尺上チャンス (35cmクラス)


尺上チャンスに挑戦中
RIMG2068.jpg
6/15 庄川水系・I川

一応、前日に状況は悪いと伝えたのですがI川希望という事で今日もI川です。

渇水・晴天・毛虫多   

毛虫が予想以上に大量発生していたのは誤算でしたが、それ以外は概ね予想通り。
入る区間も 前日より大分下流だったので魚を釣るのは難しいと思われます。

しかし、魚を釣る事よりも「メンディングを使った釣りを見てみたい。」という事で
主にメンディングを使う条件の場所で練習メインで釣りをしました。


自分としては、仕方がなくメンディングをするのであって 出来ればメンディングしない方法を推薦しています。
とはいえ、メンディングしなくてもいい状況というのも少ないので仕方が無くメンディングします。

極論で言えば、メンディングは魚を釣るには余分な動作であってしない方が良い。
メンディングをするには、メンディングをするのに必要な弛みを作らなければならないのと
メンディング中の動作で魚が出た場合、フッキング率が下がる事。

メンディングをするには、一旦ラインを水面から離し 再び水面に落下させなければなりません。
当然、その動きはしなくて良いならしない方が良いに決まってます。



なので、自分は出来る限り最小限のメンディングで流れを回避するようにしています。
いつ魚が出ても対応できるように。

そんなようなメンディング関連と、後は魚の付く場所&間合いについて1日練習しました。


RIMG2071.jpg

練習といえば、35cmクラスの魚を見つけたので 見えてる尺上を釣る練習もしてもらいました。
この練習は、練習したいからといって出来るものではないのでチャンスがあればやるべきです。



赤丸が主に魚が定位している範囲。 青丸が移動する事もある範囲です。
左右から流れが入っていますが、ほぼ写真を見て左側の流れからくる餌だけを食べていました。

左からの流れを流速より遅く流すのがベストなレーンですが、それが出来るなら苦労ありません。
運良く良い流れに乗っても 流れ方が気に入らないのか食べてくれません。

なんとか釣ってもらおうとフライを替えたり、色々やってみて1回 口を使ってくれました。
が、合わせ切れ?  フライがなくなっていたので何かに引っかかったようですが
魚は元の位置に戻っています。

別の角度から見ていた父は、出たけどフライは食べてない。と言っていたので
魚の口には触らず、口から飛び出て手前の石に引っかかったのかもしれません。

まぁ、本当の所は分からないですがフライを何度も替えても釣れなかったので
ギブアップ宣言。 自分と交代します。




自分も何度か流してみたものの1回 口を使ったもののフライは浮いたままだったので
合わせを入れずにスルー

毛虫を食べているのを見ましたが、食べようとして口を開けたものの吸い込まないのが
何度かあったので それと似たようなものなのかな

しばらくして魚はどっかへ行ってしまったので、尺上チャンスは終了。
今年初めての尺上チャンス黒星で、ちょっとショック

何十回とフライを流した後だったので、難しくなっていたのは事実だと思うが
はたして最初から自分がやっていれば釣れたのか?
確かめる術はないので、気を取り直して釣り上がります。



夕方、1日のメンディング練習を終え 尺上チャンスのあったポイントを覗いてから帰ろうとすると
また魚が出てきてる

今度は、フライフィッシングサポート終了後なので 最初から自分が釣りをします。

本当は、午前中に釣ってもらえたら一番良かったのですが
そこに尺イワナ居るので釣って下さい。と言って釣れるなら自分のサポートは受けないか

それでも尺上チャンス自体は提供できているので、良い経験になっていると思います。



さて、見えている魚は午前中と同じ35cmクラス。
黒星を撤回してもらう為、釣られてもらいました

RIMG2075.jpg

釣ったフライは、いつもの#10カディスです。
昨日、夕方ライズしている尺イワナを釣ったのも#10カディスです


カディスって、かなり万能に近いフライだと思うけど人気無いんだよね
黒星撤回してもらい、尺上チャンス30連勝ぐらいをキープ

36.5cmの尺イワナでした。



6/21(土)は、フライフィッシング・サポートの予定が入っているので
天気にもよりますが、尺イワナを釣ってもらいブログ更新できるとブログのネタには一番なのですが・・・


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プレッシャー

尺上のそれわ確かに凄いわ。そしてそれを毎回引き抜くアナタも。
これは 一日に2回が限度です。クタクタになります。体験させたい理由も良くわかりました。感謝です。ありがとうございました。
コレわ肥やしにせんといかんねぇ〜

Re: プレッシャー

> 尺上のそれわ確かに凄いわ。そしてそれを毎回引き抜くアナタも。
> これは 一日に2回が限度です。クタクタになります。体験させたい理由も良くわかりました。感謝です。ありがとうございました。
> コレわ肥やしにせんといかんねぇ〜


尺上チャンスは、一日にそう何回もあるものじゃないので
あったら確実に獲りたいですね。

特に見えている尺上を釣るのは、釣り人側にもプレッシャーが掛かりますが
見えているだけに魚の反応も見えて楽しいです。
場数を踏む事で冷静に対応できるようになるので、次回は尺上釣りましょう。

ありがとうございました。
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR