答えを探して。

雪が降りました。
RIMG1369.jpg


2/9
 最近、フライのキャスティングについて考えています。
なぜ考えているかというと「このキャスティングが正解だ。」みたいな絶対の答えがなく
目的・状況に応じて答えが変化するからです。

 インターネットで調べたら、#6番のロッドで40m飛ぶみたいですね。
飛距離だけで言えば到底真似できる距離ではありません


 ラインをどれだけ遠くまで飛ばせるかの競技であれば、より遠くへ飛ばせるキャスティングフォームになり
フライの落下位置の精度を競う競技であれば、より精度の出るキャスティングフォームになると思います。

 つまり目的によりキャスティングフォームが違ってくるという事。


 キャスティング練習をしていて、いくつかのパターンを試しているのですが
いくつかのパターンを試しているうちにキャスティングバリエーションが増えました

 増えるきっかけになったのが、「バックキャストのベリーラインを高くしたい。」とか
「もっと伸びのある強いラインにしたい。」とか使用するロッドによってもキャスティングフォームを変えています。

 結局、何が言いたいかというと・・・

「なんでも出来た方がいい!」

 絶対の答えが無い以上、状況に応じてベストな答えを出すのが一番良いという結論に至りました。
その為には、手持ちのキャスティングバリエーションを増やし完成度を上げること。


 現状、苦手な分野は「芝生の上での飛距離」「芝生の上でのループ形状の安定性」「遠距離射程での釣り」です。
ちょっと分野毎に分けて、キャスティング練習してみたいと思います。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR