釣れても釣れなくても、その先に何を求めるか。

 
今シーズン1匹目の尺イワナ   イワナ31.5cm
RIMG5383.jpg

4/16 (土)   長良川水系・K川


シーズン初期の配置

表層水温13度。
水温は思った以上に高く、雨の影響でやや増水しているものの川を覗くとイワナが泳いでいます。

昨年の感じから言うと、まだ10日ぐらい早い気はしますが今年は全体的に1週間ぐらい早いようで
一応、イワナが泳いでいる姿が見える事から釣りになると判断。

早かったら早かったで、今後の参考にしようとK川で決定。


釣りをしてみると魚の配置にある傾向が・・・

シーズン初めお馴染みの少し大きめのポイントで、緩い流れの所ほど魚が入っている率が高い。

どうしても毎週まだ行っていない川へ行こうと思うと、少しドライフライには早い時期に入ってしまう事がある。

それでも今回は、緩めのポイントを狙えばドライフライに出てきてくれるので
平水ならばちょうどシーズンに入ったところだろうか。



水面までは出ないイワナが、底ベタに見える。
RIMG5360.jpg


尺上チャンス

最初の1匹目が26cmぐらいのイワナだったので、良いサイズのイワナが動いているかと思い
大型が居そうなポイントを探ってみるが、18cm前後・23cm前後のアベレージ帯が2種のみ。

昨年、毎回イワナの姿が見えていたポイントで同じく26cmぐらいのが釣れただけで
ほぼアベレージ帯のみとなった。
数的には、二人で交互に釣りして 私が20匹は釣っているので初期にしてはぼちぼちぐらい?


状況からするに上が開けた広いポイントの反応が良く
期待していたポイントで、やっと良いサイズが出た。 

色艶の良いイワナにしては、体高もあるグッドコンディションの尺イワナ。 
きちんと良いサイズのイワナも居るんですね。


イワナであれば、小さい川であっても尺ぐらいまで育つ事が多く
大抵どの川にでも釣れる確立は違えど、尺イワナなら居ると思います。

ただ、全体量からすると尺上の数は少なく 長く生き残ってきただけあって賢くなり
簡単には釣れない事が多いようです。 
簡単に釣られていたら大きくなる前に川から居なくなりますからね。

今回は無事釣る事が出来ましたが、もしかすると尺上を釣るチャンスがあったのに
それに気づかずチャンスを捨ててしまっている事があるのではないかと、思う時があります。

日によって条件が変わってくるので、尺上チャンスがあったのかどうか
何回あったかの分母を知るすべはありませんが、年間を通して尺上チャンスが1回もないというのは
考え難いです。

もし、年間を通して尺以上のアマゴ・イワナが一度たりともフライに出ることなく
泳いでいる姿さえ見た事がないというなら、それはチャンスに気づいていないだけなのかもしれません。



水溜りフィッシングを体験してもらいました。
RIMG5390.jpg

4/17 (日)   長良川水系・K川


最近思う事。

先週の定期釣行会は、午前中の雨により午後からの釣行になってしまった為
補習も兼ねて一緒に釣りへ行く事に。

結果から言ってしまうと、イワナを3匹釣る事が出来て良かったのですが
私個人としてはそれ以上にすごいなーと思う事が一つ。

前回の定期釣行会で渓流2回目という事で、キャストもままならず
斜めにロッドを振っていたので、まず最初はロッドはまっすぐ振る事から。 と
まっすぐロッドを振って、まっすぐフライを落とす事を説明しました。


渓流3回目の今回も、きちんと前回言った まっすぐロッドを振る事を守っており
私がサイドキャストなり なんなりでまっすぐロッドを振らずに魚を釣っている所を見ながらも
最後までまっすぐロッドを振っていた事は、魚を釣った事よりもすごい事に思います。

まっすぐ振れるポイントは全て譲ったとしても、きっと内心では
”まっすぐ振れといった本人が振ってないじゃん。” とか思っていたかもしれません。

しかし、きっちりまっすぐ振る事を守った事で本人も自覚出来るぐらいには
ある程度狙ったポイントの近くにはフライを落とせるようになっていました。

なかなか人に釣りを教えるという事に慣れていないので、どう教えれば良いのか試行錯誤ですが
今回は、一つの成功例として私自身良い経験になりました。



おまけ。

水溜りで泳いでいるイワナを見つけたので、狙ってもらったのですが
何投かしてイワナがフライを食べる所までいきました。

アワセが早かったので、掛かりませんでしたが 完全な止水である水溜りであっても
ティペット5Xで、10か12番ぐらい(?)のカディスでイワナがフライを食べるという事を体感したのは
今後、リーダー・ティペット・フライ選択において悩む要素が少なくなり楽になるのではないかと思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート
今シーズンもフライフィッシング・サポート(渓流)を4月から再開します。

5月の定期釣行会は、5/21(土) 5/22(日) を予定しています。
決まりましたら春夏秋渓の方で告知させていただきます。




 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR