったので
やはりまだ早かったようです。



来年まで生きてたら、33cm~35cmぐらいかな?
RIMG9064.jpg


ヒラキの最後に居る魚

分かってはいても対処が難しいポイントの最後に出てきた魚。

ヒラキへ出てきているのは良いのですが、そこに付いている魚が一番良い魚とは限らず
走られないように釣って下流へリリースしても2匹並んでいた場合、もう一匹の魚には走られます。 


一つのポイントで1匹釣れれば良しと考えれば十分なのですが
ヒラキの最後に出てきている時は、よくよく見ると他にも魚が泳いで居たりします。
(あまり覗き込むと走られるので注意してください。)

複数居る場合はどの魚を釣るかを決めて1匹目でその魚を釣る。
あまり近づくと走られるので、最初から目視出来ない距離から一番良い魚が付くであろうレーンを
一投目に流す。 など対処方法はいくつかあります。

どの選択肢を選んでも良いのですが、ヒラキの最後で魚が釣れた。=良く出来ました。 ではなく
他にもっと良い魚が居たのではないか? と、考えるて釣りをするとサイズ帯が良くなる事があります。


逆に何の反応もなかったとしても、前後の小場所で魚を釣っているのに
期待していたポイントで魚が釣れなかった時は、気づかなかっただけで魚に逃げられている事もあります。

確認のしようがない可能性の話になるので、考えすぎるのも良くないですが
ヒラキの最後に出てきている魚は、釣っても釣れなくても目視出来る可能性が高く
状況を見る一つの基準となるので、フライへの反応がなくても近づく時は本当に居なかったか見てください。

もしかすると近づいたとたんに魚が猛ダッシュで逃げ出すかもしれません。 



オレンジ色の点々をしたイワナが結構混じった。
RIMG9047.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


5月の定期釣行会は、どこにしようか考え中。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


スポンサーサイト

フライフィッシングに必要な道具

 
渓流のドライフライフィッシング お勧めのシステムバランス
お勧め

これからフライフィッシングを始める人向け

フライフィッシングを始めようと思った時、ネット等で調べれば何が必要かすぐに出てくると思います。

しかし、必要な道具は分かったけれど どれにしようか悩んでいる。
お値段的にどのぐらい物を買えば安心なのか分からない。

そういったフライフィッシングを始める前段階の方に向けた事前情報記事で
個人的にお勧めしている一番最初の道具になります。



絶対に必要な物

ロッド・リール・バッキングライン・フライライン・リーダー・ティペット・フライ。

絵に描いてあるように渓流でドライフライの釣り上がりをするなら
こんな感じで始めると良いのではないかと思います。

ロッドは、一般的な渓流で使い易い8ft前後の3番か4番がお勧めで
それに合うリールにバッキングラインを巻いてからフライラインを巻きます。

フライラインは、ロッドの番手と同じ番号のフローティングラインを選んでください。
WF(ウェイトフォワード)やDT(ダブルテーパー)などのテーパーデザインがありますが
個人的にはWFがお勧めです。 (WFが無ければ、DTでも大丈夫です。)

フライラインの先に付けるリーダーは、ナイロンの9ft 5Xを3枚ぐらい買っておくと良いでしょう。
バット40% テーパー40% ティペット20% など裏面を見るとテーパーデザインが書いてあります。

ティペットは、ナイロンの5Xと6Xを持っていれば困らないです。

フライは、カディスやパラシュートといった一般的なドライフライで良いので
フックサイズ12番~#14番のサイズを10本ぐらい用意しておくと安心です。
(補足:番号が小さくなるほどフックサイズは大きくなります。 14番より12番の方が大きいです。)


道具

必要な物

ウェーダー・帽子・偏光グラス・フィッシングベスト・フロータント・フォーセップ
クリッパー・ピンオンリール・フライボックス・ランディングネット・ネットリリーサー・ネットコード・遊漁券

ウェーダーは、ブーツフットタイプとストッキングタイプがあり
ブーツフットタイプの方が履くだけなので、分かり易いかもです。

帽子・偏光グラスは、あると水面の反射を抑えフライが見やすくなったり魚を見つけやすくなり
目や頭の保護にもなるのであった方が良いです。

フィッシングベストは、釣りをする時に道具を入れるのに最適ですが物が入れられるバックでも大丈夫です。

ベストの中にフライを浮かせ易くするフロータント。
魚を釣った時に針を外すフォーセップ。
フライを入れておく為のフライボックス。
糸を切るクリッパーをピンオンリール付けておくと使い易いです。

ランディングネットは、無くても魚は釣れますがあった方が良いです。
ネットリリーサーでランディングネットをベストに付けて
落とした時、流されないようにネットコードでベストに結んでおきましょう。

遊漁券は、漁協の管轄内で釣りをする場合必要になります。 (漁協のない所の方が珍しいです。)



どのぐらいの道具を買えば良いのか?

実際に一式揃えるとしたら、ロッド・リール・バッキングライン・フライラインの入った
2万円前後のセット品をお勧めします。

セット品でも釣りをするのにまったく問題ない性能があるのと
ロッド・リール・ラインがバランスよく組み合わせてセットされているはずなので
組み合わせで間違う事はありません。

もし1万円未満のセット品を買って、とりあえずフライフィッシングを試してみたいと思われるのなら
管理釣り場でレンタルしている所もあるので、そちらをお勧めします。 (レンタル料 ¥1,000円ぐらいです。)

リーダー・ティペット・フライも一緒にセットされているものもありますが
別で買いなおした方が良いです。


ウェーダーやフィッシングベスト等の着用するものに関しては、予算に合わせて買ってください。
高い物ほど快適で長持ちしますが、安いものでも魚は釣れます。

基本的に身の回りの小物などは、釣果に直結するものではないのですが
釣りをするのに必要な物なので、安くても良いので揃えましょう。

最初の出費は大きいですが、消耗品以外はすぐに壊れるものではないので
長く続けていく趣味と思えば一月あたりの金額はたいした事ない・・・と思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


春夏秋渓ブログ更新しました。
4月の定期釣行会は、21(土)・22(日)に郡上漁協管内を予定。
今シーズンもよろしくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


たまには良い日に当たる事も。


幅広アマゴも釣れました。
RIMG8953.jpg

4/1 (日)   長良川水系・K川


アマゴ区間

先週まで小さい水生昆虫すら飛んでいなかったので、まだ早いかな? と思いつつ
K川の様子を見に行ってみたのですが、暖かい日が1週間続くと季節の進みは早いですね。

昼までの1時間弱ぐらいは、水温の上がり易いフラットな渓相の区間に入ったのですが
思ったよりドライフライへの反応もよく、アマゴであれば午前中から上を向いているようです。


入った区間がアマゴ向きの渓相である為、イワナは生息しているもののほとんど釣れず
アマゴばかりが釣れました。

3月までは員弁川方面でアマゴを釣っていたので、どちらかと言うとイワナの方が釣りたかったのですが
写真の様な幅広アマゴも混じるなら、アマゴでも良いかな。 

全てが幅広の良いアマゴとは言いませんが、数もそれなりに出てきてくれて
アマゴだけを狙っても十分釣りになる感じでした。

暖かくなってくる午後からイワナ区間へ入る予定なので、その前にアマゴの様子が見れて良かったです。



緩い流れのプールで釣れました。
RIMG8972.jpg


イワナ区間

お昼ご飯を食べてからイワナの多い区間へ入ってみました。

入渓して一つ目のポイントが細長いプールになっていて
状況が良ければライズしていたりするポイントです。

今回は、ライズを見つける事は出来ませんでしたが
魚が水面を意識している前提で遠目から狙ってみると、綺麗なライズフォームでフライに出ました。 

釣ってみると27cmぐらいのイワナで、緩いプールで釣れたのはかなりの好印象です。


イワナの場合、出てきている時と出てきていない時の差が激しく
どこにこんな数のイワナが居たんだろう? というぐらい沸いている時もありますし
影も形も見えないぐらい生命反応の無い時もあり、最高と最低の振れ幅大きい魚種だと思います。

振れ幅の大きい魚種という前提で言うと、ヒラキのプールでまともなサイズのイワナが釣れる時は
先行者が居ない可能性が高く、イワナも餌を食べに出てきている可能性が高い。 という事です。

その予想通り、ポイントらしいポイントにはイワナが付いていて
広めのポイントでは、2匹~3匹釣れたりと数・サイズ共にまずまずの状況。

4月1日にしてハイシーズンのような魚の反応です。 


大型のカゲロウも水際に溜まっていて、水面を見ていても時々スピナーが流れています。

川底も緑色のコケが生えている所もあり、例年よりかなり早い季節の進み具合です。

昨年であれば4月中旬頃がハイシーズンであったのに対し、これだけ早く季節が進むと
本来のシーズン中にどうなるか少し不安があります。



アベレージサイズ帯も良く、9寸ぐらいのイワナがポツポツ混じります。
RIMG8982.jpg


雪が残っている所もあり、季節の進み方がちぐはぐです。
RIMG8989.jpg


再びアマゴ区間

近年のK川では稀にみる好条件でイワナ区間を過ぎ
今度は、アマゴ区間に入ります。


一般的にはイワナの方が上流に棲んでいるイメージですが、好反応であったイワナ区間より上流に
まだアマゴ区間があり、その区間内では9割方アマゴが釣れます。

さすがにだいぶ上流の方まで来たので、斜面に雪も残っていて早そうな印象を受けましたが
大型のカゲロウの姿も確認出来て、きちんとドライフライにも反応します。 

普通に流芯を流すだけでアマゴが釣れるのは、すごく楽なのですが
やはり雪が残る4月の1日として考えると不自然な好反応です。



珍しく、最初から最後まで好反応の日でした。

今回は、カゲロウのスピナーも流下がちらほら確認できたので
いつものカディスではなく#10番のカゲロウっぽいフライを使いました。

フライのパターンが違う事で反応が大きく違う事はそれ程ないのですが
この時期、特定の水生昆虫だけが流れている状況ではフライパターンの違いで
反応が明らかに違う事があります。

いつものカディスでも釣れたでしょうがライズしている魚も居ましたし
実際にスピナーを捕食していたので、今回はマッチザハッチという事で。 


魚の反応は、かなり良かったのでイワナであれば25cm~28cmのサイズ帯がぽつぽつ混じり
アベレージでも23cmぐらいのが数多く釣れ、アマゴも20cm~23cmぐらいのサイズ帯が混じり
きちんと数えていませんが、少なくても30匹以上は釣ったと思います。

昔はこれぐらい釣れるのが普通だったのですが、近年ではこれの6割ぐらいしか釣れない日が多いです。

砂利で埋もれてポイントが浅くなったり、水量も少なくなって渓相が悪くなったのが原因かもしれませんが
この渓相でもきちんと魚が生息出来ているようです。


車横付け徒歩1分という立地条件の川なので、これからも多くの魚が暮らしていけるよう
出来るだけキャッチ&リリースで釣りをしてもらえると、今後も魚の多い川として残っていけると思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


春夏秋渓ブログ更新しました。
4月の定期釣行会は、21(土)・22(日)に郡上漁協管内を予定。
今シーズンもよろしくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


今年の春は、状況が読み難い。

 
アマゴが好きそうなポイント
RIMG8896.jpg

3/31 (土)   長良川水系・U川


激戦区

暖かい日が続いていますので、早ければそろそろ大型のカゲロウも出だす頃かと思い
先週、少しだけ様子をみたU川へ行ってきました。 (今度は、きちんと昼前から


今回は、少し新しい区間も見てみたいなと思い航空写真で地形を調べ
様子を見に行ってみたのですが、U川は釣り人多いですね

この辺りから入渓出来ないかな?と考えていた場所にはすでに餌釣りさんの姿が見えたので
仕方なくもう少し上流の橋から入渓。

1時間ぐらい釣り上がっていくと、上流に居た餌釣りさんに追いついてしまい
これまた仕方なく車で場所を移動して入渓しようとするとフライの人が・・・

渓流シーズン開幕早々、釣り場難民です。 


一応、新しい区間も少しは釣りが出来たので印象を言いますと
渓相はアマゴ向きで、開けたポイントが多く、良いポイントはあったので
魚が残っていれば大きいのが付いていても良いかなと。

ただ魚の生息数自体は、少なそうな感じだったので
イブニングにアマゴの一発大物狙いで1時間程釣りをするならちょうど良い区間だと思います。



水際にカゲロウは居るものの、あまり流れていない?
RIMG8910.jpg


イワナは、小さくても20cm以上はあるから良いね。 
RIMG8924.jpg


釣れなくはないものの魚の姿が見えない。

何とか空いている区間を見つけて入渓。

先週まで居なかった大型のカゲロウも水際に集まっていて、一見良さそうに見えるものの
先行者の影響なのか急激な気温の変化で魚の体調が付いていっていないのか
釣れるのはほとんどアマゴばかりで、イワナのようなポイントにもアマゴが入っています。 

基本的にアマゴとイワナの混生区では、アマゴが先に釣れ出すのでシーズン初期の様子ですが
これだけ気温が上がってカゲロウが出ているのにイワナがヒラキに出てきていないのは
季節と状況が噛み合っていないのでしょうね。


10番のカディスで釣り上がり、魚の出方を見ていると少しフライが違う感じもありましたが
それ以上に条件的なものが大きそうだったので、そのままカディスで通しました。

川辺に居るカゲロウが流れ出すか、他の水生昆虫も複合的に羽化すれば釣り易くなるのでしょうが
なかなか難しい状況だったと思います。

アマゴは大体ヒラキで釣れましたが、イワナは石の下に流れ込む石際でしか釣れませんでした。 
(先行者の影響もあるでしょうけど。)



先行者が居る想定で練習するなら良い川なのだけれど・・・

U川の特徴として釣り人が多い割には、魚もぼちぼち残っていて
25cm以上のサイズ帯が少ないといった印象があります。

また、普通のヒラキだけを釣っていては数・サイズ共に厳しい事を考えると
この川で普通に魚が釣れるようになったら、他の川でも安定して魚が釣れると思うので
厳しい状況を想定した練習場所としては良いのかもしれません。
(運良く先行者がなく、魚が出てきていれば簡単に釣れます。)

まぁ、なんだかんだ言って今回も20匹ぐらいは釣っているので
魚は居るんですよね。 

この日は、アマゴが6~7割で18cm±3cm イワナが22cmぐらいがアベレージで
28cmまでは釣れましたが、それ以上のサイズ帯は本当に少ないです。 



この日、イワナが釣れたポイントは石の下ばかり 
RIMG8905.jpg


長さはあっても、ガリガリのイワナが釣れた。  
RIMG8934.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


春夏秋渓ブログ更新しました。
4月の定期釣行会は、21(土)・22(日)に郡上漁協管内を予定。
今シーズンもよろしくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


もうすぐ春ですね。

 
山荘まで雪の階段を造る。
RIMG8874.jpg

3/24 (土)   長良川水系・K川~U川


山荘の準備へ。

もうすぐ4月になるので、そろそろ山荘で寝泊りできるよう準備をしておこうかと
雪かきに行ってきました。


今年の降雪量は、たぶん例年よりも多かったと思うのですが
ここ最近の雨や気温上昇で解けるのも早く、思ったより雪は少なめでした。 

道には雪がなかったので、昼間であればノーマルタイヤでも大丈夫そうです。


山荘までの道を雪かきして、灯油を補給したり布団を引っ張りだしたりと
早めに終わらせて川の様子を見に行きたいなーと思っていたのですが
がんばって雪かきするものではないですね・・・

結構、腰にきます。 


まぁ、来週は暖かい日が続く予報になっていますし
山荘の準備で1日近く時間を取られるので、今のうちにやっておくのが良いでしょう。



雪代の濁りはないですが、水温はかなり低そうです。
RIMG8887.jpg


ドライフライで釣るには、まだ早いようです。

せっかく岐阜まで来たので、早めに山荘の準備を終わらせ川に着いたのが3時半頃。

少し川原にも雪が残っていますが、釣り上がる分には支障のない程度で
雪代の濁りはないものの増水していて水温はかなり低い感じです。

これといった水生昆虫も飛んでいないので、たぶんまだ早いのでしょう。


せめて平水ぐらいまで水位が安定していれば水面まで出てきてくれると思いますが
増水&低水温なので、Dニンフシステムで様子を見てみました。

沈めれば釣れなくもない感じですが、イワナがほとんど出てきていないという状況で
1匹だけイワナを釣っただけで、ほかはアマゴでした。

イワナの方が上流域に棲んでいるので、低水温には強いようなイメージがありますが
アマゴとイワナの混生区間では、なぜかアマゴの方が先に動き出すんですよね。

時間も無いので、30分程釣りをして別の川を見に行きます。 



今シーズン1匹目のイワナ。
RIMG8884.jpg


水が落ち着いたらシーズンインかな?

U川もまだ増水していてまだ早い感じでしたが、小さめの水生昆虫が少しは飛んでいるようで
魚の反応もK川に比べれば幾分か良いような感じです。

一応、ドロッパーのカディスを食べに出てきてくれたので昼間であれば
ドライフライで釣り上がっても釣れるでしょう。 (すでに4時半過ぎ


段々と日が長くなってきているとはいえ、山では日陰になるのも早く
時間が経てば経つほど、魚の反応は悪くなってきました。

こちらの川もほとんどがアマゴで、1匹だけイワナっぽい感じの魚がカディスに出ましたが掛からず
あと数日でシーズンインといった感じ。


本当は、このまま山荘に泊まって日曜日を様子見にしようかと思っていたのですが
諸事情で自宅へ帰る事に。

まぁ、個人的には4月からが渓流シーズンなのでまた来週からがんばりましょう。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


春夏秋渓ブログ更新しました。
4月の定期釣行会は、21(土)・22(日)に郡上漁協管内を予定。
今シーズンもよろしくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR