風は止んでも、うねりは残る。

 
RIMG3009.jpg


1/25 敦賀


1月の敦賀は、こんな感じだった。

金曜日は風が強かったので、1日間を空けて日曜日に日本海へ。 

金曜日=風強い。
土曜日=風弱い。
日曜日=風弱い。


日曜日ならある程度落ち着いているかと思いきや、ごらんの有様。
普段は、波を被らずに奥の岩場まで行けます。

1月に敦賀へ来るのは初めてだったので、普段からそうなのか海が荒れた後だったからなのか
大型魚の餌になるような小魚がほとんど見当たらなかった。

それから、海藻が11月に来た時よりも伸びていてかなり釣りづらい。
11月に来た時と比べると状況的に良い印象はない。



朝・夕のサゴシ狙い。

小魚がほとんど岸際に居なかったので、ルアーが届く距離までサゴシが回ってくるかどうか
かなり不安になりながらも ひたすらルアーを投げ続ける。

メタルジグ・シンキングミノー 色々投げてみるがアタリもないので、
前回釣った実績のあるフローティングミノーで届く範囲にサゴシが回ってくるのを願って
投げ続けた結果・・・


1バラシのみ

アタリもほぼなく、いつ回って来ていたかどうかもよく分からない状況
とりあえずは手前で掛かった魚の姿を見たので、居るには居るようです。



RIMG3020.jpg


手乗りカサゴ

さすがにこの時期になるとキジハタは居ないようで、昼間に釣れるのはカサゴがメイン。
カサゴの他にメバル・アナハゼ・クジメなども釣れましたが、大きくて20cm程度と
なかなかに厳しい状況。

キジハタが居てくれれば昼間でも数・サイズ共に上がってくるのだが
この時期の昼間に25cm以上の根魚を釣るのは難しい感じがする。



フライとワーム

ちょっと実験で、フライとワームでどの程度反応が違うのか?
フライの反応が良ければ、ワーム買わずに自分でフライ巻けば良いのではないか?
と、実験をしてみた結果 審議の余地なくワームの圧勝

餌を食べに出て来ていて、よく見て食べるか食べないかと瀬戸際であれば
フライにも分があるようにも思える。

しかし、真昼間でそもそも魚が隠れている状態ではアピール力の少ないフライの場合
隠れている魚を引っ張り出す事が難しく ワームにジグヘッドの方が明らかに反応が良かった。

特に動きに対する反応で言えば、動きの早いジグヘッドの方が目を引くし
ワームのテイルがぷるぷると動くので、その動きと振動はかなりのアピール力になるのだろう。

もちろんフライでも何匹か釣れたので、釣れるには釣れるが
今回の実験では、ワームの圧勝に終わった。


 
スポンサーサイト

石徹白川 C&R区間の特別遊漁規則

0117.png


気になる記事を見つけました。

【ヨッさんの岩魚釣り漫遊記】というブログの1月15日の記事で、
石徹白漁協のC&R区間に関する記事があり、特別遊漁規則が改正されるそうです。


その中でも特に注目すべき項目。

『リリース区間内では一日の釣魚数(釣魚制限)を10匹以内と定める。』


ん?

10匹釣ったら釣りするな。 って事かな?



10匹ルールにする目的はなんなのか・・・

C&R区間は、釣った魚をリリースしてリリースした魚が生存できるという事を前提とした
特別遊漁規則のルール内で釣りをする区間であり、釣った10匹の魚もリリースすれば
100%とは言わないが結構な確立で生存していると思われる。

C&R区間外で 『持って帰る魚の数を10匹以内と定める。』 なら納得もいく。
釣った数ではなく、持って帰る数なので 「釣った魚は食べる事で供養するんだ。」 と言う人でも
11匹目からはリリースが前提になり、ある程度魚の保護にはなるし
持って帰りたい人も10匹までは持って帰れるので、個人的にではあるが10匹も居れば十分な気がする。

何故、リリース前提のC&R区間内で10匹制限があるのか?
上手な人が沢山釣ると釣れなくなるから、初心者でも簡単に釣れるように。 という事なのか?
それならそれで、そういうルールなので良いのだが改正理由がちょっと知りたい。



C&Rに通ってる人からすると。

このルール内では、実質1日は釣りが出来ない事になる。

10匹釣ったら釣りが出来ない。 というルールで釣りをした場合
状況の良い日であれば、1時間程あれば10匹釣ってしまう人も居るだろう。

片道何時間も掛けて、日釣り券¥1,000を買い釣りに来ても1時間しか釣りが出来ない人が
出てくると思う。


同じ日釣り券を買っても、ある人は1日釣りが出来て、ある人は1時間しか釣りが出来ないという
ちょっと不公平な日釣り券になってしまう気がする。

いっその事 『C&R区間 10匹券』 という名前の券を作ったらどうだろうか?


まぁ、そういうルールになった以上 そのルール内で釣りをすれば良いだけであり
それが嫌なら別の川へ行く人も出てくるだけだと思う。

全ての人にとって都合の良いルールというのは難しいので、上手い事C&R区間が続く事に期待しています。

 

魚の嗅覚

0115.png


魚の嗅覚は、犬並みだそうです。

魚は、水中に溶けた匂いを嗅ぎ分ける事ができるそうで
その嗅覚は犬並みなんだそうです。

そこまで嗅覚が良いのなら、餌と認識するために嗅覚をどのぐらい頼りにするのか?
匂いが 有る・無い の違いでどの程度差がでるのか?
そんな事が気になってしまうので、少し調べてみました。


自分が少し調べてみた限り、魚はアミノ酸にとても敏感なんだそうで
アミノ酸が含まれる食べ物・・・大体の食べ物にはアミノ酸が含まれるような気がしますが
サケが生まれた川へ戻ってくるのに川の匂いが云々~という話があるように
川の中にもアミノ酸が含まれているそうで、それを頼りに戻って来ているとか。



匂い分子の伝達速度

よく聞く「サメは、数キロ先の血の匂いを~」という話。

海の中に餌となる魚を投げ込んだ場合 そこから血の匂いが拡散して
そのうちサメのもとに薄くなった匂いが到達して餌の存在に気づくとしましょう。

しかし、どんなに嗅覚に優れた生物であっても匂いの分子が1つもない状態では
匂いを嗅ぎ分ける事は出来ません。

ということは、サメのもとまで匂いの分子が来ない事には餌に気づかない事になりますが
仮に1キロ離れた距離まで潮流に乗り匂い分子が到達するまでには結構な時間が掛かると思います。

数キロ離れた先の血の匂いに気づいてから現地に向かっても
餌がまだあるかどうかかなり怪しい気がします。



匂いではないけど・・・

音の伝達速度は、水中の方が速いそうです。

鯨なんかは、ソナーのようにして周囲の状況を把握できる能力があるとか。


魚には側線という水中振動を感知する機能があるので、音も振動の内だと考えると
遠くに居る餌に関しては、匂いよりも振動の方が先に到達して それに反応している可能性もあります。

魚を釣る為・・・と言うわけではないですが、嗅覚以外にも視覚・聴覚・味覚・触覚の事も考えて
総合的に考えないと特定の条件下以外では、効果は薄いと考えられます。





※インターネットでちょっと調べただけなので、この記事で書いてある事が正しいかどうかは
かなり怪しいものなので、そういう事を言ってる人も居るんだなー程度に読んでもらえると助かります。

 

フライを巻いたり、ラインを巻いたり、準備中。


これは釣れる! ・・・と思う。
RIMG2997.jpg



ジグヘッドに巻いてみた。(海用)

去年12月頃からウェットっぽい釣りで使うドロッパー用にストリーマーを使用する機会が増え
なかなか水中での動きを見ていると良い感じなので、海で使うジグヘッドに巻いてみた。


ジグヘッドに巻いたので、目玉シールは付けずにラバーレッグを追加。

昼間に根魚を釣る場合、岩のエグレ等をメインで釣る事になり
出てくる根魚を見る限り、しっかりとワームを見ているというよりは反射食いに近いので
あまりこだわったパターンでなくとも十分に釣りが成立すると思われる。

しかし、釣りには実用的な機能の他に 気分 という目に見えない重要な要素があり
その気分を上げる為にラバーレッグを追加。

たとえ釣れたとしてもラバーレッグの動きが要因で釣れたのかどうかを知るのは難しい。
はっきりとした要因が分からなくとも、ラバーレッグが良い仕事をした事により魚が釣れたと思えば
釣り人の気分上昇・それに伴い集中力の上昇にも繋がり、結果として釣果にも繋がってくると思う。

まだ、実戦投入はしていないので天気の良い日に紀伊長島辺りまで釣りに行きたいと思っている。



RIMG3005.jpg


ラインを交換しようと思う。

フライラインの交換時期というのは、とても難しい。

フローティングラインで言うと、劣化や損傷により沈み易くなったり
リーダーの接続方法によっては少しずつラインの先端が短くなってくる。

そういった完璧とはいえない状態であっても、とりあえず使えてしまう事が良いのか悪いのか
「まだ使えるし、替えなくてもいいかなー」 と使い続けてしまう原因である。


自分は、ロッドやラインといった道具にはあまり詳しくない。
5番ロッドでドライフライに使用するラインなので、5番のフローティングラインであれば
どこのメーカーのものでも構わない。

あえて注文を出すなら、ダブルテーパーよりもウェイトフォワードのラインの方が好きなぐらいで
それは好き嫌いの程度である。



最近のキャスティング練習

朝の20分練習で使用するのは、7番ロッドにフローティングラインを乗せ15m程のフォルス練習。
20m程度の距離へのプレゼンテーション練習。

何か特別な練習をするわけではなく、ごくごく基本的なものしかしていない。

基本的な練習しかしない理由は、20分という限られた時間内で新しい事を練習しようと思うと
場合によっては新しい事をやっているうちにキャストが乱れ、乱れたまま練習を終了しなければ
ならないような状況になりかねない為である。

短時間だが毎日行う練習であれば、基本的な事を反復練習した方が全体の底上げになると
現状ではそう思っている。



 

フライキャスティングは、目的と手段

RIMG2994.jpg



キャスティング練習に行ってきました。

よく「色々な所へ習いに行って、何をすれば良いのか分からなくなってしまう。」 みたいな事を
聞いていたので、実際に色々な所へ行き・話を聞いて・見て なるほど納得。
これは分からなくなって当然だと思いました。

キャスティングを習いに行って分からなくなるのは、言っている事もやっている事も違うのに
どれも正しいように感じてしまうから。 だと思います。

それも当然。 どれも正しいからです。 (正しくない事もたまにあるかもしれませんが)


「リストを使うな。」 と言っている所と 「リストを使え。」 と言っている所があるんだから
どちらかが間違っているに決まっている。

しかし真逆の事を言っていても、間違っているとは限らないのが悩んでしまう原因だと思います。

やりたい事に対しての手段が、リストを使うとか使わないといった手段の違いになるのなら
やりたい事が違えば、手段が違ってくるのは当然。
もっといえば、やりたい事が同じでも違った手段を選択すれば手段の違いになります。

つまりどの人も正しい事を言っている。 という事です。



分かり難いと思うので、分かり易い例を

走る。 といった練習をするとしましょう。
走る事をまじめにやった事がない自分は、分からないので色々な所へ習いに行きました。

ある所では、スタートの立ち上がりを早くする事を教えてもらいました。
また違う所では、体力を消耗しにくい効率的なフォームを教えてもらいました。

気づいた人も多いでしょうが、これは短距離走と長距離走の練習を
ただ、速く走る練習 という目的だけで習いに行っているので
100mを速く走る為に必要な手段が、42.195km走るのに必要な手段と同じだと思っているのと同じです。

確かにどちらも速く走る事を目的としてますが、100m走る時と42.195km走る時の練習が違うのは
走る事をまじめにやった事がない自分でも分かる事です。


キャスティング

条件を指定出来るのであれば、指定する。

迷わない為にどうすれば良いのか考えてみた結果、こんな感じになりました。

『6月の渓流でイワナ狙い。落ち込みの多い川で川幅は5m程度 木が生い茂っている所で釣りをしていて
3番ロッド WFフローティングライン 7Xリーダー9ft+8Xティペット5ft #10番のパラシュートを使って
いるのですが、狙った所にフライを落とせません。 どうしたら良いですか?』


これは普通に渓流で釣りをする時を例にしてますが、狙った所にフライを落とせません。 から
バックキャストでよく木にフライを引っ掛けてしまいます。 などに替えたり
これだけ具体的にしてやれば、大抵同じような事を教えてくれるはずです。

場合によっては、キャスティングではなくシステム自体の指摘を受けることもあると思います。
上記の例は、そもそもシステム自体を見直した方が良いと思う事を言っているので
同じ事を言ったら、皆同じような返答をしてくれると思います。


なにかやりたい事があるならば、具体的に条件を指定する事によって
その条件にあったキャスティングを教えてもらえると思います。


 

2015 明けましておめでとうございます。


年間予定表
予定



今年もよろしくお願いします。

去年の記事を見ると、3月末ぐらいからは安定して渓流魚が釣れているので
フライフィッシングサービスの定期釣行会は、4月前半ぐらいからを予定しています。


4月になると年によって季節の進み具合が違いますが、たぶん4月前半なら天然のイワナも釣れます。
例年で言えば、アベレージ18cm~23cmのアマゴ&イワナが10匹~20匹程釣れ
尺イワナなら可能性もあります。

5月は、イブニング最盛期の時期で尺イワナが高確率で釣れます。
もちろん昼間に釣り上がっても釣れますが、イブニングには大型の水生昆虫にライズして
普段底の方に居る魚もドライフライで釣れます。

6月は、釣り上がりの最盛期。
イブニングのライズは段々と落ち着いてきますが、釣り上がりで大型の魚が出やすい時期です。

7月。 この頃から尺アマゴ・尺ヤマメの確立が上がってくる時期。
去年気づいた事ですが、4月~5月が最盛期の川は水温の上昇により釣りにならないと思いきや
きちんと距離を取り、落ち込み1m以内の流れがあるポイントを釣ると良い釣りが出来ます。

8月は、イワナが安定して釣れる釣り場が少なくなる傾向があります。
この時期は、数釣りが難しいので一発大物 or 普段行かない場所や普段しない釣りをして
新しい発見をする確立が高い季節です。

9月になると、場所によってはイワナが第二のシーズンに入ります。
尺アマゴ&尺ヤマメは、最大まで大きくなっている時期なので大型が釣れる可能性もありますが
尺ぐらいであればもうちょっと早い時期の方が釣り易いです。



渓流禁漁になってから行く釣り場

10月になると、放流前の員弁川で年越しのニジマスを狙ったり
敦賀(海)へ行けば、アオリイカ&キジハタ(根魚)の数釣りが出来る季節です。

11月ぐらいになると、敦賀のアオリイカは釣り難くなってきますが
アオリイカ狙いの釣り人が減ってくるので、魚は釣り易くなってきます。
員弁川は、放流により釣り人急増。 それでも放流ニジマスなら一番釣り易い時期。

12月は、天候によっては釣りが出来ない日が増えてきます。
冬の時期に最盛期を迎える魚で、釣りたい魚が居れば良いのだけれど・・・



準備期間

1月は、キャスティング練習をしたりフライを巻いたりと準備をしている事が多いです。
天候が良ければ尾鷲(海)へ行ってアオリイカ&根魚を狙ってみたりしています。

2月になると早い所では渓流解禁。
放流アマゴがメインで、ライズの釣りになりやすく人が多いと釣りが出来ない事も。
放流1時間以内で大半のアマゴが居なくなってしまう所もあるので
人が居なくなった頃にのんびりと釣りをする程度。

3月は、員弁川のニジマスが解禁になるので年越し狙いへ行ったり
放流以外のアマゴ&イワナが釣れ始め、ここからが釣りシーズンと言った感じ。




 
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR