今年、最後の釣行はエギングへ

 
昼間は、ちょこっと風がありました。
RIMG6881.jpg

12/25 (日)   尾鷲


準備すると回って来ない・・・

アオリイカを狙いつつアジが回ってきたらアジも釣ろうと
前回からロッドを2本持っていくようにしたのだが、準備すると回って来ないのはよくある事。

大きいアジと言うと冬のイメージがあるのですが、11月に比べて餌となる小魚の数が減っているような。
それに伴い、アジと思われるボイルも見られなくなってきました。 

季節的にアジの居る場所が変わってきて、アオリイカと場所が被らなくなってきたのか
魚の気配が減ってきているような気がします。


アオリイカも小魚を食べるので、小魚が少なくなると釣れなくなるのかと思いきや
とりあえず、600g台までは釣れているのでアジは居なくてもアオリイカは釣れるようです。

今回、アジではないのですが60cm台ぐらいのワラサか何かが防波堤の際をうろうろしてるのを
3回ほど見かけました。

際から2~3mの所を泳いでいたので、目視で確認しました。 

あれ釣りたいですね~ 
エギングセットでは、掛けても釣るのは難しそうですし
なんとか足元まで寄せれてもイカ用ギャフだと、引き上げるのは無理そうです。

とりあえず、手持ちのルアーの中で大きめルアーを投げてみましたが
見かけた。 程度の位置不明では釣りにはならず反応無し。

せめてボイルでもしていれば・・・

60cm台の回遊魚が回ってくるというのが分かっただけでも、大きな収穫です。



今回も大きいのは釣れませんでした。
RIMG6877.jpg


年内キロアップならず。

なんとか年内にキロアップを釣りたいな。 と思っていたのですが
残念ながら800gぐらい止まりで終わってしまいました。

久しぶりに渓流オフシーズン アオリイカ狙いで尾鷲方面に通いましたが
秋サイズの300g前後であれば、昼間でもぽつりぽつりとは釣れますし
冬でも釣りになるのが良いですね。 


渓流は、早い所だと2月1日から解禁ですが
ドライフライでの釣り上がりが安定してくる3月後半か4月ぐらいに
渓流へ行こうと思っています。

フライフィッシング・サポートも4月頃から再開しようと思っています。

来シーズンもご希望に副えるサポートが出来るよう
今後も精進していきます。

それでは、良いお年をお迎えください。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。


 


スポンサーサイト

冬のアオリイカ

 
海中イメージ図 
ika.png

12/18 (日)   尾鷲


どこに居る どんなイカを狙うのか?

水深10mの所でエギングをした場合、4mより上に居るイカを狙うのであれば
2m前後のラインでエギを通してきます。

表層付近に居るイカは、比較的活性が高い事が多く
イカの居る層より少し上を通してやると浮いてくる事が多い気がします。

活性が高いのであれば、イカの層を下げるよりも上げた方が手っ取り早いので
目視出来るところまで持ってこれたら、釣れる可能性大です。


中層のイカは、水深があればあるほどイカの居る層が分かりにくく
個人的には一番苦手なレンジです。

層を跨ぐように斜め方向へエギを引っ張ってくれば、各層を探れるのですが
縦方向の動きは苦手なのか、横方向の動きに比べるとあまり付いて来てくれません。

少し時間が掛かりますが、1投=1層で探るか
1投=2層で、前半6~8m層・後半4~6m層の2層ぐらいまでにしておくのが良いかなと思います。


底ベタは、活性の低いあまり動かないイカが居る事の多い層ですが
逆に狙いが絞り易く釣り易い層です。

狙うのも底から2m以内の所をあまり大きくエギを移動させずに釣りをすれば良い訳ですし
もし活性が高いイカが居るのであれば、活性の低いイカに合わせたエギの動きでも
釣れる可能性は高いので分かり易いです。

私的には、こんなイメージでイカを探しています。



サイズが伸び悩み
RIMG6864.jpg


結果は、後から付いてくる・・・と良いな。

先週は寒い日が続いた事もあり、底の方が良いのではないかと思い
水深のあるポイント&底の方 という組み合わせを多めに取り入れました。

結果的にその組み合わせの釣り方を多くしたので、それで釣っているのですが
フリーフォールの時よりもテンションフォールの時に抱いてくる事がかなり多かったです。

思い込みは危険ですが、いつもより浮いているイカが見えなかった事や
テンションフォール時に釣れるというのは、全体的に動きが鈍かったのかなと思います。


まぁ、狙い通りの層で狙い通りのタイミングに抱かせているので
内容としては良いのですが、結果が付いてこない。

割と本気で1kg以上を狙っていたのに600g台止まりと内容に反してサイズが伴わないとなると
内容にしても何か問題があるのかもしれません。

今回なぜかタコがやたらと釣れたのも何かあるのかな・・・?

キロアップを狙うにあたって、何が出来るのかもう少し考えてみる必要がありそうです。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。


 


根本的なところは、何を狙うにしても同じなのかも。

 
釣りに行っていないので、写真がない。   過去の写真です。
RIMG2885.jpg



アオリイカ基本情報


なかなか釣れない1kg以上のアオリイカ。

アオリイカの寿命は1年で、一般的に9月~12月が子イカのシーズンで
3月~6月が親イカのシーズンらしいです。


渓流が禁漁になる10月~渓流へ行き始める3月までの期間で狙っているので
親イカを狙うには早すぎる時期から、親イカが釣れる時期に入った頃に終了と
大型を狙うには少し厳しい時期となるそうです。

更に真冬の時期は海水温が下がり深場に潜ってしまうそうな
岸からのキャスティングでは狙い難くなってしまいますね。

一般的なアオリイカのシーズンというとこんな感じみたいです。。。


実際には釣り場によって状況は異なり、私がこの時期行っている尾鷲方面は
黒潮の影響があるようで、海水温が高く比較的真冬の時期でも釣りになります。

とはいえ、3月~6月の親イカシーズンの方がサイズは狙い易そうですが・・・

1kg以上というサイズであれば、10月~3月でも十分射程圏内なので
なんとか釣りたいところですね。



対象は変われど、釣りは釣り。

渓流のフライフィッシングでアマゴ・イワナを釣る時と、海のエギングでアオリイカを釣る時とでは
釣り方も対象も全く違うのですが、やはり釣りというのは面白いもので共通点みたいなものがあるようです。

例えば、渓流で尺以上のサイズを釣ろうと思った場合
尺以上の魚が居る場所で、尺以上の魚が餌を食べる時間帯に、尺以上の魚が釣れる釣り方をする。
すごく単純な考えですが、詰る所そんな感じです。

アオリイカも釣りの対象として見ると似たようなところがあり、狙う場所や時間帯・釣り方によって
釣れるサイズが決まっているような気がします。


今年何度か尾鷲へアオリイカを釣りに行ってみて、ある程度 いつ・どこで・なにをすれば
どのぐらいのサイズが釣れるというのが傾向として出てきていて

昼間にあの場所でこの釣りをすると100g前後
昼間にあの場所でこの釣りをすると400g前後
夕方にあの場所でこの釣りをすると700g前後

と、毎回そんな感じで釣れるサイズが一定になっていてパターンとして確立しつつあるようなのですが
この条件で釣りをすれば1kg以上というパターンがいまだ確率出来ておらず
1kg以上のアオリイカが居る場所で、1kg以上のアオリイカが餌を食べる時間帯に
1kg以上のアオリイカが釣れる釣り方。  という条件が満たされていません。

分かるようになってしまえば、安定して釣れるようになると思うのですが
3月までにそこまで持って行けるかどうか、キロアップを釣る事が出来るのか
ドキドキです。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。


 


エギング+アジング=いろいろ釣れる。

 
久しぶりにコウイカが釣れた。
RIMG6851.jpg

12/3 (土)   尾鷲


釣りに行ってきました。

11/12から釣りに行っていなかったので、久しぶりの釣行記事になります。

釣りに行っていないついでに記憶に残るメモリアルフィッシュを更新したのですが
2年前の魚でもどのポイントで釣ったか覚えているのがすごいところですね。

これからも記憶に残る魚が釣れるよう、釣りに行きたいと思います。


さて、今回の尾鷲釣行。

結果から言ってしまうとキロアップは釣れず、秋に釣れる様なサイズが十数杯釣れただけで
アオリイカは残念な結果になってしまいました。

その代わりと言ってはなんですが、普段あまり釣れないコウイカが釣れたり
何かが小魚を追い掛け回していたので、メタルジグを投げてみるとアジやシーバスが釣れたりと
本命のアオリイカ(キロアップ)以外が釣れました。

どうしても小魚を追いかけてバシャバシャしていると、何が追いかけているのか気になってしまい
魚を狙ってしまうのですが、それはそれで中々楽しいものです。

本命のアオリイカ一筋も良いのですが、その時その時に訪れるチャンス(ナブラとか)があれば
状況に応じた釣りをするのも良いかなと思います。



大きいアジも回って来る事があるのかな?
RIMG6853.jpg


アジが回ってきた時用にワームもあった方が良い気がする。

アジをメインで狙った事がなく、メタルジグをどのぐらいのスピードで巻けば良いのかも分からず
ぐるぐるリールを巻いていましたが手堅く釣るならワームの方が一般的なようですね。

ちょうど良いタイミングでアジングをしている釣り番組があったので見ていると
思った以上にゆっくりとリールを巻いていました。

サイズを問わずその釣り方が有効なのかは分かりませんが、20cmぐらいのサイズであれば
メタルジグよりもワームの方が釣れそうな気がします。


釣り方が分かったので、アジ用のワームを1つバッグに入れておけば
アオリイカを釣るついでにアジも狙えて、ますますキロアップが遠のいて行きますね。

今までした事が無い釣りというのは、色々と考える事があり試してみたい事が沢山出てくるので
とても楽しいです。

もちろんアオリイカも狙って釣りますが、アジも狙って釣りたいと思います。


とりあえず、アジの方は尺アジを目標にしておきましょうか。

尺というサイズが現段階において釣るのが難しいのか簡単なのか分からないので
なんともですが、アジも釣りの対象魚に入れたいと思います。



秋サイズのアオリイカ
RIMG6847.jpg





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。


 


お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR