フライで冬のコイ釣り 仕掛け


分かり易い コイ釣りのフライシステム図
システム 鯉




コイ釣りに必要な道具

参考までに普段使用しているのがこんな感じです。

ロッド:7番 9ft1in
ライン:7番フローティング
リーダー:9ft 3X
ティペット:3X
インジケータ(ウキ):手作り発砲スチロールウキ
オモリ:ガン玉 5号
フライ:グローバグのような白っぽいフライ フックサイズ#10番


アベレージ50cm~60cm 最大80cm程度のコイであれば、ロッドは6番~8番ぐらいが良く
ロッドに合ったフローティングラインで良いと思います。

リーダーのテーパーデザインは、9ftのバット4割テーパー4割ティップ2割の物を選び
バットとテーパーで2m20cm ティペットを継ぎ足してティペット部分を80cmぐらいにしています。
太さは、3Xで十分な強度があると思います。

フライからガン玉までの距離は、ほぼ15cmで固定。
ガン玉からインジケータまでの距離を水深ぐらいにしておくと、沈んでいるコイを狙うのに
ちょうど良い流れ方をします。



サイトフィッシングが出来るポイントが良いです。
RIMG4942.jpg


フライで釣りをするのに適した川

中流域ぐらいからは、大抵どの川にでも生息しているコイですが
居るからと言って、どこでも同じように釣れる訳ではありません。

フライ自体に匂いや味がある訳ではないので、集魚効果は期待できず
コイが目視出来ないような深い水深の所では、コイがフライの前を通過するのを期待するしかなく
深いポイントは、フライには向いていません。


理想としては、川幅20m程度で水深が全体的に浅い川。
コイの泳いでいる姿が目視出来るような川だととても釣り易いです。

基本的には、コイを見つけてからのサイトフィッシングになるので
どれだけコイが泳いでいるのを見つけれるかがポイント選びの基準になってきます。



フライを沈めての釣り方

コイの居る所へ 出来る限りナチュラルドリフトでフライを届ける事。
これがコイ釣りでもっとも重要な事だと思います。

ドライフライではお馴染みのドラッグも、インジケータを使った沈める釣りでも
実際には起きている現象で、コイは不自然なフライの動きを嫌いますし
ドラッグが掛かって引っ張られている状態のフライでは、なかなかフッキングしません。


サイトフィッシングで良く見えるフライを使っているので、実際にフライがどうやって流れているのか
フライに対して魚がどのような反応をしめすのかが確認出来ます。

釣れる流れ方は、川底をコロコロとゴミが流れるように流れている時が
一番コイの反応が良いように感じます。






フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は4月からです。 シーズンまでしばらくお待ちください。
スポンサーサイト

水溜りフィッシングの勧め その2

 
水深は浅くても、広くて隠れる場所が多い水溜りは複数のイワナが入っている事も。
RIMG1646.jpg



良い水溜りの条件

イワナの場合、かなり小さな水溜りでもイワナが入っている事が多いですが
複数のイワナが入っている水溜り や 大きなイワナが入っている水溜り など
水溜りによって数やサイズに傾向が見られます。

どんな水溜りでも、最低限イワナ自身が身を隠せるスペースがある事が条件ですが
入っているイワナの数は、水面の面積に比例しているような傾向があり
浅くても水面の面積が広い水溜り程、多くのイワナが入っているような感じがします。

写真のような浅い水溜りでも、水面から顔を出すぐらいの石が入っていると
その下は良い隠れ場所になり、それに加え広い水面がある水溜りは
ある程度、餌の確保がしやすいのか複数のイワナが居る事が多いです。


サイズに関しては、大きな石ほど大きなイワナが入っているような気がします。

「水溜りフィッシングの勧め その1」 の写真に写っているような大岩の合間に見えるイワナなど
大きな石の下は、大きなスペースが確保されている事が多いので
大きなイワナも身を隠す事ができ、石の周囲だけは深くなっている事が多く
棲む場所としては好条件の水溜りのようです。

また、石に限らずテトラポットや崩れたコンクリートなどの人工物
倒木や岩盤のエグレなど、そういった障害物もイワナは好きみたいです。



流れ込み・大岩・水面の面積など、好条件の揃った優良物件。
RIMG3741.jpg


状況の認識 と 釣りの構築

水溜りの真ん中で、ぼけ~っと浮いているイワナを見つけたとする。
まず確認したいのが、イワナがどこを向いているか。

釣り人と向かい合うようにこっちを向いているのか、180度反対のそっぽを向いている状態なのか
90度回転してイワナが横から見える状態なのかで難易度がかなり替わってくる。


水溜りのような流れの無いポイントでは、川のように上流から下流へフライが流れる事なく
落ちた場所にフライは永遠と留まり続ける。 (風が吹いていたり、引っ張たりすれば別ですが。)

その場に留まるという事は、フライがイワナの居る場所まで流れる事はなく
イワナの方からフライに近づいてきてもらわなければならない。

この時、どの方向からフライへ向かってくるのか、どのぐらいの速度でフライに向かってくるのかが
フッキング率に大きく影響し、フライを見つけてからフライを食べるまでをどれだけ頭の中のイメージに
近づける事が出来るかが水溜りフィッシングの楽しみ方の一つだと思う。



釣り人とイワナの位置関係とフライの落とす位置
0114.jpg


イワナを見つけた時、どこにフライを落とすのか。

写真に少しラクガキをしてみた。

手前に釣り人が居て、水溜りの中央付近にイワナ。
釣り人から見て 左を向いているイワナとこっちを向いているイワナ2匹のイワナが居るとする。
×印は、フライを落とす位置。


まず、左のイワナを狙った場合
イワナの真上・前方・手前・奥・後ろ・前方やや遠目の6箇所をフライを落とす候補地として考える。

【真上】 落ちパクで即食べてくれる事もあるが慌てて食べる事もあり
     場合によっては、びっくりして逃げてしまうイワナも居たりと博打の位置。

【前方】 真上の不安要素を減らした比較的安定して釣れる無難な位置だと思う。

【手前】 釣り人側に向かってフライを食べる事になり、水面に浮いているフライを見る時に
     釣り人と目が合う事も・・・

【奥】 止水の水溜りで、ティペットがイワナの上に落ちる事になり
    フライに視線が行くか、ティペットに視線が行くか際どい位置だと思う。

【後ろ】 イワナの真後ろは、死角になっているそうで 実際 フライに気づいてくれない事もある。

【前方やや遠め】 イワナに助走距離を付けされる事によって、口の中に入る確立が少し上がるような気がする。


基本的には、前方~前方やや遠目の間の位置にフライを落とす事が多く
実際、この写真を撮った時も その位置にフライを落としてイワナを釣っている。


もし、イワナが手前を向いていた場合
難易度が上昇して、どの位置へフライを落とそうとしてもキャスティング動作で警戒される可能性が上がり
左のイワナの無難な位置 【前方】 が釣り人と目の合う位置になり、これまたやっかいな事になる。

この場合、最小限の動作で釣り人から見て手前の位置に落とすか、釣り人から見て左の位置にフライを落とし
左のイワナと同じ条件にして釣るかの2択。

左へ落として釣る方がフッキング率の問題でキャッチ率が高いので
可能であるなら左へフライを落としたい。

どの選択肢を選ぶにしても、状況をきちんと認識して釣りを構築しイメージ通りに釣りを行う。
釣りの三大要素 【認識】 【構築】 【再現】 が大事なんじゃないかと考えている。

(※釣りの三大要素は、私が勝手に言っているだけなので一般的な釣りの要素ではありません。)





フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は4月からです。 シーズンまでしばらくお待ちください。

水溜りフィッシングの勧め その1

 
水溜りをよ~く見ると、イワナが居る事がよくあります。 
RIMG2649.jpg



イワナは、水溜りが好き?

アマゴに比べて緩い流れに付き易いイワナですが、まったく流れのない水溜りにも居ます。

川の流れから完全に隔離された小さな水溜りから、見た目は隔離されているようでも
石の隙間が川に繋がっている実は広い水溜りまで色々あります。

立地条件によっては、メインの川よりも大型のイワナが入っている事もあり
水溜りは、イワナにとって居心地の良い環境なのだと思います。



水溜りフィッシングの基本

水溜りは、川と違って流れがほぼ無い為
イワナが釣り人の存在に気づき易く、不用意に近づくとすぐにイワナは隠れてしまいます。

今まで見てきた経験で言うと、釣り人の足音・・・なのか振動なのか分かりませんが
イワナから絶対に見えない所を歩いている釣り人を察知する事が出来るようです。

他にも動きに対する警戒心が強いようで、水溜りを覗き込む時は ゆっくりとした動作で覗き込む方が
気づかれ難いようです。


まぁ、中にはそういった神経質なイワナも居ます。 というだけで
ゆっくりと近づいて、ゆっくりと覗き込めば 大抵の場合、逃げられる事はありません。

イワナに気づかれることなく、近づけたなら よ~く水溜りを見てください。
尺を超えるサイズが泳いでいる事も珍しくありません。



伏流水になって、完全に川と遮断されている水溜りでもイワナは居ます。
RIMG3918.jpg


水溜りイワナの分類と対策

水溜りに居るイワナをドライフライで釣ろうとした場合、大まかに分類すると3種類のタイプが居ます。

1.ぼけ~っとタイプ
  水面近くで泳ぐ訳でもなく、その場で ぼけ~っとしているイワナ。

2.うろうろタイプ
  水溜りをうろうろしながら回遊しているアクティブなイワナ。

3.きょろきょろタイプ
  障害物の陰に隠れて、水溜りに餌が落ちてくるのを待っているイワナ。


ぼけ~っとタイプ・うろうろタイプは、水溜りをよく見ればイワナを見つける事が出来るので
見つけてから釣りをした方が良いです。

適当にキャストしても釣れる事はありますが、基本的に一投で決めなければならない水溜りフィッシング。
ミスキャストをすると着水の時に逃げられたり、ピックアップの時に逃げられる事があります。
(特にピックアップ時に逃げる事が多いです。)

なので、出来るだけイワナの位置を確認してから釣りをする事が望ましいと思われます。


きょろきょろタイプは、イワナが隠れていそうな障害物の近くへフライを落とすだけなので
特に対策もなく、それっぽい所へフライを落とせば下からイワナが出てきます。



止水で釣りをするのだから、ティペットは細くフライは小さい方が良い?

イワナに限って言うならば、回遊しながらライズしているイワナであっても
(何を食べたのか目視出来ない餌のサイズでも)4Xのティペット・10番のカディスで大体釣れます。

しかし、ティペットは細い方が良いとは思います。

思いますが、今まで釣ってきた水溜りイワナを見る限り 視線はティペットよりもフライに向いており
餌の流下量が限られる水溜りでは、落ちてきた餌(かもしれない)フライに注意が行くのかもしれません。


注意が行きやすいという意味で、フライも水面に落ちた時に波紋が出る程度のサイズの方が
反応が良いように思います。

過去に見えている うろうろタイプ のイワナに対して13番のニンフを試した後 (釣れませんでした
10番のカディスに替えたら 簡単に釣れてしまったという経験があります。

止水という条件において、水面に落ちた餌(かもしれない)波紋というのは
水溜りイワナにとって、とても魅力的なものなのかもしれません。





フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は4月からです。 シーズンまでしばらくお待ちください。

尺という境界線を考える。 (アマゴ編)

川育ち、放流魚の遺伝子が入ったアマゴ
RIMG0074.jpg

尺アマゴになるアマゴって、どんなアマゴ?


ダム差し・本流差し等を除いて、その川で育ち堰堤~堰堤の間だけで育つアマゴを想定した場合
尺まで育つ固体というのは、5月の時点で25cm以上に育っていると思います。

5月の時点で20cmのアマゴがそこから餌を食べ急成長して尺まで達するのは
難しいように思うのと、20cmから尺まで急成長出来る固体なら
5月の時点で20cmという事はないだろう。という考えです。


尺以上に育つ可能性があるアマゴを5月の時点で25cm以上と仮定すると
5月に25cm以上のアマゴが釣れる川=9月に尺以上のアマゴが釣れる川になります。

春に成魚放流を行う河川であれば、5月に25cm以上になっている可能性が高く(成魚放流のアマゴ)
9月まで生き残る事が出来れば、春の成魚放流は尺以上に育っている可能性が高いと思います。

問題は、春に成魚放流をする河川は夏場に水温が上がり易く夏を越しにくい事と
成魚放流場所には、釣り人が多く来て釣って持って帰ってしまう事です。

全て釣りきられてしまうわけではないので、成魚放流の生き残りが9月に尺アマゴとなって
釣られる事が多くあるように感じます。



典型的なダム差し
RIMG2337.jpg

成魚放流でない天然アマゴの可能性


成魚放流のアマゴを除外した場合、尺まで育つ可能性が高いのは ダム育ち・本流育ち です。
餌が豊富で、広い生活スペースがある環境で育つと大型化する傾向があるようで
ダム湖や本流で育ったアマゴは、上流域の渓流で釣れるアマゴよりサイズが良いようです。

6月・7月ぐらいからダムや本流から差して来たアマゴが支流で釣れる事があり
9月を待たずして尺を超えている固体も多く居ます。

堰堤などで隔離させた支流であっても尺まで育つアマゴも居ますが
9月の時点でなんとか尺を越えるぐらいで、基本的には27cm・28cmで大型に分類。
尺以上のアマゴだけを狙うのであれば、隔離された支流は向いていないと思われます。


余談にはなりますが、アマゴよりもヤマメの方が大きくなるような傾向があるのか
アマゴよりもヤマメの方が尺を超える事が多いように感じます。

40cmのヤマメは聞きますが、40cmのアマゴが釣れたという話はあまり聞かず
海に居る期間の違いがあるかもしれませんが、サクラマスとサツキマスを比べても
サクラマスの方が大きいです。

アマゴでもヤマメでも尺あれば構わないのなら、ヤマメから狙った方が釣りやすいように感じます。






フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
9月の定期釣行会は、9/26(土) 9/27(日) を予定。

対岸の巻きを釣る。

 
対岸の巻き1


リーダー&ティペットの役割


ドライフライで魚を釣りたい場合、何をしたら良いかというのはとても単純に考えていて
フライが魚の居る所へ流れていけば、魚は何かしらの反応をしてくれると思っています。

図1は、見やすいようになにも書いていない図です。
図2は、フライラインから先にあるリーダー&ティペットで出来る役割みたいなものです。


緩衝帯は、メンディングの時に使用する空間みたいなイメージで
緩衝帯が無い状態でフライラインを引っ張るとスラッグを引っ張っている事になり
せっかく作ったスラッグがなくなってしまいます。

流れに流されていくフライラインもメンディング時と同様にスラッグを引っ張る原因になるので
スラッグを削らない為に設ける緩衝材的空間です。


スラッグ部分は、流れていくフライを送り出す部分です。
フライが落ちた場所から魚の居る位置までの間、流れに乗って自然に流れる為には
スラッグもフライと同じ方向に流れるか、スラッグが伸びていく事で
フライに与えるラインの影響を抑え、レーンを外れにくくしてくれます。


実際にフライが流れるレーン。
フライが着水してから魚の居る位置までの流れる区間。

フライに魚が出てくる前から、魚はフライを見ているので
ある程度手前から自然に流す事が出来ると魚が出てきてくれる確率が上がると思います。



対岸の巻き2


立ち居地によって変わるラインの置く位置


図3は、下流から巻きを狙った時のライン取りで
距離を取っている分だけ魚に気づかれ難いのがメリットで、この位置から釣りになるならベストです。

ただし、技術的には難しく 狙ったポイントにフライが落とせるのはもちろんとして
手前にスラッグを作ってから落とさないと流れの上に落ちたフライラインは下流に引っ張られ
すぐにドラッグが掛かってしまいます。


図4は、横から巻きを狙った時のライン取りで
この距離まで来るとメンディングで強い流れを回避する事も出来て
フッキングの角度も良くなるので、フライに魚が出てきてくれればキャッチ率が高いです。

デメリットとしては、石に寄り添って魚が付いている時は比較的この立ち居地でも魚が出てきてくれますが
完全にヒラキへ魚が出てきている場合 (図1の緩衝帯の位置) だと
キャスト位置へ行く前に逃げてしまうので、そういった場合は下流から狙うしかありません。



対岸の巻き3


目的と手段

図5は、上から巻きを狙った時のライン取りで
フライを流すだけなら一番簡単な立ち居地です。

簡単なのですが、ティペットが魚の上を通過するためティペットを嫌う魚には警戒されやすく
魚が出るか出ないかは、魚の気分次第な所があります。


3種類の立ち居地を紹介しましたが、図3・図4・図5の流すレーンを示す矢印は
立ち居地が替わってもほぼ同じで、フライが着水してから魚の居る位置まで自然に流す事が
目的であり、立ち居地・ラインの置き位置というのは手段になると思います。

出来る事なら魚に気づかれない遥か彼方からフライをキャストし
フライが水面に着水すると同時にティペット・リーダー・フライラインが消えてなくなると
完璧なぐらいきれいにフライが流れると思います。

しかし、ティペット・リーダー・フライラインがないと魚を釣ることが出来ないので
出来る限りフライに影響がでないよう、魚に警戒されないようなライン取りをして
巻きを釣るようにしています。



フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR