ちょっとだけ渓流を見に行ってきました。


RIMG3033.jpg


2/21 長良川水系・K川


成魚放流場所の看板はあれど・・・

釣りに行こうかどうしようか悩んだ結果、12時過ぎに現地へ到着。
天気も良いし、先週成魚放流しているようなので放流魚狙いで放流地点をいくつか見て回るが
魚影無し・・・

今年は、雪が少ないようで水位も低く魚が残っていれば良く見える状況だっただけに
ほぼ全ての魚が釣られて居なくなってしまったのか、監視員のおじさんも
「いっぱい人来たからね~」と言っていた。


結局、合流点~放流最上流部まで一通り見てみたものの魚の姿を見ることはなく
仕方がないので、適当な所を2箇所釣りあがってみた。

とりあえず、自分はドライフライで釣り上がりをして 父がルアーを投げてみるものの
ルアーでさえ付いてくる魚が居なかったらしい。

まぁ、ドライフライの釣り上がりでポコポコ釣れるとは思っていなかったので
釣れなかった事自体は予想通りだとしても、魚の影一つ見ることができなかったのは予想外・・・

明日、22日にも成魚放流されるみたいなので少しは残って欲しいと思うが
それも難しいかもしれない。



RIMG3045.jpg


仕方がないので、天然狙いで。

いっその事、成魚放流していない所の方が釣れるのではないかと思い
支流を釣りあがってみた。

やはりこちらも水が少なく、夏場とか大丈夫なのだろうかと思ってしまうが
きちんと自然産卵しているようなので、アマゴは生息している。

2月に釣れる放流じゃないアマゴなので、アベレージサイズは残念な事になってしまう。
イワナが居る川なら尺上の可能性もあるが、居ないものは仕方がない。
練習だと思って、ドライフライで釣りあがる。


水が少ない事が良かったのか悪かったのか、この時期にしては水温は高く7.2℃あった。
山間の支流という事を考えれば、2月でこの水温は高い方だと思う。
高い方だとは思うが、ドライフライで釣り上がるのはまだ早い。

それでもせっかく来たので、昔作った#13のカディスでキャスティング練習をしながら上って行くと
すー・・・っと、魚が浮いてきてフライを食べた。



RIMG3040.jpg


そんなサイズの虫なんて飛んでないのに。

まぁ、完全に練習として釣りをするなら普段使っている#10のカディスを使うわけで
#13のカディスなら釣れるかな~と思ってフライを結んだのだから、予定通りと言えば予定通り

しかし、2月にドライフライの釣り上がりで魚が釣れるものなんだな~と
今までやらなかっただけで、本当は釣れる事に該当するのかもしれない。


1匹だけだとたまたまという可能性もあるので1時間半程釣りあがってみて
こんな感じになった。

確認出来たアマゴは、4匹
釣れたアマゴ2匹   フライに出たけど掛からなかったアマゴ1匹   Uターンされたアマゴ1匹

一応は釣りになる程度には魚が出てくるのかな?
アマゴしか居ない川なのでこのサイズになってしまうけど、イワナが居る川ならどうなのだろうか。

さすがにこのサイズのアマゴを釣る目的として釣りに行く事はないが
イワナの居る川で、早い時期からドライフライで釣り上がりが出来るなら
ちょっと気になる所である。


 
スポンサーサイト

本格的に準備中


RIMG2195.jpg



今シーズン 渓流でやりたい事

今まで行った事のない川・昔に比べて釣れなくなり行かなくなった川・シーズン外れの川などの
予測が付き難い所へ調査へ行きたいと思っています。


去年、4月がベストシーズンの川へ季節外れの7月へ行ってみた時
草木はボサボサで川は渇水&高水温、とても昼間にアマゴ・イワナが釣れるとは思えない状況でも
いくつかの良い条件が揃ったポイント限定ですが、何匹か良いアマゴを釣ることが出来ました。

その時のブログを見てみると、釣りをした時間帯が10時~14時と真昼間も良いところな時間帯。
釣れないと思っていただけで、実際に釣りをしてみたら思ってたのと違ったりと
先入観のみで釣れないと思い込み、実際に確かめる事もなく終わっていたのかもしれません。

自然産卵のある川であれば、夏の渇水&高水温であっても魚は絶対に生きている訳ですから
必ずどこかに居るはずです。


そのような去年の教訓から、昔に比べて釣れなくなったなー と足を運ばなくなった川へも
本当に釣れないのか、再調査へ行ってみたくなりました。

合わせて まったく行った事のない川・もしくは区間へも調査へ行きたいと考えています。


 

早い所は、渓流解禁しましたが・・・


RIMG3030.jpg


2/7


近所の庄内川は今・・・

暖かくなるとナマズ・ライギョ・シーバスと何やかんや釣れる庄内川も冬になると
パッと見で見つけれる魚は、コイばかり。

コイもフライで釣れる事から釣りの対象魚となる。


昔、冬場にフライでコイを釣っていた頃を思い出す。
最初簡単に釣れていたコイも同じ場所で毎週釣っていると
段々と賢くなっていくのがよく分かった。

目の前にフワフワとした白いフライを流し込めば高確率で食べていたのに
終盤にはフライを避けるコイも出てきた。

基本的にサイトフィッシングで狙っているので、正確にキャストする練習にもなるし
自然にフライがコイの前に流れるようにラインの置く位置や立ち居地も考える練習になったと思う。

とりあえず近場で気軽に釣れる対象魚として、コイは良い遊び相手だと思う。



RIMG3027.jpg


まだ準備中。

一応、長良川も解禁してアマゴを釣りに行けるのだけれど
個人的には、3月ぐらいからでいいかな~っとフライを巻いたりして準備中。

年間を通してほぼカディスのみで釣っていますが
気分転換にCDCダンのエアロドライウィングバージョンを作ってみました。

CDCよりも耐久力があるので、魚を釣ってベタベタになる事も少なく
水分さえきちんと取れば、そのまま使い続けれるのでお手入れ簡単

それでも浮力が落ちてきたな~と思ったら、ローテーションさせて使う事で
相当長く使えるフライです。

3月は釣り上がりで このフライを使う予定。



このフライも巻いて置かないと。

4月辺りからはカディスを多様すると思うので、2月中に出来るだけカディスの在庫を増やして
気分的に余裕を持たせたいと思っている。

やっぱり使い慣れたカディスは、今までの実績もあり信頼出来るフライである事から
在庫がいくらあっても困らない。

どうしてもエルクヘアを使っていると、魚を釣る度に段々とエルクヘアがなくなっていき
フライが浮かなくなってしまうので、簡易版の壊れないカディスも少し巻いておこう。



 
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR