手順を踏む大切さ。


0621.png

6/21 九頭竜川水系・I川


尺イワナを釣ってもらい、ブログのネタになってもらうべく がんばってきました。

水量は少ないものの曇り空で上々の条件。
夕方近くに雨が少し降っただけで、思ったよりも天候に恵まれてよかったです。



今回の釣りは、通常の釣り+昼間に尺上を釣る方法をメインに
今年大量発生している毛虫と戦いながらの釣り上がり。

前回来た時は、それほど毛虫は気にならなかったのに季節的なものなのかな
どの川へ行っても毛虫が発生していて大変です。



いつも通り通常の釣りは、アベレージサイズを無難に釣る釣りをしまして
魚との間合い・プレゼンテーションの精度 正直この2つさえしっかりしていれば普通に魚が釣れます。

プレゼンテーションの精度は、釣りの対象となるポイント数にも直結し
そのポイントが尺上ポイントであるなら、尺上チャンスが有るか無いかにも影響が出ます。

通常のヒラキであれば、フライの落下位置が30cmずれた所で魚が出てくる事もありますが
ポイントによっては、ポイントそのものが30cmもないので致命的なものになります。

普通の釣りと言っても、必要な事は人それぞれ違うので個別にサポートしますが
全般的に言えるのは・・・


「普通の道具を使って、普通のシステムで、普通に釣りをした方が良い。」




まず最初は、何の特徴のないバランス的なロッドとシステムで釣りをするのをお勧めします。

何かに特化した道具やシステムというのは、長所もあり短所も付いて来る事が多いので
自分自身のスタイルがまだはっきりと分からないうちは、バランスの良い道具とシステムを使い
ある程度続けていれば、やりたい事が出てきて不満が出てくるでしょう。

それから、その不満を解決できる道具とシステムに替え自分自身のスタイルを確立すれば良いと思います。



RIMG2100.jpg

それで、ブログネタになる尺イワナは釣ってもらえたのか?

残念ながら29cmまでしか釣ってもらえず、目標達成となりませんでした。



1m四方ぐらいの巻きポイント(泡付き)で、過去に尺イワナを釣った事もある尺上ポイント。
泡と一緒にゆっくりと流れている時に もわっ と泡の幕に穴が出来る良いで方

流していた本人は、魚が出たことに半信半疑だったようで
自分が声を出さなければ掛かっていたかどうかも怪しい所

ある程度大きくなってくると、吸い込むように水面の餌を食べれるようになるので
そういった出方をしてもきちんと合わせれるように経験を積んでいくしかないですね。

イワナは、泡ぐるぐるポイントが好きなので見逃せないポイントです。



おまけ。

RIMG2094.jpg

キャストの難しいポイントで、後ろの木に何度もフライを引っ掛けて 「代わりにやって」 と言うので
自分が釣っても仕方がないのですが、尺イワナです。

きちんとしたプレゼンテーション技術があれば、尺イワナが釣れていたかもしれないのに残念です。
とにかく尺以上のアマゴ・イワナが釣りたいならプレゼンテーション技術を磨くのが近道です。



何回か釣行回数が必要になりますが、システム自体をリセットして最初から手順を踏んで
自分自身の釣りを構築したいと思うのであれば、一緒に考えます。

その際は、魚を釣ることよりも釣りそのものに重点を置きますので
最初に言ってもらえれば、それに適した川選びをします。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たっくんへ

先日はありがとうございました。
ポイント潰しの悪いクセが何度も出てしまいました、、、、
午前中、毛虫に動揺して釣りに集中できずにいましたが、後半何とか落ち着いて話を聞く事が出来ました。
川へ立った時、冷静にポイントや立ち位置、キャストを選択出来る様役立てたいと思います。

Re: たっくんへ

> 先日はありがとうございました。
> ポイント潰しの悪いクセが何度も出てしまいました、、、、
> 午前中、毛虫に動揺して釣りに集中できずにいましたが、後半何とか落ち着いて話を聞く事が出来ました。
> 川へ立った時、冷静にポイントや立ち位置、キャストを選択出来る様役立てたいと思います。


初めて行く川では、いつも以上に歩く時 気をつけた方が良いですね。
通いなれている川では、次どんなポイントがあるのか・どういった流れで水深はどのぐらいか。
過去に釣った事のあるポイントなら、どこに魚が着くかが最初から分かっているので
ポイントをつぶす事もないと思います。

ポイントをポイントとして認識できるかどうかが全ての根幹となる部分なので
ポイントを認識できてこそ 立ち位置・キャストの選択 が出てくると思います。


4月に見た時よりもキャスティングが良くなってきているので
このままがんばってください。

ありがとうございました。
お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR