釣る為には、何が必要か。

朱点がほとんどないアマゴ
RIMG0464.jpg
丸々と太ったアマゴ
RIMG0465.jpg


 川から田んぼへ水を引く時期になり、4月の釣り場は渇水状態へ。
替わりに上流域の釣り場がシーズンに入り、ゴールデンウィークを境に釣り場が変わる。

 そろそろ中流域では、イブニングが期待できる時期になり今期まだ釣っていない尺上を釣りたいところ。
尺上といえば、今シーズン釣れる魚のアベレージサイズが全体的に悪くなっているように思う。
 良くなる事はまずないだろうが、釣り場の環境は河川工事により悪くなり
釣り人が入れば、魚を持って帰り、これでは数もサイズも悪くなる一方だ。

 釣り場が悪くなる最初の段階としてまず中型の魚が極端に少なくなる。
例えば、一番釣り易い20cm~24cmのイワナを持って帰ると
翌年25cm~29cmになるはずだった魚が居なくなる。

 そうすると翌年は、25cm~29cmの魚が少なくなる。
25cm~29cmの魚の割合が少なくなると、今まで20cm~24cmの魚はリリースしていた人まで
持って帰るようになり、それを繰り返すうちに次第とアベレージサイズが下がっていく。
 最終的には、20cmの魚を釣るのがやっとという状況になりかねない。
 
 イワナの場合、寿命をまっとうできれば大体どの川でも尺上になるので
できるだけ川に帰してあげてほしい。
 もちろんアマゴにしても、持って帰れば持って帰った分 魚が減り
産卵できる固体が少なくなると、みるみる数が減ってくる。

 小さいのから大きいのまで釣れたら釣れただけ持って帰らず
25cmぐらいのを3匹。とか自ら制限を設けてほしい。
 なぜなら、魚が居てこその釣りであり、存在しない魚は釣れないのだから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR