天候には恵まれませんでしたが・・・

 
長良川本流のアマゴ 写真は上手に撮れたと思う。
RIMG4512.jpg


9/5   長良川水系・本流


夏アマゴの謎。

この時期に釣れるアマゴは、良いコンディションのアマゴがほとんどです。

コンディションの良い状態に今あるということは、8月の時点で餌を沢山食べている事になりますが
8月は春に比べると水生昆虫の羽化も少なく、釣れる魚の数も春よりかなり少ないです。

それでもこうやってこの時期に良い状態になっているという事実がある以上
餌を食べている事になります。


夏場に栄養となる大型の餌となると、個人的に一番気にしているのがバッタ類。
7月辺りからバッタ類が徐々に大きくなってきて、8月ぐらいには1匹で何十匹分のカゲロウと
同じぐらいの重量があると思います。

一応、夏ぐらいからは#8のカディスを使う機会が増え
効果があるのかどうか分かりませんが、緑色を一部入れています。

なんにせよ高水温の8月にどこかしらの時間帯に何かを沢山食べていると思われます。



季節による魚の移動

もう一つ気になるのが、季節によって移動する魚の動きです。


今回入った本流で考えると、春はイワナ主体でアマゴ混じりで釣れます。
意外かもしれませんが、春はイワナが餌を食べにヒラキへ出てくるので
数的にはイワナの方が多くなります。

夏場辺りからは、イワナの姿が消え アマゴ主体になってきます。
アマゴとイワナが混生している川でよく見られる現象で、ほかの川でも
アマゴが多い時期、イワナが多い時期が存在するようです。

これも個人的な感覚ですが、イワナが釣れなくなる頃から大型のアマゴが釣れ始め
20cm程度のイワナが釣れる日は、大型のアマゴ・ヤマメが釣れないというイメージがあります。


ここで一つ疑問が出てきます。
イワナが釣れない時期にイワナはどこに居るのか?

高水温を避けて上流へ移動するにも堰堤がある為、上流へ行くにも限度があります。
感じとして行き止まりである堰堤や滝の周辺、支流周りでイワナが釣れる傾向はでますが
全域に散らばっていたイワナ達が集まったにしては、数が少なすぎます。

アマゴにしても9月ぐらいになると、区間によって密度の偏りが出てきているような感じがあり
入る区間に悩まされる時期です。



平水なら良さそうな瀬も、増水して水面には出にくい状況でした。
RIMG4499.jpg


9/6   庄川水系・S川


雨なのです・・・

雨が降り出さないうちにと思い、釣りの準備をしてから川へ下りると開始5分で雨が降り始めた・・・

今日は、訳あって雨が降る中 一人で釣りをしているのだが
出来る事なら早めに帰りたいと思いつつ、ドライフライで釣り上がる。

こういった雨降りの日は、黄色カディスのような化学繊維たっぷりのフライが使いやすく
水をほとんど吸収しない為、通常のカディスより浮力を維持しやすい。


雨が降っているからか、アマゴ・ヤマメの反応が良く
20cm少しないぐらいのサイズであれば、かなりの数がフライに出てくる。

庄川なので、本来はヤマメ域であるがアマゴも混生していて
日によってアマゴとヤマメの釣れる比率が変わっているように感じる。
この日は、アマゴの混じり方が少し多かった。

前日の長良川同様、コンディションも良く丸々としている。



曲がってネットに入っているので、大きく見えませんが40cmあるようです。
RIMG4537.jpg


1匹だけイワナが釣れまして。

たぶん、ダムから差して来たのかな?
アマゴ・ヤマメに比べると、ダム差しかどうかは判別しにくいイワナ。

釣ったポイントから推測するに棲んでいるポイントでも、餌を食べるポイントでもないので
遡上中の魚だと思われる。


フライに出てきたのも見えていたし、フッキングの感触で33cmぐらいかな~と思って居ましたが
寄せてきて下流へ泳ぐ姿を見て、予想よりも大きい事が判明。

掛けたポイントがポイントだったので、さっさとネットで救ってしまうのも手でしたが
1回目のランディングチャンスは、見送りました。

今までの経験上、さっさと救ってしまおうと無理をしている時にバレる確立が高く
余裕を持って魚を泳がせている内は、そうそうバレる事はないと学んでいます。
ここは、少し泳がせて確実に釣ることにしました。


無事、釣る事が出来まして測ってみると ギリ40cmかな?
とりあえず、今年の庄川ラスト(の日曜日)は尺上で終わる事が出来ました。
たまたまではありますが、このイワナで庄川の今シーズンは終了。

昼近くになると少し増水してきたように感じたので、早々に撤退。
車に戻ってお昼ご飯を食べます。

雨の日は、急な増水で川から上がれなくなる可能性があるので
少しでも違和感を感じたら すぐに川から出ましょう。
安全第一が良いと思います。





フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
9月の定期釣行会は、9/26(土) 9/27(日) です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR