FC2ブログ

上手くいかない日もある。

 
良い淵なのになー。
RIMG13081.jpg

7/15 (日)   長良川水系・本流と支流


お手軽本流コース

今日は、なんだか天気がパッとしない予報なので
長良川本流で釣りをしても暑くないかな?

アマゴを狙いに行きました。 


若干、水量も増えていて釣りをするのにも快適な気温。

工事の影響で、川が大幅に変わっている所もありますが
とりあえず、釣り上がって行けそうです。


アマゴの反応は・・・、チビアマゴが出てくる。 

時期的にチビアマゴも出てくる時期なのですね・・・。

まともなサイズが、1匹釣れれば良いのですが。



タイミング次第かな。

良さそうな瀬で、9寸ぐらいのアマゴがフライに出ましたが
フッキングまでには至らず。 

他は、チビアマゴが時々出てくるのみで
どうしたものか・・・。


良さそうな淵の良さそうなレーンで、チビアマゴが出てくる事を考えると
それ程、良い状況ではないのでしょう。

次の脱渓地点まで行くと時間が掛かるので
ここは深追いせず、帰り道の途中にあるイワナの川へ行く事にしました。 



曇っているので、水面が反射して・・・
RIMG13086.jpg


なんとか1匹、尺イワナを釣りました。 
RIMG13101.jpg


尺ぐらいは、あったと思うのだけれど・・・。

川を替えまして、イワナの川。

時間的にもあまり奥へは行けないので
お手軽コースへ入ります。


一つ目の大場所。

少し増水しているからか、平水時より対岸側にイワナの魚影を発見。 

キャスト位置まで移動し、イワナの居るレーンへフライをキャスト。

イワナの位置まで流れて行き、フライを食べたのですが・・・
アワセを入れると、掛かりませんでした。 


感触がなかったので、針先は触っていないと思うものの
イワナは、危険を感じて隠れてしまったようです。 

まぁ、流芯の奥側だったので難しいのは分かっていましたが
分かっていても、上手く出来るかどうかは別問題なんですよね。 



釣れなかった時の変なプレッシャー

いつもは、あまり流れのない流芯脇にある巻き返しに
うろうろしているイワナを発見。

外周を移動しながら、餌を探しているようです。 


曇り空で水中が見難く、イワナの姿を見失ってしまいましたが
再度、姿を確認したタイミングでキャスト。

枝が張り出していたり、障害物がゴチャゴチャしているので
あまり長い事フライを流す事ができません。

早くフライに気付いて、食べて・・・。


ゆっくりフライに近づいてきて、パクリ。

今度は、フッキングに成功しましたが
掛かりが少し浅いかも?

障害物をかわしつつ、無理なテンションは掛けないように
泳がせてランディング。 


31cmまではないけど、なんとか尺はあるようです。

先ほど釣れなかった事が、なかった事になる訳ではないものの
2連続で釣れないとショックなので、釣れて良かった。 



イワナの姿が見えたのだけれど・・・
RIMG13107.jpg


確立の問題?

尺イワナを釣ってから程なくして
同じぐらいのイワナを発見。

巻き返しに定位して、こちらを向いています。 


この条件って、フッキング率が下がるから
なんとかしたいのだけれど、遅アワセ以外に良い方法はないのかな・・・。

これといった案も思い浮かばなかったので、普通に流して遅アワセ。

イワナがフライを食べたのを確認してから、アワセを入れましたが
針先が触った感触もなく、すっぽ抜け。 


100%フッキングは難しいにしても、8割ぐらいまでもっていけたとして・・・
2割は掛からないのか。 

まぁ、難しいのが分かっていて釣りをしている時は
釣れなかったとしても仕方がない。 と思ってはいるが
やはり、釣れる可能性が有った以上 釣れないとショックなんですよね。

だからこそ、色々と考えて釣りをする訳で
次ぎは、もうちょっと上手く釣りが出来るようにしたいと思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


もうすぐ9月。

梅雨はあけたはずなのに天気悪いですね。 



8月の定期釣行会は、24日・25日です。

行き先は、最初にご連絡を頂いた方の意見を参考に
釣り場を決めようと思っています。

アマゴ・ヤマメ・イワナ、色々と狙えます。 


釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


スポンサーサイト



フラットな川も良いですよ。

 
今シーズンの初ヤマメ。
RIMG13011_20190815182821df9.jpg

7/14(日)   庄川水系・支流


ヤマメを釣りに行こう。

そういえば、今年はまだヤマメを釣ってないなーと思い出し
ヤマメの釣れる庄川水系へ行ってきました。

定期釣行会の候補地をいくつか回りたいので
車横付け、徒歩1分の川へ入渓。

ニジマス君もよく釣れる川なのだけれど
今年は、どんな感じかな?



いろいろ釣れる川です。

入渓直後から20cmちょっとないぐらいのイワナが高活性。 

この時期に小さなイワナが高活性というのも珍しい気がしますが
小さな瀬を釣り上がって行くと、結構な確立で出てきます。

まぁ・・・小さくても数が釣れれば、候補地としては有りなのかな。


一つ目の大場所。

ここは、一つ良いサイズのヤマメに期待したい所です。 

小さいイワナは、出てきませんように・・・


ヤマメ狙いで流芯のレーンを流すと、フライを食べに魚が出てきました。 

アワセを入れると、力強い引き。

これがヤマメなら良いサイズだけど、見事なジャンプを見せてくれたこの魚は
たぶん、アレでしょう。 


今年も居ました。 ニジマス君。

このニジマス、毎年釣れる20cmぐらいのサイズではなく
尺近くあるので、年越しのニジマス君かな?

確率的には、珍しい魚が釣れました。 



ニジマスのアベレージが、これなら良いのにな~
RIMG13044_201908151828218f0.jpg


フラットな川で、ヤマメ・イワナ・ニジマスが釣れます。
RIMG13048_20190815182823682.jpg


水量の少ないフラットな川は、練習に良い。

一つ目の川は、最初こそ良い感じでしたが
その後は、パッとしないまま終了。 

釣れるには、釣れるのですがサイズ的に小さく
蜘蛛の巣との戦いに疲れて、川を替えることにしました。


次の川も車横付け、徒歩1分。 

きちんと釣りをすると、時々良いサイズの魚が釣れるのですが
基本的にサイズを期待して釣りをする川ではありません。

ですが、個人的には練習するには良い川だと思うので
結構、好きな川でもあります。 



丸々としたヤマメが釣れます。
RIMG13068_201908151828145cb.jpg


こんな浅いポイントで。 
RIMG13071_20190815182815e30.jpg


小さな川でも魚は居ます。

若干、増水気味のようですが浅い川ですね~。

浅くてフラットな川なので、距離を取ってきちんとフライを流さないといけないので
練習するには、良い川です。


どこに魚が棲んでいるんだ? というぐらい浅いですが
ヤマメとイワナが生息しています。 

昔に比べると、魚の数は減っているものの
とりあえず、丸々としたヤマメが釣れました。 



浅い川のサイトフィッシング。

イワナの方はというと、そんなに出てきていないようです。

時期によって、ヤマメとイワナの釣れる割合が違うのですが
夏ぐらいになるとヤマメ率が上がる気がします。


そんな中、浅くてフラットなポイントでイワナらしき魚影を発見。 

あまり近づけないので、正確なサイズまでは分からないものの
この川なら良いサイズの部類に入りそう。

流れに定位しているのではなく、うろうろと移動しながら餌を探しているようで
キャストのタイミングが難しい・・・。

魚影が確認出来たタイミングで、キャストするしかないですね。 



28cm~29cmぐらいかな?
RIMG13073_20190815182817c42.jpg


手づかみ出来そうな水深でも、尺近いイワナが釣れます。
RIMG13076_2019081518281854e.jpg


釣り場に合わせた調整が必要な事も。

タイミングをみて、キャストするとフライに出ました。

まぁ、いつも釣っているサイズからすれと大きくはないですが
この川なら良いサイズだと思います。 


使っているフライは、いつものカディス10番と5Xのティペット。

フラットな川なので、もう少しフライのサイズを落として
ティペットを細くした方が、釣り易いかもしれません。


ただ、釣りをしている感じ魚の反応は悪くないので
このシステムで通しましたが、状況をみて調節すると良いと思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


台風で、一時的にかなり増水していましたが
水量は下がってきましたね。

大雨の後は、道も荒れている事があるので
釣りに行かれる方は、気をつけてください。 



8月の定期釣行会は、24日・25日です。

行き先は、最初にご連絡を頂いた方の意見を参考に
釣り場を決めようと思っています。

アマゴ・ヤマメ・イワナ、色々と狙えます。 


釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


水位の変化で、魚の付き場は替わる。

 
久しぶりにサイトストリーマーを引っ張ってみた。
RIMG12933.jpg

7/6 (土)   長良川水系・支流


梅雨ですね。

今年は、梅雨らしい梅雨と言いますか
釣りに行けたり行けなかったりの週末を過ごしております。

無理して雨の日に釣りへ行っても
危ないですし、ドライフライで釣りをするには向いていませんからね。 


そんな訳で、今週は曇り空の少し増水中。

久しぶりに普段は水量の少ない長良川支流へ
様子を見に行ってきました。 



色々と残念。

増水しているはずなのに水深がありません。

昔は、もうちょっとゆったりとした流れで深みもあったのに
砂利でポイントが潰れています。 


ポイントが潰れて川が悪くなる事は、よくある事なのですが
魚が釣れる釣れない以前に渓相が悪くなっていると、気分的にがっかり。

結局の所、川が悪くなると魚も少なくなりますし
釣りをしていてもワクワク感が減ってしまうんですよね・・・。


あまり気分が乗らなかったので、久しぶりにストリーマーを引っ張ってみたら
ぽつぽつとは、イワナが釣れました。 

まぁ、釣れるには釣れるのですが
すぐ上に釣り人が入ってしまったので、30分程で終了。


私が車を止めた時に追い抜いていった車だけど
もうちょっと、距離を空けて欲しかったな・・・。 



浅いポイントは、増水した方が好反応。
RIMG12947.jpg


あと、1cmぐらい尺に足りない・・・。
RIMG12958.jpg


水位の増減で、付き場も替わる。

仕方がないので、近くの川へ移動してきました。

こちらの川も少し増水していたので、このままストリーマーでも良いかな?
と、思いつつもドライフライに変更。

イワナの反応は・・・あまり良いとは言えません


増水気味だからか、深いポイントはドライフライに反応し難く
普段は、浅くてあまり反応の無いポイントが良い感じになっています。

しかし、普段浅いポイントだと元々棲んでいる魚が小さいので
サイズ的には、あまり期待できません。 


流芯で釣れていたポイントも流れが速くなり
流芯を跨いだ対岸側にレーンが移動していたりと
ポイントによっては、難しくなっている事も。



不確定要素も、実は確定要素だったり。

逆に普段出てこないような、ヒラキの後半部分。

適度に流れが当たっていて、増水時には良いポイントになっているようです。


付き場が替わると、普段出て来ないポイントに魚が出てきていたり
一番のレーンも替わるので、いつも通り釣りをしても普段釣れない大物が釣れる。
みたいな不確定要素が大きくなっている気がします。

実際、平水時は予想通りのポイントで良いサイズの魚が釣れますが
増水している時は、予想外のポイントで良いサイズが釣れる事も・・・。 


まぁ、水量や条件に合わせて釣りをした方が安定しますし
運任せというのも個人的には好きではないので
きちんと考えて釣りをした方が良いです。 



夏に向けて、黒っぽいカディスを巻いてみた。
RIMG12964.jpg


やっぱり、29cm・・・
RIMG12970.jpg


悪くはないけど・・・、納得は出来ない。

少し増水しているとはいえ、そこまで悪い状況ではないと思うのですが
なんだかパッとしないまま一区間、釣り上がりました。

一応、29cmまでは釣っているし
川を替えてから、10匹以上は釣っているはずなので
本当にダメという訳ではありません・・・。

ありませんが、パッとしないのでもう少しがんばる事にしました。 



意外と遠かった。

林道を歩く事、20分・・・

大場所の上に出れる林道があると聞いていたので
ちょっと、見に行ってみようかな。 と思ったら遠かった。 

しかも、大場所の下流へ入ろうと思ったら
藪の斜面を降りるしかなさそうです・・・。


1箇所高い段差があったものの、それ以外は特に苦労する事なく
無事、川まで下りる事が出来ました。

最後の大場所まで、ほとんど距離はありませんが
様子見も兼ねて釣り上がってみると、29cmのイワナが釣れました。 

また、29cmか・・・。

尺の壁は高いってやつかな? 



年季の入った風貌。   イワナ 37.5cm
RIMG12971.jpg



曇りの日の日陰は、写真が・・・
RIMG12987.jpg


居るのか、居ないのか。

最後の大場所。

このポイントの為に20分歩いてきたようなもの・・・(※帰りも20分掛かります。)


平水時なら中央のレーンに付いている事が多いのだけれど
少し増水しているから、どうなのかな?

魚影が確認できるようなポイントなら良いのですが
このポイントは、サイトフィッシングをするには向いていません。 

魚影が確認出来ない以上、実績のある中央のレーンへ
一投目をキャストしてみました。


反応無し。 

釣れるなら一投目に釣れる確立が高いのだけれど
出て来ていないのか、警戒されたのか。

すぐに二投目をキャストせず、この状況で一番良いレーンを
再度、考え直します。



チャンスに気付く事。

ポイントを観察していると、最後の流れ出し手前で
ライズしたような感じがありました。

気がしただけかもしれないし、ライズだったとしてもサイズは分かりません。

ただ、この水量なら中央のレーンより下流にある
流れ出し付近の方が、良い流速になっている感じはあります。


二投目は、ライズしたと思われるレーンへ。

波紋と共にフライが消え、アワセを入れると・・・良いサイズ。 

もう、ポイント的に次のチャンスはないので
確実に釣りたいところですが、岸際で掛けると逆に難しい。 

少し送り込んで、中央付近に一旦泳がせてから
徐々に寄せてきて、キャッチ。


38cm・・・は、ちょっと無さそうだから37.5cmかな。

最後の最後、ラストチャンスで良いサイズの魚を釣ることが多いのですが
諦めずに可能性があるなら、がんばれって事ですかね。

いつも釣れるとは限りませんが、諦めていたら釣れなかった魚だと思います。 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


梅雨明けしたようですが、夏のゲリラ豪雨が怖いですね。 

先日も釣りの帰りに突然の豪雨に遭遇しまして
山から道に茶色い泥水が流れ込んでいました。

釣りをしている最中ではなかったので、良かったのですが
不安定な天気の日は、気を付けて下さい。 



8月の定期釣行会は、24日・25日です。

行き先は、最初にご連絡を頂いた方の意見を参考に
釣り場を決めようと思っています。

アマゴ・ヤマメ・イワナ、色々と狙えます。 


釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


どこに魚が居るか分かると、釣りを有利に展開できる。

 
釣ってみたら、思ったより大きかった・・・。
RIMG12892.jpg

6/23 (日)   九頭竜川水系・支流


6月の定期釣行会

天気にも恵まれ、梅雨の合間の晴れです。 

個人的には、晴れの日の方が釣れる気がするのですが
サイトフィッシングに向いている天気だからかもしれませんね。


とりあえず、予定していた川へ到着すると車が1台止まっています。

んー、どうしたものか。

どこに入ったか分からないので、しばらく川沿いの林道を歩き
上流の区間へ入る事にしました。



サイトフィッシングでの1匹。   イワナ 31cm
RIMG12893.jpg


この浅い水溜りで、反時計回りに回遊してた。
RIMG12904.jpg


イワナって、水溜り好きだよね。

お昼ご飯を食べ終わって、1時過ぎ。

釣りを再開し 「イワナって、こういう水溜りによく居たりするんですよねー。」 と
水溜りを見に行くと、回遊しているイワナを発見。 


「やっぱり居ました。」 と、イワナの位置を教えますが
日向と日陰が交じり合っているからか、常にイワナの姿が見える訳ではありません。

しばらく見ていると、見易い位置を通過した時に魚影を確認できたようで
タイミングをみて、キャストしますが狙い難いポイントと言う事もあり
なかなか狙った所にフライが落ちないようです。 


何度かイワナの近くへフライを落としていますが
特に警戒している様子もないので、まだ可能性はありそう。

居るのが分かっているサイトフィッシングだからこそ
タイミングや釣り方を試行錯誤して、何度もチャレンジ出来るのだと思います。 



祝・尺イワナ

何度かチャレンジしていると、ロッドが曲がりイワナが掛かったようです。

水溜りからメインの流れへ引っ張り出し
泳いでいるイワナの姿を見ると・・・大きそう?


最初、見つけた時は25cmぐらいはあるかな? の感じでしたが
なかなかの良いサイズ。 

ネットインの瞬間も写真に収める事が出来まして
大きさを測ってみると、31cm。

定期釣行会の時に尺クラスを釣ってもらえると
書く内容が分かり易くなって、助かります。 



本日、2匹目の尺イワナ。 
RIMG12926.jpg


説明日和。

午後からは、イワナの活性も上がってきたようで
堰堤下などの大場所では、サイトフィッシングで狙い打ちできます。 


見えているイワナに関しても、同じようなサイズ帯で固まっているようで
どういった所に良いサイズのイワナが付き易いか。 とか。

渓相的に魚影の濃い・薄いや、ポイントへのアプローチ方法など
魚が出てきている状況だと、とても説明し易くとても助かります。 

いつもこのぐらい魚が見えると、良いんですけどね。 



魚さえ浮いていれば、ドライフライはよく釣れる。

この川の傾向として、堰堤下などの広くて流れの緩いポイントに
浮いている事が多く、定期釣行会向きの川かも・・・。

すごい山奥で、滅多に人が来ないような川でもないのに
魚の数は多いような気がするんですよね。


それなりに小場所でもイワナが出てきてくれ
午後からは、良い条件だったと思います。 

最後の大場所までやってきまして、端のポイントから順番に攻めていき
中央辺りの落ち込みで、良さそうなサイズのイワナを掛けたようです。

慎重に寄せてきて、本日2匹目の尺イワナ。

1日に複数の尺イワナが釣れたのは、久しぶりだったようで
満足できる釣行になったようです。 



尺か30cmか・・・、最後に私もイワナを釣りました。
RIMG12931.jpg


最後に釣って終わるのが、良い終わり方。

最後のポイントで、2匹目の尺イワナを釣り
残り半分のポイントを譲ってくれました。

見えているイワナを無視して、奥に良いサイズのイワナは居ないかと
少し遠投しますが、釣れたのは普通サイズ


まぁ、全部が全部大きい訳じゃないですからね。

このイワナも後1~2年ぐらいしたら、きっと尺ぐらいになっているはずです。


奥のポイントを釣り終わり、「手前にイワナは、見えているんですけどねー。」 と
無視していたイワナの所にフライを落とすと、すんなりフライを食べました。 

普通に寄せてきて、キャッチ。

掬ってみると、思ったより大きかった?


計ってみると、30cmぐらいあるので
良いサイズでしたね。 

私も最後に尺ぐらいのイワナを釣って、釣りを終了。

少し時間があったので、キャスティング練習を少しして
6月の定期釣行会は、良い日となりました。 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


たまたま1匹だけ尺ぐらいのが釣れる日もあれば
複数匹釣れる日もあります。

条件的に出てきている状況なら
何匹か同じようなサイズが釣れる事が多いので
2匹目以降も狙ってみると良いかもです。



8月の定期釣行会は、24日・25日ぐらいかな。


釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


ドライフライで、35cmクラスのイワナが釣れれば十分だよね。

 
太さもあって、良いイワナ。
RIMG12846.jpg

6/22 (土)   長良川水系・支流


梅雨だけど、渇水。

天気の悪い週末が続いていますが、今週は釣りに行けそうです。

梅雨の時期で、川は増水気味かと思いきや
上流の方は降っていないようで、すでに渇水の状態。 

雨ばかりで釣りに行けないのも困りますが
いつぞやかの年のように超渇水&高水温の夏で
魚に厳しいのも困ってしまいます・・・。

さて、梅雨の合間のこの状況。

魚の活性は、どんな感じかな?



しばらく、この区間は歩き難いと思われます。

入渓してすぐ26cmぐらいのイワナが釣れたので
まぁまぁ、良いのかな? と思ったのですが
それ以降、20cmちょっとのイワナが時々釣れるのみ

しかも、伐採で切られた木が川を覆っていて
釣りも出来ず、歩き難い。 

このまま放置しておくと、増水した時に切った木が流されて
何かしらの災害に繋がりそうなものだけど、大丈夫なのかな?



やっと、まともなサイズが釣れました。   イワナ 29cm
RIMG12797.jpg


見えない所は、イメージで。

なかなか、芳しくない状況の中
ちょっとした大場所へやってきました。

見える魚は・・・居ません。 

よく定位しているポイントにも魚影は見えず
ヒラキにもイワナの姿は見えないので、出てきていないのでしょう。


流れがぶつかった手前の石の前。

石の影になっているので、フライを流してもこちらから見る事は出来ませんが
流れといい石の配置といい、ポイントとしては良さそうです。


フライを見える位置にキャストして、流れ方を見ながら
石の影に入ったら、何となくのイメージで見えているつもりになって
イワナが食べるタイミングを想像します。 

石に流れがぶつかり、横に流れを変えて・・・

ふわ~ パク。 ※イメージです。

で、アワセを入れると掛かりました。 

今日の中では、一番大きい29cmのイワナが釣れたので
とりあえず、写真撮影。 



ボディの色を黄色っぽくしてみました。
RIMG12811.jpg


ミドリカワゲラといいつつ、色は黄色。
RIMG12852.jpg


気分でフライ交換。

午後3時ぐらいから魚の反応が良くなってきました。 

川原にミドリカワゲラもチラホラと見かけるようになり
エサを食べにイワナも出てきたのかもしれません。

まぁ、偏食しているとは思えませんが
気分的に色を合わせて、黄色っぽいカディスに交換。

すでにエサを食べに出てきている状況なので
フライは何でも良いと思うんですけどね。 



良いポイントには、良いイワナ。   イワナ 36cm
RIMG12832.jpg


少しでも確立を上げる為に。

大場所へ到着。

釣れるか釣れないかは別にして
大場所には、良いサイズの魚が棲んでいる事が多いです。 


20cm台のイワナは、何匹か見えますが
確認出来る範囲で、一通りどこにどのサイズ帯のイワナが居るか見ます。

んー・・・、一番のレーンに1匹良いのが居るな。 


こっそりキャスト出来る位置まで移動し、キャスト。

釣るなら一投目で、確実に魚の居るレーンにフライを乗せる。

毎回、このパターンで釣っていますが
これが一番確実なんです。 



掛けてからは、無理をしないのが一番。

ゆっくりとしたライズフォームで、フライをパクリ。

アワセを入れ、重みのある魚の感触から
35cmクラスの雰囲気が少し出ています。 


抵抗しているイワナの姿は見えますが
無理には寄せません。

フッキングさえ決まっていれば、泳いでいる時にバレる事は滅多になく
障害物に突っ込みそうになった時など、無理なテンションを掛けた時とか
最後の取り込みで、焦って取り込もうとした時などが危ないです。

なので、ちょっと慣れが必要かもしれませんが
このぐらいのサイズになると重量感があって良いな~ ぐらいの余裕をもって
やり取りをすると良い気がします。 


そんな感じで、今回はちょっと引きを楽しみながら
無事、キャッチする事が出来ました。

うん。 良い体格をした36cmのイワナです。 



浅くて大きな水溜りのようなポイントにイワナの姿が見える。
RIMG12854.jpg


もう1匹、尺イワナ釣りました。
RIMG12866.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


やっぱり、ドライフライの釣りは
サイトフィッシングと相性が良いですね。

大きな魚って、大きいからすぐ見つかりそうなものだけど
意外と動かずじっとしていると、見つからないんですよね。 


大場所や魚影が確認出来そうなポイントでは
ちょっと時間を掛けて、ポイントを観察してみるのもお勧めです。



8月の定期釣行会は、日程を考え中です。

標高の高い涼しい川で、イワナ釣りが良いかな~。


釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR