9月は本流でのびのびと釣りをしよう。


RIMG2605.jpg


9/8 長良川本流


数より質

9月に入ると毎年入る長良川本流。
数は釣れないけれど、時たま良いアマゴが釣れます。

この時期になると早いものでは婚姻色がすでに出ていて
9月後半には釣りにくくなる傾向があるようで今が狙い目。

と、いう事でフライフィッシング・サービス1日目は長良川本流へご招待 



状況は、悪くないように思う。

一つ目の淵から反応があるものの小さいアマゴばかりが出てきます。
この時期は、このチビアマゴか25cm以上のアマゴのどちらかが釣れる確立が高く
チビアマゴばかりと諦めずに釣りをする事になります。

この日は、予想していたよりも魚の反応が良くチビアマゴばかりが出てきます。
チビばかりじゃ意味がないのですが、チビの出が良い時は時たま大型が出る事が多いので
それに期待。

3つ目か4つ目の淵で、やっとまともなサイズが掛かりました。
この時期としてはちょっと物足りないサイズですが、なかなか釣れない長良川本流で釣ってもらえて
良かった

「釣れても1~2匹ぐらいだと思う。」 と事前に説明はしましたが、本当に釣れない可能性も高いので
1匹釣ってもらえると、こちらとしても気分が楽になります。



RIMG2609.jpg



その後、支流に入り

一通り本流で遊んだ後、支流に入りました。

まだ2回目のシーズンに入るには早いので、入ってしばらくは出が悪かったのですが
脱渓地点間際になってから反応が良くなり、魚の気配が出てきました。

最後の堰堤ではライズを見つけて、代わる代わるライズした地点を流してみるものの反応はなく
角度を変えてフラッタリングで誘うと何とか釣る事が出来ました。

フライ自体は替えずにいつものカディスで釣り方だけを変えただけですが
釣り方だけでも釣れたり釣れなかったりするので、そこが釣りの面白い所だと思います。





RIMG2619.jpg

9/9 九頭竜川水系・I川


比較と予測

土曜日に反応の良かったI川へ行ってきました。

天気などを考慮すれば、土曜日の方が好条件であり
実際、土曜日の方が反応は良かったと思います。

とはいえ、条件は悪くなったものの傾向は同じのままで
2回目のシーズンの予測としては、大体予想通りといった感じ。



自分に無い可能性を見る

事前情報として、この時期どういった場所に魚が出て来易いのか
どういったフライが良い食べ方をするのかだけ先に説明し
釣りをしながら重要なポイントは、どこに魚が居るのかを説明しました。

いつも通り釣りをして、いつも通り釣れる良く知っている川でも
他の人に釣りをしてもらうとイメージの違いから若干のズレがあったり
予想していなかった事が起きたりと新しい発見が多々ありました。

やはり、他の人の釣りを見るのは新しい可能性にも繋がり
少なからず自分の釣りにも影響を与えているように思います。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR