「放流1ヶ月以内の魚」と「年越しの魚」の違い。


RIMG2894.jpg


11/15 員弁川



こんなフライ使ってます。

普段、員弁川で使っているフライの紹介。

リードフライにビーズヘッドの付いた普通のニンフを使ってます。
#10のフックにウェイトは巻いていません。

ガン玉等のおもりは基本的に使用しませんが、増水時に沸く流れがある時は
安定させる為に使用することもあります。

その場合、リードフライから15cm程離した位置に付けます。


ドロッパーは、いつものカディス。
リードフライから60cm程離れた位置に3cm程出してセットします。

ドロッパーはカディスでなくても良いのですが、視認し易く水の抵抗が大きいフライが良いので
カディスを使用しています。




RIMG2895.jpg


放流だな~と、思う瞬間

今年放流してから初となる員弁川。
まだ放流魚を釣っていないので、放流地点で釣りをしてみました。


まず、魚を見て今年放流の魚だとか 去年の年越しだとかではなく
放流して1ヶ月以内の魚というのは性格が放流魚っぽいように感じます。


放流魚の特徴として、溜まり易い場所に溜まっている。

ほぼ同じポイントで複数釣れる事があります。
3m四方程度のポイントで何匹も釣れるのは放流魚だからな気もします。


通常であれば、1匹釣った時点でその狭い範囲であれば警戒するのが当然に思いますが
釣ってすぐ同じポイントを流しても次の魚が釣れるといのは放流魚ならではといった感じ。
しかも、それが3連続以上続くと さすが放流直後だなーという気分にさせられます。

今回確認できた溜まりポイントでは、数m四方に6匹は確認できたので
実際はその倍は居たと思います。

あまり同じ場所で釣っても仕方がないので、パパっと移動して様子見メインで巡回します。



放流魚は行動が違う?

今年の放流魚を釣っていて 年越しと違うと思った違いの一つに
フライへの興味度合いがまったく違うように思いました。

一度レーンに乗せてフライを見せてから動きを付ける事で、本来の捕食レーンを外れてでも
フライを追いかけてくる状況を何度か見ました。

去年よく言っていた「ルアーはフライの3倍釣れる。」というのは
そういった魚の行動による違いで、放流1ヶ月以内はルアーへの反応が良いからかもしれません。



RIMG2899.jpg



なんかニジマスじゃない魚が釣れた・・・

狙って釣れるほどではないけど、たまに釣れてしまうこの魚。

すこし銀毛しているので海へ向かうのだろうか?
もし帰ってくる事が出来るのであれば、ニジマスを狙っていて この魚が釣れる事もあるのだろうか?

過去に釣れた事があるのかどうか 結構気になるところである。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR