安定して10匹以上 釣れるように練習

 
ヒラキでも魚が出てきてくれる良い川
RIMG3551.jpg


5/24   長良川水系・K川


ポイント数を増やす

どの川へ行っても安定した釣果を望む場合、状況に応じて釣りを展開する事も大切ですが
そもそものポイント数を増やすというのも 一つの手だと思います。

100mの間にいくつ魚が釣れるポイントがあるか。
写真のような分かり易いヒラキのポイントでしか魚が釣れないとなると
ポイント数が少なくなるので、なかなか数を伸ばすのは難しいと思います。

その分、朝早くから遅くまで長い距離を釣りをすれば 時間と距離で薄める事は出来ますが
良い時間帯や良い区間といった条件が関わってくると、あまり効果的とはいえません。

ヒラキに魚が出てきている時にしか魚が釣れないとなると、先行者が居た時・条件が悪い時など
条件にも大きく左右されるのも大きな問題です。



ポイントを細分化して、複数の魚を釣る

写真のようなポイントは、ヒラキに分類させると思います。
しかし、ヒラキといっても落ち込みがあり 短い瀬があり 石のエグレなどがあります。

ヒラキの中のヒラキは、先行者の影響を大きく受け釣れない事が多いですが
写真右側から流れ込んでいる落ち込みのピンポイントや石際というのは
先行者の後でも釣れる事が多いです。

先行者が居ても釣れるということは、ヒラキで魚を釣った後でも すぐ釣れる可能性があり
大きく見て一つのポイントから複数の魚を釣る事ができます。 



実際、の1段で3匹釣れたので 場所を記入
RIMG35512.jpg


ポイント補足

①のポイントは完全にヒラキ 先行者なしでヒラキに出ている状況だったので
とりあえず簡単に釣れる1匹目です。

問題は、2匹目以降。
①の魚を釣ったとしても、②と③の魚は釣る事が出来ました。
ちなみにオレンジの×印は、流したけど出なかったポイントです。

①を釣った事で、すぐ上のオレンジ×印に影響が出てしまったのか魚が出ませんでしたが
③のポイントでは魚が出てきました。 (釣った順番は、①→③→②です

奥のオレンジ×印は、石の際なので警戒して石の下へ沈んでも
際々をゆっくり流すと出てくる事があります。 今回は出ませんでした。


②のポイントは、落ち込みのすぐ下
落ち込みの石から5cm以内ぐらいに留めておけると、出てきてくれる確率が高いです。

同じ一段でも、複数の魚が出ていて順番に釣れば何匹か釣る事が出来る事もあります。
良いポイントには複数の魚が居る事があるので、ポイントの優先順位を決めてから
順番に釣っていくと良い気がします。



おまけ  (自分もイブニングで尺イワナ釣りました。)
RIMG3521.jpg


今シーズンの予定
 
いつぞやかに書いたとおり、今シーズンは行った事のない川・区間へ行ったり
違ったスタイルの釣りをやったりしていて、去年のように尺上50匹とかには到底及ばないと思います。
一応、釣れるようなら釣りますが30匹も怪しいかな


今シーズンは、色々と調査をしてみて新しい可能性を探してみたいと思います。




 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR