対岸の巻きを釣る。

 
対岸の巻き1


リーダー&ティペットの役割


ドライフライで魚を釣りたい場合、何をしたら良いかというのはとても単純に考えていて
フライが魚の居る所へ流れていけば、魚は何かしらの反応をしてくれると思っています。

図1は、見やすいようになにも書いていない図です。
図2は、フライラインから先にあるリーダー&ティペットで出来る役割みたいなものです。


緩衝帯は、メンディングの時に使用する空間みたいなイメージで
緩衝帯が無い状態でフライラインを引っ張るとスラッグを引っ張っている事になり
せっかく作ったスラッグがなくなってしまいます。

流れに流されていくフライラインもメンディング時と同様にスラッグを引っ張る原因になるので
スラッグを削らない為に設ける緩衝材的空間です。


スラッグ部分は、流れていくフライを送り出す部分です。
フライが落ちた場所から魚の居る位置までの間、流れに乗って自然に流れる為には
スラッグもフライと同じ方向に流れるか、スラッグが伸びていく事で
フライに与えるラインの影響を抑え、レーンを外れにくくしてくれます。


実際にフライが流れるレーン。
フライが着水してから魚の居る位置までの流れる区間。

フライに魚が出てくる前から、魚はフライを見ているので
ある程度手前から自然に流す事が出来ると魚が出てきてくれる確率が上がると思います。



対岸の巻き2


立ち居地によって変わるラインの置く位置


図3は、下流から巻きを狙った時のライン取りで
距離を取っている分だけ魚に気づかれ難いのがメリットで、この位置から釣りになるならベストです。

ただし、技術的には難しく 狙ったポイントにフライが落とせるのはもちろんとして
手前にスラッグを作ってから落とさないと流れの上に落ちたフライラインは下流に引っ張られ
すぐにドラッグが掛かってしまいます。


図4は、横から巻きを狙った時のライン取りで
この距離まで来るとメンディングで強い流れを回避する事も出来て
フッキングの角度も良くなるので、フライに魚が出てきてくれればキャッチ率が高いです。

デメリットとしては、石に寄り添って魚が付いている時は比較的この立ち居地でも魚が出てきてくれますが
完全にヒラキへ魚が出てきている場合 (図1の緩衝帯の位置) だと
キャスト位置へ行く前に逃げてしまうので、そういった場合は下流から狙うしかありません。



対岸の巻き3


目的と手段

図5は、上から巻きを狙った時のライン取りで
フライを流すだけなら一番簡単な立ち居地です。

簡単なのですが、ティペットが魚の上を通過するためティペットを嫌う魚には警戒されやすく
魚が出るか出ないかは、魚の気分次第な所があります。


3種類の立ち居地を紹介しましたが、図3・図4・図5の流すレーンを示す矢印は
立ち居地が替わってもほぼ同じで、フライが着水してから魚の居る位置まで自然に流す事が
目的であり、立ち居地・ラインの置き位置というのは手段になると思います。

出来る事なら魚に気づかれない遥か彼方からフライをキャストし
フライが水面に着水すると同時にティペット・リーダー・フライラインが消えてなくなると
完璧なぐらいきれいにフライが流れると思います。

しかし、ティペット・リーダー・フライラインがないと魚を釣ることが出来ないので
出来る限りフライに影響がでないよう、魚に警戒されないようなライン取りをして
巻きを釣るようにしています。



フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR