ゴールデンウィーク前半

 
幅広の良いアマゴが釣れました。
RIMG5408.jpg
 
4/29 (金)   長良川水系・U川


最近あまり釣れないというU川へ調査

U川で、0~3匹ぐらいしか釣れないという話をいくつか聞いたので
本当に釣れないのか気になったので調査へ行ってきました。

この日は、釣れない調査としては好条件すぎる悪条件
5月になろうというのにとても寒い。

上着はもう要らないだろうと思って、持ってきていなかったので
晴れているのにカッパを着て釣りをする事に。

水温を計ると表層温度10.8度とこの時期にしては低く
この条件で釣れれば、普通の日ならもっと釣れる事になる?



居るには居るが、出が悪い。

たしかにドライフライへの出は悪く、1匹目は普通に流しても出なかったので
フラッタリングで釣り。 

2匹目は、流芯で出た良いアマゴ。
基本的にアマゴはヒラキに居る事が多いので、これはヒラキの魚。

3匹目、魚が居ないか見ていると すでに流したポイントにイワナを発見。
もう一度、イワナの上を流すが反応なく
さらにもう一度流して、ゆっくりとフライに出た。

あまり積極的に餌を食べている感じではなく、たしかに厳しい状況のようだ。



こちらも幅広イワナ。 白点のあるニッコウイワナタイプ。
RIMG5425.jpg


水深のあるポイントは、ドライフライに出ない魚が見える。
RIMG5437.jpg


ヒラキ3割 その他7割

とりあえず、2時間半ぐらいで7~8匹と普段からすると出が悪かった。

特にイワナは、ヒラキのポイントで釣れる事は少なく
石際3cmを流速より遅くフライを流すと出てきたり、石と石の隙間の中に居たりと
普通にヒラキだけを流すと0~3匹という釣果も納得出来る状況だった。


まぁ、それはドライフライという制限を設けた場合で
水面まで出て来たくないのなら、魚の居る所までフライを届けてあげれば良いだけの事。

水深のあるポイントでは、見えているけれどドライフライに反応しないイワナが見え
試しにドロッパー・カディスシステムにしてニンフを流してみたら簡単に釣れた。 

そのシステムのまま少し釣りをしてみたが、ヒラキの下に居る魚が釣れる事から
ヒラキに魚は居るが、水面まで出てこない。 = あまり釣れない。
という状況が調査結果という事になった。

たまたま寒い日に当たったので、浮いていないだけなのかもしれないが
難しい状況だった。





一番良いポイントにあの魚が・・・
RIMG5464.jpg

4/30 (土)   庄川水系・S川


今年初となる庄川水系

やはりこの日もあまり暖かくなく、少し寒い
入渓して始めの浅い瀬は、ぼちぼち反応が良く釣れたが
淵での反応は悪く、あまり水深のあるポイントは浮いていないらしい。

たまたま寒いから出てきていないのか、目視出来る魚影は確認できず
中場所の適度な緩い流れからイワナが出てくる事が多かった。


庄川と言えば、昨年よく釣れたニジマス君。

今年は、あまり数が多くないのか計2匹となったが
2匹目のニジマスが良いポイントで出た。

ニジマスとヤマメは似たようなポイントに付く事が多く
サイズの大きい方が良いポイントに入っているようで、ニジマスが釣れるとヤマメは釣れず
ヤマメが釣れるとニジマスが釣れないような気がする。
(一つのポイントで見た場合)



フライの差で、出たり出なかったりする事もある。

フラットで流すポイントが多い川では、使用するフライに対する魚の反応が分かれ
フライによって釣れたり、釣れなかったりする事がある。

私は、ぽつぽつと最初から最後まで釣れていたが
父は、最初に1匹釣っただけで最後の方まで全然釣れていなかった。

使用していたフライは、私=通称おしゃれなカディス 父=通称黄色カディス

どちらも使うフライではあるが、使用目的を変えて使い分けている。

おしゃれなカディスは、春にメインで使いカゲロウ系や水面に乗っかるような浮き方をする餌を
食べている時期に使用する。

黄色カディスは、夏にメインで使い昆虫のように少し水面に張り付くような浮き方をする餌を
食べているような時期に使用するようにしている。


最後の方で父が黄色カディスからフライを替え、3匹程魚を釣っていた。

まぁ、元々黄色カディスとおしゃれなカディスでは
この時期釣れる魚の数に差が出るのは分かっている事なので
状況をみて早々にフライを交換する方が良いと思う。



今年もニジマスが釣れました。
RIMG5461.jpg






アワセの動作が速すぎる。 水しぶきがすごい。
RIMG5473.jpg


5/1 (日)   長良川水系・U川


あまり釣れないという人と一緒にU川へ

状況的には、2日前より暖かく釣り上がりながら魚を見つけれる良い状況。
時々、先に魚を見つけてから練習にと狙ってもらいました。

ヒラキのポイントに居る魚は、フライを流して釣る事が出来るようなのですが
巻きのポイントや水流の少ないポイントは、アワセのタイミングなどが分からないようで
タイミングを逃したり、早アワセの事がありました。

こればかりは数を重ねて慣れるしかありませんが、釣り人が多く魚が人馴れしているU川では
細かいポイントも釣らなければ、毎回安定して二桁以上の釣果を出すのは難しいです。


良い日であれば、ヒラキのみでも十分に釣れると思います。
しかし、毎週休みの日に良い日が来るとは限らず 先行者が居ると良い日であっても
ヒラキのみでは難しい状況があります。

せっかく何時間も移動時間を掛けて釣りに来ているのですから
まったく釣れないというのは、悲しいものがあります。

しばらくは釣れない日が続くと思いますが、U川で毎回二桁以上の釣果が出せるようになれば
だいたいどこの川へ行ってもハズレという事は無くなると思います。

何度も一緒に釣りに行っているので、きちんと釣りをすれば釣れるという事を体感していると思うので
時間は掛かると思いますが、順番に出来る事を増やしポイント数を増やしていって欲しいです。



同じU川でも、こちらはヤマトイワナ系のイワナ。
RIMG5485.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


5月の定期釣行会は、5/21(土) 5/22(日) です。
長良川水系の源流域を予定していて、源流域ですが川まで近く
帰りも林道付きと初心者向けのコースを予定しています。



 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR