暖かい渓流が待ち遠しい。

 
寒いので、暖かい頃の写真をぺたり。
RIMG6343.jpg
RIMG6180.jpg
RIMG5932.jpg


毎年1月は、暇しているようで・・・

過去の時期を見ても1月はあまり釣りに行かず、キャスティング練習やフライを巻いているようですね。

唯一釣りに行った所というと、今年は近所の川へコイを釣りに行った事ぐらいでしょうか・・・


寒い冬であっても泳いでいる姿が見えるコイは優秀な釣りのターゲットだとは思います。

コイのベストシーズンがいつなのか分かりませんが、1年を通してコイだけはいつみても泳いでいるし
比較的簡単に釣れるハズレの少ない対象魚だと思います。

ただ、あまりコイ釣りって人気がないような感じがあるんですよね。


私自身、コイを釣りたくてコイを釣りに行くというのではなく

コイぐらいしか泳いでいる魚が見えないので、コイでも釣ろうかな。 といった感じで
せっかく冬でも釣れる魚なのに不思議ですね~

たぶん、渓流のオフシーズンに釣りをしているので
渓流と比べてしまっているところがあるからだと思いますが・・・

フライを外す時、バシャバシャ跳ねると泥が飛ぶ。 とか
渓流に比べると立地条件が違いすぎますから、仕方がない事なのですけどね。

やはり、渓流で釣り上がりしている方が気分的に気持ちが良いな。



昨年釣った渓流魚達
RIMG6621.jpg
RIMG6365.jpg
RIMG5158.jpg


今シーズンは、良い渓流魚が釣れるかな。

まぁ、昨シーズンは4月に尺を超えているアマゴを釣ったり
3月の渓流で64cmのニジマスを釣ったりと珍しい魚が釣れました。

ニジマスを狙っていた訳ではなく、普通にアマゴ・イワナを狙っている時に釣っているので
よく渓流仕様のシステムで釣れたなーという感じです。


8月に釣った38.5cmのイワナも体高があって良いイワナでしたね~。

渓流で釣る大きいイワナというと、アマゴのような良い体型のイワナはかなり少なく
本当に良いイワナは、何年かに1匹しか釣れないものです。

今シーズンも何年かに1匹しか出会えない魚に出会えると良いですね~


あと、キロアップのアオリイカも渓流が本格シーズンする4月までには釣りたいです。

結局、1月のアオリイカ釣行は1回もなく 釣りに行っていないので
2月はアオリイカ釣りに行けると良いな。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

フライフィッシング・サポート(渓流)は4月から再開しようと思います。 
今年もよろしくお願いします。


 


スポンサーサイト

2014年9月~2015年6月

 
2014/9/22 九頭竜川水系・I川   イワナ35cm
RIMG2730.jpg


珍しく一投目ミスしてしまって、二投目に釣ったイワナ。

最初からサイトフィッシングで狙っていた訳ではないが、予定の位置より手前にフライが落ちてしまい
近くに居たこのイワナが反応してしまいフライを見に来てUターン。

幸い、フライには出なかったので少し奥の流れへ泳いでいくのが見え
イワナが落ち着くまで様子をみて二投目のタイミングを窺う。

二投目は、イワナも見えていたのでキッチリ予定通りの釣りを展開し
無事キャッチしたのがこのイワナ。

基本的に尺以上のサイズを釣る時は、一投目で決まる事が多いので
一投目と二投目の間に時間を空ける事は珍しく、印象の残ったイワナです。






2014/10/19 員弁川   ニジマス50cmぐらい
RIMG2828.jpg


ニジマスらしいニジマス。

渓流が禁漁になる頃から通いだす員弁川で、まだ年越しのニジマスがどのぐらい居るのか
どのぐらい釣れるのかを調査していた頃に釣ったニジマス。

今となっては、年越しニジマスも釣りになる程度に残っているのが分かり
釣り方も確立出来てきたと思います。


見た目もニジマスらしい模様で、丸々と太っていてよく泳いでくれた良いニジマスです。

ダウンクロスの立ち居地からカディスに向かって浮いてくるのが見えたのですが
早合わせせず、送り込んでからラインテンションで掛け
釣りの内容的にも良かったと思います。

サイズはそれ程大きくありませんが、良いニジマスだったのを覚えています。






2015/6/6 九頭竜川水系・I川   イワナ36cm
RIMG3689.jpg


水深20cm程の浅場は、見逃し易い大物ポイント。

この日は、どの区間にも餌釣りだらけで餌釣りの後を釣り上がる事になりまして
イワナの残っているポイントは、対岸・張り出した枝の下・水深の浅いポイントと
ある意味、分かり易い魚の配置。

大きな魚が居る場所というと、水深のある大きなポイントというイメージがあるようですが
35cm以上のイワナに関しては、以外と水深の無い緩い所で釣る事が多いです。


「ドライフライで釣る。」 という条件を付けると
水深のある大場所というのは、大きな魚が居るかもしれませんが水面まで出てくる事が少なく
それよりも大場所に隣接した餌を食べ易いポイント。 に出てきた時を狙うのが釣り易いです。

水深20cm程のポイントで釣ったので、当然サイトフィッシングで釣ったと思うかもしれませんが
イワナは見つけていない状態で釣りました。

たぶん、水深が浅くポイントとして認識し難い事から先行者の方も見逃してしまったのでしょうが
思っている以上に浅いポイントにもイワナは出てきています。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

フライフィッシング・サポート(渓流)は4月から再開しようと思います。 
今年もよろしくお願いします。


 


2017年 初釣り

 
冬でも安定して釣れるコイ
RIMG6890.jpg

1/7 (土)   近所の川


明けましておめでとうございます。

年末年始どこにも釣りへ行けなかったので、初釣りはフライで狙うコイ釣りです。

お手軽に近所で釣りができて、小さくても50cmぐらいあるコイ。

サイトフィッシングで狙っているので、魚が居るのかどうか分からない中
ひたすら投げ続けるといった精神修行にならないのが良いですね。

フライも巻くのが楽々なので、天気の良い日の午後から釣りをするのにちょうど良いです。



簡単なのか難しいのか分からないコイ

最初に入った場所は、川と川との合流点という事で釣り人も多いようで
草むらにも歩く道がしっかり出来ており、なかなかのスレ具合。

水際に立つとサーっと、コイが逃げていくのは良いにしても
フライを食べているのか食べていないのか分からないぐらいの小さな吸い込み。

フライとコイは目視出来るので、フライを食べたのを確認してからアワセを入れるのですが
一瞬入ったかな? と思ったら外に出ている

ドラッグが掛かっていてフライが引っ張られている可能性もあるが
メンディングを入れて、フライがフリーで流れるようにしてるので
マーカーにアタリが出ない状態で流してもその有様。

スレているからなのか、ただ単純にそういった活性の日なのかは分からないけれども
この状態のコイを釣るのは、結構難しい。

とりあえず、1匹だけ釣ってさっさと移動してみる事にしてみました。


二つ目のポイントも合流点ではあるが、先ほどのポイントに比べると釣り人も少なそうなポイント。

やはり人の少なそうなポイントなだけあって、難易度は普通程度に下がって
フリーの状態でフライを流せばきちんと吸い込んでくれる。

左右への移動はしないが、ストライクレーンで口元までフライを送り込んでやれば
マーカーにもアタリが出るぐらい吸い込んでくれるので、とても釣り易い。

釣り場によって難易度がかなり違うので、一箇所で粘るよりも魚を探して移動した方が
サイトフィッシング的にも釣り易いと思われる。



釣りに行けなかったので、フライを巻いていました。
RIMG6895.jpg

メインのドライフライボックス

基本的にカディスばかり使用する私ですが、一応カディス以外のフライも持っています。

右下の方に入っているフライが、特に春先よく釣れるフライで
いつものカディスでも釣れるのですが、カディスよりも魚の出方が良いので
春先ぐらいはそういったフライを使う時もあります。

管理釣り場で実験してみても、流れのない池では魚の反応に差が出ている事から
フラットな面の流れに対しては、カディスよりも良い反応をしてくれるのではないかと思われる。


中央上がいつものカディスで、シーズンを通してメインとなるフライになります。

左側の黄色いのがエルクヘア部分を化学繊維に替えているカディスで
マテリアルの質に左右されない安定した手抜きフライで、夏以降はよく釣れます。

右上一区画がテスト用フライになり、新しく買ったエルクヘアで巻いてみたフライなど
品質テストだったり、なんやかんやで巻いた物をとりあえず入れておく場所になります。

なかなか良いエルクヘアがないので、次のエルクヘアを探すのが大変です。

時間のある時にでもメインで使うフライぐらいは巻き溜めしておこうと
ちまちまフライを作っています。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

フライフィッシング・サポート(渓流)は4月から再開しようと思います。 
今年もよろしくお願いします。


 


お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR