魚の嗅覚

0115.png


魚の嗅覚は、犬並みだそうです。

魚は、水中に溶けた匂いを嗅ぎ分ける事ができるそうで
その嗅覚は犬並みなんだそうです。

そこまで嗅覚が良いのなら、餌と認識するために嗅覚をどのぐらい頼りにするのか?
匂いが 有る・無い の違いでどの程度差がでるのか?
そんな事が気になってしまうので、少し調べてみました。


自分が少し調べてみた限り、魚はアミノ酸にとても敏感なんだそうで
アミノ酸が含まれる食べ物・・・大体の食べ物にはアミノ酸が含まれるような気がしますが
サケが生まれた川へ戻ってくるのに川の匂いが云々~という話があるように
川の中にもアミノ酸が含まれているそうで、それを頼りに戻って来ているとか。



匂い分子の伝達速度

よく聞く「サメは、数キロ先の血の匂いを~」という話。

海の中に餌となる魚を投げ込んだ場合 そこから血の匂いが拡散して
そのうちサメのもとに薄くなった匂いが到達して餌の存在に気づくとしましょう。

しかし、どんなに嗅覚に優れた生物であっても匂いの分子が1つもない状態では
匂いを嗅ぎ分ける事は出来ません。

ということは、サメのもとまで匂いの分子が来ない事には餌に気づかない事になりますが
仮に1キロ離れた距離まで潮流に乗り匂い分子が到達するまでには結構な時間が掛かると思います。

数キロ離れた先の血の匂いに気づいてから現地に向かっても
餌がまだあるかどうかかなり怪しい気がします。



匂いではないけど・・・

音の伝達速度は、水中の方が速いそうです。

鯨なんかは、ソナーのようにして周囲の状況を把握できる能力があるとか。


魚には側線という水中振動を感知する機能があるので、音も振動の内だと考えると
遠くに居る餌に関しては、匂いよりも振動の方が先に到達して それに反応している可能性もあります。

魚を釣る為・・・と言うわけではないですが、嗅覚以外にも視覚・聴覚・味覚・触覚の事も考えて
総合的に考えないと特定の条件下以外では、効果は薄いと考えられます。





※インターネットでちょっと調べただけなので、この記事で書いてある事が正しいかどうかは
かなり怪しいものなので、そういう事を言ってる人も居るんだなー程度に読んでもらえると助かります。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR