天気の悪い週末が続いていますね。

 
D(ドロッパーの略)+ニンフ=Dニンフシステム(仮)
RIMG4884.jpg


たまにはフライシステムについての記事を書こうかなと。

渓流シーズンが終わると管理釣り場や員弁川でニジマスを釣る機会が増えてくるのですが
Dニンフシステムのニンフとガン玉の関係について少し解説を入れたいと思います。

通常のDニンフシステムでは、ドロッパーにカディスを付けリードフライにニンフ。

場合によりガン玉を付けたりするのですが、ガン玉を付ける事で沈める以外にも様々な効果があります。
と、いう記事を前に書きました。 「フライで員弁川のニジマスを釣るようになってから2年が経つのか。」


これ以外にもガン玉の使い方を替える事で、得られる効果を替えられる事もあり
今回は、そちらの使い方についての紹介記事を書きたいと思います。



st1.png

魚の捕食レーンを流して釣る時は、①の位置にガン玉を付けるのですが
底をころころ流したり、ピンポイントを素早く沈めたい場合には②の位置にガン玉を付ける方が
都合の良い事があります。

前提としてガン玉が一番早く沈むという条件で考えると
同じフライ・同じガン玉を付けても水の抵抗が少なくなるのか、②の方が速く沈みます。


それと底をころころ流す場合、どうしても気になってしまうのが根掛かり。 

根掛かりについてもガン玉が一番最初に底へ付く為、ガン玉が引っかかりガン玉から切れたとしても
②のシステムではガン玉は無くなりますが、フライは回収できます。 

ガン玉とフライまでの距離を調整すれば、フライの流れる層をコントロールし易いのも利点になります。



st2.png


底ベタを釣る場合、重たいフライを使って底を取るという選択肢もあると思いますが
私は、底ベタの釣りをする時ほど軽いフライを使っています。

理由としては、底に落ちているフライを魚が食べようとした場合
重いフライは、吸い込み難くフッキング率が悪くなるからです。


池の管理釣り場で釣りをしていてもそうなのですが、底ベタに落ちているフライは水面・中層に比べ
吸い込み難くフッキング率が悪くなります。

ただでさえ悪いフッキング率なのにフライを重くすれば更に吸い込み難くなり
食べてもフッキングしないという事が増えてしまいます。 

なので、底ベタの釣りをする時はノーウェイトのフライを使用しています。


それから流れがある川の場合、底をころころ流す釣りをしているのにフライが重くてはころころしません。

フライが軽ければ流れによって自然に流れますし、仮に重いガン玉を使ったとしても
ガン玉がアンカーになりフライ先行で流せるうえに重いガン玉が間に無いのでアタリも取り易いです。

同じフライ・ガン玉を使っても、釣り方・システムの効果を替える事が出来るので
状況に応じてシステムを替えてみるのも面白いと思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


スポンサーサイト

水面の釣り と 底の釣り

 
曇り時々晴れ。 風もなく思った以上に良い天気でした。
RIMG8455.jpg

10/14 (土)   管理釣り場 くろや


ちょうど1年ぶりぐらいかな?

週末は雨で釣りには行けないかな~と金曜日まで思っていたのですが
土曜日の朝、天気予報を見てみると雨は降らない感じの予報に変わっていたので
管理釣り場の「くろや」へ行ってきました。

なにも準備をしていなかったので、渓流の道具が入ったベストをそのまま持っていき
あるフライで釣りをしようと思います。


「くろや」へ着いてみると、ぼちぼち車も止まっています。 

前日まで天気が分からない状態だったのに結構人が来るものですね。

とりあえず、空いて居る所で水面を見ている魚を狙い撃ちでもしてみましょう。



カディスは、管理釣り場でも釣れる。

渓流で使い古したカディスを結び、草際・回遊しているニジマスの視界内を狙ってリアクション狙い。

ただ浮かべておくだけでは、なかなか釣れないのですが
フライの着水時に出来る波紋や草際から水面を走る虫っぽいものには反応する魚も居ます。

基本、サイトフィッシングで狙い撃ちをしているのでカディスを追いかけてくるところから
食べるところまで見えるので、透明度の高い釣り場ではお勧めの釣り方です。 


とはいえ、数匹釣ってしまうとカディスに反応する魚は減ってきてしまうので
水面の釣りをするなら場所を移動しつつ、水面を意識している魚を狙うのが釣り易く
同じ場所で釣りをするなら沈めるなりフライを替えるなりしないと釣れなくなっていきます。

ぐるっと下の池を一周し、上の池へ来てみると底の方を意識している魚がぐるぐる。 

底ベタの釣りをした方が良さそうなので、水中の釣りに切り替えてみようと思います。



体高もあって、見た目は悪くないのだけれど全体的に引きが弱くなった?
RIMG8469.jpg


底ベタ トントン

この釣り方も管理釣り場では定番になりますが、フライを底まで沈めて時々動かし魚にアピールした後
底に放置して拾い食いをしてもらう釣り方になります。

比較的、底に落ちている物に対しては警戒心が少ないのか
ルースニングのようにマーカーから吊るされた状態のフライにはスレていても
底に落ちているフライは食べてしまう事も多いように思います。


フライを底まで沈めて、トントン・・・

マーカーは付けていないので、底ベタの釣りでもサイトフィッシングで狙います。 

この釣り方にはまだスレて居ないようで、反応は上々。


魚も底を意識していたので、フライを食べてくれるのですがフッキング率は半々ぐらい。

フライを食べたのを見てからアワセを入れるようにはしているのですが
実際には魚がフライを食べるようにモグモグしているのを見てからアワセているので
タイミング次第で口の外にフライが出ている時にアワセているかもしれません。

フライを食べて通り過ぎるぐらいの移動があればフッキング率も上がるのでしょうが
その場でモグモグは、やはりフッキング率が悪いですね。 

釣り方としては確立しているのですが、もう少し改良したいところです。



川を覗いてみるとアマゴの姿が見えました。 
RIMG8459.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


管理釣り場へ行ってきました。

 
サイトフィッシング日和
RIMG6740.jpg

10/10 (月)   管理釣り場 くろや


練習をしながら魚も釣れる。

渓流が禁漁になり人いっぱいかな~? と思いきやそれ程人が居なかったので
とりあえず、あまり釣りをしていないであろう区間をぐるっとドライフライで釣り歩き。

今回も釣れそうな魚を3秒ルールで狙い撃ちして釣り易い魚だけ先に釣ってしまいます。


この釣り方をしているといつも思うのですが、何匹かに1匹ぐらいは下からドーンと勢いよく
飛び出してくる魚が居ます。

動きからするにフライが落ちた時の波紋等々に反応して飛び出してきたと思うのですが
フライなんか見ていないような感じなんですよね。

同じフライでも10秒以上浮かべておくとフライを見に来る魚は居てもUターンして帰ったり
下からドーンと飛び出してくる魚を見た事がありません。

ちなみに10番のドライフライで浮かべておくだけでは、本当に釣れません。

フライを着水させてから3秒で反応がある魚だけを狙って行くので、テンポ良く釣りができて
狙った魚の進行方向へフライを落とす為、キャスティング練習+プレゼンテーション練習の効果もあり
練習ついでに管理釣り場で釣りをする時によくやる釣り方です。



イワナも釣れました~
RIMG6751.jpg

もう一つの選択肢

それから水中の釣りで、マーカーを付けてルースニングも少しやってみました。

せっかく水がクリアで魚も見える状況なので、マーカーは付いていますが
フライを見て魚が食べたらアワセを入れます。

水の綺麗な管理釣り場でそのような釣り方をしていると、フライを一瞬食べてすぐ吐き出す魚とか
その場でもぐもぐしている魚など色んな魚を目にします。

中には少し上に付いているガン玉を食べる魚も居ます。
なぜかフライよりもガン玉の方が人気な事もしばしば


そのような状況の時は、たいていマーカーにはほとんど反応は出ず
フライを見ていないと魚がフライを食べたのかどうかが分からないという事があります。

対処方法として思いつくのが2つ。

1.ほとんどアタリの出ないアタリを上手い事取る。
2.きちんとアタリの出るシステム・フライにする。

私の場合は、1の選択を取る事が多いのですがそれだと人によっては釣れない事もあり
練習を要する場合があります。

2の選択なら状況に合わせたシステム・フライを選択しなければならないという点はありますが
選択さえ間違わなければ誰がやっても釣れると思われます。

今まであまり取った事のない方法なので難しいとは思いますが
2の選択肢も考えていこうと思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。


 

久しぶりに50cm台のイワナが釣れました。

 
まるまると太ったイワナ 53cm
RIMG6029.jpg

6/26 (日)   岐阜県 くろや


せっかく来たので、管理釣り場でも寄っていきますか。

渓流でこのぐらいのサイズが釣れると嬉しいのですが、今回は川が増水していた為
定期釣行会を諦め管理釣り場となりました。

よってこのイワナは、管理釣り場産です。 


この時期に「くろや」へ行くのは初めてだったのですが、川が増水していて釣りにならないのか
いつもより釣り人の数が多かったように感じました。

50cm~60cmぐらいのニジマスが多く居る管理釣り場で、基本的にはニジマスメインになるのですが
アマゴ・イワナも少しだけ入っています。

そして、なぜか今回はいつもよりもイワナが多いようで
ぽつぽつと良いサイズのイワナが見えます。

中には50cmぐらいありそうなサイズのイワナも見え、管理釣り場といえど50cmのイワナは
ほとんど釣った事がないので、見えると狙いたくなってしまいます。



様子見

雨の影響で、下の池は濁りあり。
上の池は、流れ込みがあるのでほぼクリアになっていました。

とりあえずは、水の綺麗な上の池でドライフライを浮かべるも流れのない場所では
見に来てもUターンするニジマスも多く反応がよくありません。

あまり釣れる感じがなかったので、流れのある流れ込みでフラッタリング。
やはり流れのある所の方が水面の反応が良いみたいで何とか釣れました。


同じ場所で釣りをしていても飽きてくるので、下の池にも様子見に行きます。

まだ濁りが残っていて、透明度としては水深1mの池底が見える程度。
水面の反応もないですし、沈めてみましょうか。

・・・

魚が見えないので、あまり面白くありません。

上の池へ戻ります。



いつもは底まで見えるのに・・・
RIMG6012.jpg


水中の釣り・水面の釣り

ここまでほとんど魚を釣っていない為、いつも通りの使い慣れた釣り方で釣ります。

上の池は水がクリアなので、フライを底まで沈め拾い食いを誘います。

底に落ちている物に対しては、比較的警戒心が少ないようで底が見える管理釣り場では有効。
魚の興味を引いたらフライを動かさずに魚から近づいてきてもらうようにするのがポイントです。

やはりいつも通りの釣り方は安定していて、やっとぽつぽつ釣れるようになりました。

ぽつぽつ釣れたので、少しづつ濁りが取れている下の池へ移動します。


だいぶ濁りも取れ、魚影も確認できます。
今度は、沈めるフライからドライフライへ戻し水面を意識している魚を狙い撃ちします。

狙い撃ちをする場合、3秒ルールというのがありまして
フライが水面に落ちてから3秒以内に魚がフライを見るか見ないかで釣れる魚かどうかを判断します。

水面を意識している魚であれば、落ちて3秒以内にチラッとでもフライを見ます。
そのままフライを食べる魚も居れば、見に来てUターンする魚も居ます。
チラッと見るだけの魚もドライフライで釣れる可能性があります。

フライを食べなくてもフライを見た魚は、水面を意識しているので
もう一度、その魚の狙い打つと適当にフライを投げるよりも釣れる可能性が高いです。

フライを浮かべていても釣れない時は、釣れる魚を狙い打つのが良いです。
反射食いをする事もあるので、格段に確立が上がります。



釣り方別 釣れる魚の付き場

ドライフライで釣れ易い魚が居る場所や、沈めたフライで釣れ易い魚が集まる場所などがあります。

基本的にドライフライで釣る時は、流れのある場所・障害物の際・水面に餌が溜まりやすい場所など
水面に変化が見られる場所の方が釣り易い感じがします。


沈めて釣る場合は、砂利から落ち葉が溜まる場所へ変わる境目などの地形の変化や
底の方を見ながらうろうろしている魚が多い場所を見つけると釣り易いです。
沈める時は、水中の変化を見ます。

また、水面で釣れる魚と水中で釣れる魚の割合が一目で分かる方法がありまして
1匹魚を掛けたら水面で暴れさせる。

水面のバシャバシャで魚が集まってきたら、水面で釣り易い状況です。
逆に池の底に突っ込ませて枯葉や泥を舞い上がらせた時に魚が集まってきたら
水中で釣り易い状況だと思われます。

管理釣り場特有の行動ですが、時間帯や状況によって魚の行動が変わるので
いろいろと試してみると面白いと思います。


結果、それなりに釣る事が出来まして少し腕が筋肉痛です。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


7月の定期釣行会は、調整中です。



 

久しぶりに平谷湖へ行ってきました。

 
池がいくつかに区分けさせていて、釣る場所によって釣れる魚種に傾向が見られました。
RIMG4758.jpg


11/1   平谷湖フィッシングスポット


数が釣れるからこそ、実験できる事。

平谷湖は、魚影がかなり濃く 表層に見える魚だけでも相当数が居て
岸際5m以内の魚だけを狙っても、十分に釣りになります。

なので、魚もフライもよく見える5m以内の距離で色々と実験してみました。


実験1.アワセを入れなければ、何回フライを食べるのか?

魚がフライを食べてもアワセを入れない場合、少しもぐもぐしてフライを吐き出します。
しかし、あまりスレていない魚だと吐き出したフライを再度食べてしまう事があります。

アワセを入れずに見ていると、一番多く食べた魚で4回。
平均しても2回ぐらい食べる魚が多かったです。

フッキングの動作を入れずにフライを放置すると、何度かフライを食べるがフッキングはしない。
という結果になりました。


実験2.フッキングの動作を入れなくても、口にフックが引っかかり持って行く魚も居る。

それでも運の悪いことにフックが口に挟まり、ラインをスー・・・っと引っ張っていく魚が居ました。

この状態は、口の中にフックがあるが刺さっていない状態で
ハンガーをぶら下げている状態に近いと思われます。

この時にフッキングの動作を入れれば、針先が貫通しフッキングします。

しかし、今回はフッキングしたくないので弱いテンションを掛けて
魚が嫌がる動作を取らせるとフライが口から外れて魚は泳いで行きます。

この実験は、渓流でも何度かやってみた実験で
魚を釣るとドライフライが濡れてしまうので、釣りたくない時などに使えます。

それでも口からフライが出ない、かなり運の悪い魚も中には居ますが・・・



まだ、ドライフライがフライらしい形をしている頃。
RIMG4761.jpg


実験3.フライの動かし方で、魚の食べ方を変える。

この日は、最初に結んだドライフライでずっと釣りをしていたので
30匹を超えた辺りから、フライはかなり毛が抜け落ち残念な姿になっていました。

そこまでフライが壊れてくると、水面に浮く事はもちろん出来ませんし
水中を漂わせても動きを付けないと食べてくれません。

なので、ウェットフライとしてフライを動かし魚を釣ってみたのですが
動かし方によってフッキングのしやすい食べ方に誘導する事が出来るような気がしました。


1.少しフライを動かし魚に興味を持たせ、フライの近くまで魚を寄せます。
  (興味を持ったらフライは動かさない。)
2.フライの近くまで来たら、スー…っとフライが逃げます。
  (逃げた後も動かさない。)
3.逃げたフライと同じぐらいのスピードで魚が付いてきたら、短く早くフライが逃げます。
  (早く動いた後も動かさない。)
4.魚も早く動いてフライを食べるのと同時に魚が反転します。
  (この時、フライが動いているとフライが弾かれます。)
5.魚が反転したらフッキングの動作を入れます。
  (この状態でフッキングすれば、大体上の写真の位置に掛かります。)

という、パターンみたいのがありました。

3番の短く早くを2番と同じにすると、引っ張った速度と同じぐらいで魚が付いてきて
食べたり食べなかったりする事が多く、食べた場合でも反転していない分だけフッキング率が悪く
掛かっても上顎チョン掛かりか、舌に掛かっている魚も居ました。

反転しないまま動いているフライを食べた為、そのままフックがスライドして
舌の辺りに刺さったのだと思います。



実験4.魚は元居た場所へ帰ろうとする。

表層に居た魚は、表層へ。
中層に居た魚は、中層へ帰ろうとします。

表層を引っ張って釣りをしていても、中層から上がって来てフライを食べる魚も居ます。
その場合、ほぼ100%の魚が中層へ戻ると言っても良いぐらいの確立で中層に戻ろうとします。

これは、渓流でも同じ事で 表層数センチの所で定位してライズしている魚は
ライズした後、表層数センチの所に戻ります。

底に定位していて、ライズしている魚は
ライズした後、底に戻ります。


中層の魚を表層でフライを食べさせると、魚は自動的に中層へ戻ろうとするので
反転する形になりフッキング率が高いように感じました。

また、食べた時の速度と同じ速度で戻るようで
ゆっくり食べた場合は、ゆっくり戻り
早く食べた場合は、早く戻っていくようです。



上手く動かせば、ここまでぼろぼろになってもまだ釣れる。
RIMG4775.jpg


サイトフィッシングは、魚の動きを見て合わせる釣りだと思う。

ほとんど5m以内の見えている魚しか釣らなかったので、掛けてからキャッチするまでの時間も短く
ワンキャスト・ワンフィッシュに近い状態がかなり多かったので、休憩しながら移動を繰り返しても
2時間半ぐらいで50匹ぐらい釣れました。

このペースだと、私の知っている管理釣り場でも1位・2位に入る数が釣れる管理釣り場だと思います。


正直、今回のように魚が見えていて表層の釣りが成り立つ条件だったのでよく釣れましたが
魚が見えない条件だと、魚に合わせて動かすことができず
個人的には苦手です。

釣り方は、人それぞれ性格みたいのが出るので
たぶん、サイトフィッシングの釣りが私には合っているのかな。 と思いました。





フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR