違った視点で、違った手段を取る事の意味


緑のカーテン 初夏の雰囲気
RIMG1758.jpg


5/18
 今回のフライフィッシングテーマは、「アベレージサイズを上げる方法」でガイドしました。

 本当は、尺上が釣りたいと言う事だったのですが 3時ぐらいには帰らなければならないのと
尺上が釣れるかどうかは釣り方によるものが大きいと言う事で近場の川で釣り方だけやりました。


 内容としては 『どこにどのサイズの魚が居て どこから釣りをすれば釣れるのか。』
魚の配置については、感覚的なものが大きいような気もしますが
いくつかのグループみたいのが存在して、現在どのグループの魚がどこにいるか。
そこから釣りたい魚が釣れる所に居るのかどうかを推測します。

 簡単に言うと20cmぐらいの魚が良い場所に入っている。 しかもほとんどのポイントに。
これは、大型の魚が釣れない状況です。

 同じ20cmが釣れる状況でも、20cmの魚が流れの端の方で釣れる。
だけど、良い場所で魚が出ない。

 これは、大型の魚が釣れる可能性があります。
更にイワナの場合、巻きで黒っぽい魚が釣れるとか 追加条件が加われば
可能性上がります。


 文章にしてしまうと 良く分からない事を言ってるようになってしまいますが
尺上以上の魚が釣れる時は、釣れるのが分かっていて釣る事が多い事から
何かしらの規則性が有るのは、間違いないと思います。



 残念ながら今回のガイドでは、大型が釣れる雰囲気がなかったので
20~23cmぐらいのをポツポツ釣ってもらいました。

 普通のサイズを釣るにしても 釣れるポイント として認識できるかどうかが大きく
どの程度の精度で流せば良いのか。 というのもなかなか判断がつかないようです。

 10回以上流してから釣った魚も居たぐらいなので、1投目が一番大事なのは当然として
合格ラインを下回る精度で何度投げても、次の1投が合格ラインを越えていた場合
その1投で魚が出る。 といった事もよくある話です。


 最近、ガイドとして付いていく時に面白い事に気づきまして
何が面白いかというと・・・



自分は出来るけど、釣りをしてもらってる人は出来ない事もある。

では、どうやって釣ってもらうか。

それは、釣りをしてもらっている人が出来る事の中で一番強いカードを引き出すこと。




 ゲーム的にいうと、プレイヤーが得意とする条件を整え もっとも強いカードを引かせる事。

 自分が代わりに魚を釣るのが一番簡単な方法ではありますが、出来ない事があるからこそ
どうやって釣ってもらうかを組み立てるのは、それはそれで実に面白い

 自分自身はあまり釣りが出来ないけど、一人だけでは得る事が出来ないものもあるので
手段の一つとしてフライフィッシングサービスを始めたのは、良かったのだと思う。



代わりに釣ってというので、代わりに釣りました。 これでも27.5cmあるけど小さく見えるな・・・
RIMG1761.jpg

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR