管理釣り場で、検証実験。


RIMG2861.jpg


10/26 奈良県 天川



管理釣り場で検証

今回は、管理釣り場の天川へ行ってきました。

ここ最近、ウェットっぽいフライシステムで員弁川の年越しニジマスばかりを釣ってきましたが
1日で何十匹も釣れる所ではないので、数の釣れる管理釣り場で色々と検証をしていきたいと思います。


使用するシステムは、員弁川と同じ・・・のつもりでしたが、間違えて4番ロッドを持ってきてしまいました

なので、4番ロッドに5番ラインを乗せて ドロッパーに#10のカディス。
リードは、#10のグルグルマラブー。

ティペットは4Xで、間違えた4番ロッドとリードフライを#10ニンフ→#10マラブーに替えた事。
それ以外は、員弁川と同じシステムで釣りをしてみました。




RIMG2869.jpg



渓相が変われば、釣り方も変わる。

まず、員弁川と圧倒的に違うのが1つのポイントに対する面が少ないこと。

前回の記事でも見ていただければわかるとおり、員弁川は瀬であっても淵であっても
面が大きく、その面にフライラインを置きラインテンションでレーンやフライを操作する。

当然、アタリの取り方・合わせにしてもフライラインを主にして釣りをしている。


そして、今回の天川では中流域というより渓流域にあたるので段差が多く
面としてみると狭くなってしまいます。

狭くなるとどういった影響があるかと言うと、フライラインを置く面が少なくなるので
ラインテンションを主とした操作から、直接フライに影響を与える操作に変化します。




RIMG2874.jpg



大きい魚が見当たらない・・・

自分の記憶では、大きなポイントでは1匹ぐらい50cmぐらいのニジマスは居て
40cmぐらいであればポツポツ釣れるといった去年の印象。

一応、大きい魚も入れているらしいが残念な事に見当たらず40cmぐらいまでの釣果と
サイズ的にはかなり寂しいものとなった。


アベレージサイズばかりを入れて、大きいのはほとんど入れてないのか
釣れないのは仕方がないとして、大きい魚が見当たらないというのは去年の印象からすると
とても残念。

何匹か居る中から一番大きい魚だけを狙い撃ちするといった楽しみもなく
釣れる魚は、毎回同じようなサイズばかりになるとメリハリがなくなってしまうので
出来たら去年のように50cmぐらいのを時々入れてもらえると嬉しい。



RIMG2877.jpg



魚の居る流れが一番重要

ドライフライの場合、水面の流れだけを見てれば良いとは言えないまでも
フライ自体が流れるレーンは、水面であり水面の流れは重要になってくる。

ウェットフライやニンフといった沈めるフライでは、フライが流れるレーンは水中であり
表層がどれだけ激流の白泡であろうが、下層が魚の付く流れであれば魚は釣れる。


問題は、どうやってそのレーンにフライを乗せるか?
激流の中にフライを落としても魚の居る層までフライが沈む前に魚の居る場所を通過してしまう。

手段は色々あるが一番簡単な方法は、速い流れの近くには 速い流れに引っ張られる流れがあり
その流れにフライを乗せるのが一番簡単にフライを流し込めると思う。

その手段を取るメリットの一つとして、表層の流れと下層の流れる向きが違うため
激流の下であっても下層は下流に流れるのではなく、流芯へと流れる流れになっている事もあり
白泡の下をゆっくりと流す事も出来る。

この手段は、ドライフライでは取る事の出来ない手段で 沈める釣りの楽しさだと思います。
沈める釣りは、実際にフライが流れている所を見ることも難しく(静かな流れなら見えるけど)
どのようにフライが流れているのかイメージして釣る、イメージの釣りだと思います。



 
スポンサーサイト

員弁川 1年越しニジマス調査 ③


RIMG2828.jpg


10/19 員弁川



3週連続による年越し調査

1回目 去年放流した最下流部
2回目 去年放流した中流部
3回目 去年放流した最上流部


今回の調査で最下流部~最上流部まで一通り調査に入る事が出来ました。

その結果、全区間で年越しのニジマスを確認。
最上流部は、水深の深い所が少なく夏を越せるのか心配でしたが生存を確認できました。

たまたまかもしれませんが、フライフィッシングで3週連続年越しニジマスが釣れたことを考えると
釣りになる程度に魚が残っているのだと思います。




ナイスファイトでした。

基本的に大きい魚はよく引き、小さい魚は引きが弱い。
当然、大きい魚は重量もありヒレも大きく泳ぐ時のパワーは小さい魚よりも強いです。

しかし、極稀にサイズ以上にがんばってくれる魚が居ます。
サイズ以上に良いファイトをしてくれた魚に対しては、敬意を払います。


フライラインが瀬の水中にある時は、フライラインそのものに流れがあたり
何もしなくても相当のラインテンションが魚に掛かります。

大抵の魚は、そのラインテンションにより岸に寄って来るのですが
その状態で流れの中を上流へ走りました。

もし、ラインが追いつかない速度で上流に魚が泳いだ場合
流れの抵抗を受けているラインと魚の引っ張る力でティペットの強度を超える事が出来たなら
その時は魚の勝ち。 自分は気持ちよく負ける事が出来たでしょう。



RIMG2845.jpg



年越し調査は、今回で終了。

昼頃に今年の放流1回目をした為、来週から釣り人が増えることが予想されます。
それに伴い年越し調査は、今回で終了とします。

今年放流した魚を釣るのも良し。 2年越しの奇跡を狙うも良し。
釣り人が増えるなら、他の釣り人を見て研究するのも良しだと思います。

あまり気合を入れて釣りに行くと釣り人だらけで釣りが出来ない。という状況も考えられるので
他の釣り人が居ても出来る事をやった方が気分的に楽です。



RIMG2824.jpg



カディス万能説 (少数意見) と その使い方

ちょっと分かり難いかもしれませんが、まだフライが付いてる状態の写真です。

浮いてくるのが見えたので、フライに出た後少し送り込んでからラインテンションで掛けたので
ダウンクロスの立ち居地からでも良い場所にフライが掛かっています。

去年もそうでしたが、ドライフライオンリーでもその年に放流した魚は十分に釣れるので
ドライフライの釣り上がりで釣っても良いのですが、ウェットフライで釣り下る人の方が圧倒的に多く
あまり釣り人が多いと釣り上がりの釣りは出来ません。

仕方がなく釣り下りでドライフライをする事もありますが、ダウンクロスでドライフライを流し込むと
魚が出たのに掛からないという現象が多く起きると思います。

ドライフライで釣るなら、釣り上がりの方が圧倒的にフッキング率が良いです。




ドライフライのダウンクロス

仕方がなく釣り下る時にダウンクロスの状態で魚が出たら
魚が出てくるのが見えるので合わせたくなるのは分かりますが、我慢して送り込んでください。

ある程度の流れと水面に付いているラインの距長さがあるダウンクロスと言うのが条件ですが
その条件なら送り込んだ方がフッキング率は上がります。

アワセは、ラインが魚より下流に行ってラインテンションが掛かる状態にしてから
ぬ~~んと合わせればOK。

バシッっと合わせる必要はありません。


参考になるかどうか分かりませんが、自分はそんな感じでやっています。




 

2014 渓流フライフィッシングのまとめ


RIMG2596.jpg





まだまだ、考えるべき事は多々あり。

今年からフライフィッシング・サービスを始め、人の後から釣る釣り、アベレージサイズを上げる釣り
色々な事をやってみました。

なかでも一番難しいと思ったのは、釣ってもらう事。

自分が釣るのではなく、釣ってもらうというのはかなり悩まされました


今となっては、その日釣れたかどうかは結構どうでもいい事なのですが (自分の場合)
遠くからわざわざ来てくれた以上、今後に繋がる釣りをするのはもちろん
少しぐらいは魚を釣ってもらいたいところ。

数を釣る事で分かる事もあるので、フライフィッシングを始めて1~2年であれば
数を釣って経験則の精度を上げるのも一つの手だと思います。




少なからず自分の釣りに影響を及ぼしていると思う。

色々な人の釣りを見て、改めて気づかされる事や思いもしなかった事をしている人など
自分一人では気づく事が出来なかったであろう経験をさせていただきました。

これは自分の釣りに対し、少なからず影響を及ぼし新しい可能性のきっかけになった事は
間違いないと思います。

分かり易い影響と言えば、フライラインをクリーニングする事

釣り場で何度かフライラインをきれいにする方が居まして、なぜフライラインをきれいにするのか?
話を聞いてみれば一利あるなと思い、さすがに釣りの最中にはクリーニングしませんが
釣りが終わったら家でクリーニングするようにしました。



RIMG2263.jpg


今シーズンの感想

去年に比べ、釣りに行ける回数も減り釣果としても下がるのではないかと思っていましたが
逆に去年よりも良い結果になってしまいました。

今シーズンは、フライフィッシングで尺イワナ・尺ヤマメ&尺アマゴ合わせて50匹達成
5月ぐらいからは、釣りさえできればほぼ尺上が釣れ 尺上が釣れない日の方が
珍しいというぐらいで予想以上の結果になりました。


魚を釣る事より 釣りそのもの を考える事で、このような結果が出たのだと思います。

ただ、魚が釣りたいだけでひたすらがんばっていたら釣れなかった魚が多々居た事でしょう。
矛盾しているように見えるかもしれませんが、自分はそんなふうに思います。




 

員弁川 1年越しニジマス調査 ②


RIMG2810.jpg


10/11 員弁川



奇跡的な確立ではなく、普通に釣れる確立

今まで年越し調査をしなかった為、夏を越せるニジマスは極少数で
何度か通って1匹釣れる程度の確立だと思っていました。

しかし、前回と今回の調査で普通に釣れる程度に残っている事が分かり
思った以上に夏を越せるニジマスが多数いる事が分かりました。


今回、12時~4時の間フライフィッシングで釣りをしていて
確認できたニジマスの数は5匹。 (前回は3匹)

実際に居るニジマスの数は、その2倍以上居ると考えられるので
釣りをした区間に居るニジマスが最低でも10匹以上居ないと
釣りをして5匹の生存は確認できないとおもいます。



1年越しの生存率

仮に青川ネットワークさんが1回に放流する魚の数が100匹だとして
1年生き残れる魚が10%なら10匹。

実際には1回の放流で100匹は居ない事。
実際には釣りをした区間に10匹以上居たであろう事。

この2点を考慮すると1年生き残れる確立は、体感ではありますが10%~20%ぐらい。
5匹に1匹ぐらい生き残れてるかも知れないと思います。

これは思った以上に確立が高く、どこか限定された場所でしか夏越しできない訳ではなく
ぼちぼち深いポイントがあれば夏越しが出来ると考えられる。

前回と今回で違う場所に入っているので、夏を越せる場所が複数ある事と思う。



RIMG2801.jpg


夏の間でも餌を食べている

こちらのニジマス、正確にはホウライマスになるのかな?
とても丸々と太ってます。

丸々と太っているという事は、9月の間にも餌をそれなりに食べていると思うので
9月の水温でも活動出来ていると思います。

実際になのを食べているかストマック調査できれば、何を食べているか分かるのですが
ストマックポンプなど持っていないので分かりません 



RIMG2808.jpg



年越しニジマスの居る場所

流石に1年も経つと放流場所にこだわる必要はなく、夏を越せそうなポイントに居る事が多く
大場所っぽい所に多く居たように思います。

あと、まだ水温が高い為か中層より下に居ることが多いみたいです。
水深のあるポイントの下層をゆっくりとフライが流れている時に釣れるパターンが多かったです。



上層が流れていても下層はゆっくりな流れがある。

瀬から淵に変わる境目を越えると、上層と下層で流速差が大きくなります。
適水温になれば活性が上がり表層に出てきてくれる事もありますが
まだ、そういった場所まで出てきてフライを食べてくれる事は少ないようです。

少し流し難いですが、下層のレーンを流せるかどうかがポイントになってくると思います。



RIMG2815.jpg



放流1ヶ月以内の付き場との違い

放流直後は良いポイント=魚が居るという一般的条件よりも
溜まる場所に複数溜まり、その上の瀬に一部出てくるパターンが多いように思います。

また、放流直後は釣り人の数が多くなるので小さなスポットに入るニジマスも居て
釣り人を考慮して釣りをした方が釣れる事も多々あります。


放流から半年~1年経つと釣り人も激減し、良いポイントの良い場所に魚が付き
放流直後の状態よりも逆に釣り易いという人も居るでしょう。

釣った魚がどこにいたのかが分かり易く、ココに居た魚だと場所を特定できる程度に
ポイントの予測が立て易く、そういった良いポイントをきちんと流せれば釣れる。といった感じで
釣り人も少なく放流直後よりも釣りとしては面白いように思います。




 

員弁川 1年越しニジマス調査

RIMG2780.jpg


10/4 員弁川



4月頃の生存率調査

今年の4月頃、去年の10月に放流されたニジマスがどの程度生き残っているかの調査で
思った以上に生存率が高く、午後からフライでちょこっと釣りをしても3匹ぐらい釣れる程度に
魚は残っていました。

11月ぐらいの釣り人多数の中で釣りをするよりも のびのびと 釣りが出来る事。
放流場所から移動して、良いポイントに入っている事などを考慮すると11月より釣りやすいかもしれません。

冬の間は水温や投網といった危険も少ないので、生存率が良いのは納得がいきます。



6月~9月の高水温&投網から生き残れるのか?

問題はここから。

6月~9月 員弁川はかなりの高水温になる事が予測されます。
その時期に水温を計った事はないですが、今回10月初めに計った表面温度は21度。

8月の渇水期なんか25度は軽く超えるのではないだろうか・・・
この高水温を生き残れる場所は、かなり限られるのではないか?


もう一つの問題は、投網をする人が多い事。
特に鮎の時期になると投網等々が多々入るようで、魚にとってはかなりの脅威になります。




RIMG2796.jpg


父はルアー 自分はフライ

自分はあまり釣る気がなかったので、ルアーを投げる父の後ろからフライでついて行きます。

実際、どの程度生き残っているか分からない以上、ルアーを投げるのが手っ取り早く
短時間で広範囲を探る事が出来ます。

生存率調査というならば、ルアーを選択するのが確実なのですが
釣る事を目的とせず、釣りの完成度を目的とするならば話は変わってきます。

ウェットっぽい釣り方は、ざっくりと形は見えてきたものの確固たるものまでは至っていないので
確認や練習を目的としフライを選択しました。



どこまで見えているか。

ウェットっぽい釣りでは、魚がフライにじゃれていると もぞもぞ とした感触が伝わってきます。
俗に言う前アタリというものだと思います。

毎回、前アタリがあるわけではなくいきなりガツンと来ることもありますが
個人的には前アタリからの送り込み~合わせといった流れで釣る方が楽しいです。

実際には、フライがどの層を流れているか? どのぐらいの速度でフライが動いているか? など
フライ自体は目に見えませんが、手の感触・目に見えるラインなどから見えているかのように
流す事が出来るようになれば一層面白くなると思います。



RIMG2774.jpg



1年越しニジマス生存確認?

ルアーを投げた所を練習がてらフライを流しつつ釣り下っていたのですが
1箇所もぞもぞがあったポイントがあり、しつこく流しているとコンッというアタリがありました。

流しきった後の状態で当たってしまったので、フッキングまで持っていけませんでしたが
感触的にニジマスのものだと思われます。

何度かオイカワのアタリがあり、運悪くフッキングしてしまったオイカワさんと比べると
感触が違うので多分ニジマスという事に。




いつの日か どうしようもないぐらいの魚を掛けてみたい。

その後も練習をしながら父の後ろを釣り下ります。
流石にルアーはペースが早く、大場所を釣り終えた父が座って待っています。

水深のあるポイントだったので、流れにラインを飲ませ底の方をゆっくりと流していると違和感が。
少し送り込んでから、ぬーーんとフッキング。

根掛かりじゃなくて良かった
魚が首を振る感触が伝わってきます。

今年も使用するロッドは、渓流と同じ#5ロッドに4Xのティペット・#10のフライです。
前回、渓流に行ったままの状態で釣りをしていますが問題なくこれでも釣りになります。

渓流でアマゴ・イワナを釣る道具と中流域でニジマスを釣る道具が同じと言うのも変ですが
どちらも40cm以上を想定したシステムだと思えば、まぁ そんなものなのかもしれません。



RIMG2786.jpg


きっと、きちんと釣りをしたから釣れたんだね。

尾びれも回復してきていて、アベレージ50cmぐらいでした。
4月ぐらいにも50cmぐらいをの釣っている事から、思ったよりも成長しておらず
夏バテで餌をあまり取らなかったのか、個体差による差なのか。

まぁ、全部が全部同じように成長するわけではないので個体差だと思います。


1年越しのニジマスは確認できたので、確立からするとかなり低くはなりますが
2年越しのニジマスならば、60cmぐらいになる奇跡的な魚も居るかもしれません。

60cmぐらいなら きっと掛けた後楽しい事間違いなしです



 

釣りの三大要素


RIMG2748.jpg


9/27 九頭竜川水系・N川



ちょっと予定を変更して。

9月の定期釣行会 参加者1名という事で長良川本流から九頭竜川水系・N川へ変更。

ここ最近までN川へ行く事がなかったので、自分は話に聞くだけでしたが
今回来てくれた方はN川に行く事が多いようなのでN川に変更。

せっかくなので、通いなれている川で釣行会をした方が今後の為になるのではないか。
という事でN川へ行ってきました。



時間を掛けて練習しながら釣りあがる。

今日魚が釣れるかどうかよりも 釣り方を知る方がトータルしてみると効果的だと思うので
一つ一つのポイントを認識・構築・再現の順で一投目に流せなくても
とりあえず1回は流せるまで練習します。


何度かキャスト前に魚を見つける事もあったので、魚そのものが見えている時は
正しく魚の位置は認識できます。

しかし、見えている魚に対して得られる情報は他にも多々あり
その魚は今どういった状態なのか?

それが分かるようになると構築の精度が上がります。



RIMG2755.jpg


実際にN川で釣りをするのを見た感想

普段の釣果と今日釣りをしてもらった時の釣りを見ると、おそらく普段釣れる魚は最大で3割が良い所。
10割が川に済んでいる魚全てではなく、認識・構築・再現を100%で発揮した場合に
釣れる魚を10割として考えた場合に3割しか釣れていないという事。

まだ、2シーズン目の終わりという事で認識・構築・再現共に完成度が低いのは仕方がないが
認識の部分だけは、早い段階で気にする事によって今後の完成度に関わってくると思う。

逆に再現の部分は、技術的な部分が多く やりたい事がはっきりと分かっているならば
自分に教えてもらう必要もなく、他のスクールで教えてもらっても構わない。




釣りを構成する要素を自分なりに考えてみた。

この前からよく 認識・構築・再現 という言葉を使うようになったが
これは釣りをするうえで重要な要素を分類化した場合に何があるか?

フライフィッシング・サポートを続けていくのにあたって、出来るだけ言葉に出来るような
10人居たら10人分かるような釣りの要素を考えたものである。

とりあえず、こんな感じで。


認識:魚の居るであろうポイント・流れを正しく認識する。
構築:認識した魚に対してどうアプローチするかを構築する。
再現:構築したアプローチを現実のものとする。





RIMG2762.jpg

9/28 九頭竜川水系・I川



釣行会のおまけで

前日のN川を踏まえ、今日も練習をメインにI川へ。

釣行会ではないので、自分も釣りをして良いのですが
ほとんど釣りをしないでサポートに徹します。


時々、魚を見つける事もありサイトフィッシングで狙ってもらったりと
練習としては結果が分かり易い練習日和。

確実に魚が居るのを認識してから 構築・再現 に移るので
フライを流してみたけど魚は出なかった。 = 魚は居なかった。 という間違った認識はなくなるはず。
前日のN川しかり、よく川を見ると魚が泳いでいる姿をみます。



多分、今シーズン尺上49匹だったので。

もう一度確認してみないと数え間違えがあるかもしれませんが、9/27の時点で尺上49匹。
後1匹で50匹とキリが良いので、1匹釣ればそれでこの日はOK

自分の予定では、3時~4時の間に2~3箇所釣りをさせてもらえば
それで1匹ぐらい尺が釣れるだろう。 の予定で3時までフルサポート。

予定の時刻とポイントで条件は揃ったので、ちょっと1匹釣らせてくださいね。 と言って
1個目の大場所で釣りをする。



いざ、一つ目のポイント

流れ出しのポイントは反応無し
ちょっと、水量が少ない時は出にくいポイントだが実績のあるポイントなだけに残念。

次に流れ込み横。
魚は見えるけど、尺あるかな・・・

とりあえず、関係の無い場所にフライを落として調整してから一投で決める
予定通り一投でレーンに入り、予定通り魚がフライに気づき食べたので
予定通りに掛け寄せる。

んー・・・ 尺あるかなー。

渋々、ネットに掬い計ると31cmあるかどうかぐらい。
ギリセーフ
サクッと1匹釣れたので、自分の釣りに時間を割かずに済みました。

これで年間尺上50匹というキリの良い数字になったので、めでたし。めでたし。


しかし、フライボックスさんも尺上チャンスあったのに残念だったね
来年もうちょっと釣れるようにがんばりましょう。



 
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR