今回は、ニジマスが釣れました。

 
小さいけど、年越しのような気がする。
RIMG8505.jpg

11/5 (日)   員弁川


この条件なら釣れるかな?

2日前にも来ましたが、また員弁川です。

前回に比べると、濁りもだいぶ薄くなってきていて水も少し下がりつつあるので
条件的には良くなっていると思います。

川が変わるほどの増水があったようなので、どのぐらいニジマスが残っているか心配ですが
この増水で上れるところまで上ったニジマスも居ないか上流のポイントに入ってみました。


上流の方は、中流部に比べると濁りがまだ残っていますが前回ほどの濁りではなく
笹濁りぐらいなのでいつものDニンフシステムで釣りをスタート。

釣りを始めて数分。
一つ目のポイントの最後にあるブロックの前を流すとアタリとも言いがたい ん? という違和感。

一応、アワセを入れてみると魚の感触 

それ程大きくはないようですが、よく泳いでくれます。

泳ぎ方が今年放流のニジマスという感じではなく、年越しの感じに似ているので
年越しかな? と思いつつ無事キャッチ 

大増水で流される事なく逆に上ってきたニジマスも居るのが確認できて良かったです。
見た感じ、コンディションも良さそうな感じでした。


その後、他にも上ってきたニジマスは居ないかと釣りをしましたがアタリもなく
今年の放流地点より少し下流まで来てやっと1匹掛けましたが、ティペットが障害物に擦れていたのか
ザラザラになってティペット部分で切れてしまいました。 

流れと流れがぶつかるポイントで、川底へ流れ込む流れへフライラインごと流し込んで掛けた為
特に突っ込むような動きはしていなかったのですが、すでにラインが障害物の間に入っていたのかも?

まぁ、魚が残っているのは確認できたので別の場所も捜索してみましょう。



逆光が眩しい。   いつものロッド写真。
RIMG8517.jpg


川は変わっても、魚は残るものですね。

台風前とは渓相が変わってしまった区間でもニジマスの生存を確認できました。 

増水しているからというのもあるでしょうが、この区間は全体的に平瀬のポイントが多くなり
ルアー向きの渓相になっていました。


Dニンフシステムは、魚が付いているであろうポイントがはっきり分かっている時は有効な釣りですが
平瀬のような速い流れで、どこに魚が付いていてもおかしくないようなポイントには向いていません。

まぁ、時間は掛かりますが一つ一つレーンを潰していけば そのうち魚の居るレーンを通り
釣れるには釣れるのですが、あまり効率的ではないように思う事が度々あります。

そんな平瀬を効率的に釣れないものかとストリーマーの釣りを考えていますが
今回はDニンフシステムのまま少し誘いを掛けて気持ち広範囲を探り
ドロッパーのカディスで釣りました。 

動きに対しては、ニンフよりもカディスの方が反応が良いのか
流れを横切るように誘いを掛けるとドロッパーを食べる事が多いように感じます。

岸際まで速い流れがあり最後の取り込みに時間が掛かりましたが
いつものロッド写真も撮れ、魚もキャッチできました。 



来年の秋まで残っていれば、60cmになる可能性も。
RIMG8521.jpg


今年放流のニジマスなら良いコンディションの魚。
RIMG8526.jpg


釣りの適正距離

ドライフライで釣りをする時とニンフで釣りをする時とでは
たぶんニンフの方がポイントに近づいて釣りをする人の方が多いのではないでしょうか。

私もどちらかと言えばニンフの方が近づいて釣りをしてしまう方なのですが
どうして近づいてしまうのでしょうか?


理由の一つとして考えられるのが、沈んでいる魚を対象として釣りをするので
浮いている魚に比べ沈んでいる魚は逃げ難いというのがあります。

しかし、ドライフライで釣りをする時と同様 距離を取って釣りをした方が良い事もあります。


例えば、同じ沈んでいる魚を対象として釣りをするとしても
距離を取って釣りをするのと近い距離で釣りをするのとでは
流れてきたフライを追う距離・・・といいますか、捕食レーンの範囲が違うような気がします。

底に居る魚でも、距離を取ってフライを流すと中層ぐらいまで浮上しフライを食べる事も多く
近づけば近づくほど動く距離は減り、魚の目の前に流さないとフライを食べなくなり
正確にフライを流す必要性が出てきます。

正確にフライを流せば釣れるかもですが、実は距離を取ってフライを流せば普通に釣れたものを
わざわざ難しくして釣っているという可能性も否定できません。

先行者の有無や条件によって釣りの間合いは変わると思いますが
基本的には沈める釣りでも距離を取って釣りをする方が魚は釣り易いのではないでしょうか。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


スポンサーサイト

まだ、台風の影響が残っているようです。

 
目立つストリーマーでフライに気づいて!
RIMG8472.jpg

11/3 (金)   員弁川 と 近所の川


やっと晴れた週末なのに・・・

ここ最近、週末になると天気の悪い日が続いていましたが
やっと天気の良い週末に当たりました。 

これでやっとブログが更新出来そうです。


尾鷲方面にアオリイカを釣りに行くのも良いなと思いつつ、テレビを見ているとすでに渋滞しているとの事。

3連休&久しぶりの晴れという事で、渋滞になるのは当然と言えば当然で
7時過ぎに天気予報を見ながらどこに行こうか考えているようでは遅すぎるようです。 

仕方がないので、員弁川へ行く事にしました。



すごく濁ってる・・・
RIMG8476.jpg


天気は良いのですが、川の状況が・・・

台風の影響なのか工事の影響なのか、すごく濁っています。 

増水もしているので台風の影響なのでしょうが、祝日の金曜日はあちこちで工事をしているので
その影響も少しはあるのかな?

せっかく来たので、目立つストリーマーでも引っ張ってみる事に。


うーん・・・透明度は10cmぐらいかな? このぐらいの濁りの時は魚どうしているのですかね。

イメージ的には、流れてきたエサを食べるにも視界に入るのが10cm以内だと
あまり積極的にはエサを食べる感じはしないので、存在感の大きいストリーマーを付けてみましたが
まったく反応無し。 

場所を転々としつつ下流方面に車を走らせていくと、少しづつ濁りが薄くなってる?

魚さえ出てきていれば、釣れそうな気もしますが・・・



だいぶ透明度は良くなりましたが、増水中。
RIMG8481.jpg


渓相が変わってる。

台風でだいぶ増水したのでしょうね。

テトラが流されていたり、メインの流れが変わっていたりと渓相に変化が。


まだ増水しているので、平水になってみないと分からないですが
岩盤底のようなところがあるようなないような・・・

流れが速いので、流れと流れの間に出来る流れの変化をピンポイントで流してみますが
これまた反応無し。 

川幅が広くなっても狙うレーンは、ピンポイントというのが面白いもので
渓流の大場所でも魚の付くレーンは、ピンポイントの事が多いように思います。

魚さえ入っていれば、視界内をフライが流れていると思うのですが・・・アタリはありません。

個人的にこのポイントは、平水に戻れば面白そうな渓相をしているので今後に期待したいと思います。


まだ3時ですが、早めに帰って近所の川に魚でも釣りに行こうかな・・・



ナマズ釣れた~
RIMG8485.jpg


近所の川は近いなー

やっぱり近所の川も増水していて釣りになるポイントが少ないです。 

台風が来てから数日、天気の良い日が続いていたので平水近くまで戻っていると思っていたのですが
かなり増水していたようですね。


手前の浅場に出て来ている魚は居ないかと、数投すると早速ヒット。 

岸から1m以内の所で掛けたので、一旦流れの中に入ってもらい少し大人しくなってから
手前のブロック脇へ寄せました。

60cmは超えていそうなので、近所の川ではまぁまぁサイズです。

家から自転車で15分ほどの釣り場で、パッと行ってパッと帰ってこれるので
移動時間込み1時間で釣りをして帰ってくる事が出来ました。

近いっていうのは良いですね。 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


2017年 初釣り

 
冬でも安定して釣れるコイ
RIMG6890.jpg

1/7 (土)   近所の川


明けましておめでとうございます。

年末年始どこにも釣りへ行けなかったので、初釣りはフライで狙うコイ釣りです。

お手軽に近所で釣りができて、小さくても50cmぐらいあるコイ。

サイトフィッシングで狙っているので、魚が居るのかどうか分からない中
ひたすら投げ続けるといった精神修行にならないのが良いですね。

フライも巻くのが楽々なので、天気の良い日の午後から釣りをするのにちょうど良いです。



簡単なのか難しいのか分からないコイ

最初に入った場所は、川と川との合流点という事で釣り人も多いようで
草むらにも歩く道がしっかり出来ており、なかなかのスレ具合。

水際に立つとサーっと、コイが逃げていくのは良いにしても
フライを食べているのか食べていないのか分からないぐらいの小さな吸い込み。

フライとコイは目視出来るので、フライを食べたのを確認してからアワセを入れるのですが
一瞬入ったかな? と思ったら外に出ている

ドラッグが掛かっていてフライが引っ張られている可能性もあるが
メンディングを入れて、フライがフリーで流れるようにしてるので
マーカーにアタリが出ない状態で流してもその有様。

スレているからなのか、ただ単純にそういった活性の日なのかは分からないけれども
この状態のコイを釣るのは、結構難しい。

とりあえず、1匹だけ釣ってさっさと移動してみる事にしてみました。


二つ目のポイントも合流点ではあるが、先ほどのポイントに比べると釣り人も少なそうなポイント。

やはり人の少なそうなポイントなだけあって、難易度は普通程度に下がって
フリーの状態でフライを流せばきちんと吸い込んでくれる。

左右への移動はしないが、ストライクレーンで口元までフライを送り込んでやれば
マーカーにもアタリが出るぐらい吸い込んでくれるので、とても釣り易い。

釣り場によって難易度がかなり違うので、一箇所で粘るよりも魚を探して移動した方が
サイトフィッシング的にも釣り易いと思われる。



釣りに行けなかったので、フライを巻いていました。
RIMG6895.jpg

メインのドライフライボックス

基本的にカディスばかり使用する私ですが、一応カディス以外のフライも持っています。

右下の方に入っているフライが、特に春先よく釣れるフライで
いつものカディスでも釣れるのですが、カディスよりも魚の出方が良いので
春先ぐらいはそういったフライを使う時もあります。

管理釣り場で実験してみても、流れのない池では魚の反応に差が出ている事から
フラットな面の流れに対しては、カディスよりも良い反応をしてくれるのではないかと思われる。


中央上がいつものカディスで、シーズンを通してメインとなるフライになります。

左側の黄色いのがエルクヘア部分を化学繊維に替えているカディスで
マテリアルの質に左右されない安定した手抜きフライで、夏以降はよく釣れます。

右上一区画がテスト用フライになり、新しく買ったエルクヘアで巻いてみたフライなど
品質テストだったり、なんやかんやで巻いた物をとりあえず入れておく場所になります。

なかなか良いエルクヘアがないので、次のエルクヘアを探すのが大変です。

時間のある時にでもメインで使うフライぐらいは巻き溜めしておこうと
ちまちまフライを作っています。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

フライフィッシング・サポート(渓流)は4月から再開しようと思います。 
今年もよろしくお願いします。


 


いろいろとお祝いの日

 
一緒に釣りに来た人も釣れました。
RIMG6806.jpg
 
10/30 (日)   員弁川


祝 初の川でニジマス

今週も初心者さんと一緒に員弁川へ行ってきました。

この時期になるとちょくちょく釣り人を見かけるようになり、入りたい場所に先行者が居る事も多く
空いている場所があればそこへ入ってしまう方が楽だったりします。

そんな訳で待ち合わせのすぐ下流が空いていたので、とりあえずそこへ入ってみました。


先週の人とは違う人なのですが、すでに仕掛けの作り方・釣り方等々は説明済みなので
交互にポイントへ入り釣り下り。

しばらく交互に釣り下っていくと下流へ歩いていった初心者さんが戻ってきます。

川が曲がっていたので曲がった先が見えなかったのですが、どうやら先行者が居たようで
戻ってきたみたいです。

仕方がないので時間的に中途半端だったので、入った場所まで戻るついでに
2回目流しても可能性がありそうな瀬を少し流してみると
なにやら下流でネットを出しゴソゴソしています。

気づいた時にはキャッチした後だったのですが、「どうだった?」 と聞いてみたら 「重かった。」との事。
初めて川でニジマスを釣った感想としては、とても分かり易い感想だと思います。

管理釣り場の池では釣った事があるのですが、流れが有るのと無いのとでは同じ魚でも
だいぶ感じが違うと思います。



えっと、これはニジマスですね
RIMG6799.jpg


祝 最小記録

私の方はというと、ぶっちぎりで員弁川の最小記録を更新しました。

なんでこの時期にこのサイズのニジマスが居るんでしょうね~。 不思議ですね~。
春の漁協放流に小さいのが混じっていたとしても今の時期でこのサイズという事はないでしょうし
なぜこのサイズのニジマスがここ居るのかとても不思議です。

当然、このサイズのニジマスを員弁川で釣ったのは初めてですし
確率的には年越しニジマスを釣るより遥かに低い確率だと思います。
(同じ低い確率なら最大記録の方が良かった



この時期の放流ニジマスに関しての私が思う印象。

年越しニジマスに比べて、動くものに反応し易く引っ張ったりすると追い食いする事が多く
ある程度ドラグが掛かってもそれが逆に良い誘いになって食べてくれる感じがある。
食べてくれるのは良いが、フライが動いているのでフックが浅く掛かる事があり
年越しニジマスに比べて、バラシ率がどうしても高くなってしまう。

年越しニジマスに比べて、掛けたあと表層で暴れる割合が多い。
個人的経験では、掛けてすぐはテンションを弱くして流れの中にニジマスが入れるようにしてやると
ニジマスが落ち着くので暴れ難く、安定してキャッチできるような気がする。


といった印象があり、年越しニジマスの方が掛けてしまえばキャッチ率が高いというのが現状。

だからという訳ではないが、2匹もバラシてしまった。

1匹は、1回アタリがあった後 今のは魚だと思うんだけどな~と何度か流し方を変えたりして掛かったが
誘いを掛けている時に掛かり、掛かりが浅かった

2匹目は、入った場所へ戻るついでに流した時なので これまた誘いを掛けている時に掛かり
またまたバラシ

1回目の流しならきちんと掛かる確率が高いのですが、どうしても普通に流して食べない時に
誘いを掛けて掛けるとバラシ率が高くなってしまいます。

誘いを掛けてもバレない釣り方・方法をもうちょっと考えていこうと思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。


 

秋の員弁川シーズン始まりました。

 
いつものロッド写真 (これからもロッド写真を撮っていく方向で)
RIMG6774.jpg

10/22 (土)   員弁川


放流ニジマスは何処へ

今週は、放流ニジマスでも釣れないかと中流域の釣りが初めての人と一緒に員弁川へ。

中流域の釣りは初という事で、ドロッパーの付け方から色々と仕掛けの作り方を一緒に準備をし
簡単にフライの流し方だけ説明して少し様子見。


この時期なら活性の高いニジマスは、表層のスイングでも追い食いするのがいるので
今年放流のニジマスでも居ないかな~と思っていたのですが特にアタリもなく
ドロッパーを付けた事でキャストが難しくなり苦戦中。

みんなで一つの瀬を流していてもアレなので、もう少し上流の瀬でも様子を見てこようと
ちょっと一人でテクテク上流へ。

良さそうな所だけパパっと流していくと、良い場所に付いて居ました。

ファイトの仕方が今年放流のニジマスじゃなさそうな感じだったのですが、少し広いポイントまで落とし
魚との位置関係も気にしつつ写真をパチリ

いつものロッド写真を撮っているとバレる可能性は高くなりますが、恒例行事(?)として
これからも可能であれば撮っていこうと思います。



丸々太ったニジマス
RIMG6781.jpg


気になる夏場の食生活

少し時間を掛けましたがなんとかキャッチ。

高水温の時期でも餌を沢山食べているのか丸々としていて、水温が高くなるとくっ付く寄生虫も数匹。
たぶん、年越しかな?


この時期に釣ると丸々としているニジマスが多い気がしますが
8月~9月でも餌を沢山食べているのでしょうか?

私的イメージでは、高水温の時期は水温が上がり難い深場の底ベタで休んでいるか
酸素濃度が高くて涼しそうな瀬の中にいるイメージなのですが、どちらにしても高水温の時期は
釣り難いイメージがあります。

員弁川の水温がどのぐらいまで上がるのか分かりませんが、ニジマスが生息する適水温からみると
かなり高い所まで上がる気がします。

それでも丸々と太っているという事は、その時期に餌を沢山食べているという事なのでしょうね。
餌を沢山食べているという事は、釣り易いという事にもなるのでもしかすると
8月~9月は、ポイントさえ選べば釣り易かったりするのかもしれません。

まぁ、8月~9月だと渓流へ行く事が多いので員弁川へ行く事はほぼないので分かりませんが
実際はどうなのでしょうね。 気になるところです。



尾びれもだいぶ回復していました。
RIMG6778.jpg


今年放流のニジマスを探して~

予定のニジマスではなかったのですが、とりあえず釣れたので先行している3人と合流。
話を聞いてみると、アタリもなくダメだったとの事。

今年のニジマスなら釣れなくてもアタリぐらいは有っても良いと思うのですが
他の人の話を聞いてもあまり釣れていないようなので、固まっている所でも見つけないと
難しいかもしれません。


と、いう事で 固まっている場所があるという情報を貰いお邪魔させていただきました。

ポイントに対して釣り下るので、初心者2人に先行してもらい上流にスペースが出来てから私も参加。
私も魚が居るか確認したいので・・・

すると早速アタリがあり掛かりました。
魚、居ます 

ちょっと前を失礼して下流に落としキャッチ
これは今年放流のニジマスで間違いないでしょう。
サイズ的には悪くないのですが、胸鰭のないちょっと残念なニジマスでした

居るのは確認できたので、後は荒らさないように下流を見に行ったり上流を見に行ったりして
70cmぐらいのコイが沢山居るポイントを見つけました。

員弁川でも時々見かける鯉ですが、20匹以上固まっていて しかもアベレージで60~70cmぐらい。
パンフライも持っていたので、釣ろうかどうしようか悩んだ結果・・・
5番ロッドだと時間が掛かりそうだしキャッチするポイントに苦労しそうだったので
鯉が沢山居るな~と眺めつつ戻る事に。

1回それらしいアタリがあったかも(?)だったのがあっただけで、釣れては居なかったので
少し休ませてからもう一流ししたのですが残念ながらニジマスは釣れませんでした。

魚は居るようなので、また一緒に釣りへ行きましょう。



あと1年すれば上の写真のようなニジマスになるのかな?
RIMG6794.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。


 

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR