2016春 員弁川 半年越しニジマス調査


いつものロッド写真 (カメラ片手だと危うい場面が
RIMG5040.jpg

3/12 (土)   員弁川


日曜日以外は、工事の濁りが入ります。

先週、バラシ1匹のみという残念な結果になってしまったので
今週は、リベンジに行ってきました。

リベンジということで、バラシたポイントで釣りをしたかったのですが
土曜日は工事の影響で、釣りにならない程の濁りが支流から流れ込んでいました。

工事をやっているので実質釣りが出来る範囲は半分に。

仕方がないので、まだ今シーズン(春)に釣りをしていない区間の調査も兼ねて
上流域を釣り歩きました。



今年の春は、厳しいな・・・

個人的な体感になりますが、今年の年越しニジマスは数が少ないのかな?

春の釣りも3年目ぐらいになり、年越しが出来そうなポイント
この時期の捕食パターンなど多少は分かってきたような気がしていただけに
居るであろうレーンを流しても反応が無いというのは、
そこにニジマスが居ないのではないかと思ってしまう。

まぁ、捕食レーンに出てきていないだけで 障害物の影に隠れているだけかもしれないし
単純に私の実力不足で釣れないだけかもしれない。


実力不足は、昨年も同じ事なので考慮しないとして
まだニジマスが餌を食べるレーンに出きっていない感じはある。

もう1~2週間経って、気温と水温が高くなってくれば 多少の日並があっても
水生昆虫の羽化があると思われる。

その段階で、どのぐらいニジマスの気配が感じられるかが問題になってくる。



春シーズン1匹目のニジマス 52cm
RIMG5059.jpg


ピンポイントの釣りではなく、ふわふわっと流す釣り。

昨年の終わり頃、ガン玉を付けた底で縦のターンをさせる釣り方を多用していたので
春シーズンでも試したもののどうやら春は、釣り方が少し違う感じがする。

流れに乗せて、ふわふわっとフライが流れる層を変えずに流した方が
食べてくれる事が多いように感じる。

縦のターンでは、底の方から表層へ向けて追い食いする必要がある。
横のターンは、層は変わらないもののレーンを外れて追い食いする事になる。


秋シーズン終わりで、縦ターンの釣り方を多用していたのは
今まで餌を食べていたけど、冬になってきて少し食欲が落ちてきたような感じがしたから。

今まで食べていたのだから、目の前まで流してフライを動かせば
しぶしぶでも食べてくれるのではないか。 という考え。


春シーズン初めは、今まで餌をあまり食べていない状態から食べ始める時期になるので
あまり動かないふわふわっと流れてくる餌が、食べ初めとしては食べ易いような気がする。

そんな訳で、春の初めは層を変えずに流す釣りをする事が多いです。



もう半年後、また会いましょう。
RIMG5067.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
今シーズンもフライフィッシング・サポート(渓流)を4月から再開します。

4月の定期釣行会は、4/16(土) 4/17(日) です。
釣行サポート・同行サポートは、4/1から再開します。
今年もよろしくお願いします。 春夏秋渓 レイアウト変更しました。

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR