管理釣り場へ行ってきました。

 
サイトフィッシング日和
RIMG6740.jpg

10/10 (月)   管理釣り場 くろや


練習をしながら魚も釣れる。

渓流が禁漁になり人いっぱいかな~? と思いきやそれ程人が居なかったので
とりあえず、あまり釣りをしていないであろう区間をぐるっとドライフライで釣り歩き。

今回も釣れそうな魚を3秒ルールで狙い撃ちして釣り易い魚だけ先に釣ってしまいます。


この釣り方をしているといつも思うのですが、何匹かに1匹ぐらいは下からドーンと勢いよく
飛び出してくる魚が居ます。

動きからするにフライが落ちた時の波紋等々に反応して飛び出してきたと思うのですが
フライなんか見ていないような感じなんですよね。

同じフライでも10秒以上浮かべておくとフライを見に来る魚は居てもUターンして帰ったり
下からドーンと飛び出してくる魚を見た事がありません。

ちなみに10番のドライフライで浮かべておくだけでは、本当に釣れません。

フライを着水させてから3秒で反応がある魚だけを狙って行くので、テンポ良く釣りができて
狙った魚の進行方向へフライを落とす為、キャスティング練習+プレゼンテーション練習の効果もあり
練習ついでに管理釣り場で釣りをする時によくやる釣り方です。



イワナも釣れました~
RIMG6751.jpg

もう一つの選択肢

それから水中の釣りで、マーカーを付けてルースニングも少しやってみました。

せっかく水がクリアで魚も見える状況なので、マーカーは付いていますが
フライを見て魚が食べたらアワセを入れます。

水の綺麗な管理釣り場でそのような釣り方をしていると、フライを一瞬食べてすぐ吐き出す魚とか
その場でもぐもぐしている魚など色んな魚を目にします。

中には少し上に付いているガン玉を食べる魚も居ます。
なぜかフライよりもガン玉の方が人気な事もしばしば


そのような状況の時は、たいていマーカーにはほとんど反応は出ず
フライを見ていないと魚がフライを食べたのかどうかが分からないという事があります。

対処方法として思いつくのが2つ。

1.ほとんどアタリの出ないアタリを上手い事取る。
2.きちんとアタリの出るシステム・フライにする。

私の場合は、1の選択を取る事が多いのですがそれだと人によっては釣れない事もあり
練習を要する場合があります。

2の選択なら状況に合わせたシステム・フライを選択しなければならないという点はありますが
選択さえ間違わなければ誰がやっても釣れると思われます。

今まであまり取った事のない方法なので難しいとは思いますが
2の選択肢も考えていこうと思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR