渓流もあと1ヶ月で禁漁か~

 
ヤマメを釣りに~
RIMG4441.jpg


8/23   庄川水系・S川


1ヶ月ぶりに来てみたら・・・

日曜日に来る予定の方が仕事の都合で来れなくなってしまったので、別の方とプライベートで釣りへ。

ここ最近、イワナばかり釣っているのでヤマメを釣りに庄川のS川で決定。
前回のニジマス君達は、まだ生き残っているのか!?
ニジマスの生存調査も兼ねてヤマメを釣りに行きます。


約1ヶ月ぶりにS川へ来たのですが、この1ヶ月の間に大雨が降ったようで
深かったポイントに大量の砂利が積もっていました。

もともと、深いポイントが少ない小さな川なので
数少ない深いポイントが埋もれてしまうと、この川で大きく育つ事が出来る固体が少なくなってしまいそうです。

小さなヤマメがうろうろしている姿は見られたので、水中写真で沢山居るチビヤマメの写真を撮ってみました。



右上に居るヤマメに混じって、奥にアユが写っています。
RIMG4422.jpg


ニジマス君は、元気でした。

前回釣った一番上流のポイントよりも 更に上流でニジマスの生存を確認できました。
かなりの広範囲に散らばっているようで、今回も5匹程ニジマスが釣れ
ヤマメ・イワナ・ニジマスと3種目達成。

ヤマメやイワナに比べると比較的近づいてもドライフライに出てくる傾向があり
一度、ドライフライに出て掛からなくても 少しレーンを変えたりフラッタリングをさせると
2回目出てくる事が多いように感じます。

生息数を無視して、単純に釣り易さで言えば ニジマス>イワナ>ヤマメ で
ニジマスが釣り易いように感じました。



大きくならないかな。
RIMG4412.jpg


川原の無い川を歩く時は。

川を歩く時は、出来るだけ川に入らず歩いた方が良いと思います。
しかし、川原がなく川の中を釣り上がらなければならないような時もあります。

川の中を歩く時は、ゆっくり歩き出来るだけ遠くから釣りをしないと
キャストする位置へ来た時には、すでに魚は逃げた後。 という事になりかねません。


先行者が居ると、ほとんど釣りにならない事が多い川原の無い川ですが
釣りとしては面白く、個人的には好きです。

先行者の存在を抜きにして考えれば、難しい川というのはきちんと釣りをしないと釣れない事が多く
色々と考えて釣りをします。

よく観察し、よく考え、思い通りに釣りをする。
思い通りに釣りをするのは、実際は難しいので上手くいかない事も多いですが
そこを上手く出来るようになると他の川でも役に立ちます。

そんな事を繰り返しているうちに安定して釣りが出来るようになったような気がします。



川育ちのヤマメは良いな~
RIMG4470.jpg






フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
9月の定期釣行会は、中旬ぐらいを予定です。
スポンサーサイト

釣りを組み立てる


前回は、このポイントに尺ぐらいのが居たんだけどな~ 
RIMG4397.jpg


8/22   九頭竜川水系・H川


サイドキャストの有用性

頭上に木の枝などがある時に多様するサイドキャストですが、頭上に障害物がなくても
ティペットをどのような形で着水させるかという問題に対してもサイドキャストは
有効なキャスティング方法である事が多いです。


サイドキャストで最後までフライをターンさせずに着水させると
ティペット部分が∩の形で着水します。

この形の利点として、フライよりも上流へティペットを持っていけるので
フライ先行で流せる事。
流芯の向こう側を釣る時など、フライよりもティペットが速い流れに乗ってしまう時
フライよりもティペットを上流へ置く事でドラッグ回避に有効な事があります。

オーバーヘッドキャスティングと同じぐらい基本的なキャスティング方法ですが
釣り場ではかなり多用するキャスティング方法であり、出来るようになっておくと
釣りになるポイント数がかなり増えると思います。



思ったより増水してました。 対岸の弛みでイワナを発見。
RIMG4394.jpg


どの順番で狙っていくか。

基本的には、手前から狙っていき順番に奥のポイントを狙って行きます。

手前の魚が奥へ逃げると、それに釣られて奥の魚も逃げる事も多く
出来れば手前の魚は、こっそりと釣ってしまった方が一つの段差内にあるポイントで
複数の魚を釣る事が出来ます。


例外として、一番良いポイントに居る一番大きい魚だけを狙っている時は
余計な魚は釣らず 一番良いポイントを最初に狙う事もあります。
(他の魚を釣ることで、一番大きい魚が釣れなくなる為)

しかし、そのポイントへキャストする際
フライラインが手前の魚の上へ着水してしまい 手前の魚が奥へ逃げる可能性があれば
先にその魚を釣ります。

手前の魚と奥の魚との距離関係や水深・流速・障害物などポイントの形によって
何を選択するのが良いかは変わってくるので、何が良いとは言えませんが
基本的には、手前から順番に釣っています。



釣れるかどうかは、キャスト前に決まっている?

釣りの上手な人は、間合いの取り方が上手な人だと思います。

遠くから狙えば、魚に気づかれないので出来る限り遠くから狙うのが良い。
魚に気づかれない。という1点においてはその通りだと思います。

しかし、実際に一般的な渓流で20m程距離を取り 段差を2つ3つまたいでフライを流すと
魚がフライに出てもフッキング率は極めて低いです。

手前の段差にフライラインが飲まれ、流れをいくつもまたぐと 相当大きなアワセを入れても
魚の重みが手元まで伝わってきません。
当然、フライが魚の口に掛かる確率が下がってしまう為
魚はフライに出るかもしれませんが、釣れる確率は低いように思います。


逆に近すぎる場合、魚に逃げられてしまっては その後どれだけ完璧にフライを流そうと
魚が出てくる事はありません。

魚に警戒されず、魚をキャッチするまでをトータルして考えた時に一番確立の高い距離。
同じ川でも季節や水量・条件によって変わってくる間合いを上手く見つける事ができれば
魚釣りにおいて大きなアドバンテージになると思います。



良い位置にフッキングしていると思います。 
RIMG4388.jpg






フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
9月の定期釣行会は、中旬ぐらいを予定です。

お盆期間中は、フライ・テンカラ・ルアーとの交流会

 
尺には少し足らず。
RIMG4352.jpg


8/15   庄川水系・I川


寄り道して、入ったことのない区間を調査

M川が小型ばかりだったので、早々に引き上げI川へ寄り道。

いつも車が止まっている所に車が止まっていなかったので、そこに車を止め
ぱぱっと様子見程度に釣り上がる。


魚は居るけれど、やはりここも小型ばかりで20cmもないサイズがフライをつつきに来る。

渓相は、開けていてフラット。
入渓地点から離れる程、魚の反応は良かったように感じる。

29cmのイワナがかろうじて釣れたのみで、ほかは20cm有るか無いかのサイズがぽつぽつ
入った区間の少し上流で、36.5cmの放流っぽいイワナを去年釣っているので
大型が釣れたとしても放流の可能性有り。

とても釣り易い渓相なので、練習には良い区間かもしれない。



こんな感じの渓相でした。
RIMG4353.jpg


夏の傾向

7月・8月と夏場の渓流は、イメージとして小型のサイズが沸き
大型が釣れるポイントにも小型が入っている事も多く、大型が入っているかどうかは
半分ぐらい運の要素が入っているように感じる。

ただ、渇水で晴天だからといって魚が釣れない訳ではなく
魚はきちんとヒラキに出てきている。


イワナは、水溜りのようなポイントで浮いている事も多く
水深がないからといって油断していると、尺上のイワナに逃げられてしまう。

アマゴ・ヤマメは、基本的には白泡が残る流れの上流側へ付く事が多いが
良い沈み石があると、緩やかな流れであっても石の日陰側に大型が付いている事もあり
水深1m弱ぐらいの瀬が個人的に好み。



なんとか1匹だけ尺イワナ
RIMG4372.jpg


8/16   長良川水系・本流


フライの選択

真夏の晴天・渇水であっても基本的に#10のカディスを使っています。
今回、色々な人と釣りに行き こんな質問がありました。

フライを交換したら、もっと魚が出るかもしれないのではないか? そういった感じの質問。


確かにフライを交換する事で、出てくる魚の数が増えたり 減ったりする事があります。
間違いなく魚に対する影響はあると思います。

しかし、このフライでしか絶対に釣れない。 という事は絶対にありません。
このフライしか食べないのだとすれば、本物の餌は食べない。 という事になるからです。

魚がフライを食べる・食べないという選択肢を選ぶ基準の一つがフライなだけで
フライが全てではないという事です。

もし、選択基準がフライだけであれば同じレーンを2回以上流す必要はなく
同じフライを2回以上流して魚が出てきたとすれば、それはフライ以外の要素があったからだと思います。

フライの選択は重要です。
重要だからこそ、私は信頼できるフライを使用しています。
(お盆中もいつものフライでしたが、ぽつぽつは釣れました。)



フライの選択・補足

例えば、1時間釣りをしても魚が釣れない。
魚が釣れないので、フライを交換して1匹釣れたとします。

その後も1日釣りをして、もう1匹釣れたとします。

1時間使用フライA=0匹   4時間使用フライB=2匹


個人的には、この条件下ではフライBが良かったかどうかは分かりません。
釣れていない時にフライを交換しても、釣れた数が少なければ誤差のようなもので
フライAを5時間使い続けていても2匹ぐらい釣れていたという可能性も高いと考えています。



イワナの食堂
RIMG4385.jpg


どこに居る、どんな状態の魚を釣るのか。

前提として私が思うのが、一つの釣り方で全ての魚は釣れない。 という事です。

ドライフライでは釣れなくても、ニンフを沈めれば釣れる事もあり
逆にドライフライで釣れる魚が、ニンフでは釣れないという事があります。


フライの選択 に話は戻るのですが、1日釣り上がる間に瀬があり淵があり
その多様なポイントとそこに付く魚を釣る為、最適なフライを選択しようと思うと
ポイント毎に違ったフライを結びなおさないといけません。

緩い流れを小さなドライフライを流してから、流れの強い流れ込みは大き目のドライフライ。
ダウンクロスの立ち居地まで来たら、ドライフライを流したポイントを沈めてウェットフライ。

こんな事をしていたら、日が暮れてしまいます。


基本的に#10カディスで釣れる魚を釣っていくスタイルで
もしフライを交換してでも釣りたい魚が居れば交換して、それ以外の魚は諦めています。

とりあえずは、いつものカディスでもそれなりに釣れるので
特にフライを交換する理由もないだけです。






フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
8月の定期釣行会は、 8/22(土) 8/23(日) です。

渇水の渓流を釣る。

 
35cmぐらいになると大きく見える。 (写真だと小さく見える)
RIMG4217.jpg


8/8   九頭竜川水系・I川


渇水も安定すれば平水

入渓して早々、夏らしいポイントから20cm程度のイワナが多く出てきてくれた。
魚の付き場所から察するに先行者なしの初期配置。

水面の餌を意識したポイントに入っていて、渇水で流れが緩く水面が静かになっている事から
距離は出来る限り遠くからキャストした方が反応が良く
平水の間合いまで近づくとゆっくり移動する個体も見られた。


しばらくは20cm程度が続き、サイズが期待出来る1個目のポイントで反応無し。
それまで予想通りのポイントに魚が居ただけに違和感。

おそらく、20cmではないサイズが居てこちらに気づいて警戒したのではないかと思う。
魚の影も形も見ていないので、本当に居たかどうかは分からないが
たぶん、まともなサイズが居たと思う。


2個目の期待ポイントで、良いレーンに28cmぐらいのイワナを発見。
それ以外のレーンに20cmのイワナも見える。

とりあえず、28cmぐらいのイワナが出てきてくれるもフライを触った感じがなく
元の定位置へ帰宅。 

警戒されてしまったようで、魚は見えるがドライフライに反応無し。
周りに見えた他のイワナを釣って、ちょっと対策を考えてみる。



特徴的な模様をしたイワナ
RIMG4247.jpg


大型が入っている可能性がありそうなので。

フライを 「黄色カディスⅡ」 から 「おしゃれなカディス」 に変更。
フラットな水面を考えると、少し高めに浮かせて虫っぽいフライの方が良いかと。

もう少し上流を狙ってみるも出てくるのは20cm程度。
フライへの出方を見る限り、特別出方が良くなった訳ではなく あまり変化なし?
ティペットは、4Xだけれど それは問題なさそう。


フライを交換して、次の期待ポイント。
右岸側で過去尺上も釣った事がある堰堤だが、今回は左岸側で出た。

渇水になった事で普段速い流れの中にある沈み石が、ちょうど良い流れの位置になり
その沈み石に付いていたのだと思う。

とてもきれいなライズフォームで水しぶきなく出てきてくれ、一瞬見とれてしまうぐらいの
良い出方をした。

フッキングもきちんと決まったと思う。
堰堤下という広い空間の場所で掛けたので、無理をせず魚には泳いでもらい
ある程度大人しくなってから寄せてキャッチ。

やっぱり、35cmぐらいになると尺とは別物になってくる。



なんだかんだと尺上が混じり、尺イワナ5匹でした。
RIMG4299.jpg


イワナの友釣りは、可能なのか?

イワナに限らず、アマゴでも見たことがある行動で
針が掛かって寄せてきている最中に別の魚がちょっかいを出してくる事が極稀に見られる。

今回は、珍しい事に2回もその行動が見られた。
どういった条件でそのような行動を取るのか分からないが、共通点のようなものがある。


最低でも25cm以上の魚を掛けた時にしか、その行動を見ていない。

たまたまかもしれないが、28cmぐらいの魚を掛けている時に尺ぐらいの魚が
追っかけてくる事が多い。


今回もそのパターンで、28cmぐらいのイワナを寄せてきている最中に尺ぐらいのイワナが
ちょっかいを出してきた。

「あー あっちのイワナの方が大きい~」 と思いながら こちらに気づかれないよう
下流へ落としてから28cmをまず釣り、その後 うろうろしていた尺イワナを釣るという
また珍しい出来事もあった。

ちょっかいを出しているイワナを見ると、鮎のチラシ針が付いていたら間違いなく掛かるような
当たり方をしていた。

縄張り的な意味でちょっかいを出しているのか、ただ単純にじゃれているだけなのか分からないが
極稀にそういった行動をする魚を見る事がある。






フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
8月の定期釣行会は、 8/22(土) 8/23(日) です。

この時期、これだけ釣れれば良い川だと思う。

 
晴天続きで、渇水気味
RIMG4183.jpg


8/2   九頭竜川水系・H川


話は遡り、1日前

前日の8/1(土) 前々から気になっていたH川へ調査に行ってきました。

地図と航空写真を見て発見した川で、川まで車を止めて徒歩1分・川と平行して林道完備と
なかなか良い物件・・・ならぬ良い川です。


初めて来る川なので 入渓地点~脱渓地点が分からない為
入れそうな所から入り、堰堤等で登れない所があれば入った所へ戻り林道を歩くという
本当に手探りの新規開拓調査。

ここ最近の晴天続きで、川も渇水気味。

標高等から想像するにベストシーズンは過ぎていると思われるので
ある程度は、状況による補正を考え調査を行わなければならないが・・・

補正抜きにしてもかなりの高評価
晴天の渇水・真昼間という状況の中で、午後から釣りをして20匹ぐらい
25cm以上のサイズもぽつぽつ混ざり お手軽な立地条件の川としては良いと思われる。

時間の都合上、途中で引き返すしかなかったので
後半部分は、明日の楽しみにしよう。

と、ここまでが前日の調査です。



日曜日も25cmぐらいは、ぽつぽつと
RIMG4191.jpg


調査&サポート

サポートの依頼が入ったので、私も半分釣りするという事で調査 兼 サポートで
前日と同じくH川へ。

前日の続きからということで、脱渓地点からスタート
今日も晴天の渇水気味だというのにヒラキのど真ん中にイワナが居ます。


基本的にヒラキに居るようでとても釣りやすいのですが、この時期だからか この川だからか
蜘蛛の巣がとても多かった。

蜘蛛の巣があるという事は、先行者が居ないという事で良いことではあるが
あまりに多すぎると水面にフライが落ちる事なく 蜘蛛の巣に捕まってしまう。



ティペットの形

渓流で必要とされるキャスティング距離は、大場所を除けば10mもキャストできれば釣りになります。
しかし、10m先にフライを落とせるだけでは実際問題なかなか魚は釣れません。

池の管理釣り場であれば まっすぐ10m先にフライを落とせば良いが
渓流のような段差があり、流れが複数あるような川では10m先にまっすぐフライを落として
きれいにフライが流せるポイントは少ないと思います。


例えば、12m分のラインを出して 10m先にフライを落とした場合
10m分のラインを出して 10m先にフライを落とした場合に比べて 2m分のスラッグが入ります。

運任せで2m分のスラッグを入れても まっすぐフライを落とすよりは自然に流れますが
出来たら流れに合わせてティペットの形を変える方が効果的です。

基本的にフライが一番速い流れに居る時は、まっすぐ落としても大丈夫。
フライよりティペットが速い流れに乗っている時は、何かしらのスラッグを入れないと
すぐにドラッグが掛かってしまいます。



私も釣りをして良いという事で、31cmの尺イワナが釣れました。
RIMG4168.jpg


フライをどのように食べてもらうか。

サイトフィッシングで以外と難しいのが、流れのない所で表層定位している魚。

明らかに餌を食べに出てきている魚なので、餌が流れてくればきちんと反応してくれ
簡単にフライに出てくれるもののフッキングのタイミングと角度に悩まされます。


表層で定位している魚は、水面のドライフライまでの距離が短く
ゆっくりと浮上し、ゆっくりと元の位置へ戻ります。

少し水深があれば、浮上するのにある程度スピードが出て
戻っていく時も同じぐらいのスピードで帰っていくのでフッキングし易いのですが
水面で食べて 水面に居座られると角度的にフッキングし難い

対処法として、ティペットを細くして吸い込みの良いフライにするか
意図的に魚を動かしてフライを食べさせるかしてフッキング率を上げるか。


わざとレーンを少し外しフライに向かって泳がせると、魚にスピードが出るので
フライを食べた後も魚が進行方向に泳ぎフッキング率が上がります。

やり過ぎると それはそれでフッキング率が下がるので難しい所ですが
水溜りフィッシングなど、水が流れていないポイントでは
少し魚を動かしてフライを食べてもらった方がフッキング率が良いように感じます。






フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
8月の定期釣行会は、 8/22(土) 8/23(日) です。
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR