釣れない時こそ、新しい可能性が。

 
久しぶりのロッド写真 (土曜日)
RIMG8827.jpg

3/18 (日)   員弁川


日曜日の話をする前に土曜日の話から。

本当は、金曜日の雨がなく気温が高ければ長良川水系のY川へ行きたかったのですが
気温もがっつり下がり寒そうだったので、岐阜に比べれば暖かいであろう員弁川へ行ってきました。

そんな暖かいであろう員弁川でさえ寒気の影響をしっかり受けたようで
最低気温が前日に比べると10℃ぐらい下がるという急激な変化。 

水曜日・木曜日まで特に暖かい日が続いていただけに
この落差は魚にも釣り人にも堪えます。


とりあえず、放流したニジマスがどのぐらい移動しているかの確認もしたいので
放流していない区間も含めて色々と周ってみたのですが、あまり大きくは移動していないようです。

放流していない区間でも良いポイントはあったので、1匹・2匹ぐらい入っていないかな?
と、フライを流してみたもののニジマスの反応はなく
反応があったのは放流地点の近くだけでした。 


居たけど反応が得られなかっただけという可能性も十分にあり
反応が得られたニジマスも活性が低かったようで、3匹反応があって3匹共アタリが分からなかった始末

2匹は底ベタで、1匹は中層で掛かりましたがコツンといったアタリはなく
ニジマスの付き場も緩いポイントや底ベタでした。

昼の2時~3時ぐらいは、気温も上がり中型の水生昆虫が少し見られましたが
それ以外の時間帯は、釣りをしていても寒かったので条件的に悪かったとは思います。

悪かったとは思いますが、釣りの内容も悪かったので翌日の日曜日も員弁川へ行く事にしました。



良い感じに光がさしてくれたので、掛けたニジマスもうっすら写る。 (日曜日)
RIMG8850.jpg


このニジマスは、コンディション良さそうです。
RIMG8837.jpg


ラインシステム

いつも員弁川で使用しているシステムは、フローティングラインにドロッパー:カディス リード:ニンフ
というシステムで、目視でフライの流れているレーンが確認出来たりする優しいシステムを使っています。

中層~底がメインになるとニジマスが上まで来てフライを食べてくれる確立が下がるので
土曜日のような日は、フライを流す層が安定するドロッパー:ニンフ リード:ニンフで
釣る層を下げたりします。

それでも水深のある淵などは、ニジマスの居る層まで届いていない時があったので
一応、タイプ2のヘッドも持って行ってはいました。 (持っているだけで使った事ないけど。)

前々からシンキングのヘッドを使った釣りも気になってはいたので
日曜日は、午前中の1時間をフローティングライン+ニンフ+ニンフで釣り
午後からの1時間をシンキングのヘッド+ニンフ+ストリーマーで釣りをしてみました。



ストリーマーの釣り。

日曜日は、前日の土曜日よりも暖かく11時ぐらいで小型のカワゲラなども見られ
条件は良くなったようにみえましたが、フライへの反応はなし。

淵の底の方でニジマスの影は見えるので、居るには居るのですが今日も底ベタのようです。

結局、午前中の1時間ではニジマスを釣る事が出来ず
午後からシンキングのヘッドにシステムを変更して同じ区間を流してみました。
(違いが分かりやすいように同じ区間にしました。)


さすがにシンキングを使うとダウンクロスでの釣りが容易になり
ある程度テンションを掛けた状態でも中層のレーンを流す事が出来ます。 

先行者は、1時間前の私。

1時間程度しか時間差がない状態で、同じ区間に入ったのですが
水温が上がって釣り易くなってきたのか、ストリーマーが良かったのか
分かり易いアタリでしっかり重みが乗りました。

昨年の秋にストリーマーを巻いてからほとんど使う事なく、まだ1匹も釣っていなかったので
ストリーマーで釣れたのは、結構嬉しかったり


その下のポイントでも分かり易いアタリでニジマスをもう1匹釣り
まだ昼の1時前ですが、員弁川の釣りを終えました。

午前中と午後でシステムを替えたことにより釣れたという可能性もありますが
どうもニジマスの配置を見ると午前中よりも出てきている感じがあり
条件的なものも大きかったと思います。

ストリーマーを使うならシンキングとの組み合わせの方が釣り易いというのが分かったので
もう少し形になってくれば、選択肢の一つとして組み込めそうです。



こっちのニジマスは、胸鰭が無くてちょっと残念。 
RIMG8854.jpg


1匹だけ釣れるサイズのアマゴが。
RIMG8859.jpg


放流実績のない谷へ連れて行ってもいました。

員弁川の釣りを終え、まだ釣りをした事が無い川へアマゴを釣りに行こうかと思い
現地に着いてみると見た事のある車が数台。 

釣りの準備はしないで川を見に行ってみると、始めたばかりなのかすぐに見つかり話をしてみると
水量もまだ多いしドライフライで釣るのは難しいので、他の川へ行きましょうか。 という事になり
付いていく事にしました。


移動先の川も釣りをした事が無い谷で、放流実績のないネイティブのアマゴが棲む谷だそうです。

水量の少ない谷なので、基本的には写真手前のようなサイズがほとんどですが
良いポイントには、写真奥に居るアマゴのサイズがきちんと居るようです。

思いも寄らない川にアマゴがきちんと生息している事もすごい事ですし
適当に水中撮影をして何匹もアマゴが写っていたのは驚きです。

小さな谷で、アマゴの移動できる区間も狭いので
こういった谷は特にキャッチ&リリースを推奨したいですね。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


春夏秋渓ブログ更新しました。
4月の定期釣行会は、21(土)・22(日)に郡上漁協管内を予定。
今シーズンもよろしくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


スポンサーサイト

きちんと釣ろうと思うと意外に難しかったり。

 
サイトフィッシング向きの浅場の方が釣りやすい。
RIMG8652.jpg

2/3 (土)   近所の川


見えるか、見えないかで難易度が激変。

毎週のように来る寒気。 

暖かければ中旬頃から渓流に向かうかもしれないので、前回見つけた難しいポイントを攻略しようと
コイ釣りに行ってきました。


ここ最近、これといった増水がないからなのか減水でありながら濁りあり。

いつも釣っている水深のあるポイントは、魚影が辛うじて見える程度の透明度で
コイを探すのが一苦労。 

サイトフィッシングを基本とした釣りでは、魚の姿が見えないというのは致命的です。


何となく黒い影が動いているのが見えるので、そのレーンを流してみますが
フライを食べたのかどうかを目視で確認する事が出来ず、明確なアタリも出ない為
非常に釣りにくい状況。

いつもなら目でフライを追いながら、食べるのを確認してアワセを入れているので
レーンを調整しながらコイの目の前までフライを流せたり、アワセのタイミングを逃す事もないのですが
ただ見えないというだけで、この釣りは格段に難しくなります。

この状況で粘っていても仕方がないので、前回見つけた難しいポイントへ向かいます。



見えさえすれば釣れるコイ。
RIMG8650.jpg


付け焼刃では役に立たないか・・・

平水でも水深の無いポイントなだけあって、濁りが入っていても底までキッチリ見えます。 

流れは前回に比べて緩くなり、今日の条件ではこの場所が一番のポイントとなりそうです。


時々、背びれが水面から出ているコイが見えるぐらいの浅さですが
コイの警戒心が多少上がったとしても見えるという利点の方が遥かに高いです。

もう少し暖かくなれば、フライを水面に浮かべて釣ったり
追い食いする頻度も増えてくるのでしょうが、冬はサイトフィッシングで底をゆっくり流すのが安定です。


攻略方法としていくつかシステムを考えて試してみたものの決定的と言えるシステムは無く
立ち居地やフライの流し方といった基本的な部分が大きな割合を占めているように感じました。

 「魚に警戒されない位置 から 魚の目の前へ フライを自然に流す。」 

これらの条件を満たす事が出来るのなら、どんなシステムでも釣れる可能性は高いですし
これらの条件が満たせないなら、どんなシステムを使ったとしても釣るのは難しいでしょう。


 「魚に警戒され 魚とは見当違いの場所へ フライが不自然に流れる。」

この条件でも魚が釣れるシステムなんてものがあったら、このシステム一択でしょうね。 


結局、コイの目の前にフライを流すだけの極々普通なシステムが一番釣れたという今回のオチでした。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


フライフィッシング・サポート(渓流)は4月1日より再開します。
今シーズンもよろしくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


魚種は違えど、基本は同じ。

 
75cmぐらいのコイ。   近所の川では良いサイズ帯。
RIMG8611.jpg

1/3 (水)   近所の川


釣りの共通点

2018年 初釣りは、コイです。 

アマゴ・イワナが釣れる時期になるまでは、コイの記事が多くなると思われます。


そんな冬でも手軽に釣れるコイですが、釣りに行っている近所の川では堰堤などでポイントが区切られ
そのポイント毎にサイズ帯や釣れるパターンが違うような感じがあります。

コイのアベレージサイズは、全体的に見ると60cmぐらいで70cm台は少ない感じなのですが
なぜか70cm台がチラホラと見えるポイントがあり、そこだけはアベレージサイズが上がります。 

まぁ、立地条件がコイにとって住み易い環境なのか水深があり川岸に木が生え
流れがゆっくりしているのが良いのでしょうか?

渓流でもこのポイントは良いサイズ帯が入っている事が多い。 という定番ポイントというのがあるので
コイも同じく大きくなれるポイントというのがあるのかもしれません。


また、流れ込みと流れ出しでは付いている魚の性質が違ったり
水面に出易いポイントや底ベタで動かさない方が良いポイントだったりと
付いている場所で釣り方が変わったりするのも渓流と同じです。

渓流との共通点をいくつか挙げましたが、渓流やコイに限らず全ての釣りに言える事で
根本的な所は何を狙おうと同じなのかもしれませんね。



フライで簡単に狙えます。
RIMG8607.jpg


釣り難しいポイント見つけた。

数あるポイントの中で、特にここのコイは難しいなー と感じたのが
水深30cmほどの変化が乏しい砂地。

川全体が浅くフラットで、地味に流速が速くフライに気づかないのか
ストライクレーンでフライを流すと時々ヒレに引っかかりスレで掛かります

水深が多少なりともあれば底の流れはゆっくりになり、流れてきたフライが食べ易いと思うのですが
浅く速い流れで、底をモグモグしていると流れてきたものには反応が悪いようです。 

ちなみに水深がありゆっくりとした流れでは、底をモグモグしていてもフライがゆっくり流れてくるので
フライに気づいて食べてくれます。


その代わり底をモグモグしていないコイは、水面に反応するのも居て
この日、唯一水面に出たポイントでもあります。

水面の釣りをするのには向いていない冬の中でも浅い流れ出しに居るコイと
木の裏にあるヨレに居るコイは水面の物に反応し易い傾向があるように感じます。


釣れるには釣れたのですが、他のポイントとは明らかに釣りのパターンが違うポイントだったので
次回行く時までには、何かしらの対策をして対処したいですね。

一番釣れるであろうパターンは、ゆっくりと上流へ向かいつつ底をモグモグしていたので
進行方向にフライを固定出来れば簡単に釣れると思うのですが
流れがあるのでフライラインが邪魔になり一箇所に固定出来ません。 

底を見ていないコイを表層ぐらいで釣るか、何かしらの方法で底をゆっくり流して底のコイを釣るか
適度に難しいコイも居た方が、色々と考えれて面白いですね。 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


フライフィッシング・サポート(渓流)は4月1日より再開します。
今シーズンもよろしくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


冬でも安定して釣れる魚。

 
風の無い晴天は、魚を見つけ易い。
RIMG8596.jpg

12/23 (土)   近所の川


寒い日が続いていますね。

2017年も残りわずかという事で、今年最後の員弁川へ行こうかなと思いつつ
昼間にパッと行ってパッと帰ってこれる近所の川へ行ってきました。

気温が暖かくなる12時~3時ぐらいにちょこっとだけ釣りをしたいという時には
釣り場までの距離が近いというのは、かなりの利点になります。


ついでに冬は釣りの対象となる魚種も少なくなり、居てもなかなか釣れないイメージですが
コイだけはいつ見ても泳いでいます。

近くの釣り場で、冬でも簡単に釣れて、小さくても50cmぐらいの大きさがあり
サイトフィッシングで狙えるコイ。

条件だけ見ればとても優秀な釣りの対象魚だと思うのですが、あまり人気がありませんね。

私としても渓流か近所の川かどちらが良いかと聞かれれば渓流ですし
特別コイを釣りたいと言う訳ではないのですが、真冬の時期に限ってはそれ程悪くないのではないかと。



ドロッパーシステムで釣ってみよう。

昨年までインジケーターを付けたルースニングシステムで釣っていたのですが
別にインジケーターでなくても浮力の高いスポンジを付けたフライをドロッパーにすれば良いのではないかと
試しにドロッパーシステムで釣りをしてみました。

インジケーターに比べると浮力が低く、セット後の位置移動が出来ない事から
ドロッパーからリードまでの間隔を広めに取り深め設定にします。

浅い場所では、リードフライも見えている為ドロッパーでアタリを取る必要はなく目視でアワセを入れ
リードフライが見難くなる深い場所は、ドロッパーの動きでアタリを取ります。

ドロッパーの位置は移動不可ですが、沈んでも水中ウキとしての効果もあり
ルースニングシステムと比べて特に不便といった感じは無く釣りやすかったと思います。


ちなみに前使っていたシステムは、過去の記事にまとめてあるので気になる方はどうぞ。



冬でも丸々と太ってます。
RIMG8589.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


魚も冬支度

 
いつものカメラを忘れてしまったので、スマホ撮影。
IMG_20171203_123254.jpg

12/3 (日)   員弁川


年越しを探して。

今週も毎度お馴染みの員弁川になります。

冬は釣りに行ける場所も少ないので、出来るだけまだ釣りをしていない区間へ入り
ポイントを見つつ飽きないように釣りをしています。


とりあえず、まだ入っていない居れば年越しであろう区間に入り釣りをしていると
いつから居たのか目的地である大場所に釣り人を発見。

車も止まっていなかったし釣り人が見当たらないのを確認してから入ったのに・・・

まだ距離もあるので、今居る瀬を釣っているうちに移動するかもしれないと思い釣りをしていたのですが
私の方が先に瀬を釣りきってしまい移動する事にしました。

奥の大場所は見る事が出来なかったのですが、その手前にある瀬は良い感じになっていたので
時間になれば瀬に出てきそうな感じはありました。

次、来る時があれば瀬~大場所までをもう一度 釣り歩いてみたいと思います。



もしかすると年越しなのかもしれないけど・・・
IMG_20171203_151057.jpg


年越しできそうなポイントに集まりつつある?

次の区間は、今年の秋すでに入った事のある区間だったので
良いポイントなんだけど魚は釣ってないなー。 というポイントをメインに釣りをしようと思います。


まずは、台風後に出来た落ち込みにテトラが入っているポイントで
毎年似たようなポイントで年越しを釣っていた事もあり 居ると思うんだけどなー。と思っていたのですが
やはり付いていました。

落ち込みにフライを飲み込ませて浮かび上がらせる時にニジマスの姿を確認。 

たぶん食べたと思うのですが感触はなく、その後も底の方に魚影が見えていた為
何度か流してトンッと当たって逃げて行きました。 

テトラが入った深みのあるポイントは、冬~春の実績ポイントなので来年の春までは居つく事でしょう。


他にもブロックの沈んだ深みのある場所でも、沈めてからの浮かび上がる誘いでアタリがあり
こっちのニジマスは、きちんと掛かったので釣れました。 

今年放流のニジマスからすると胸鰭もあり、尾びれもパサパサではないので
もしかすると年越しかもしれませんが確信は持てず。 



ポツポツ魚の反応があります。
IMG_20171203_161636.jpg


夕方はヒラキにニジマスが出てくる時間帯。
IMG_20171203_161805.jpg


条件的には、良い日だったようで。

今日は、天気も良く風もほぼ無かったので釣り人が多かったのか
私が釣りをした区間だけで3組の釣り人とすれ違いました。

釣り人は多かったように感じましたが、条件も良かったようなので人の後でも反応があり
放流場所近辺以外でも広くニジマスの反応があったと思います。


放流ニジマスが溜まっている場所を除けば、あまり数の釣れない員弁川ですが
年越しニジマスを含め広範囲に釣りをしてもポツポツは良いポイントには入っているので
どこで釣りをしてもニジマスが釣れる可能性があります。

もちろん魚影の濃い区間と薄い区間はあるものの
ニジマスが居るか居ないか分からない区間で釣りをするのも面白く
釣れるかどうか分からない。 というのが良いのかもしれません。


釣れるかどうか分からない。 という事では年越しニジマスの調査をしていた数年前が
新しい発見も多く面白かった記憶があります。

安定した釣果を優先して魚影の濃い区間に入るのも一つの選択肢ですが
同じ区間で安定した釣りをしようとすると、同じポイント・同じ立ち居地・同じ釣り方というのが
安定しやすい傾向になってきます。

まぁ、釣れないよりは釣れた方が良いとは思うものの
毎回同じ行動パターンを取っていると、ワクワク感みたいなものが段々となくなってしまうので
性格的に向いていないようです。

釣れるかどうか分からない。 居るかどうか分からない。
そういった分からない事を分かる事にしていく過程、いままで想定していなかった魚が
存在する事を確認できた時、やっぱり釣りは面白い。 と実感する事が出来る気がします。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR