今週もフライでコイを釣っていました。

 
また、鯉釣っています。
RIMG4973.jpg


2/6  近所の川


ライバル多し

こんな寒い冬の時期に釣りをしてる人も少ないだろうと思いきや
この日は、ちらほらと釣りをしている人を発見。

上流から撒き餌の食パンが流れてくるところを見ると、鯉を狙っているようです。


プカプカと流れてくる食パンをしばらく見ていたのですが
まったく食べる気配なし。

季節的に水面の餌を食べ難いとは思いますが、本物の餌だし食べても良いような。

自転車で移動しながら釣りをしているので、近所のおじいちゃんが毎日釣りに来ているという
日に日に難易度が上がっていくパターンなのかもしれません。

毎日餌を貰っている公園の鯉は、足音だけで水際まで寄ってきて
(餌ちょうだい。 餌ちょうだい。> と餌がもらえる事を学習して寄ってきます。

逆に毎日釣られている鯉は、足音だけでも逃げるようになり
不自然な動きをする流下物を極端に嫌うようになるなど、釣るのが困難になってきます。


濁りが入っていてサイトフィッシングが難しかったというのもありますが
なかなかに難しい状況だったので、3匹だけ釣って上流に移動。 

車の止めれそうな所を探して、うろうろします。



冬でも丸々と太っているね~
RIMG4975.jpg


人為的プレッシャーの差

とりあえず、車が止めれる所を発見し川を見に行きます。

さっきのポイントよりも水深が浅いので魚影も確認し易く、サイトフィッシング向き。
先行者も居ない感じなので、ここで釣りを再開する事にしました。


まぁ、これは人為的プレッシャーの差としか言いようがない事ですが
白色のマーカーを鯉が食べに来ます。

さっきのポイントでは、本物の食パンが流れていたのに食べなかった鯉が
手作りの白色マーカーを食べに来ます。

場所移動してからトータル4回程 マーカーを食べに出てきました。


ついでに鯉を見つけてから1投で釣った鯉が、5匹ぐらい。

急に釣りが上手くなったという可能性はないので、人為的プレッシャーの差なんでしょうね。



どちらを選ぶにしても、楽しいと思える方を選ぶ方が良いかと。

渓流でもそうですが、車を止めてから何時間も山道を歩いてから川へ入るなど
人が入らないような所に入って、先行者が居ないとヒラキで簡単に釣れたりします。


私は、車横付け川まで徒歩1分が好きなので 1時間も歩く事はほぼないですが

それでも釣り方によっては、ぼちぼちの釣果が見込め
先行者が居ても、状況が悪くても それに対応した釣りが出来れば
安定して楽しい釣りが出来ていると思います。

人があまり入らない所まで歩くと、お魚パラダイスというのも実際には有り
苦労して山奥まで入り 釣りをするというのも有りだと思います。

どちらにしても 魚を釣る為の手段の違いであり
どちらが良いとは、言えないと思います。


 <釣れないなら、釣れる所へ行けば良いじゃない。

    釣れないなら、釣れるようになれば良いじゃない。> 






フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は4月からです。 シーズンまでしばらくお待ちください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR