変化する川と釣り。

 
いつものロッド写真 (前回来た時は、この場所陸地でした・・・)
RIMG4834.jpg


11/22   員弁川


来てみてびっくり、川が変わってる。

ついこないだまで、写真奥のテトラ際を水が流れていたのですが
河川工事で川が陸地になり、陸地が川になっていました。

年越しも出来る良いポイントだっただけにとても残念です。


まぁ、せっかく来たのでニジマスが残っているかどうかの確認で
新しく出来た川(溝)を流してみます。

残っているかどうかと言っても、そもそも陸地だったんだから残るも何もないのですが
工事の時に上流・下流へ逃げた魚が入ってきているか? の確認になります。

やはり、掘られた溝ということで流れの速いフラットな単調な流れで
時々ある石の裏に出来た流れを流してみますが反応はなく
後半になってやっと流れと水深に変化が出てきました。

おそらく下流へ逃げたニジマスが、少し戻ってきたのだと思われますが
増水したらどうなるか分からないような所を流れているので
年越しはあまり期待出来ないように思えます。



可愛いのが釣れました。
RIMG4839.jpg


フック形状について思う所あり。

フッキングの時に力を掛ける方向について、いろいろと検証しつつ釣りをしていまして
なんとなく予想どおりのフッキング位置と魚の動きにで釣れる事も増えてきました。

そこでまた疑問に思う事が出てきて、今使っているリードフライのニンフ。
フック形状が丸みのあるニンフを巻くと見た目がとても良いフックを使っているのですが
ダウンで流している時に誘いを掛けて、チョンアタリをダイレクトに合わせる場合
掛かりが少し浅いように感じます。


そもそもチョンアタリを合わせているので、掛かりが浅いのは仕方がないかもしれませんが
そのアタリを取るのであれば、今のフック形状よりも適したフック形状があると思います。

11/7にルアーで釣った写真が分かり易い例で、上顎チョン掛かりの位置に掛けようと思うと
ルアーフックのようなゲイプのフックの方がフッキング率・キャッチ率が高いような気がします。

フライを巻いた時に、フライを美しく見せる為に様々なフック形状が必要。 というのも
フック形状が様々な理由だとは思いますが、フックそのものの役割を考えると
掛かりが良く、バレ難いというのが本来の役割だと思います。

想定される状況からフック形状を選択するのも、一つの選択基準になると思われます。





フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR