ルアーで員弁川


RIMG2976.jpg


12/23 員弁川


たまにはルアーで員弁川

今年は、なんだかんだでフライフィッシングでしかニジマスを釣っていないので
たまにはルアーで釣ってみようと員弁川へ。

フライフィッシングからルアーフィッシングへ替わったところで、やる事は同じ。
道具が替わった事で、選択出来る手段が増えたり減ったり
釣り方は違えど本質的なものは同じだと思います。



ルアー>>>フライ

たまたまフライフィッシングで釣りをしている方と話が出来たので聞いてみると・・・

どうやら釣れなかったようですが、「どうでしたか?」 と聞かれたので
「まぁ、釣れましたよ。 ルアーなんで。」 みたいな返答をしたら

「やっぱ、ルアーですか。」 と返されてしまった。


いつぞやかの記事にも書いたように フライの方が釣れない。 みたいな
そんな先入観があるのかもしれません。

物理的にフライでは無理がある釣り方 (船に乗り水深50m以上の所でメタルジグのジギング等) では
さすがにフライフィッシングでルアーフィッシングに太刀打ちできないと思いますが
員弁川ぐらいの規模であれば、ルアーとフライに絶対的な壁はないと思います。




鳥に突かれたのかな? 怪我をしたニジマスが釣れました。
RIMG2980.jpg


ルアーの利点

一言で言えば、「操作性が良い。」

フライに比べると前提条件も少なく、簡単にやりたい事を出来るというのが自分の意見。


例えば、流速のあるポイントでフライを50cm潜らせた状態でスイングさせようと思っても
立ち居地、ラインの置く位置・角度、使用するラインなどの条件を整えないと たった50cm沈めた状態で
フライをスイングさせる事さえ難しいです。

それに比べて、ルアーにはリップという水の抵抗を受けて潜ってくれるすばらしいものが付いていて
ラインの角度とテンションだけで、簡単に水深50cmの所をスイングできます。

そういった操作性の良さから、ルアーに比べフライは釣れない。 という
考えが出てくるのかもしれません。



釣れないを楽しむ。

確かにフライは、ルアーに比べると何かと上手くいかない事が多いです。
キャスティングにしても、フライを流すだけにしても何かと面倒だと思います。

しかし、色々と考えて釣りをする事でかなりの部分は解消されます。
それがフライフィッシングの面白い所であり、難しい所だと思います。

少なくてもフライだから釣れないという事は、絶対にありません。


ルアーのすぐ後ろをフライで釣りをしていても、釣れますし
同じフライのすぐ後ろで釣りをしていても、釣れます。
(過去、記事参照)

もちろん、すぐ後ろで釣りをしているので釣り難くなるのは間違いないですが
釣り方次第で、ある程度は何とかなります。

ただ、なんとなく釣りをするのではなく 考えて釣りをする事で
フライでも普通に釣れるようになると思います。


 
スポンサーサイト

フライキャスティング 練習始めました。


RIMG2975.jpg


12/21 日光川公園


第三の選択肢

渓流がオフシーズンになると、思い出したように始めるキャスティング練習。

本当は、年中練習した方が良いに決まっているがついつい釣りに行ってしまって
練習がおろそかになってしまうキャスティング練習。


休みの日に練習するから、練習か釣りかの二択を迫られる訳で
平日に練習すれば、釣りに行ける日は釣りに行っても問題なくなる。

と、いう事で 平日の朝 20分弱ではあるが練習を始めました。 ( 雨天中止 )

月~金曜日まで毎日練習すれば、20分×5=100分
これだけでも それなりに効果があるはず 



練習会に参加

他の人のキャスティングを見ると参考になったり、よくない所があれば気をつけるようにしよう。と
客観的に見れるので、見ているだけでも色々と考える事ができます。


フライのキャスティングというのは、その人の性格みたいなものが出てくるのか
同じようなフォームでキャストしていても人それぞれ微妙に違って見えます。

そもそも、キャスティングのフォームも多種多様なものがあり
遠投に向いたものや、狙ったポイントに正確にフライを届ける為のキャスティングなど
用途に応じて替えるのが一番良いと思います。

用途に応じて替える為には、複数の選択肢があり
どれでも自由に選択出来るようにしなければなりません。

それがとても難しい。


まったく違ったフォームというのは、どう体を動かしたら良いのか? から始まるので
複数のフォームをある程度のレベルまで上げようとすると、かなりの時間と労力が必要になります。

そもそも一つのフォームでさえ、満足なものに出来ているのか?


あと何年釣りが出来るか分かりませんが、出来る限りがんばりたいと思います。





 

ウェットっぽい釣り方 まとめ①


12171.png

ウェットっぽい釣り方で、人の後を釣る。

近年、どこへ釣りに行っても釣り人を見かけます。
「先行者が居るから釣れない。」 と言っていては、ほとんどの日が釣れない日になってしまいます。

魚が釣れなくても気分良く釣りが出来れば良いですが、たまには魚を釣らないと川原を散歩しているのか
キャスティング練習をしているのか分からなくなってしまいます。

どうしたら人の後からでも魚が釣れるのか?
渓流オフシーズンに行く員弁川でのニジマス釣りにおいて
フライフィッシング(ウェットっぽい釣り方)をまとめてみたいと思います。



まず最初に前提条件から。

まず、前提にしておかなければならない点が一つある。
どんなシステムを使っているのか?

約1年前に書いた記事になるが、基本的なものは同じなのでそちらを参照。
ドロッパーにドライフライを付けて、リードにニンフを結ぶシステムを基本として
このシリーズの記事は進めていきたいと思います。

参照記事 2013/12/9
何も知らない人がウェットの釣りを考える



流芯から手前を釣る。

流芯から手前を釣る場合、釣り上がりなのか 釣り下りなのかでかなり変わってくる。

適度な流芯の流れで、魚が居るであろうレーンが流芯であった場合
出来るだけ流芯からフライを外したくない。

何も考えないでアップにキャストした場合とダウンにキャストした場合のイメージ図を書いてみた。

12171.png

メンディング等何もしない場合、アップにキャストするとフライが一番速い流れに乗り
リーダー・フライラインと釣り人側に来るにしたがってゆっくりとした流れに乗る。

フライは上流から下流に流れるので、真横に来るまでは直線距離が短くなっていく。
極端な流速差がなければ何もしなくてもフライラインにたるみが出来て
フライはほとんどレーンを変えずに流れてくれる全自動の楽々レーンになる。


逆にダウンにキャストした場合、フライは釣り人から離れていくので
何もしないとラインに引っ張られレーンを外れてしまう。

この横にスイングする状態でも魚の活性が高ければフライを追ってきてくれるが
入れ替わり立ち代り釣り人が入るポイントでは、そんな活性の高い魚はすでに釣られている。

ならばダウンであってもレーンを外したくない。
レーンを外さない為には、ラインを送り出してフライが流れるようにすればいい。


12172.png

ダウンでレーンを外さないように流す。

1.最初にキャストする位置は流すレーンよりも上流の対岸へキャストする。
  これは、メンディングをした時にフライが寄ってくる距離を考慮してどの程度オーバーさせるかを決める。

2.対岸に向かってメンディングをする。
  メンディングをするとフライは手前に寄ってくるが、フライラインは対岸へ送り出され
  流芯と平行になるようにラインを置けると一番良い。

3.ある程度 流芯と平行するラインが置けたら、そのラインは動かさないようにメンディングもしくは
  ラインを送りだしてフライライン先端1~2mの平行を維持する。

4.フライは、基本的にフライラインの方向に引っ張られるので流芯に平行なラインを置いた場合
  上流もしくは下流にしかフライは引っ張られずレーンを外さない。

5.流速と水面に乗せているフライラインの距離にもよるが、アタリがあってもすぐにあわせず
  「ん・・・?根掛かりかな?」ぐらいの気持ちでヌーンとロッドを岸際に寝かせるようにしてあわせると
  自分の場合、フッキング率が高いように感じる。
  フライとの角度によっては、フライラインを送り出してやるぐらい余裕がないと
  上手く掛からない事がある。 (釣れても上顎にコンッで掛かってたりする。)


 

予定通り 員弁川へ


1212.png


12/13 員弁川



条件は整った。

先週と同じく 寒い&風ビューで川の水位も渇水と似たような条件設定。
土曜日も日曜日もたいして変わらない条件だったので、どちらで行こうか悩んだ結果
土曜日に行く事にした。

釣りをする方としては、風がなくて暖かい日の方が釣り人に優しく歓迎すべきだが
今回はリベンジも兼ねているので、この条件設定で良かったと思う。

良い条件の日に釣ったとしてもリベンジしたとも言いがたいので。




釣り場難民

あまり良い条件とは言えないので、釣り人の数も少ないかと思いきや多かった

1つ目のポイント → 釣り人が居たのでそのまま車で移動。
2つ目のポイント → 釣り人が居たのでそのまま車で移動。
3つ目のポイント → 以下、略


釣りが出来なければリベンジもなにもあったものではない

まぁ、他の釣り人も自分が釣りをしてるのを見て 「ここにも人居るじゃん。」 とか
思っている事と容易に想像できるので、お互い様という事で。

ただ、道から歩いてきて 何も言わずすぐ前に入るのはやめて欲しい。
釣り場がないのは分かっているので、ある程度距離を置いてもらえれば自分は人の後でも構わないが
普通に釣りをしていて追いついてしまうのは、どうしようもない

せめて、300mぐらいは空けてほしい。



RIMG2960.jpg


新しいフライを用意してみた。

今回、ドロッパーをカディスからストリーマーに変更。

メンディングを掛けた時に水中でキラッっと目が光るので反射食い狙いと
ドロッパーを常に水中に入れておく事で、風対策も兼ねている。

カディスの時は、ドロッパーを完全に水面から引き剥がしてのメンディングをする事もあるが
風の強い日は、メンディング時に風で飛ばされレーンが外れやすいのでストリーマーを用意してみた。

メインはリードフライで、ナチュラルドリフトで流し込むのを前提としている。



釣りをするか帰るかの瀬戸際

途中、雪っぽいのが降ったりしましたが その時間帯は風も少なく何とか耐える事が出来ました。
これで風も強かったら撤退確実です。


RIMG2965.jpg



だいぶ予定とは違ったけど。

とりあえず、2匹だけ釣れました。

1匹は先週午前中に釣りをした場所で釣ったので予定通り。
もう1匹は、先週午後から釣りをした場所で釣りたかったのですが
見に行くたびに釣り人が入れ替わっていたので、結局釣りをする事が出来ず
しょうがなく適当な所で1匹釣りました。

1匹目はリードフライで、2匹目はドロッパーで釣った訳ですが
ストリーマーのキラッが効いたのかどうかは今後要検証。


忘年会に行かなければならないので、15時に釣りを終了。
ちょっと気合を入れて11時ぐらいに員弁川に到着したのに釣り場難民で実質3時間釣りを出来たかどうか

もし、年内にもう一回行く事が出来れば 良い天気の日にのんびりと釣りがしたいな。



RIMG2964.jpg


2匹とも今年の放流ニジマスでした 

そういえば、なんだかんだと今年はフライでしか員弁川で釣りをしていませんが
数年前まではルアーで釣りをする方が多かった気がします。

理由は、ルアーの方が簡単に釣れるから
準備も簡単だし、釣るのもルアーの方がフライの3倍は釣れた気がします。(自分比)
(渓流オフシーズンということで、暇つぶし程度にしか釣りをしなかったのでルアーを選択)

何ゆえフライで釣りをする機会が多くなったかと言うと、フライの方が釣れないらしいから。


フライの方が釣れない?

自分自身、ルアーで釣りをした時とフライで釣りをした時 どっちの方が釣れる?と聞かれたら
ルアーの方が釣れる。 と答えます。

先日、海で初めて石ゴカイを使って餌釣りをしてみたのですが ルアーより餌の方が釣れます。
員弁川で餌釣りをした事がないので分かりませんが
もしかすると餌釣りの方がルアーの3倍釣れるかもしれません。

他の釣り方と比べる事自体、比較対象として間違っているのかもしれませんが
自分は、「フライだったから釣れなかった。」なんて事を釣れない理由にしたくない。

確かにフライはルアーに劣る部分はあります。
しかし、フライの方が釣れない理由にはならないと考えています。

そもそもフライフィッシングという釣り方をきちんと使いこなせているのか?
きちんと釣りをしたらルアーに劣らないぐらいに釣れるのではないか?
そんな想いからフライを選択する機会が増えたように感じます。



  

色々と考えさせられる一日だった。


RIMG2956.jpg


12/7 員弁川



新藤さんのロッドを振りに。

なにやらロッドの試し振り会? が員弁川であるそうで行ってきました。

自分の場合、特に道具にこだわるタイプではないので
手持ちのフライロッドは3番・4番・5番を各1本づつ持っているだけとかなり少ない方だと思います。
しかも、4番ロッドは中学の時に買った始めてのフライロッドで今でも使ってます。

そんな道具にあまりこだわらない自分ですが、いろんなロッドを振ってみるのは好きです
ロッド毎に性格みたいのがあり、振り方もロッド毎に少しづつ替える方が素直にラインが飛んで行きます。

色々なロッドを振れるロッドの試し振り会は、他の人のキャスティングも見れるので
良い刺激になります




と、言いつつ釣りに行く自分 

新藤さんのデモンストレーションは、もうちょっと後ということで午前中に少し釣りをして
1匹釣ったらさっさと戻ってこよう。 と釣りに行く自分。

本当は釣りをする気はなかったのだけれど、何ゆえ釣りをしようと思ったかと言うと・・・


寒い! 山に雪がっ・・・! 川がすごい渇水!


と、なかなか面白い状況だったので気分は 釣りをしたくなった訳です。

まぁ、ロッドの試し振り会がなければ員弁川に来る事もなかったと思いますが
いざ来てみてこの状況だと、興味が沸いてきます。

渇水で気温がガクッと下がった状況というのは、一般的に良くはないと思います。
良くない状況というのは、釣りにくいと言う事で面白そうと思ってしまうのは変わり者だと思います。




RIMG2955.jpg


結果として釣れなかったのだけれど。

釣れなかったのだけれど、楽しかった


Q.魚が釣れなくても楽しいのか?   A.楽しかった

ただ、訳の分からないまま釣れないのは楽しくはないが、釣り難い要素を分かっていて
魚がそこに居れば確実にフライの存在に気づいているレーンを通っているけど
何の感触もなくきれいにフライが流れていく

じゃ、もうちょっと精度を上げて流してみるか

など、魚が釣れた場合は味わう事の出来ない楽しみというのもあると思う。


釣れないからこそ、見えてくるものもあり
釣れないからこそ、面白い。

放流魚だな~と感じさせられる魚を前回釣って以来、釣りに来る気があまり起きなかったが
今回の事で少しやる気が出てきた

やっぱり、簡単に釣れては面白くない。
今週末、釣りに行けそうなら員弁川へ行ってみよう




フライキャスティングの多様性

さて、話は戻り新藤さんのデモンストレーション。
ハイスピード・ハイラインというロッドの振り方の説明と試し振り。

フライのキャスティングというのは、ネットで調べると書いてある事が見事にバラバラだと思う。
どれが正解で、どれが不正解と分かり易く分けれたなら楽だと思うが
実際はそんなに分かり易く分ける事は出来ないと思う。


例えば、フライキャスティングで基本的な振り方といえばオーバーヘッドキャスティング。
この振り方そのものに良いとか悪いはないと思う。

A君:オーバーヘッドキャスティングは良いけど、サイドキャスティングは間違っている。
B君:サイドキャスティングは良いけど、オーバーヘッドキャスティングは間違っている。

A君とB君、言っている事が180度反対の事を言っているのでどちらかが間違っている。
とも言い切れない。


A君の主張:オーバーヘッドの方が遠くに飛ばすのに適したキャスティングなんだから
        オーバーヘッドが良いに決まっている。

B君の主張:実際の釣り場では、飛距離よりも障害物があってもキャスティングが出来る
        サイドキャストの方が釣りの出来る場所が多くて良いに決まっている。


と、いう事を考えて言っているのだとすれば良い悪いはないと思う。

確かに飛距離を求めるならオーバーヘッドキャスティングの方が遠くへ飛ばし易いし
木が生い茂った川では、サイドキャストを多用する。

要は、目的の為の手段がキャスティングなんじゃないかと自分は思う。




 

お魚を探せクイズ

クイズ1.どこに岩魚が居るでしょう?
12061.jpg



クイズ2.どこにアマゴが居るでしょう?
12062.jpg



12/6


寒波到来で雪が・・・

愛知県でも雪が降るほど寒いので、釣りに行けません

寒いので外に出たくない精神的なものと、雪が降るとノーマルタイヤで怖いという物理的なものもあり
『お魚を探せクイズ』でブログを更新しようと思います。


ちなみに前回の記事で載っている 『この写真の中に魚が確実に居るのだけれど・・・』 の魚ですが
自分が見てもよく分かりません

魚が居るのを見つけてから写真を撮っているので、多分写ってると思いますが
目で見るのと写真で見るのとでは、動きがないので見つけ難い気がします。

今回のクイズ1とクイズ2は、記事の最後で正解発表があるので安心してください。



RIMG2355.jpg
RIMG23551.jpg

アマゴ・ヤマメの付き場

去年ぐらいから特に感じ始めた事ですが、アマゴ・ヤマメは思った以上に速い流れでも
ドライフライに反応し、魚の上を通過するかなり前の段階から 魚はフライを見ている。

そして、尺以上のアマゴ・ヤマメは大場所にしか居ないと思っていた時期もありましたが
好条件のポイントがあれば、大場所でなくとも尺以上のアマゴ・ヤマメが釣れるというのを実感しました。


上の写真は、尺アマゴを釣ったポイントですがこの程度のポイントで尺上が出ます。
釣ったポイントは、中央の少し速い流れ。

右下のヒラキは、10人釣り人が通ったら10人とも流すぐらい一般的ポイントですが
中央の速い流れは、流す人が少ない気がします。


速い流れを流す時に注意するのは、流速と同じか少し遅く流す事。
流速よりも速く流れていると出てきてくれない気がします。

きれいに流れている時は、流速よりも若干遅く流れると思います。




クイズの正解発表

クイズ用に写真を撮ってないので、分かり易い位置に魚が居ましたね

クイズ1のイワナは、リリース後に写真を撮っているので本来の定位置ではないので注意してください。
クイズ2のアマゴは、本来の定位置で橋の上からこっそり撮っています。

アマゴの写真は、他にも小さなアマゴが写っているので それを見つけた方も正解です。
基本的に大きな魚が良い場所に陣取るので、小さな魚はその他の場所に居る事が多いです。





クイズ1.回答
120611.jpg



クイズ2.回答
120622.jpg



 
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR