釣れるかどうかは、運次第?


モンカゲロウ・ヒゲナガトビゲラ 5月のイブニングは大きな水生昆虫が出ます。
RIMG1734.jpg


5/16
 土日が定期釣行会なので、前日の夕方だけ釣りが出来るように仕事を早退しました



 前回のブログでも書きましたが、今がイブニングで良い時期です。
目に付く水生昆虫は、モンカゲロウ。

 大きな水生昆虫がハッチすると 普段なかなか出てきてくれないサイズの魚も
餌を食べに出てくるので大型のアマゴ・イワナを釣るチャンスです。


 イブニングで重要なのがタイミング
ただ、暗くなれば良いというものではなく 水生昆虫がハッチするタイミングがあって
この日のイブニングは、暗くなる頃にはハッチが終わっていてライズもなくなりました。



 どのタイミングで狙うのか?
日によってタイミングは違うのですが、一番狙いやすいタイミングは
暗くなる1歩手前で、飛んでいる水生昆虫が増えたタイミングが個人的には狙い易いように思います。

 何が飛んでいるかが重要ですが、カゲロウのダンが飛んでいる時は
その前に羽化があるので、ダンが空を飛んでいる頃には すでに魚はお食事の真っ只中か
終盤に近づいています。

 魚の配置は、お食事終盤近くの状態が大型の魚が一番良い場所に入っている確立が高く
フライも目視できる光度で釣り易いと思います。


 それでも 狙っているサイズのライズは見ることはできず
40cm台となると 後1個2個条件が揃わないと出てきてくれないようです。


イブニングは大型の可能性があるので、5番ロッド  31.5cm 尺イワナ
RIMG1741.jpg




このポイントで、イワナさんに遊んでもらいました。 
RIMG1750.jpg

5/17
 定期釣行会1日目。
今回は、特定の釣りをするという訳ではなく ”普通に釣る釣り” で普通に釣ります。

 まぁ、基本的な事になりますが 魚の居る場所・立ち居地・フライの流し方 です。
成魚放流魚の混じった区間に入ったようで、少し緩い流れでライズしていたり
泳いでいる姿が見え、練習としては悪くない状況。

 参加者1名様と言う事で、声の届く範囲に付っきりで 立ち居地や魚の位置を指定します。
スクール的な事は参加者の希望により、やったりやらなかったりなので最初に言ってもらえると助かります。


 きちんと指定したポイントにフライを流せれば、魚が出てきて釣れる事もありますが
少し技術不足な部分も多く、出ても掛からない事が多かったように思います

 それでも技術面は後からでも練習できますし、先にフライを流してもらって
「本当は、こんな感じで流したい。」ってな感じで自分がフライを流す。 みたいな流れで釣りあがりました。

 途中、見えているけど釣れないイワナが何匹か居たので
それは交代して自分が釣りました。



 夕方、前日のイブニングポイントへ行き
尺上を釣ってもらえるよう 一番良い時間帯に 一番良い場所へ入ったのですが
途中でライントラブルになり 「代わりに釣って。」との事でしたので釣りました。


最後の最後、代わりに釣りました。 30.5cm 尺上イワナ
RIMG1757.jpg

 ライントラブルなく、指定したポイントをきちんと流せていれば釣れていなのにね

 まぁ、 尺上が釣れる状況になったとして 釣れるかどうかはその人次第なので
絶対に尺上が釣れるとは言えませんが、来てくれた貴重な1名様だったので
それなりに尺上が釣れる確立の高いプランを立てたつもりです。


 写真の尺上を釣る前に、後ろから少し自分も釣りをしまして
もう一匹 尺イワナ釣ってるのですよ
 自分が釣ってもしょうがないんだけどね



なんか前日にも似たようなイワナを・・・少しサイズが違う?  31cm 尺イワナ
RIMG1755.jpg

 定期釣行会2日目は、記事が長くなってしまったので
次回更新時に書きたいと思います。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

尺は残念やったけどウグイさまの引きは楽しんだので良かったかな。アワセの練習にはなりました。
トラブル減らすのが当面の課題ですかね。

今シーズン数日釣行に付き合っていただいているおかげで付き場所とか距離感とか勉強になっているらしいことが判明しております。
その成果は・・・後日実を結ぶことになりました。マジで

Re: No title

> 尺は残念やったけどウグイさまの引きは楽しんだので良かったかな。アワセの練習にはなりました。
> トラブル減らすのが当面の課題ですかね。
>
> 今シーズン数日釣行に付き合っていただいているおかげで付き場所とか距離感とか勉強になっているらしいことが判明しております。
> その成果は・・・後日実を結ぶことになりました。マジで


おつかれさまでした~
フライがロッドやラインに当たらないようにするのが、一番の課題ですね。

今度、少しキャスティング練習しましょうか。
フライラインがロッド1本分出ている状態で、きちんとフライから落とせるようになれば
それだけでも釣果にかなりの差が出ますよ。
 

ぢゃそれメニューに入れるわ!
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR