今回だけ特別にテンカラ・サポート

 
やっぱ、写真の撮り方かな・・・   イワナ 34cm
RIMG7523.jpg
 
5/28 (日)   九頭竜川水系・I川


テンカラとフライの違い。

テンカラ・サポートという事で、フライ以外の釣り方でサポートの依頼が来るとは予想外でしたが
今回は、テンカラさん2名のサポートという事になりました。

道具からして全く違うので、出来る事・出来ない事があり
私としても参考になる事が多くありました。


大きくテンカラとフライで違うのは、リールがなくラインの長さが固定でフライよりもロッドが長い為
一定の距離を保った中距離は釣りやすいのですが、長距離は物理的に飛ばす事はできず
近距離は釣り難いという印象。

中距離の間合いに特化した釣り方になるのでしょうか。
フライラインに比べ軽いラインを使っているので、空中にラインを保つ事ができ
手前に強い流れがあっても全く影響を受けないのが大きな利点になると思います。

テンカラのイメージというと、逆さ毛鉤を沈めて水面下を釣るイメージですが
ドライフライを使って魚を釣りたいという事で、それに対するサポートになります。



これから伸びていくかもしれない新しい分野・・・かもしれない。

テンカラの道具を使って、ドライフライの釣りをしても魚から見れば
フライの道具を使って、ドライフライの釣りをしたのとなんら変わりはありません。

結局の所、魚が見ているのは流れてきたドライフライであり
使っている道具やシステムがなんであろうと、そんな事を気にしている魚は居ないでしょう。


ただ、道具やシステムというのは釣りを円滑に行う為に必要不可欠なものであり
それぞれ意味があって道具やシステムが存在しているのだと思います。

今回、テンカラの道具でドライフライを流すにあたって大きな弊害が出てしまったのが
本来メリットである流れを跨げる軽いラインです。

空中ではなく水面を流れるフライラインは、時として流れに引っ張られデメリットとなりますが
フライラインがアンカーとなり引っ張られないようにも出来るので
使い方次第でメリットにもなります。

軽いテンカラのラインは、空中に存在するのでフライよりも風の影響を受け易く
無風であったとしても竿でラインが落ちないように引っ張っている為、
フライで言うティペット部分が伸びきってしまい魚が出てもフッキング率が悪いという現象が見られました。

途中からストレートラインというラインに変えてからは、フライの流れ方がだいぶ良くなったので
テンカラの道具についてはよく分かりませんが、ドライフライに対応した道具やシステムが出来てくれば
ドライフライをメインで使ったテンカラというのも成立するかもしれません。

まだまだ改善の余地が多く残っている感じだったので、これから試行錯誤していけば
形になっていくのではないかと思います。



ドライフライで釣り易い水量で、多くのイワナが出てきてくれました。
RIMG7528.jpg


ドライフライを使ったテンカラで、34cmのイワナ。

もう、これは完全に写真の撮り方だと思うのですが一つ目の写真
あまり大きく見えないかもしれませんが34cmあります。

ドライフライが口に掛かっているというのが分かる写真でよかった。 という程度です


私は、テンカラの道具でドライフライの釣りをした事がないので良く分かりませんが
話をしながら釣り上がっていた限り、何度も水面までフライを食べに出てくるのが見えるので
とても楽しそうでした。

基本的に水面下を釣る釣りなので、水面直下で魚が出てくるのが見える事もあるそうなのですが
水面を流れているドライフライは、かなりの高確率で魚の姿を見ることが出来ます。

それがフッキングせず、すっぽ抜けたとしても魚がドライフライを食べようとしたのは確認できる為
それが新鮮だったのかもしれません。


この34cmのイワナ。
ちょうど私が横について釣りをしている時に釣ったので、最初から見ていたのですが
1回フライに出たものの掛からず、さらに数投してフライを見に来たのか魚影が見えたそうで
2回目でフッキングして釣り上げる事が出来ました。

もしかすると水中の釣りだったなら、水面の変化もなく魚影も確認出来なかった可能性もあり
ここまで粘って何投も流さなかったかもしれません。

こればかりは、”かもしれない” という話になってしまいますが
ドライフライだったからこそ釣れた1匹だった”かもしれない”という可能性の話でした。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


6月の定期釣行会は、6/17(土)・6/18(日)で九頭竜川水系・I川を考えています。

※まだ本当に予定なので、変更があるかもしれません。 

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR