最終日は運次第。

 
最終日もなんとか尺イワナは釣れました。   イワナ31.5cm
RIMG6715.jpg

9/25 (日)   九頭竜川水系・I川


思った以上に釣れない・・・

9月最後の日曜日ということで、これまたいつも以上に人だらけのI川。

運良く空いている所を見つけたものの釣りをしてみると魚の配置やサイズがおかしい・・・

砂地に出来た足跡の砂利の形からするに今日の朝に人が入っている気がする。
前日の夜に雨が降っているはずなので、飛び散った砂利の形がしっかり残っているのは怪しさ満点

まぁ、朝に入っている人は釣り終わっている時間だとおもうので
ちょうど出て行ったところで場所が空いていたのかもしれない。

場所を替えても人の後になる可能性が高いので、とりあえず予定の場所まで釣り上がる事に。


20cmぐらいのが時々釣れるが、やはりサイズがだいぶ下がっているようで
良いサイズ帯の魚は隠れたままの感じ。

先行者が居なければ、緩めのヒラキに出てくる事が多い時季なだけに
先行者が居るとその影響は大きい。



こういう所に付きやすいので、人が歩くとすぐ隠れてしまう。
RIMG6726.jpg


居る魚が釣れるだけ。

あまり釣れないので、サクサク釣り上がっていける。 (魚を釣っている時間が少ないので)

よく魚が付いているポイントも魚が入っていなかったり、入っていたとしても小さかったりと
25cmさえ出てこないまま最後のポイントへ。

最後のポイントはちょっと行きにくいので、一個手前のポイントで終わる人も多く
たぶん、この日の朝入った人もここで釣りを終了たのだろう。

歩き難いので最後のポイントは父と一緒に来た人を残して私だけ見に行く事に。


ここまでヒラキの浅い所には出ていなかったのに 最後のポイントにはヒラキの浅いところで
イワナが泳いでいるのが確認できた。 

泳いでいるのが確認できたので、少し離れた所から慎重に一投目。
ヒラキに出てきている魚はきちんとフライが流れてくれれば大体食べてくれる。

ゆっくりフライをパクリ。
食べたのを見届けてからアワセを入れ、なんとか尺イワナを1匹釣ることが出来ました。

その後、対岸側の水溜りにもイワナを見つけ一投目で26cmぐらいのイワナ。
川の真ん中でふらふらしているイワナを見つけ一投目で23cmぐらいのイワナ。
だんだん小さくなっていく

最後のポイントだけは、先行者が居なかったようで見つけた魚はきちんと釣る事ができ
釣りとしては良い内容になりました。 (最後のポイントだけ)

まぁ、ドライフライで釣る以上 出てきている魚が釣れるだけなので
この時季の先行者はなかなか厳しかった。


少し早いですが14時ぐらいで釣りを終了。
もう一箇所ぐらい釣りが出来そうでしたが、まぁ早めに帰りましょう。 って事で
今シーズンの渓流は終了しました。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。


 

スポンサーサイト

今シーズン最後の定期釣行会

 
大雨が降りだす前に釣れて良かった。
RIMG6692.jpg

9/17 (土)   九頭竜川水系・I川


どこに意識を向けさせるか。 前編

天気の都合で日曜日から土曜日に定期釣行会の日程変更。

昼過ぎぐらいから天気が怪しいですが、まだ何とかなりそうなので
I川へ行ってきました。


普段、私が使っているシステムだと 10番のカディスに4Xのティペットと
一般的な渓流のシステムにしては、少し大きめなフライと少し太めのティペットを使用しています。

それに伴いメリット・デメリットがあり、デメリットの一部として流れの無いフラットな所では
太いティペットは目だってしまうというのがあります。

流れの無いポイント筆頭として出てくる水溜りポイントですが
あれは魚の上にティペットを落とすと多少ティペットを細くしたところで魚はきちんと気づくようで
違和感を感じて逃げてしまいます。 


ティペットを見てから逃げているのではなく、ティペットが落ちた時にできる波紋に驚いて
逃げているのように私には見えます。
(落ちてから逃げるまでの反応速度から考えると、ティペット自体は見ていない?)

また、ナチュラルに流れているティペットには反応しなくても
ドラッグの掛かっているティペットには警戒するなど、警戒する要素としてティペットが見えるかどうかよりも
優先される要素があるように感じます。

ティペットが太い事によってドラッグが掛かりやすい、水面を叩いた時の衝撃が大きいなど
細いティペットよりも現象が大きく出てしまうのが、ティペットが太い事によるデメリットだと思っています。



どこに意識を向けさせるのか。 後編

すこし長い前置きになりましたが、ここからが本題。

そのデメリットをどうやって少なくするか。
私の取っている方法として、魚の意識を別に向けるという事をしています。

何をやっているかと言うと、ティペットよりも先にフライを落とす。
それだけで魚の意識は、フライへ向きます。


水溜りで釣りをしてみるとよく分かるのですが、流れのない所ではフライが落ちた時に波紋が出来ます。
そして、ティペットが落ちた時の波紋は逃げるのにフライが落ちた時の波紋は逃げません。
(※魚の近くに直で落とすと逃げる事もあります。)

それどころか、その波紋を見て魚の方からフライに近づいてきてフライを食べてくれます。

当然、ティペットもフライの近くへ落ちているのですが魚は落ちたフライに意識が行っているので
フライへ向かって泳いで行きます。


それに似た事が、通常の釣り上がりでも起きていて
どこに意識を向けさせるのかによってデメリットを軽減させたりする事が出来ると思います。



昼前に少し降りましたが、4時頃まで釣りが出来ました。
RIMG6678.jpg


ポイントに対する補足説明

天気の都合もあり、入渓しやすく脱渓しやすい区間を選びました。

庄川方面が禁漁になったこともあり、予想通り釣り人は多く
入渓する時に下の区間を釣り上がって来た人と入れ替わり入る事になったり
準備している最中、帰る(移動する?)準備をしている釣り人が居たりと
この天気でも釣り人の数は多かったです。


しばらくは帰る準備をしていた釣り人が朝入ったのか反応はほとんどなく
時々、ポイントに対して小さすぎるイワナがフライをつつきに来るだけで状況は悪く
ちょくちょくポイントに対する補足を交えつつ ゆっくり釣り上がって行きます。

補足の説明をする時にロッドを借りて、説明をしながらフライを流していたら魚が出たようで
ん? と思ったのですが掛からず。 (説明で余所見をしていました。)

説明前に何度も流していたポイントですが、少し流れるレーンや流れ方が変わるだけで
道具借りたので全く一緒のものを使っているのに魚が出たり出なかったりします。

ついでに反対側の流していないポイントがあったので、こっちのポイントもね~と言いつつ
流してみたら今度は釣れました。 (今度は、フライを見ていたので釣れました。)

そんなこんなの補足説明をちょくちょくしていると、父が堰堤上でライズを見つけたようで
そちらへ向かいます。



9月らしいね~

たぶん、先行者は堰堤まで釣り上がって帰って行ったのかな?
やっと9月らしい開けた緩い流れでライズしている魚が居ました。

せっかくなのでライズを狙ってもらい、フライに魚が出た内の1回は9月らしい出方でした。


ゆっくり出てきて摘むような食べ方をするイワナが9月になると割合多くなるような気がします。
6月辺りだともうちょっと元気な場所で元気な食べ方をする魚が多いのですが
9月はポイントも出方も変化するような感じがあります。

とりあえずライズしている内の1匹を釣り写真を撮っていると雨が強く降ってきたので
安全を考え早めに戻る事に。


車に戻り帰る準備をしていると、雨が止んだので少しキャスティングについての話になり
言葉で説明するより見た方が分かり易いだろうということで、少しだけ実演。

なにか気づく事があったようで、参考になったならなによりです。 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。


 

アマゴを釣りに本流へ

 
このアマゴは、まだ夏アマゴ寄りかな。
RIMG6660.jpg

9/10 (土)   長良川・本流


アマゴは増水が好き?

雨が降り増水の引き際という好条件につき、尺アマゴも釣れないかな~と長良川本流へ。

水量・透明度的には、ちょうど良いかドライフライ的にはもう1日かといったところで
期待できそうな好条件。

季節的にも産卵を意識し始め、見えていても釣れないアマゴが出始める頃なので
釣れなくても尺以上のアマゴが見れれば良いなと思います。


水も増えて水温も下がった事により、アマゴの活性も上がったようでチビアマゴがよく出てきます。

チビアマゴも支流に比べるとやはり本流の方がサイズが良く
本流のアベレージが18cmぐらいで、支流のアベレージが15cmぐらいと
やはり本流の方が育ちが良いようです。

20cm有るか無いかのチビアマゴ帯を抜け、今年産卵のアマゴは釣れれば25cmは超えている感じで
21cm~24cmのアマゴはこの時期ほとんど居ないようです。 (このサイズ帯は、1匹も釣れませんでした。)



増水の笹濁りぐらいで、もしかすると・・・
RIMG6656.jpg


夏アマゴ・秋アマゴ

25cm以上のアマゴ限定で付き場を見ると、夏の付き場と秋の付き場の割合が
70%:30%といった感じで、どちらかに重点を置くということも出来ず
この増水が引いたぐらいから秋アマゴに変わっていくのだろうか。

水深のある深みは、増水と笹濁りの影響で川底まできちんと見ることが出来なかったが
まだ近づいても逃げない産卵を意識したアマゴは見えなかった。

また、支流付近にアマゴが固まっている感じもなく
夏アマゴの方が割合多かったように感じた。


ついでに少しだけイワナも出てきて、そのうち2匹のイワナに寄生虫がくっ付いていた。

水温の高い夏は、岩陰などでじっとしていて虫がくっ付き易いのか
アマゴには付いていなくてイワナは付いているという事がある。

アマゴにも付いている事もあるが、そういったアマゴが釣れる時は
だいたいイワナは釣れない。



このアマゴはメスかな?   だいぶお腹がぷくぷくしていた。
RIMG6674.jpg


尺アマゴ釣れませんでしたっ!

結局、25cm~27cmぐらいのアマゴが数匹釣れただけで尺アマゴは出ず。

運悪くフッキングしてしまったチビアマゴやイワナを含めれば20匹近くは釣れたので
条件的には良かっただけに尺アマゴが出なかったのは残念。


今回、数多くのチビアマゴが残っている事が確認できたので
来年の春 ドライフライで釣れる頃まで残っていてくれれば23cmぐらいになっている事だろう。

残っていると良いな




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


9月の定期釣行会は、9/17 (土)・9/18 (日)

九頭竜川水系・I川でイワナを釣りたいと思います。

水温のピークが過ぎた後で、2度目のシーズンに入る川もあり
1度目のシーズンとの付き場の違いや、フライへの出方の違いがみられます。


 

2016年 庄川禁漁前 最後の日曜日

 
川育ちのヤマメは体高があって良いね。   ヤマメ 31cm
RIMG6622.jpg

9/4 (日)   庄川水系・いろいろ


渓流も終盤ですね。

庄川水系は、9月9日(金)で禁漁になってしまうので今週が最後の週末になります。

最後の週末ということで、釣り人の混雑が予想されますが
庄川水系へ行ってきました。


まずは、庄川本流を少々。

石に濡れた足跡・・・とはっきり分かるまではいかないが、歩いた後と石にくっ付いた砂利が濡れていて
朝一に人が入ったのだろうか。

とりあえず、1時間程釣りをしてヤマメが1匹のみ。
渓相は良かったので、来年の楽しみにしておこう。


そこからS川を先行している組と合流し、S川を釣り上がる。

交代で釣り上がるも反応は悪い

な~~んか魚っ気がないというか、この時期なら15cmぐらいのアマゴ・ヤマメが
ちらちら見えるものなのだけれど・・・その気配も少ない。

渇水で出てきにくいのもあると考えても少なかった。

この時期に水系全体で見た魚の分布図みたいなものがいまいち分からない。
いったいまともなサイズの魚はどこに居るのだろうか。



こっちの川は、魚の気配があった。
RIMG6648.jpg


最後のわるあがきが功を奏することも

結局、S川もこれといった魚を見ることなく終了。
魚が釣れなかったので釣り上がるのが早かった

まぁ、この感じだとどこへ行っても良くない感じはあるがもう一箇所
1時間ぐらいなら釣りができそうだったので気になる所を様子見へ。


この川もいまいち傾向が読めない感じの川なのですが、終盤に掛けて良くなるような感じがあり
小さい川なのに尺ヤマメも釣った事がある不思議な川です。

どうやらこちらの川は、魚の気配があり魚も見えます。

見えると言っても15cmぐらいのヤマメかアマゴがちょろちょろしているのがほとんどで
たまにそれを追いかける大人の魚を見かけました。

その中でたまたま良いサイズの魚を発見。

小魚を追いかけていたので、ドライフライに反応するかどうか怪しい所ですが
一投目でしっかり出てくれました。

最近、尺イワナばかりで尺ヤマメを釣っていない事もあり
遊ばず釣ることを優先で、なんとかキャッチ。

今年も庄川水系最後の日曜日、無事良い魚を釣る事が出来て良い終わりを迎えれました。



この規模の川で、どうして尺を越えられるのか不思議。
RIMG6621.jpg



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


9月の定期釣行会は、9/17 (土)・9/18 (日)

九頭竜川水系・I川でイワナを釣りたいと思います。

水温のピークが過ぎた後で、2度目のシーズンに入る川もあり
1度目のシーズンとの付き場の違いや、フライへの出方の違いがみられます。


 

まだまだ経験不足な事も多く。

 
この渓相で尺アマゴが釣れたら、どれだけ良いことか。
RIMG6557.jpg

8/27 (土)   揖斐川水系・S川


たまにはまったく違った川へ

尺アマゴが釣れるかもしれない。 という事で、始めていく川へ連れて行ってもらいました。

川の規模は小規模で、川原がありフラットな渓相。
これで尺アマゴが釣れるなら、なんて良い川だというぐらい釣りやすそう。

水温は長良川本流と同じぐらいなのですが、川底の感じからするとこちらの方が良さそうで
真昼間にこの渓相でどのぐらい魚が出るのか分かりませんが
ナイロンとフロロの違いを検証しつつ良型のアマゴに期待しましょう。


入渓地点の近くはほとんど魚の気配がなく、釣れないようなサイズの何かが
時々フライを突きにくる程度であまり良くありません。

このぐらいの時期になるのと気になるのが、魚の移動範囲。

アマゴであれば、そろそろ産卵を意識している個体も居るはずなので
堰堤~堰堤などの魚が移動できない隔離された区間で考えると
前半の区間よりも後半の区間の方が魚が集まっているのではないかと考えています。

その考えが当たっているのかどうかは分かりませんが、よく分からない魚から
小さいアマゴだと判断できる魚へ変わっていき、少しアマゴの気配が出てきました。

が、この時期らしく出てくるアマゴの9割がチビアマゴという状況はどの川も変わらないようで
私に釣れたのはチビアマゴと中ぐらいのイワナのみ。

水温が高いのかイワナには寄生虫が付いていました。

釣れてきてくれた人は、中型のアマゴを釣っていましたが
どうやら今回の状況は、よくないようです。

普段行かない渓相なだけに上手く釣りが出来ないポイントもあり、良い勉強になりました。
やはり、ある程度釣れる事が前提の知った川より 知らない川の方が得るものが大きく
釣りの幅が拡がりそうな感じです。

結果的には、まともな魚を釣る事は出来ませんでしたが
今後に繋がる良い経験でした。



水温が高いのか寄生虫が背中に付いてた。
RIMG6563.jpg


ナイロンとフロロの違い

ドライフライで釣りをする場合、多くの方がナイロンのティペットを使っていると思います。

ナイロンとフロロの違いというと、比重の違いや張りの違いなどが思いつきますが
実際の所、ナイロンとフロロの違いでどの程度影響が出るのか実験してみました。
(間違えてフロロのティペットを買ってしまったので


条件:ナイロン→フロロ→ナイロンの順番でティペットだけを交換し
    使用感を検証してみる。

Q.1 フロロのティペットは、比重が重いので沈むらしい。

A.1 確かにナイロンに比べるとティペットが沈んでいる感じがした。
    屈折率が水に近いので、尚の事ティペットが水面には見えなかったのかもしれない。
    ティペットが沈むからといって、ドライフライが沈むほどの重さはさすがに無い。

Q.2 フロロのティペットは、張りがあるらしい。

A.2 実際に釣りをしてみた感じ、ぐしゃぐしゃと落とすなら影響が出そうだが
    一箇所曲げるだけなら特に影響は無い感じだった。
    それ以上にフライの落下速度が早くなる事に驚いた。

Q.3 ドライフライを前提にしたら、ナイロンかティペットどっちが良い?

A.3 ナイロンの方が使い慣れているというのもあるかもしれませんが
    ナイロンの方がドライフライには向いていると思います。
    ナチュラルに流すという事であれば、ナイロンの方が流し易かったです。

※ 個人の感想であり、化学的な検証結果ではありません。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


9月の定期釣行会は、9/17 (土)・9/18 (日)

九頭竜川水系・I川でイワナを釣りたいと思います。

水温のピークが過ぎた後で、2度目のシーズンに入る川もあり
1度目のシーズンとの付き場の違いや、フライへの出方の違いがみられます。


 

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR