魚の気配とは何なのか。


この写真の中に魚が確実に居るのだけれど・・・
RIMG2926.jpg


釣りをしていて魚の気配を感じた事があるだろうか?

自分は、釣りをしている時に魚が居たような錯覚を感じる事があります。

魚が居たのを見たわけでもないのに そこに魚が居たような気がする。 居る気がする。
なぜ、魚を見たわけでもないのに そう思ってしまうのかを考えてみました。



視界には入っているが、認識出来ていない。

川を見ていると魚が泳いでいる姿をよく見かけます。
魚を見つけた自分は、「あそこに魚が居るよ。」 と一緒に釣りに来ている人に釣ってもらおうと
魚の場所を教える事があります。

当然、教えられた人はその近辺を見るわけですが すぐ魚を見つけれる時・しばらく探してから見つけれる時
いくら探しても見つけれない時など、確実に視界には入っているはずなのに魚を認識出来ない事があります。

一度、魚と認識出来れば見失う事なく 「まだ、そこに魚が居る。」 と少し余所見をしても
すぐ見つける事が出来ると思います。

自分は、『魚を認識出来ている状態』 と 『魚を認識出来ていない状態』 の間が
 『気配』 の正体ではないかと思いました。



『気配』

例えば、自分はすでに何匹か釣っていて 一緒に来た人が釣れていない場合
とりあえず1匹釣ってもらおうと自分は釣りをしないで近くで見ている事があります。

見ていると流れているドライフライの下で、チラッと魚がフライを見る事があります。
「今、魚見たね~」というと大抵は気づいていない事が多いですが、本当に自分も魚を見たのでしょうか?

そもそもの疑問ですが、魚が水面を見た時に生じる動きを 『魚』 として認識出来ているのか?
たぶん、きっちりと魚の形を見た訳ではないと思います。

流れの中に普段と違った『ゆらぎ』を見て、魚だと認識・もしくは錯覚したのだと思います。
錯覚も そうさせる何かしらの要素が有って錯覚するのだからバカには出来ません。

結果的にもう一度流して魚が釣れた場合は、錯覚ではなく本当に魚が居た。と確認できますが
釣れなかった場合、本当に居なかったのか・本当は居たけど釣れなかったのか。の確認は難しいです。




薄い泡が巻くポイントでライズしている魚のサイズが分かるのか?
RIMG2171.jpg



『気配』で魚のサイズが分かるのか?

もう、ここまで行くと錯覚が何割か入ってきていると思います。

しかし、さっきも言ったように錯覚は何かしらの要素があって錯覚するのだから
「たぶん、そこに居た魚は大きかったと思う。」と錯覚させる要素があったのだと思います。


大きな魚を釣る時は、魚が見えていても、見てないなくても そこに居る。 という 
という確信にも似た予測があって釣りをします。

大きな魚が見えている場合は、分かり易く 釣り人にプレッシャーが掛かります。
(大きな魚が居る。 どうしよう。 ちょっと回り込んでキャストし易い位置からキャストしようか。) など
プレッシャーが掛かります。

たとえ、見えていなくても「そこに大きな魚が居る。」という錯覚があれば
同じようなプレッシャーを感じる事でしょう。

錯覚の要素として 過去にこの場所で大きな魚を釣った事がある。 などが錯覚の要素です。

そのような錯覚からくるプレッシャーが『気配』に更なる錯覚を掛けて
「たぶん、そこに居た魚は大きかったと思う。」という錯覚をさせるのだと思います。


まぁ、その錯覚が本物の『気配』だったのか『錯覚』だったのかは
釣ってみないと確認できないですけどね。




 
スポンサーサイト

知多の洗礼を受けに・・・


RIMG2947.jpg


11/23 南知多



二日連続で海への釣行。

知多へ行くつもりはなかったのだけれど、敦賀の情報を会社の同僚に話したら
是非とも知多へ来い。との事で知多の地元民と共に南知多へ。


とりあえず、地元民の情報によれば 昼間に20cmの魚が釣れれば十分らしい

前日、朝らか敦賀で釣りをしている事もあって2日連続早起きはさすがにキツイ
と、いうことで南知多に10時過ぎ到着。

とりあえず、適当にテトラ帯の穴釣りがお勧めらしいので 穴をチョンチョン
程なくタケノコメバルが釣れた。

20cmちょっとないぐらいだけれど、初のタケノコメバルなので嬉しい



もうちょっと大きな魚が釣りたいので。

その後、穴釣りをした所を再び折り返して少し沖のブレイクラインを狙う。

なんとなく穴の中より、外のブレイクの方が大きな魚が付くような気がするので
根掛かりが怖いがきちんと沈めてから、ちょいちょい動かしてみると・・・

アイナメらしき魚が釣れた。

RIMG2937.jpg


アイナメは珍しいらしい。

地元民が言うには、アイナメが釣れるのは珍しいらしい。
普段どのぐらい釣れているのか分からないが、午前中1匹も釣っていない地元民を見る限り
あまり釣れないらしい。


こっちがクジメかな?
RIMG2942.jpg


本物と偽物の差

午後から地元民が本気を出すらしく、石ゴカイを購入。
自分はとりあえず午前中に釣りたい魚のタケノコメバルとアイナメをクリアしていたので
午後から自分も一緒に餌釣りをしてみた。

初めて石ゴカイを付けてみて驚いた事がある。

石ゴカイに噛まれた。

普段、餌釣りをしないのでルアーとの違いを考えつつ釣りをしてみた。



なるほど。 これは釣れると思う。

午前中ワームで釣りをしていて、午後から石ゴカイ。
本物の餌になってから驚くほどアタリが増えた。

やはり本物の餌は集魚効果も効果絶大で、ワーム以上に遠くから魚がやってくる。
そして、何もしなくても食べてくれる。

しかし、アタリは多いものの小さい魚が多く掛からない。
割合的にワームで釣る時よりも小さな魚までもが食べにきているようで
アタリの数の割りに釣れる数は少なかった。

それなら少しキャストして釣りをしてみようと考えてはみたが、少しキャストするとフグの餌食
ワームの比較じゃないほどフグが寄ってくるので、底まで沈む前に餌がなくなってしまう。

さすが本物というか、明らかに魚の反応が良いのは明らかで
普段、餌釣りをしない自分にとっては良い経験になったと思う。


 

サゴシとかメバルが釣れているらしいので行ってみた。

RIMG2931.jpg


11/22 敦賀



インターネットの情報を頼りに。

なにかこの時期に釣れる魚は居ないものかとインターネットで検索してみた。
すると敦賀でメバルやサゴシが釣れているという情報を発見

この時期、アオリイカ&キジハタが望み薄の為 敦賀に行く機会がなかったが
今までやらなかった事にも挑戦してみよう。



貸切なんだけど・・・

サゴシを狙う場合、夜明けぐらいから釣りをした方が良いイメージがあるので
まだ暗いうちに現地に到着。

メバルシーズン開幕とか書いてあったので、夜のうちにメバル狙いの人が何人か居ると思っていたのに
まさかの貸切・・・


毎年通っていて、釣れる事をすでに知っているなら貸切は歓迎すべき事だが
釣れるかどうかわからない状態で貸切は逆に不安になる。

もしかして見当違いの場所に来てるとか?



メバル居たー
RIMG2903.jpg


人は居なくとも魚は居た。

大きくはないけど、メバルの存在を確認

正直、メバルの釣り方も良く分からないので 夜どうやったら釣れるか分かりません
一般的にはキャストして表層引けば良いのかな?

ある程度経験を積めば経験則で不安感も消えてくるとおもうけど
最初は今やっている事が良いのか悪いのかが分からず不安になってくる。

それは、まだ構築に至るまでの認識が足りていないからだろう。



RIMG2912.jpg


届くのであれば、メタルジグよりミノーが良いかも。

明るくなってきた頃から釣り人がチラホラと来たので、そろそろサゴシ狙いに変更。
とりあえず回遊ルートっぽい場所にキャストできる立ち居地に移動してキャストする。

今回、使用したルアーは「メタルジグ」「バイブレーション」「ミノー」の3種類
それぞれ長所・短所があるので一丸には言えないが、ミノーが一番しっくりきてた気がする。

飛距離はメタルジグに劣るが、ぷりぷりとした動きはサゴシが届く距離に居るのであれば
メタルジグよりも良い気がする。


しかし、周りにルアーを投げている人が誰1人居ないが
本当に見当違いの場所に来ているのだろうか



RIMG2922.jpg


まだキジハタが居た。

そろそろキジハタが居なくなっているかと思いきや、まだ居ました。
サイズはともかく釣れた割合で言えば、6割カサゴ・3割キジハタ・1割その他 みたいな割合。

9月に比べるとカサゴの割合がかなり増加。
メバルも昼間に小さいのが見えるので、9月とはまったく状況は違う。

昼間はサイズが悪くなるもののチビサイズなら結構な数釣れた。
今まで来なかったけど、この時期でも遊べるという事が分かったのは大きな収穫だと思う。


 

「放流1ヶ月以内の魚」と「年越しの魚」の違い。


RIMG2894.jpg


11/15 員弁川



こんなフライ使ってます。

普段、員弁川で使っているフライの紹介。

リードフライにビーズヘッドの付いた普通のニンフを使ってます。
#10のフックにウェイトは巻いていません。

ガン玉等のおもりは基本的に使用しませんが、増水時に沸く流れがある時は
安定させる為に使用することもあります。

その場合、リードフライから15cm程離した位置に付けます。


ドロッパーは、いつものカディス。
リードフライから60cm程離れた位置に3cm程出してセットします。

ドロッパーはカディスでなくても良いのですが、視認し易く水の抵抗が大きいフライが良いので
カディスを使用しています。




RIMG2895.jpg


放流だな~と、思う瞬間

今年放流してから初となる員弁川。
まだ放流魚を釣っていないので、放流地点で釣りをしてみました。


まず、魚を見て今年放流の魚だとか 去年の年越しだとかではなく
放流して1ヶ月以内の魚というのは性格が放流魚っぽいように感じます。


放流魚の特徴として、溜まり易い場所に溜まっている。

ほぼ同じポイントで複数釣れる事があります。
3m四方程度のポイントで何匹も釣れるのは放流魚だからな気もします。


通常であれば、1匹釣った時点でその狭い範囲であれば警戒するのが当然に思いますが
釣ってすぐ同じポイントを流しても次の魚が釣れるといのは放流魚ならではといった感じ。
しかも、それが3連続以上続くと さすが放流直後だなーという気分にさせられます。

今回確認できた溜まりポイントでは、数m四方に6匹は確認できたので
実際はその倍は居たと思います。

あまり同じ場所で釣っても仕方がないので、パパっと移動して様子見メインで巡回します。



放流魚は行動が違う?

今年の放流魚を釣っていて 年越しと違うと思った違いの一つに
フライへの興味度合いがまったく違うように思いました。

一度レーンに乗せてフライを見せてから動きを付ける事で、本来の捕食レーンを外れてでも
フライを追いかけてくる状況を何度か見ました。

去年よく言っていた「ルアーはフライの3倍釣れる。」というのは
そういった魚の行動による違いで、放流1ヶ月以内はルアーへの反応が良いからかもしれません。



RIMG2899.jpg



なんかニジマスじゃない魚が釣れた・・・

狙って釣れるほどではないけど、たまに釣れてしまうこの魚。

すこし銀毛しているので海へ向かうのだろうか?
もし帰ってくる事が出来るのであれば、ニジマスを狙っていて この魚が釣れる事もあるのだろうか?

過去に釣れた事があるのかどうか 結構気になるところである。



 

2013年10月~2014年5月


2014/4/8 長良川水系・K川   イワナ 31.5cm
RIMG1560.jpg


K川初の尺イワナ

いつも28cm・29cm止まりだったK川で、やっと尺イワナを釣る事が出来ました

シーズン1匹目の尺イワナである事。
なかなか良い面構えであることからメモリアルフィッシュに認定。

背中が張り出した良いコンディションなだけあって、良い引きをしてくれました。






2014/5/10 九頭竜川水系・U川 イワナ32cm
RIMG1692.jpg


尺釣ります宣言後に釣った尺イワナ

前日にブログで、「尺釣ってきます!」 とわざわざ宣言して
自分にプレッシャーを掛けて釣った本心ドキドキだった尺イワナ

去年、同じポイントで尺イワナをバラしていたので そっちの意味でもドキドキ。

今シーズンは、尺上50匹という思った以上の釣果に恵まれた以上に
尺あると判断した魚は、すべて掛けてから1匹たりともバラす事なく釣った事が本当の成果だと思う。






2014/5/31 九頭竜川水系・I川 イワナ35.5cm
RIMG1895.jpg


いつの日か想像を超える魚に出会えるかも知れない場所

「50cm掛かったらどうしよう」と名前を付けたポイントで釣った尺イワナ。

去年も36cmの尺イワナを釣っていて、30cm後半であればかなり有力なポイント。
しかし、釣りたいイワナは30cm台ではなく 40cm後半

おそらく40cm台は居ると思うが、ドライフライという制限を受ける以上
条件が揃わないと魚が出てきてくれないのが難点。

それでもいつの日か想像を超える魚との勝負が出来る事に期待している。


 

手探りから始める海釣り

RIMG2885.jpg


11/8 紀伊長島~尾鷲


ムラソイって、いつ釣れるの?

まずは、ゴロタ場で安定のムラソイ釣り。

ムラソイに限らず、海の魚介類全般よく分かりません
いつの時期から釣れるのか、どういった条件が良いのか分からないまま釣っていますが
手探りの状態から条件を絞り込んでいくというのも面白みの一つだと思います。

潮の満ち干。

ゴロタ場では、潮位によってポイントが大きく変わるが
上げ潮・下げ潮どちらがいいのか?
ちょっと考えてみた。


ゴロタ場でムラソイを釣る時は、主なポイントは岸際の石の下。
岸際の石の下で釣るとムラソイ率が高く、少し沖で釣るとカサゴ率が上がるように思います。

岸際がムラソイにとっての好条件だとすれば、潮の満ち干は大きく影響します。




現段階の個人的意見ですが、下げ潮の方が釣れるように思います。

潮

上げ潮の場合、潮位が上がってくるにしたがってムラソイが岸際に寄ってくると思いますが
1・2・3番の石があったとして、ムラソイが居る可能性があるのは3番の石のみ。

ムラソイが沖から入ってくるのであれば、波の最小値でも海水がある石でないと付きません。
そして、上げ潮の方が波の幅が大きい気がするのでウェーディングでもしない限り
立ち居地は、最大値の波が届かない位置からになります。(釣り難くなる)


下げ潮の場合、潮位が下がっていくにしたがってムラソイが岸際から離れていくと思いますが
ムラソイが居る可能性があるのは、3番と2番。

3番は上げでも下げでも常に海水がありムラソイが居る可能性が高いのは同じですが
波の最大値が下がった事により、上げの時より前に出て釣る事ができます。(釣り易くなる)

2番は並の幅が少なくなった事で、かろうじて海水が残っている程度だとします。

しかし、満潮時に2番の石に付いたとすれば まだ残っている可能性もあり
下げ潮の場合、思った以上に浅いポイントでもムラソイが入っている事があります。

※現段階の個人的な意見なので、間違ってる可能性もあります。
 そのまま鵜呑みにしないよう注意してください。



RIMG2881.jpg


手乗りムラソイしか釣れなかった・・・


残念ながら手乗りサイズのムラソイしか釣る事が出来ませんでした

と言っても このゴロタ場で釣れるムラソイは大きくても20cmちょっとなのでこんなものです。
大きな魚を釣りたいならもっと水深のある所じゃないと難しいでしょうね。


あとは昼頃にエギングをしていて魚のアタリがあったのでワームに交換してみた所
オオモンハタ?みたいのが釣れました。
キジハタよりも地味目な感じだったので、たぶんオオモンハタ?

それから夕方の薄暗くなってきた頃にカサゴタイムが始まりポコポコ釣れたぐらいで大型は出ず
想像以上に悪い結果になりました

特にエギングは、キロアップどころか1回アタリが有ったのみで0杯




大型って狙わないと釣れない気がする。

おそらくアタリの主も次のキャストで寄ってきたのですが200g程度のアオリイカ。
尾鷲まで来て200gを釣っても仕方がないので、大型狙いでがんばりましたが
エギのサイズを下げて200gでも釣っておけば良かったのかどうか難しい所。

200gを狙って釣れたとしても、時間は消費してしまうので大型が釣れる可能性は減ってしまうんですよね。
渓流でも魚が沢山釣れるからといって20cmの魚が居るポイントばかりで遊んでいると
大型の釣れる可能性は下がってしまいます。

せっかく背中にギャフを背負って釣りをしている以上、ギャフが必要なサイズを釣りたいですよね
たぶん、冬の間にまた行くと思うのでキロアップを狙いたいと思います。



メバルは釣れなかったけど、12月ぐらいからは釣れるのかな・・・




 

記事に載らなかった魚たち


サイトフィッシングには強い フライフィッシング
RIMG2860.jpg



特にこれといって釣りに行けなかったので、ちょっと雑談的な内容で。

写真のバスは、いつも員弁川の帰りに寄る野池で釣るブラックバスです。

バスの他にブルーギルも居て、ギルは水面でライズを繰り返しながらクルージングしている固体もいます。
(ライズ狙いの釣りが出来ます


員弁川の帰りに寄るおまけなので小さなバス&ギル狙いの為、ギルを釣るならカディス
バスを狙うなら5番ロッドでもキャストできる小さ目のストリーマーを使います。

ルアーでの釣り人は多いですが、フライで狙っている人は未だかつて見たことがなく
フライに対する反応はかなり良いです。

特にギルは、水面にカディスを着けるまでもなく 水面から5cm程離してぶら下げた状態でも
ジャンプしてまでカディスを食べてくれる程、好反応で遊び相手としてはとても面白いです。


ギル


一方、バスはというと沈めて釣るのであればルアーの方が圧倒的に操作性がよく
目視出来る水深に居るバスを見つけてから、それを狙います。

見えバスを釣るならルアーに負けないぐらいの効果を発揮するフライですが
バスが浮いていないとサイトフィッシングは成立せず、チャンス自体はかなり少なくなります。

まぁ、きちんとバスを狙うのであれば もっと釣れるシステムを選択するべきですが
お遊び程度なので一時間程遊んでから帰ります。




コストパフォーマンスに優れたダイソーミノー100円(税別)
RIMG2800.jpg


近所の庄内川でルアーをキャストしてみたり。


こちらも気が向いたときに行く近所の庄内川で釣るシーバス。

シーバスの他にライギョ・ナマズ・ニゴイ・ウナギ・ブラックバスと色々居るので
100円ルアーをもって遊びに行きます。


フライでも釣れるのですが、ルアーとフライではアピール力に圧倒的な差があり
例え100円ルアーだとしてもルアー有利になります。(特に流れの下に居るシーバス)

あと、フライで釣っても良いのですがフライを巻かないとフライが無いという・・・


そのうち、気が向いたらフライで狙ってみます。



 

渓流魚は、何度も同じ魚が釣れるのか?


渓流魚は警戒心が強く、特に大きな魚は一度釣られると数日間石の下に入り餌を食べなくなる。
なんて事も聞いたことがあるぐらい、一度釣られるとしばらく釣れなくなる魚という事なのだと思います。

たしかに大きい魚・小さい魚関わらず、リリースして魚の行く先を見ていると
石の下に隠れる魚をよく見ます。


その魚をまた釣ろうと思った場合、しばらく時間をおいてから魚が石の下から出てきて
餌が流れてくれば食べる状態まで待たないといけないわけですが、実際どのぐらいの時間で
餌を食べる状態に戻るのかは自分にも分かりません。

分かりませんが、ワンシーズン中に 「あれ?この魚前にも釣ったような・・・」 と思う事があり
その一例を考察してみたいと思います。




事例1) 同じ川・同じポイントで2日連続同じ魚?

比較1

このイワナは、2日連続で同じポイントで釣ったイワナでサイズ・模様共にとても似ています。

これでも31cmあり、大きい魚という基準を満たしているかどうか微妙ですが
一般的に尺を一つの基準にしているようなので、一応大きい魚という事で進めたいと思います。


このイワナが同じ魚だとすれば、尺ぐらいのイワナであれば24時間も経てば同じ場所で餌を食べ始め
同じフライで釣られてしまうという事になります。

大きい魚は、数日間餌を食べなくなるという話とは異なった事実になりますが
24時間もすればまた釣られる魚も居る。 という事でしょう。

もちろん、全ての魚がすぐ釣られてしまう魚ばかりではないので
本当に数日間石の下に居る魚も居るのかもしれません。




事例2) 同じ川・同じ淵で何度も釣られる魚?

比較2

このイワナは、5月~9月の間 何度か釣った事があるのではないか疑惑のある尺イワナです。

写真で見ると同じかどうか判別し難いですが、頭の形と模様が特徴的なので同じ魚?
このイワナは、同じポイントではなく 同じ淵で何度か釣っていて釣った時期も5月~9月と
長期にわたって何度か釣っている為、判別は難しい気がします。


一つの淵に尺上が何匹生息しているか分かりませんが、この淵で他の尺イワナを複数釣っていて
10匹ぐらいの尺上が住んでいるのではないかと思います。

仮に10匹としても同サイズの同じような見た目となると、そうそう居るものではないので
同じイワナの可能性もあると思います。 (写真で見ると微妙ですが・・・)




事例3) 同じ川・同じポイントで37cm

比較3

このイワナは、同じポイントで釣っていて37cmと同サイズの魚が居るにしても
そう沢山は居ないと思うので、同じイワナの可能性が高いかも?

ただ、写真で見るとイワナの模様は似てますが色が違います。
上が銀色 下が金色 みたいな。

1回目と2回目の間に3ヶ月の期間が経っているので、夏の間で多少の変化はあったのかもしれません。


ワンシーズンの尺上だけを見ても同じかもしれない魚が何度か釣っている事を考えると
20cm程度の判別がつき難いサイズの魚まで考えると、同じ魚を何度も釣っているのかもしれません。

いっその事、名前の書いたタグでも付けてしまえば分かり易いと思いますが
次にその魚を釣った人が微妙な気分になってしまう気がするので、タグは止めておきましょう。


同じ魚が釣れているのだとすれば きちんとリリースすれば魚は残る事になり
他の人が釣った魚を自分が釣る事になり、自分が釣った魚を他の人が釣る事もあるという事です。
場合によっては、自分が釣った魚をまた自分が釣るといった事もあるかもしれません。

個人的な見解になりますが、 『渓流魚であっても同じ魚をまた釣る事はある。』 と考えます。



 
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR