条件により、尺以上のイワナもまだ釣れるようで。

 
運が良ければ、尺ぐらいのサイズは釣れる。
RIMG4127.jpg


7/25   九頭竜川水系・I川


シーズン終了後の川は、今どうなっているのか?

7月になると行く機会が少なくなるI川。
何ゆえ行く機会が少なくなるかと言うと、サイズ的に大型が出る確率が下がり
小型の魚が出る確率が高くなるからです。


私のイメージでは、7月は運が良ければ大型が釣れるかもしれないが
基本的には20cmぐらいのイワナがぽつぽつ釣れるだけといった感じ。

ですが、翌日のフライフィッシング・サポートの候補地として様子を見ておきたかったのと
あまり良い話を聞かないこの時期、本当に釣れないのか確認してみたかったというのが理由で
調査に行ってきました。



モンカゲが飛んでいたよ。
RIMG4080.jpg


サイズの予測が出来ない時期

予想通り、時々釣れるイワナは小さく20cmもないサイズまで出てくる状況。

今年、尺上を釣った尺上ポイントにまで20cmの魚が入っていたりと
やっぱりこの時期は、そんな感じなんだな~といった感じ。


しかしながら小型ポイントで大型は期待出来ない為、大型ポイントに
大型の魚が入っている事を期待して釣りをするしかない。

大型の魚が居るのは知っているので、後はその魚が餌を食べる場所に出てきているかどうか。
そのポイントにどのサイズの魚が出ているのかどうかが問題になってくる。

ポイントにサイズが比例していない以上、居る魚が釣れるだけと割り切って
尺上ポイントから20cm未満の魚が出てきても諦めるしかない。

どのサイズが入っているかは、半分運次第



32.5cmまで、尺イワナ5匹でした。
RIMG4100.jpg


最近、活躍中の黄色カディスⅡ

最近よく使用している黄色カディスⅡ。

通常のカディスに比べて、視認性・耐久力に秀でていて とても使い易いフライだと思います。
一つ、問題があるとすれば 見た目にあまり釣れるように見えない事。

エルクヘアに比べて、よく目立つエアロドライウィングは魚からもよく見え
フライを食べないのではないか? という疑念が最初のうちはあると思います。


状況によっては、差が出る事もありますが よっぽど出ない限り普通に釣れます。

去年までの黄色カディスよりもフライへの出が良くなった(気がする) 黄色カディスⅡ 
今日も このフライ1本で十分釣りになりました。



魚にもぐもぐされても、水分を絞り取ればすぐに復活するフライ。
RIMG4110.jpg





フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
8月の定期釣行会は、 8/22(土) 8/23(日) です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR