シーズン初期の傾向

やや増水 水温10.2度
RIMG1489.jpg


3/28
 少し水が高いだろうと予測はしていたが、やっぱり高かった

 去年の感じだと、まだドライフライで釣り上がるには早いと思う。
それでもここ数日暖かい日が続いていて、1週間分ぐらいは季節が早まっていると予想。

 やや水が高いのを考慮しても釣れると判断して、今回 U川 へ行ってきました。



 入る予定にしていた区間にも車が停まっていて釣り人の多さを思い知らされる。
この川の場合、人の後とかそんな事気にしていたら釣りができない。

 例え、釣り上がっていたら途中から餌釣りが上流に入ってきて
「今日2組以上、この区間入ってるよ。」 って言われてもそのまま釣り上がります。

 なんだこの人の多さ


 去年も餌釣りが多い川だと思っていたけど、今年も多く餌釣りだらけ・・・
魚の数は多いけど、サイズが小さいのは持って帰られるからだろうか
去年釣ったイワナが生き残ってれば25cmぐらいにはなってるはずなのにアベレージが20cm 

 渓相とか餌の量考えると20cmって事はないんだけどなー
そんな訳で、アマゴ2割のイワナ8割で合わせて25匹程 27cmまで。


予定通りイワナ釣れました~
RIMG1511.jpg

 シーズン初期の影響かヒラキの流れの中ではイワナは出てこず、流れの中はアマゴのみ。
イワナが出てくる場所は、緩い流れで石の際というポイントが多かった。

 その中の3分の1ぐらいは、先行者の影響なのかシーズン的な影響なのか
流速より遅く流す・石の際々を流すなど条件付でしか出てこない魚も居たように感じる。



 まぁ、やっと釣り上がりでまともなサイズが釣れるような季節になってきたので
4月からが個人的に渓流本格シーズンイン





おまけ

3/29
 K川へ様子見。
こちらもシーズン的には少し早めで、魚の反応はU川と似た様な傾向。

 水温9.2度で少し低いが、カゲロウのスピナーが沢山居た。
他の虫は見えず、1種か2種類の虫が大量に出てきてる。
 U川は、カゲロウも居たけど 他の虫も少量づつ居る感じだった。


食べ放題のカゲロウ(スピナー)
RIMG1525.jpg

 K川は、アマゴとイワナ合わせて十数匹を釣って24cmぐらいまで。
こっちは思った以上に状況が悪かった。

 悪かったというより、難しかった。
もう少し季節が進めば釣り易くなると思うのだけれど・・・


なんか放流チックなアマゴが居たよ。
RIMG1520.jpg

 放流してないと思うんだけど、な~んか放流っぽい雰囲気がある。
天然でもこのサイズがたまに釣れるけど、どうなんだろう。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR