バラシは、出来る限り0にしたい。

 
毎回恒例のロッド写真 (川幅がないポイントは、釣り方自体を替えるべきか・・・)
RIMG4751.jpg


10/25   員弁川


雨降らないかな~

放流からしばらく経ったので、どの程度移動しているか釣りをしてみたのですが
渇水の影響なのかなんなのか、大きな移動はしていないようで放流地点の近くで密集しているようです。

全箇所見に行った訳ではないのですが、とりあえず2箇所回ってみた限りだと
放流地点の近くになると魚の反応があり、入れ替わり立ち代り釣り人が入ろうと
その範囲内で釣りをした方が釣れる感じでした。

釣れる区間がかなり短く釣り人が密集しやすい為
雨でも降って広範囲に散らばってくれると個人的には嬉しいなと。



川幅の狭い区間

今年放流のニジマスということもあり、比較的横への動きにも反応が良く
送り込んでからフッキングという形を作る前に半自動でフッキングしてしまう事が多いように感じました。


送り込んでからラインテンションでフッキングをしようとする場合、ラインに十分なテンションが掛けれる
流れが必要になってきます。

今回入った1個目の区間は、ニジマスが釣れる区間では上流域になり
川幅も狭く、渇水という事でラインに当たる流れが十分でない為
送り込んでからフッキングさせるというフッキング方法は、あまり向いていないようです。

狭い川幅の所を狙うなら、釣り上がりでレーンを流した方がフッキング率が良いので
ラインテンションで掛けるのではなく、ドライフライのようにロッドによるテンションで掛けた方が
アタリがあった場合のキャッチ率は高いように感じました。



今年は、小さいニジマスに好かれているようで小さいのばかり・・・
RIMG4750.jpg


フッキング~キャッチまでのロッドワーク

川幅の狭い区間を釣り下りで釣りをする場合、どうしてもダウンクロスよりもダウン気味に
フライを流す事が多くなってしまいます。

ダウンで流していて、アタリを直で合わせると上流側への合わせになり
上顎チョン掛かり率が高くなる気がします。

その状態から立ち居地を替え、下流にロッドを寝かした場合
フッキング時とファイト中のフライに掛かる力の向きが逆になり
バラシやすいのではないかな。 と思います。


バスフィッシングでは、キャッチ前に魚の前方方向へテンションを掛けて
引張り気味で泳がせたりしますが、あれが思ったよりもバラシ率が低く
上記のような条件のポイントでは、有効なのではないかと少し考えています。

数多くのニジマスを掛けて実験しようと思っても 今年放流とはいえ数匹しか釣れず
なかなか試行回数としては、十分なデータが取れないのが現状です。

とりあえず、年越しのニジマスを釣る時と放流のニジマスを釣る時では釣り方を替えた方が良さそうで
放流のニジマスを前提に考えると、どうしてもアタリの数に対してキャッチ率が下がってしまい
何らかの対処方法を模索中です。





フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR