2日とも天候に恵まれて良かった。


RIMG2708.jpg


9/21 九頭竜川水系・T川



イブニング少し手前からイブニングまで。

イブニングをメインで釣りをするとの事で、16時ぐらいからスタートとイブニングだけを考えるなら
丁度良い時間帯からスタート。

車を停めてからしばらく歩き、入渓地点を目指します。


入渓地点に到着。 川を覗くと釣り人が居ます。
仕方がないので更に下流を目指します。

入り易い所から入り準備をしていると少し下のプールでライズ待ちをしていた人を発見
道から見た時は釣り人が見えなかったので入ったのですが、どうやらライズ待ちで座っていたようです。

少し挨拶をして、上流の瀬から入って良いとの事でやっと釣りが出来ます。
不幸中の幸い、プールでライズ狙いの人で良かった。



どんな感じでサポートしようか。

とりあえず、初めて会う方でどんな釣りをするのか分からない為
思い思い釣りをしてもらい後ろから見学。

見た限り、基本から説明した方が良さそうだったので 釣りをしている時間は減るものの
今後もフライフィッシングを続けるのであれば基本からやる方が良いかな。

2人を担当していたので、1人をサポートしている間に1人は自由に釣りをしてもらう。
そんな感じで交互に付く事にしました。



RIMG2700.jpg


ラスト30分に賭けましょう。

予定よりもキャッチ&リリース区間の中心部よりも離れてしまった為か魚の密度は下がったかな?
それでも時々瀬でもライズをしている魚も居て、魚は居るものの中々釣れません

交互にサポートをして、状況を聞きつつ釣り上がって行きます。
何度かフライに出たり、掛かるもののキャッチまでは行かないようで苦戦しています。

そろそろ薄暗くなってきて、フライが見にくくなってきた為
普段自分が使っているカディスをプレゼント

フライを替えて早々、魚が掛かりました。

見た感じアマゴかな? ネットを手にして掬おうとすると残念な事にバレてしまいました。
まぁ、それなりには楽しめたようだったので今日はこれまで。
暗くなってしまったので、てくてく車まで歩きます。
予定よりも下流まで歩いたので遠いです




RIMG2705.jpg

9/22 九頭竜川水系・T川



前日の夕方の部に続き、本日は午前中の部

11時ぐらいまで釣りをしてから帰るそうなので、2時間弱の勝負。
前日、魚を釣る事が出来なかったので少し魚を釣る事を重視して釣りをします。

前日入った区間よりも上流に入れた為、午前中にも関わらず魚の数が多いように感じます
魚の反応はぼちぼち。 フライに出るもののバラしたり、ライズしている魚を見つけたりと
魚は居るけど釣れない状態。

このまま今のシステムで通しても釣れる可能性はあるけど、システム自体を変えるなら
もうちょっと可能性が上がる気がするので このままのスタイルで続ける or スタイル自体を変える。
どちらが良いか聞いてみました。



自身の釣りに合った魚を釣るか、魚に釣りを合わせるか。

ティペットを6X・フライを#16に変更。
これが今、自分の持っている一番細くて小さいフライの組み合わせです

ティペットを一つ落として、フライサイズも下げたので少しは魚が出やすくなったはず。
特にフラットな瀬でライズしている魚は、出てくれる可能性は上がったはず。

本当は今のスタイルのまま釣ってほしいのですが、せっかく東京から来ているので
なんとか釣ってほしいところ。



釣れました~

システム変更してすぐにフラットな瀬でライズしていたイワナが釣れました。
システム変更前にも流しているポイントなのですが、変更後に釣れたという事は
それなりにフライ変更は効果があったと思われます。

自分は、年中ほぼカディスのみで通していますがフライの変化による魚の出方の違いは
確実にあると思っています。 (説得力が無いかもしれませんが
何はともあれ、釣ってもらえて良かったです。




RIMG2730.jpg



午後からフリーだったので

午後からI川へ移動。 渇水&晴天の影響か日陰どころか石の隙間にねじり込むぐらいの事をしないと
魚が出てきてくれません。

石の下から出てきた岩魚は、黒系のイワナばかりでそれは3時頃まで続きました。


3時頃から日が傾き始め、4時ちょっとまでの間
少しは魚が動いたようでヒラキでも釣れ始めましたが、尺上ポイントに尺上が入っていない

毎回、何匹か釣れる淵で1匹も魚の影すら見えないなど
今シーズンもっとも状況が悪いと言える悪条件。

4時半には釣りを終えて帰る予定なので、この時間帯で何とか尺上を1匹釣りたいところ。



一発ならず

最後のポイント一投目で、ミスをしてしまった
予定よりも少し手前にフライが落ちてしまい、近くに居た魚が反応してしまい
Uターンされてしまった

フライには出なかった為、警戒しただけで済み少し奥の流れへ入るのも見えた。
魚のサイズは尺上と思われる。 今日、初の尺上チャンスにして最後のチャンスになる可能性が
高いので少し時間を掛けるかな。


魚の動きを見つつ、魚が落ち着くまでしばらく身を潜め様子を窺う。
基本的に尺上を狙う時は、一撃必殺。  一投目で決めれなかったのは久しぶりな気がする。



更にレベルを上げて

仕切りなおして一投目。
今度は魚が見えているのでミスは無い。

魚も大分落ち着いていた事、本来の位置よりも流れの中に入った事も手伝って
条件的には一投目と変わらないぐらいの難易度になっていたと思う。

さすがに二投目でミスする訳にはいかないので、フッキングからランディングまで難なくクリア。
35cmの尺イワナでした。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR