アマゴのちニジマス

 
小さいながらも多くのアマゴがフライを食べに来てくれました。
RIMG5087.jpg

3/13 (日)   三重県の川


ちょっとアマゴを釣りに。

ヒラキが多い川は、茂ったポイントを。
茂った所が多い川は、ヒラキのポイントを。

どの川でも言える事ですが、その川の平均的な渓相以外のポイントというのは
なぜか良い魚が居たり、多くの魚が棲んでいる事が多いです。


ヒラキが多い川では、ヒラキのポイントで釣る事を前提にしていると思います。

そうすると、時々現れる茂ったポイントは少数ポイントになるので
無理をしてフライを木に引っ掛けるよりも、多数を占めるヒラキのポイントだけを釣ったり
無難なレーンだけを流して際どいレーンは流さない。 など
少数ポイントを避ける傾向があるような気がします。

逆に木が多い茂ったような川では、ヒラキのポイントが少数ポイントになり
狭いスペースのようにヒラキを釣ると、なかなか釣れない事が多いです。

そういったヒラキのポイントでは、出来る限り遠くから一番良いレーンをきっちり流すと
良い結果が出る事が多いです。


今回行った川は、ヒラキの川でした。

アマゴの生息数は、多い感じだったのでヒラキのみでも十分に釣りが成立しますが
やはり、邪魔な所に木があったりするポイントの方がアマゴの出が良かったような気がします。

初めて釣りをする川だったので、アマゴの居る場所などを見ながら釣りをしてみると
普段から行っている川との共通点が見えてきます。



1年半ぶり。 ホウライマス48cm
RIMG5096.jpg


釣れる気配がする・・・

帰り道、午後3時半ぐらいに員弁川へ到着。

前日にとりあえずニジマスを釣っていたので、天気予報をよく見ていなかったのがいけないのですが
風もなくどんよりと曇り空、水生昆虫の羽化もちらほら見えるます。

なんと、水面でメダカのようなサイズの小魚がぷちぷちライズしています。
今年初めて見るライズです。

今日、員弁川にすればよかった・・・


今日は好条件の日なのか釣りを開始して早々ヒット。

渡れる程度の水深と流速の瀬で、常時棲んでいるポイントではなく
餌を食べに出てくるようなポイントで掛かりました。

こういうポイントに魚が入るととても釣りやすく
やはり、条件による日並の影響は大きいようです。

釣れたのは、1年半越しのホウライマス。
傷がありますが、だいぶ治ってきています。

鳥の襲撃や大増水を乗り越えて、生き残った強い魚です。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
今シーズンもフライフィッシング・サポート(渓流)を4月から再開します。

4月の定期釣行会は、4/16(土) 4/17(日) です。
釣行サポート・同行サポートは、4/1から再開します。
今年もよろしくお願いします。 春夏秋渓 レイアウト変更しました。

 

スポンサーサイト

ルアーで員弁川


RIMG2976.jpg


12/23 員弁川


たまにはルアーで員弁川

今年は、なんだかんだでフライフィッシングでしかニジマスを釣っていないので
たまにはルアーで釣ってみようと員弁川へ。

フライフィッシングからルアーフィッシングへ替わったところで、やる事は同じ。
道具が替わった事で、選択出来る手段が増えたり減ったり
釣り方は違えど本質的なものは同じだと思います。



ルアー>>>フライ

たまたまフライフィッシングで釣りをしている方と話が出来たので聞いてみると・・・

どうやら釣れなかったようですが、「どうでしたか?」 と聞かれたので
「まぁ、釣れましたよ。 ルアーなんで。」 みたいな返答をしたら

「やっぱ、ルアーですか。」 と返されてしまった。


いつぞやかの記事にも書いたように フライの方が釣れない。 みたいな
そんな先入観があるのかもしれません。

物理的にフライでは無理がある釣り方 (船に乗り水深50m以上の所でメタルジグのジギング等) では
さすがにフライフィッシングでルアーフィッシングに太刀打ちできないと思いますが
員弁川ぐらいの規模であれば、ルアーとフライに絶対的な壁はないと思います。




鳥に突かれたのかな? 怪我をしたニジマスが釣れました。
RIMG2980.jpg


ルアーの利点

一言で言えば、「操作性が良い。」

フライに比べると前提条件も少なく、簡単にやりたい事を出来るというのが自分の意見。


例えば、流速のあるポイントでフライを50cm潜らせた状態でスイングさせようと思っても
立ち居地、ラインの置く位置・角度、使用するラインなどの条件を整えないと たった50cm沈めた状態で
フライをスイングさせる事さえ難しいです。

それに比べて、ルアーにはリップという水の抵抗を受けて潜ってくれるすばらしいものが付いていて
ラインの角度とテンションだけで、簡単に水深50cmの所をスイングできます。

そういった操作性の良さから、ルアーに比べフライは釣れない。 という
考えが出てくるのかもしれません。



釣れないを楽しむ。

確かにフライは、ルアーに比べると何かと上手くいかない事が多いです。
キャスティングにしても、フライを流すだけにしても何かと面倒だと思います。

しかし、色々と考えて釣りをする事でかなりの部分は解消されます。
それがフライフィッシングの面白い所であり、難しい所だと思います。

少なくてもフライだから釣れないという事は、絶対にありません。


ルアーのすぐ後ろをフライで釣りをしていても、釣れますし
同じフライのすぐ後ろで釣りをしていても、釣れます。
(過去、記事参照)

もちろん、すぐ後ろで釣りをしているので釣り難くなるのは間違いないですが
釣り方次第で、ある程度は何とかなります。

ただ、なんとなく釣りをするのではなく 考えて釣りをする事で
フライでも普通に釣れるようになると思います。


 

画期的な釣り道具を買いました。


RIMG2222.jpg


7/17 庄内川


とりあえず、本題の前にナマズから。

夏になると どこからともなく沸いてくるナマズさん。
ライギョも夏に沸きますが、どちらかといえばナマズの方が好きです。

理由は、フックを外すのが簡単だから。

今回の目的は別にあったのですが、ナマズが泳いでいるのが見えたので狙い撃ち。
やっぱりルアーでもサイトフィッシングの方が楽しいです

65cmぐらいで庄内川としては、まぁまぁのサイズでした。



そして本題は、ここから

前回、うなぎを見つけるものの釣る事ができなかったので ある物 を買いました。
そのある物とは・・・

電気ウキ!

生まれて初めて電気ウキを買いました。

電気ウキって、光るんですよ。
夜でもアタリが視認できる画期的なアイテム。

電気ウキ・電池・おもり・フック これだけ買えば お魚釣り放題!
しかも、今回買った釣り道具全部あわせても1000円でおつりが来るコストパフォーマンス。
餌は現地でエビを捕まえるのでタダです。



では、さっそくルアーを取り 電気ウキを付けて餌釣りです

一投目・・・ 3mほど先に落とし待つ事30秒。
電気ウキが微妙に動いた気がしたので、あわせてみる。

ぎゅーーーん

電気ウキがすごい勢いで走る


いやいや、付いてるフックはメバル釣るハリだし
まだ電気ウキを堪能してないうちにロストとかしたくないんですけど

電気ウキを死守する為、メバルフックでがんばる。。。

無理はしない。。。

時間が掛かる。。。



砂地へズルズルズル

RIMG2224.jpg

メバルフックで釣るサイズじゃないんですけど

70cmぐらいはありそうなコイです。 しかも太いです。
最近のメバルフックは、70cmの魚でも対応できる性能があるんですね。

電気ウキのロストが怖いので、あまり大きな魚は来てほしくないです
もう、ナイロンライン1.5号がヨレヨレになって また最初から仕掛け作らなきゃいけないじゃないですか。



再度、仕掛けを作り直し ポチャン。
散々暴れてくれたおかげで、今度は長い事電気ウキを見ることができました。

時々、小さなアタリがあるのはたぶん手長エビです。
奴らは共食いするので、エビでエビが釣れます。

何度か投げなおして、やっとアタリが取れました




本日のメインターゲット うなぎ です

RIMG2229.jpg

ちょっと、小さいけど うなぎさん 釣れました~
食べる気はないので、そのままリリース。

仕事終わりに1時間弱 庄内川へ行って釣りをしてきました。
近所の川で お遊び程度ですが平日に釣りが出来るって良いですね。

ルアーなら シーバス・ナマズ・ライギョ・ニゴイがよく釣れ
うまぎ・手長エビ・コイ・ブラックバス・ハゼみたいな魚と色々釣れます。

先週は天気が悪かったので、渓流には行かなかったので
浮いたお金で うなぎ 釣りでした。


 

最小記録を2種更新


RIMG2210.jpg

7/14 庄内川


雨が降って増水したのでシーバスが来てないかと様子見。

庄内川でのシーバス最小記録を更新
45cm~50cmアベレージの庄内川で、初の40cm未満シーバス

追い食いでガッツリとルアーを食べてくれたのは良いけど、ちと小さい
この日のアタリは1回のみ。

1匹釣った後も続かず、数・サイズ共に良くなかったもよう。
増水した時は、アベレージサイズが+10cmする事が多いだけに残念な結果になった。




RIMG2214.jpg


増水後に現れるビオトープ

帰り際に増水後に出来た水溜り(ブロックの合間)で、うなぎを見つけました。

うなぎを釣ろうと手作りジグヘッドに その辺で捕まえたエビを付けて
隠れたブロックの下に落としこんでみるとあら不思議!


うなぎじゃなくて極小ライギョが釣れました!


ライギョの最小記録として 今後更新できないであろう圧倒的小ささ
これから暑くなりライギョが沸くので怖いですね~

何が怖いって、歯がコワイ。
釣り上げたのにルアーを咥えた口をギューっと閉じてルアーを放してくれず
ぐるぐる回ってラインを切り、ルアーを盗られた去年の夏を思い出します


 

可能性

ニジマスを狙っていたら違う魚が・・・
RIMG1329.jpg
きちんとホウライマスも釣ってます。
RIMG1326.jpg


12/30
 あけましておめでとうございます。 今年初の記事が去年のものになります

 いつもの員○川へ、2013最後の釣りに行ってきました。
12月末なだけあって、寒い寒い
 とてもドライフライで釣りをしようという気にはならなかったので、安定のルアーで


 放流から時間が経って、かなり魚も散らばっているようで
放流場所&溜まって居た場所以外の場所の方が、単発釣りで簡単に釣れるような感じでした。

 逆に放流場所&溜まって居た場所は、釣り人が多く入るせいか反応が悪く
昼飯を食べてから釣りに行くと人の後確定

 釣り場に入れても下流に釣り人が居たり、上流から釣り人が下ってきたり
釣りをしていたら、釣り人が来たりと年末でも釣り人が多いこと

 放流したニジマスの数を釣り人の数で割ったら、一人何匹になるやら
ほとんどの人はリリースしてるようなので、1匹の魚を複数の人が釣る事もあるでしょうけど
 今年は、釣り人の数が異常なほど多かった。
先行者有りの状態で釣りをする前提になるので、それなりに難しかったように思います。


 さて、2013年最後に釣った魚が”釣っちゃいけない魚”になってしまった訳ですが
銀毛していて23cm近くありました。

 この時期生きていて、銀毛しているということは
来年秋の産卵まで生きている可能性が高いと思います。(釣り人とかに食べられなければ)

 現時点で23cmとすると秋には、余裕で尺を超えてる事と思います。
員○川でも海に降ってサツキマスになったりするのかな?
 きっと、こういう固体が大型化していくと思うので可能性を繋ぐ意味でも大事にしたいですね。

 4月ぐらいになると、里川でも25cmを超えるアマゴがたまーーーに釣れるのですが
9月に尺を超えた状態でまた会えるようリリースします。 <俺は、会いたくないけどな!


 食べる分だけ魚を持って帰るのは良いですが、より大きな魚が釣りたいと思うなら
自ら可能性を消すことはしない方が良いです。

 自分も年に0~3匹程、釣りに行ってアマゴ・イワナを持って帰りますが
生息数やサイズの分布、放流の有無などを考えて出来るだけ影響がでないように気をつけています。
 
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR