冬のアオリイカ

 
海中イメージ図 
ika.png

12/18 (日)   尾鷲


どこに居る どんなイカを狙うのか?

水深10mの所でエギングをした場合、4mより上に居るイカを狙うのであれば
2m前後のラインでエギを通してきます。

表層付近に居るイカは、比較的活性が高い事が多く
イカの居る層より少し上を通してやると浮いてくる事が多い気がします。

活性が高いのであれば、イカの層を下げるよりも上げた方が手っ取り早いので
目視出来るところまで持ってこれたら、釣れる可能性大です。


中層のイカは、水深があればあるほどイカの居る層が分かりにくく
個人的には一番苦手なレンジです。

層を跨ぐように斜め方向へエギを引っ張ってくれば、各層を探れるのですが
縦方向の動きは苦手なのか、横方向の動きに比べるとあまり付いて来てくれません。

少し時間が掛かりますが、1投=1層で探るか
1投=2層で、前半6~8m層・後半4~6m層の2層ぐらいまでにしておくのが良いかなと思います。


底ベタは、活性の低いあまり動かないイカが居る事の多い層ですが
逆に狙いが絞り易く釣り易い層です。

狙うのも底から2m以内の所をあまり大きくエギを移動させずに釣りをすれば良い訳ですし
もし活性が高いイカが居るのであれば、活性の低いイカに合わせたエギの動きでも
釣れる可能性は高いので分かり易いです。

私的には、こんなイメージでイカを探しています。



サイズが伸び悩み
RIMG6864.jpg


結果は、後から付いてくる・・・と良いな。

先週は寒い日が続いた事もあり、底の方が良いのではないかと思い
水深のあるポイント&底の方 という組み合わせを多めに取り入れました。

結果的にその組み合わせの釣り方を多くしたので、それで釣っているのですが
フリーフォールの時よりもテンションフォールの時に抱いてくる事がかなり多かったです。

思い込みは危険ですが、いつもより浮いているイカが見えなかった事や
テンションフォール時に釣れるというのは、全体的に動きが鈍かったのかなと思います。


まぁ、狙い通りの層で狙い通りのタイミングに抱かせているので
内容としては良いのですが、結果が付いてこない。

割と本気で1kg以上を狙っていたのに600g台止まりと内容に反してサイズが伴わないとなると
内容にしても何か問題があるのかもしれません。

今回なぜかタコがやたらと釣れたのも何かあるのかな・・・?

キロアップを狙うにあたって、何が出来るのかもう少し考えてみる必要がありそうです。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。 また、来シーズン宜しくお願いします。


 


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR