風は止んでも、うねりは残る。

 
RIMG3009.jpg


1/25 敦賀


1月の敦賀は、こんな感じだった。

金曜日は風が強かったので、1日間を空けて日曜日に日本海へ。 

金曜日=風強い。
土曜日=風弱い。
日曜日=風弱い。


日曜日ならある程度落ち着いているかと思いきや、ごらんの有様。
普段は、波を被らずに奥の岩場まで行けます。

1月に敦賀へ来るのは初めてだったので、普段からそうなのか海が荒れた後だったからなのか
大型魚の餌になるような小魚がほとんど見当たらなかった。

それから、海藻が11月に来た時よりも伸びていてかなり釣りづらい。
11月に来た時と比べると状況的に良い印象はない。



朝・夕のサゴシ狙い。

小魚がほとんど岸際に居なかったので、ルアーが届く距離までサゴシが回ってくるかどうか
かなり不安になりながらも ひたすらルアーを投げ続ける。

メタルジグ・シンキングミノー 色々投げてみるがアタリもないので、
前回釣った実績のあるフローティングミノーで届く範囲にサゴシが回ってくるのを願って
投げ続けた結果・・・


1バラシのみ

アタリもほぼなく、いつ回って来ていたかどうかもよく分からない状況
とりあえずは手前で掛かった魚の姿を見たので、居るには居るようです。



RIMG3020.jpg


手乗りカサゴ

さすがにこの時期になるとキジハタは居ないようで、昼間に釣れるのはカサゴがメイン。
カサゴの他にメバル・アナハゼ・クジメなども釣れましたが、大きくて20cm程度と
なかなかに厳しい状況。

キジハタが居てくれれば昼間でも数・サイズ共に上がってくるのだが
この時期の昼間に25cm以上の根魚を釣るのは難しい感じがする。



フライとワーム

ちょっと実験で、フライとワームでどの程度反応が違うのか?
フライの反応が良ければ、ワーム買わずに自分でフライ巻けば良いのではないか?
と、実験をしてみた結果 審議の余地なくワームの圧勝

餌を食べに出て来ていて、よく見て食べるか食べないかと瀬戸際であれば
フライにも分があるようにも思える。

しかし、真昼間でそもそも魚が隠れている状態ではアピール力の少ないフライの場合
隠れている魚を引っ張り出す事が難しく ワームにジグヘッドの方が明らかに反応が良かった。

特に動きに対する反応で言えば、動きの早いジグヘッドの方が目を引くし
ワームのテイルがぷるぷると動くので、その動きと振動はかなりのアピール力になるのだろう。

もちろんフライでも何匹か釣れたので、釣れるには釣れるが
今回の実験では、ワームの圧勝に終わった。


 
スポンサーサイト

知多の洗礼を受けに・・・


RIMG2947.jpg


11/23 南知多



二日連続で海への釣行。

知多へ行くつもりはなかったのだけれど、敦賀の情報を会社の同僚に話したら
是非とも知多へ来い。との事で知多の地元民と共に南知多へ。


とりあえず、地元民の情報によれば 昼間に20cmの魚が釣れれば十分らしい

前日、朝らか敦賀で釣りをしている事もあって2日連続早起きはさすがにキツイ
と、いうことで南知多に10時過ぎ到着。

とりあえず、適当にテトラ帯の穴釣りがお勧めらしいので 穴をチョンチョン
程なくタケノコメバルが釣れた。

20cmちょっとないぐらいだけれど、初のタケノコメバルなので嬉しい



もうちょっと大きな魚が釣りたいので。

その後、穴釣りをした所を再び折り返して少し沖のブレイクラインを狙う。

なんとなく穴の中より、外のブレイクの方が大きな魚が付くような気がするので
根掛かりが怖いがきちんと沈めてから、ちょいちょい動かしてみると・・・

アイナメらしき魚が釣れた。

RIMG2937.jpg


アイナメは珍しいらしい。

地元民が言うには、アイナメが釣れるのは珍しいらしい。
普段どのぐらい釣れているのか分からないが、午前中1匹も釣っていない地元民を見る限り
あまり釣れないらしい。


こっちがクジメかな?
RIMG2942.jpg


本物と偽物の差

午後から地元民が本気を出すらしく、石ゴカイを購入。
自分はとりあえず午前中に釣りたい魚のタケノコメバルとアイナメをクリアしていたので
午後から自分も一緒に餌釣りをしてみた。

初めて石ゴカイを付けてみて驚いた事がある。

石ゴカイに噛まれた。

普段、餌釣りをしないのでルアーとの違いを考えつつ釣りをしてみた。



なるほど。 これは釣れると思う。

午前中ワームで釣りをしていて、午後から石ゴカイ。
本物の餌になってから驚くほどアタリが増えた。

やはり本物の餌は集魚効果も効果絶大で、ワーム以上に遠くから魚がやってくる。
そして、何もしなくても食べてくれる。

しかし、アタリは多いものの小さい魚が多く掛からない。
割合的にワームで釣る時よりも小さな魚までもが食べにきているようで
アタリの数の割りに釣れる数は少なかった。

それなら少しキャストして釣りをしてみようと考えてはみたが、少しキャストするとフグの餌食
ワームの比較じゃないほどフグが寄ってくるので、底まで沈む前に餌がなくなってしまう。

さすが本物というか、明らかに魚の反応が良いのは明らかで
普段、餌釣りをしない自分にとっては良い経験になったと思う。


 

サゴシとかメバルが釣れているらしいので行ってみた。

RIMG2931.jpg


11/22 敦賀



インターネットの情報を頼りに。

なにかこの時期に釣れる魚は居ないものかとインターネットで検索してみた。
すると敦賀でメバルやサゴシが釣れているという情報を発見

この時期、アオリイカ&キジハタが望み薄の為 敦賀に行く機会がなかったが
今までやらなかった事にも挑戦してみよう。



貸切なんだけど・・・

サゴシを狙う場合、夜明けぐらいから釣りをした方が良いイメージがあるので
まだ暗いうちに現地に到着。

メバルシーズン開幕とか書いてあったので、夜のうちにメバル狙いの人が何人か居ると思っていたのに
まさかの貸切・・・


毎年通っていて、釣れる事をすでに知っているなら貸切は歓迎すべき事だが
釣れるかどうかわからない状態で貸切は逆に不安になる。

もしかして見当違いの場所に来てるとか?



メバル居たー
RIMG2903.jpg


人は居なくとも魚は居た。

大きくはないけど、メバルの存在を確認

正直、メバルの釣り方も良く分からないので 夜どうやったら釣れるか分かりません
一般的にはキャストして表層引けば良いのかな?

ある程度経験を積めば経験則で不安感も消えてくるとおもうけど
最初は今やっている事が良いのか悪いのかが分からず不安になってくる。

それは、まだ構築に至るまでの認識が足りていないからだろう。



RIMG2912.jpg


届くのであれば、メタルジグよりミノーが良いかも。

明るくなってきた頃から釣り人がチラホラと来たので、そろそろサゴシ狙いに変更。
とりあえず回遊ルートっぽい場所にキャストできる立ち居地に移動してキャストする。

今回、使用したルアーは「メタルジグ」「バイブレーション」「ミノー」の3種類
それぞれ長所・短所があるので一丸には言えないが、ミノーが一番しっくりきてた気がする。

飛距離はメタルジグに劣るが、ぷりぷりとした動きはサゴシが届く距離に居るのであれば
メタルジグよりも良い気がする。


しかし、周りにルアーを投げている人が誰1人居ないが
本当に見当違いの場所に来ているのだろうか



RIMG2922.jpg


まだキジハタが居た。

そろそろキジハタが居なくなっているかと思いきや、まだ居ました。
サイズはともかく釣れた割合で言えば、6割カサゴ・3割キジハタ・1割その他 みたいな割合。

9月に比べるとカサゴの割合がかなり増加。
メバルも昼間に小さいのが見えるので、9月とはまったく状況は違う。

昼間はサイズが悪くなるもののチビサイズなら結構な数釣れた。
今まで来なかったけど、この時期でも遊べるという事が分かったのは大きな収穫だと思う。


 

手探りから始める海釣り

RIMG2885.jpg


11/8 紀伊長島~尾鷲


ムラソイって、いつ釣れるの?

まずは、ゴロタ場で安定のムラソイ釣り。

ムラソイに限らず、海の魚介類全般よく分かりません
いつの時期から釣れるのか、どういった条件が良いのか分からないまま釣っていますが
手探りの状態から条件を絞り込んでいくというのも面白みの一つだと思います。

潮の満ち干。

ゴロタ場では、潮位によってポイントが大きく変わるが
上げ潮・下げ潮どちらがいいのか?
ちょっと考えてみた。


ゴロタ場でムラソイを釣る時は、主なポイントは岸際の石の下。
岸際の石の下で釣るとムラソイ率が高く、少し沖で釣るとカサゴ率が上がるように思います。

岸際がムラソイにとっての好条件だとすれば、潮の満ち干は大きく影響します。




現段階の個人的意見ですが、下げ潮の方が釣れるように思います。

潮

上げ潮の場合、潮位が上がってくるにしたがってムラソイが岸際に寄ってくると思いますが
1・2・3番の石があったとして、ムラソイが居る可能性があるのは3番の石のみ。

ムラソイが沖から入ってくるのであれば、波の最小値でも海水がある石でないと付きません。
そして、上げ潮の方が波の幅が大きい気がするのでウェーディングでもしない限り
立ち居地は、最大値の波が届かない位置からになります。(釣り難くなる)


下げ潮の場合、潮位が下がっていくにしたがってムラソイが岸際から離れていくと思いますが
ムラソイが居る可能性があるのは、3番と2番。

3番は上げでも下げでも常に海水がありムラソイが居る可能性が高いのは同じですが
波の最大値が下がった事により、上げの時より前に出て釣る事ができます。(釣り易くなる)

2番は並の幅が少なくなった事で、かろうじて海水が残っている程度だとします。

しかし、満潮時に2番の石に付いたとすれば まだ残っている可能性もあり
下げ潮の場合、思った以上に浅いポイントでもムラソイが入っている事があります。

※現段階の個人的な意見なので、間違ってる可能性もあります。
 そのまま鵜呑みにしないよう注意してください。



RIMG2881.jpg


手乗りムラソイしか釣れなかった・・・


残念ながら手乗りサイズのムラソイしか釣る事が出来ませんでした

と言っても このゴロタ場で釣れるムラソイは大きくても20cmちょっとなのでこんなものです。
大きな魚を釣りたいならもっと水深のある所じゃないと難しいでしょうね。


あとは昼頃にエギングをしていて魚のアタリがあったのでワームに交換してみた所
オオモンハタ?みたいのが釣れました。
キジハタよりも地味目な感じだったので、たぶんオオモンハタ?

それから夕方の薄暗くなってきた頃にカサゴタイムが始まりポコポコ釣れたぐらいで大型は出ず
想像以上に悪い結果になりました

特にエギングは、キロアップどころか1回アタリが有ったのみで0杯




大型って狙わないと釣れない気がする。

おそらくアタリの主も次のキャストで寄ってきたのですが200g程度のアオリイカ。
尾鷲まで来て200gを釣っても仕方がないので、大型狙いでがんばりましたが
エギのサイズを下げて200gでも釣っておけば良かったのかどうか難しい所。

200gを狙って釣れたとしても、時間は消費してしまうので大型が釣れる可能性は減ってしまうんですよね。
渓流でも魚が沢山釣れるからといって20cmの魚が居るポイントばかりで遊んでいると
大型の釣れる可能性は下がってしまいます。

せっかく背中にギャフを背負って釣りをしている以上、ギャフが必要なサイズを釣りたいですよね
たぶん、冬の間にまた行くと思うのでキロアップを狙いたいと思います。



メバルは釣れなかったけど、12月ぐらいからは釣れるのかな・・・




 

これは、何ハタかな?

RIMG2688.jpg


9/20 福井県・敦賀



やっぱりメインは、キジハタ

今回もキジハタメインのアオリイカはオマケで、敦賀に行ってきました。

父ともう一人の方は、アオリイカメインでアオリイカは父達に任せて
自分はキジハタ狙い。

尺キジが釣れるイメージがまだ無いので、未だによく分からないまま釣りをしています



数・サイズ共に前回より良くない・・・

釣れるのはミニハタが多く、20cmすら中々釣れない状況。
なぜミニハタばかりが釣れるのか? 

何かしらの条件がありサイズが下がっていると思われるが、はっきりとした答えは出ず
各ポイント毎に大体揃ったサイズのミニハタが釣れる。


アオリイカをやっている父に聞いてみると、アオリイカも良くないそうだ。
魚種限定ではなく、海の状況自体に影響されていると思うがはっきりとした原因は分からない




ポイントの条件変化によるサイズの違い

ある漁港の堤防で釣りをしていると、堤防の外側ではミニハタが良く釣れる。
堤防を挟んで内側のポイントでは、外側に比べてサイズが良くなる。

通常、外側に面したポイントの方が大きな魚が付きそうなものだが
確実に内側の方がサイズが良い。

では、堤防を挟んで内と外で何が違うのか?
見た目で 水の色が違う。

真昼間という事もあり、内側の少し濁りの入ったポイントで休んでいるのかもしれない。
24時間同じ場所に魚が居るわけではないので、時間と条件に対応したポイントの予測が
きちんと出来るようになるまでは比較の繰り返しになると思われる。




結局、ぼちぼち釣れました。

釣れない。釣れない。と言いつつも ミニサイズならぼちぼち釣れまして
キジハタも25cmぐらいはありそうなのも混じり、ぽつぽつ20cm以上のが釣れたので
魚釣りの方は、夕方前に満足できました。

一方、アオリイカ担当の方が残念な事になっていて 自分も少しアオリイカを狙います。
確かに状況は良くない・・・

良くなかったけど、夕方にパタパタっと釣れたので良いとこ取りな感じで終了。
アオリイカもドラグを出すぐらいに大きくなったら、もう少し真面目に狙いたいと思います。


 
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR