さて、先週放流のアマゴは残っているかな?


RIMG3058.jpg


2/28 長良川水系・K川


成魚放流のアマゴはどこに・・・

昔は、成魚放流後1週間経っても魚がちらほら見えてライズしていたりする事が多く
それなりに遊べていたと記憶しているが、ここ最近見事なまでに成魚放流を見かけなくなった

よほど放流直後に釣れるのか、放流後どこかに隠れて出てこないのかは分からないが
いくつか放流地点を回ってみるものの魚の影も形も見ることができなかった。


中学生ぐらいの時にたまたま放流地点でもない自分の目の前に放流してくれた事があって
その時を思い出すと、ビーズヘッドのニンフでカツオの一本釣りの如く入れ食いだった気がする。

餌釣りさんのブログで、目の前に放流された方は30匹程釣られていて~ みたいな
記事がある事から放流直後は今でもカツオの一本釣り状態なのかも知れない。

それにしても それは昔から同じなので、なぜ最近になってココまで魚が見えなくなったのか?

養魚場でこのようなタイプの魚が世代交代していった結果、こうなってしまったのか
よく分からないが魚の姿を見ることは出来なかった。 (釣り人もほぼ見かけなかった。)



大き目のカゲロウも少し居ました。
RIMG3052.jpg
 


上流には、まだ雪がいっぱい・・・

前回イワナが居る所でドライフライの釣り上がりをしたらどうなるかな~ という事を少し書いたので
入ったことのない場所へ行ってみました。

なかなか入渓口が分からず、思った以上に上流へ来てしまって雪が結構残ってました
水温6.2度で、前回の川に比べて水量が多く小さなフライを流しても出てきてくれない気がしたので
今回はいつもの#10カディスを使用。

せっかく来たので試しに釣り上がってみた。



RIMG3060.jpg



場所の選択を誤ったか

渓相はそれほど悪くないので、たぶん魚が居ると思うのだけれど ドライフライには反応無し
雪が川原にも残っていて歩き難い中、もしかしたらという可能性を探して釣り上がってみたものの
結局、魚が顔を出す事はなかった。

フライを沈めたら 少しは違った結果になったのかもしれないが
今回はドライフライで通してみた。


湧き水などで早い時期から水温が一定の河川であれば、ドライフライでの釣り上がりが
早い時期から出来ると思うので、やるならそういった川で釣りをした方が良いと思われる。



RIMG3062.jpg


石の横に浮いている白っぽいのがカディスです。

最盛期なら良いポイントなのだけれど、この時期狙いたいのはもっと水面が穏やかなポイント。

出来たら隠れれる石が近くにあって、浅くてうっすらと泡がぐるぐるしてるポイントか
小さめの淵で岩盤沿いをもやもやと流れが当たっていると、とても嬉しい

とりあえず、計2回の調査で分かった事は


1.小さい支流で水量が少なければ、ドライフライに出てくる可能性が高そう。
2.水量があってポイント自体のスペースがある所は、沈めたら釣れそう。
3.雪が川原にあると歩き難いので、雪が溶けてからにしましょう。

もし成魚放流が見えるなら成魚放流を狙うのが、2月らしい釣りだと思います。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR