意図的にアベレージサイズは、上げれるのか?


白泡も形の無い障害物。
RIMG1675.jpg


5/6
 ゴールデンウィーク最終日にして、やっと釣りができました
帰り道のついでにY川へ行ってきました。



 この日は残念な事に気温が低く、釣り人の影響は無かったと思うのですが
魚が出てきてない

 出てきてはいないけど、石と石の間を流したり 白泡の上をフラッタリングさせると出てくるので
無理やり引っ張り出す事は可能。

 大型の可能性が少しはあったので、#8のカディスに替えサイズ狙いの釣りをします。



 普通の釣り、距離を取る釣り、数釣りの釣り、サイズの釣り、人の後の釣り。
状況に合わせて釣り方を替える事で、釣れる魚の数やサイズが変化します。

 まぁ、サイズ狙いだから大きいフライが良いという訳ではないのですが
魚が沈んでいる状態では、水面を小さなフライが流れても ”そもそも魚が水面を意識していない。” ので
気づいていない事も多々有るように感じます。

 それを無理やり水面まで出すには、まずフライの存在に気づいてもらう。
大きなフライを使うのは、魚に気づいてもらう目的が多く
普通のフライよりも白泡がある所や、水深のあるポイントでは出てくる確率が上がるようで
そういったポイントでは、普通サイズより1サイズ大きなサイズが居る事が多く
必然的にアベレージサイズが上がるように感じます。




ちょっと痩せてるけど、このぐらいが白泡のアベレージサイズでした。
RIMG1677.jpg


 元々魚が出てきていない状況だったので、出てくる魚の数は少なかったですが
白泡の下から出てくれば、25cmぐらいの確率が高くアベレージはまずまず。

 ですが、尺上は出ず がんばったのに残念です。



 そろそろ、尺上を追加しておきたい時期なので
今週末、尺上を釣りたいと思います。
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR