ドライフライで、渓流の釣り上がり

 
昼頃には雨が止んだが、ドライフライで釣り上がるには少し水が多い? 
RIMG5343.jpg

4/17 (日)   長良川水系・U川


フライフィッシングを始めるにあたって。

朝から雨が降っていて、ちょっと釣りをするには強い雨。 

昼ぐらいに雨が止むそうなので、それまで山荘でフライタイイングをしながら釣りの話を。


フライパターンやフロータント、リーダー&ティペット、システムなど
フライフィッシングを始めて間もないうちは、普通な道具やシステムを使って
普通な釣りをするのが良いのではないかな~。 という話をしました。

何の特徴もない道具やシステムというのは、特徴がないのが長所であり
これといった短所も無いように思います。

使用するフライもパラシュートやカディスといった一般的なフライの中で、使い易いフライを使用し
このフライを付けておけば、とりあえず大丈夫だろう。 みたいはフライを一つ見つけておくと
フライをころころ付け替え、釣れるかどうか不安いっぱいの中釣りをしなくてもよくなります。

誰にフライフィッシングを教えてもらうか。
知り合い、釣具屋さん、雑誌。

どれを選んでも良いと思うのですが、半信半疑で学んでも分からなくなる一方なので
自身のイメージする理想の釣りに近い釣り方の人に学ぶか
理想がまだイメージ出来ないのであれば、昔から言われているような基本的な釣り方を
すると良いのではないかと思います。



実釣 なんとかイワナの顔は見れましたが・・・
RIMG5346.jpg


何とか釣りになる条件の川を見つけて。

増水していて、ドライフライを流すには難しい条件でしたが
何匹かフライを食べに出てきてくれました。

中には、掛かった魚も居たのですが・・・
残念ながらキャッチまでは至らず。 


その掛かった魚は、イワナが泳いでいるのを見つけてから狙った掛けたイワナで
ドライフライでの釣り上がりの面白さを知るという意味では、良い経験になったと思います。

やはり、魚を見つけてからのサイトフィッシングというのは
魚の元までフライが流れて行き、フライに向かって浮上 フライを食べる瞬間まで
一連の流れが見えているので ”釣れた。” ではなく ”釣った。” という自信になり
上達の足がかりになると思います。

今回は、キャッチまで行きませんでしたが
ドライフライを流しにくい増水の中、何匹かフライに出る所まで行ったのは
渓流2回目にしては、上出来だと思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
今シーズンもフライフィッシング・サポート(渓流)を4月から再開します。

5月の定期釣行会は、5/21(土) 5/22(日) を予定しています。
決まりましたら春夏秋渓の方で告知させていただきます。




 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR