2014年9月~2015年6月

 
2014/9/22 九頭竜川水系・I川   イワナ35cm
RIMG2730.jpg


珍しく一投目ミスしてしまって、二投目に釣ったイワナ。

最初からサイトフィッシングで狙っていた訳ではないが、予定の位置より手前にフライが落ちてしまい
近くに居たこのイワナが反応してしまいフライを見に来てUターン。

幸い、フライには出なかったので少し奥の流れへ泳いでいくのが見え
イワナが落ち着くまで様子をみて二投目のタイミングを窺う。

二投目は、イワナも見えていたのでキッチリ予定通りの釣りを展開し
無事キャッチしたのがこのイワナ。

基本的に尺以上のサイズを釣る時は、一投目で決まる事が多いので
一投目と二投目の間に時間を空ける事は珍しく、印象の残ったイワナです。






2014/10/19 員弁川   ニジマス50cmぐらい
RIMG2828.jpg


ニジマスらしいニジマス。

渓流が禁漁になる頃から通いだす員弁川で、まだ年越しのニジマスがどのぐらい居るのか
どのぐらい釣れるのかを調査していた頃に釣ったニジマス。

今となっては、年越しニジマスも釣りになる程度に残っているのが分かり
釣り方も確立出来てきたと思います。


見た目もニジマスらしい模様で、丸々と太っていてよく泳いでくれた良いニジマスです。

ダウンクロスの立ち居地からカディスに向かって浮いてくるのが見えたのですが
早合わせせず、送り込んでからラインテンションで掛け
釣りの内容的にも良かったと思います。

サイズはそれ程大きくありませんが、良いニジマスだったのを覚えています。






2015/6/6 九頭竜川水系・I川   イワナ36cm
RIMG3689.jpg


水深20cm程の浅場は、見逃し易い大物ポイント。

この日は、どの区間にも餌釣りだらけで餌釣りの後を釣り上がる事になりまして
イワナの残っているポイントは、対岸・張り出した枝の下・水深の浅いポイントと
ある意味、分かり易い魚の配置。

大きな魚が居る場所というと、水深のある大きなポイントというイメージがあるようですが
35cm以上のイワナに関しては、以外と水深の無い緩い所で釣る事が多いです。


「ドライフライで釣る。」 という条件を付けると
水深のある大場所というのは、大きな魚が居るかもしれませんが水面まで出てくる事が少なく
それよりも大場所に隣接した餌を食べ易いポイント。 に出てきた時を狙うのが釣り易いです。

水深20cm程のポイントで釣ったので、当然サイトフィッシングで釣ったと思うかもしれませんが
イワナは見つけていない状態で釣りました。

たぶん、水深が浅くポイントとして認識し難い事から先行者の方も見逃してしまったのでしょうが
思っている以上に浅いポイントにもイワナは出てきています。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

フライフィッシング・サポート(渓流)は4月から再開しようと思います。 
今年もよろしくお願いします。


 


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR