FC2ブログ

冬でも安定して釣れる魚。

 
風の無い晴天は、魚を見つけ易い。
RIMG8596.jpg

12/23 (土)   近所の川


寒い日が続いていますね。

2017年も残りわずかという事で、今年最後の員弁川へ行こうかなと思いつつ
昼間にパッと行ってパッと帰ってこれる近所の川へ行ってきました。

気温が暖かくなる12時~3時ぐらいにちょこっとだけ釣りをしたいという時には
釣り場までの距離が近いというのは、かなりの利点になります。


ついでに冬は釣りの対象となる魚種も少なくなり、居てもなかなか釣れないイメージですが
コイだけはいつ見ても泳いでいます。

近くの釣り場で、冬でも簡単に釣れて、小さくても50cmぐらいの大きさがあり
サイトフィッシングで狙えるコイ。

条件だけ見ればとても優秀な釣りの対象魚だと思うのですが、あまり人気がありませんね。

私としても渓流か近所の川かどちらが良いかと聞かれれば渓流ですし
特別コイを釣りたいと言う訳ではないのですが、真冬の時期に限ってはそれ程悪くないのではないかと。



ドロッパーシステムで釣ってみよう。

昨年までインジケーターを付けたルースニングシステムで釣っていたのですが
別にインジケーターでなくても浮力の高いスポンジを付けたフライをドロッパーにすれば良いのではないかと
試しにドロッパーシステムで釣りをしてみました。

インジケーターに比べると浮力が低く、セット後の位置移動が出来ない事から
ドロッパーからリードまでの間隔を広めに取り深め設定にします。

浅い場所では、リードフライも見えている為ドロッパーでアタリを取る必要はなく目視でアワセを入れ
リードフライが見難くなる深い場所は、ドロッパーの動きでアタリを取ります。

ドロッパーの位置は移動不可ですが、沈んでも水中ウキとしての効果もあり
ルースニングシステムと比べて特に不便といった感じは無く釣りやすかったと思います。


ちなみに前使っていたシステムは、過去の記事にまとめてあるので気になる方はどうぞ。



冬でも丸々と太ってます。
RIMG8589.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


スポンサーサイト

冬のフライマン

 
消耗したフライを補充。
RIMG0430.jpg

12/16 (土)   近所の川


冬の間にフライを巻き貯めしておこうかと。

毎週のように今シーズン最強の寒波がやってくる今日この頃。

このぐらい寒くなってくると釣りに行かない日も増え、家に居る事が多くなってきます。


そんな寒い時期にこそやっておくべき事がフライタイイングです。

渓流シーズンが始まってしまうと釣りに行く機会が増え、フライを巻く時間と体力がなくなってしまうので
今のうちに巻き貯めしておくのが良いかと。

とりあえず、秋に員弁川で使用して数を減らしてしまったビーズヘッドニンフを補充し
しばらくはニンフで困る事はないでしょう。

メインで使っているカディスも冬の間に出来るだけ巻いておきたいところですが
今回は、ニンフを6本ぐらい補充したので別の機会に。


シーズン中は、必要なフライを必要な分だけ巻いて釣りに行っているので
冬の間に巻き貯めしておくと楽なんだろうな~と毎年思いつつ出来ていない現状・・・

時間のある時にコツコツ巻いておかないと。



結局、散歩がてら近所の川へ行くのでした。
RIMG8573.jpg


冬でも天気が良ければ釣り人の姿も。

あまり釣れる気はしませんが、土曜日は風もなく良い天気だったので
暖かい昼間だけ近所の川へ行ってきました。

こんな寒い冬でも休みの日となれば釣り人の姿もちらほらと見かけ
珍しい事にフライフィッシングをしている人を発見。

フライは付いていないようだったので、釣りに来たというよりは練習をしに来たという感じで
少し話をしてみると通販で道具を買って始めたばかりの初心者さんとの事。


フライフィッシングは、始めるのに敷居が高いイメージがあり
道具にお金がかかる。 難しそう。 といった事を聞くことがあります。

確かに餌釣りやルアー釣りと比べると必要最低限の道具を揃えるのにもお金が掛かり
最初の1匹を釣るまでに費やす労力も大きい気がします。


「フライフィッシング・スタートキット」 みたいなセット品について。

ロッド・リール・フライラインといった必要最低限の道具が入ったフライセットというのも販売されていて
「フライフィッシングセット」で検索するとすぐに見つかりますがやはり1万円前後の初期投資は必要です。

セット品のロッドは使えるのかどうかといった問題はありますが
前にセット品のロッドを振らせてもらった事があり、その時の印象では思った以上に良く
釣りをするのに全く問題ない性能だと思いました。

もちろんそれなりの道具に比べれば劣る部分もありますが
それは道具自体の違いが分かってきて不満が出てきた時に買い換えれば良いだけの事で
始める段階ではセット品でも良いかと思います。


フライフィッシングの良い所も。

道具を揃えて渓流に釣りに行ったとして、たぶん最初の内は釣れない日があったり
釣れても1匹・2匹といった日も多く、安定した釣果が得られるようになるまでには
どれだけ釣りに行くかと個人差はあるものの1年ぐらいは掛かると思います。

逆に言うと長く続けていける趣味とも言えますし、ある程度思い通りにキャスト出来る様になってくる頃に
フライフィッシングの面白さが出てくると思います。


渓流のフライフィッシングと言えば、ドライフライでの釣り上がりが主流になっていて
水面の釣りをするには、渓流という釣り場はフライフィッシングに適した場所になります。

他にも餌釣りやルアー釣りがありますが水中の釣りが主流になり
釣り全般を考えても水面の釣りが主流となっているのは珍しいと思います。

渓流を釣り上がり、魚を見つけ、フライを食べに出てくるところからキャッチするまでの
一部始終を見る事が出来る為、それを求めてフライフィッシングを始める人も多いかと。

上達するまでに多くの時間を必要とする釣りですが、それに見合った楽しみもあり
中流域のウェットフライや湖でのストリーマーなど釣りの幅を広げていく事も出来るので
それがフライフィッシングの良いところなのだと思います。



コイだけは、年中泳いでいる姿を見かけますね。
RIMG8577.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


穏やかな冬の海。

 
久しぶりの尾鷲。 朝日が眩しいっ
RIMG8556.jpg

12/9 (土)   紀伊長島~尾鷲方面


久しぶりのエギング。

今年は、尾鷲方面に行くのが遅れてしまい12月にして1回目の釣行。

1回目の釣行は、地形の変化や状況を見たいので1箇所で粘らず
各漁港を様子見程度で回りたいと思います。


朝マズメの時間帯は、回遊狙いで投げ続けるも反応はなく
明るくなってから障害物周りを見て回ると秋イカサイズがプカプカ浮いています。 

狙っているサイズではないのですが、サイトフィッシングで少し遊んでいくことにしました。

あまり時間は掛けるつもりないので、イカのサイズに合わせてエギのサイズもダウン。
一投目が一番簡単に釣れるというのは、渓流も海も同じで反応の良いイカから順番に釣れていきます。

一投目で釣ることが出来たのは良いのですが、周りにイカ達は警戒したようで元居た位置よりも遠ざかり
2杯目以降は、段々と難易度が上がって行きます。 


あまり同じ漁港で時間を取ってもアレなので、次のポイントへ移動してみると
そのポイントにも秋イカが沸いています。 

またポツポツと秋イカを釣りつつ、隣の海岸線を見ると根魚が釣れそうなゴロタ場があったので
ついでに根魚も・・・



すごく穏やかな海~ 
RIMG8561.jpg


手乗りカサゴが釣れました。 
RIMG8564.jpg


夕方釣りをしたらメバルも釣れるのかな?

あまりにも波が無く、潮もあまり動いている感じはなかったので渋いかと思いきや
魚さえ入っていれば反応が良く、カサゴをメインに時々ムラソイが釣れます。

ストレート系のワームとクロー系のワームを使ってみたのですが、ストレート系の方が反応が良いようで
石周りを通すだけでカサゴが飛び出してくるのが見えます。 

クロー系ワームは、一応食べに出てくるものの食べずに帰るカサゴの姿も目立ち
岸沿いに餌となる小魚が回遊しているのが見えるので、もしかすると小魚食べたいモードなのかな?

目の前を通れば、何でも食べてしまうイメージがある根魚も好き嫌いはあるようです。


前にフライでも釣れるのではないかと試してみたのですが、ワームに比べると明らかに反応が悪く
釣れなくはないもののフライを巻く手間を考えたらワームで良いかな・・・と思った事を思い出しました。



秋イカサイズより大きいのが釣れない・・・

秋イカと遊んだり、根魚と遊んだりと横道にそれる事も多いですが
一応、春イカサイズも狙ってはいるんですがね・・・

各漁港を回り、水深のあるポイントも各層一通りエギを通してみるものの反応はなく
イカが触った感触もないなーと、各地を転々。

サイトフィッシングと違い、エギの近くまでイカが見に来ているのか
そもそもイカが居ない所をエギが通過しているだけなのか、目視が出来る水深ではないので
その判断は、なかなか難しいものがあります。 

まぁ、春イカサイズがそこら中に満遍なく岸から狙える距離に居るとは思えないので
大半はイカの居ない所をエギが通過しているのではないかと思います。

サイズを狙うなら、場所とタイミングを考えて釣りをしないと確立が低いのは渓流と同じか・・・



年内キロアップまでは遠いなぁ・・・   アオリイカ 800gぐらい。
RIMG8569.jpg


夕方の回遊に期待して。

帰りの事を考えると、朝は尾鷲まで行き夕方に向けて紀伊長島方面に戻ってくるコースが
定番になっていて今回も夕方は紀伊長島で回遊待ちです。

回遊待ちの時は、イカが回遊してくる可能性が高いルートをエギが通過するように
同じ方向へキャストしても表層・中層・下層と層を替えつつイカが来るのを待ちます。

冬と言えば底の方を釣るイメージがあるのですが、回遊を前提とすれば意外にも表層を回ってくる事もあり
1杯目を釣るまでは幅広くイカの居る層を探すようにしています。


しばらく投げ続けていると下層でヒット。

ドラグの出方からすると500g以上は確定な感触で、今日の中では一番のサイズです。

掛かっている場所は・・・おでこ? のような場所に掛かっているので
跳ね上げた後のテンションフォール中に下方向からエギを食べに出てきたのかな。

群れであれば、連続して釣れる可能性もあるのですが
その後イカが釣れる事はなく単発にて終了。


暗くなった頃からポコッポコッと水面で水ごと吸い込むような捕食音が時々聞こえ
サイズ的には20cmぐらいでメバルか何かかな?

残念な事にヘッドライトを落としてしまい、エギからルアーに交換する事もできないので
正体は確認する事が出来ませんでした。 

朝・夕の時間帯は、イカを狙うにも良い時間帯なのでエギを投げていますが
魚の活性が高い時は、魚を狙ってみるのも面白いかもしれませんね。

まぁ、そんな事ばかりしているからキロアップのアオリイカが中々釣れないのかもしれませんが・・・
魚は魚で面白いので、状況に合わせてその時その時の釣りを楽しみたいと思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


魚も冬支度

 
いつものカメラを忘れてしまったので、スマホ撮影。
IMG_20171203_123254.jpg

12/3 (日)   員弁川


年越しを探して。

今週も毎度お馴染みの員弁川になります。

冬は釣りに行ける場所も少ないので、出来るだけまだ釣りをしていない区間へ入り
ポイントを見つつ飽きないように釣りをしています。


とりあえず、まだ入っていない居れば年越しであろう区間に入り釣りをしていると
いつから居たのか目的地である大場所に釣り人を発見。

車も止まっていなかったし釣り人が見当たらないのを確認してから入ったのに・・・

まだ距離もあるので、今居る瀬を釣っているうちに移動するかもしれないと思い釣りをしていたのですが
私の方が先に瀬を釣りきってしまい移動する事にしました。

奥の大場所は見る事が出来なかったのですが、その手前にある瀬は良い感じになっていたので
時間になれば瀬に出てきそうな感じはありました。

次、来る時があれば瀬~大場所までをもう一度 釣り歩いてみたいと思います。



もしかすると年越しなのかもしれないけど・・・
IMG_20171203_151057.jpg


年越しできそうなポイントに集まりつつある?

次の区間は、今年の秋すでに入った事のある区間だったので
良いポイントなんだけど魚は釣ってないなー。 というポイントをメインに釣りをしようと思います。


まずは、台風後に出来た落ち込みにテトラが入っているポイントで
毎年似たようなポイントで年越しを釣っていた事もあり 居ると思うんだけどなー。と思っていたのですが
やはり付いていました。

落ち込みにフライを飲み込ませて浮かび上がらせる時にニジマスの姿を確認。 

たぶん食べたと思うのですが感触はなく、その後も底の方に魚影が見えていた為
何度か流してトンッと当たって逃げて行きました。 

テトラが入った深みのあるポイントは、冬~春の実績ポイントなので来年の春までは居つく事でしょう。


他にもブロックの沈んだ深みのある場所でも、沈めてからの浮かび上がる誘いでアタリがあり
こっちのニジマスは、きちんと掛かったので釣れました。 

今年放流のニジマスからすると胸鰭もあり、尾びれもパサパサではないので
もしかすると年越しかもしれませんが確信は持てず。 



ポツポツ魚の反応があります。
IMG_20171203_161636.jpg


夕方はヒラキにニジマスが出てくる時間帯。
IMG_20171203_161805.jpg


条件的には、良い日だったようで。

今日は、天気も良く風もほぼ無かったので釣り人が多かったのか
私が釣りをした区間だけで3組の釣り人とすれ違いました。

釣り人は多かったように感じましたが、条件も良かったようなので人の後でも反応があり
放流場所近辺以外でも広くニジマスの反応があったと思います。


放流ニジマスが溜まっている場所を除けば、あまり数の釣れない員弁川ですが
年越しニジマスを含め広範囲に釣りをしてもポツポツは良いポイントには入っているので
どこで釣りをしてもニジマスが釣れる可能性があります。

もちろん魚影の濃い区間と薄い区間はあるものの
ニジマスが居るか居ないか分からない区間で釣りをするのも面白く
釣れるかどうか分からない。 というのが良いのかもしれません。


釣れるかどうか分からない。 という事では年越しニジマスの調査をしていた数年前が
新しい発見も多く面白かった記憶があります。

安定した釣果を優先して魚影の濃い区間に入るのも一つの選択肢ですが
同じ区間で安定した釣りをしようとすると、同じポイント・同じ立ち居地・同じ釣り方というのが
安定しやすい傾向になってきます。

まぁ、釣れないよりは釣れた方が良いとは思うものの
毎回同じ行動パターンを取っていると、ワクワク感みたいなものが段々となくなってしまうので
性格的に向いていないようです。

釣れるかどうか分からない。 居るかどうか分からない。
そういった分からない事を分かる事にしていく過程、いままで想定していなかった魚が
存在する事を確認できた時、やっぱり釣りは面白い。 と実感する事が出来る気がします。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR