早春の釣り

 
こっちの沢は、雪が少なくシーズンが早そう。
RIMG6935.jpg

3/12 (日)   三重県・D川


初めて行く川は、楽しい。

今回はちょっと大人数でD川へ行ってきました。

雪も無く、すでに水が下がり始めているので
先週のようにドライフライで釣りにならないという事はないでしょう。

この川へ来るのは初めてなので、どういった渓相なのかアマゴの生息数・サイズ帯はどうなのか
調べる事が多く すごく楽しみです。 


とりあえず車を止めた近辺は、少し泥が被っていてあまり良くない印象。

念の為、少し釣りをしてみたのですが予想通り良くなかったので
先に上流へ行っている組に合流しようと歩いていると
下流に比べてかなり底質が良くなってきました。

上流組みに追い付き、見学しつつ林道をうろうろしていたら堰堤があったので
堰堤上から調査を再開。

渓流っぽい渓相になっているので、少しは期待できそうです。



このサイズばかりが出てくる・・・
RIMG6939.jpg

早い時期によくあるアマゴの配置

やはり少し上流へ歩いてから入渓するのが正解だったようで
10mに1~2匹ペースでフライにアマゴが出てきてくれます。

写真のようなサイズが

まぁ、この時期のアマゴにサイズを期待するのは酷なので
居る魚が釣れるだけと思ってサイズは問わない事にしましょう。


水が下がり始めてはいるものの水温はまだ低く
スペースの広い緩やかなポイントが反応よく、最盛期の配置からすると
アマゴらしからぬポイントに居る事が多いようです。

基本的にアマゴと言えば、流芯に居るイメージですが
早い時期のアマゴは、イワナのような巻きに居たり
水面がフラットになっているような緩い流れに居たりします。

そういったポイントでは、しばらく見ているとライズしたりするので
釣り上がりをしながらライズの釣りをする事も出来ます。

ちなみにライズしていたアマゴも#12のドライフライで釣れました。

フライへの出方を見る限り、それ程警戒している感じはなく
たぶんフラットな流れでライズしているからといって、フライを小さくする必要は
ほとんど無いのではないかと思います。

それよりも魚の居る所にフライを通す事が重要で
季節によって変わる魚の配置を考慮するのが良いかと思われます。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート

フライフィッシング・サポート(渓流)は4月から再開しようと思います。 
今年もよろしくお願いします。


 


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR