尺アマゴも出始めましたね。

 
これでも今週の中では、綺麗に写真が撮れた方・・・   イワナ 31cm
RIMG7540.jpg

6/3 (土)   長良川水系・K川~N川~本流


今週も寒いっ

先週もそうでしたが、今週も週末は寒い気象条件になってしまいK川はサイズがいまいち。

3人での釣行で、私はほとんど先行せず後ろから見ていただけですが
ちらほらイワナの姿は見かけるものの20cm前後ばかりで、25cm以上のサイズが見当たりません。

一応、渇水という事で距離を取って釣りをしないとすぐに逃げてしまうのですが
逆に言うと近づいて逃げるようなヒラキに居る。 という事になるので
距離さえとっていればそこまで難しくないとは思います。


結局、これといったサイズは釣れることなく長良川本流へ移動。

前回も同じコースでK川から本流へ移ったのですが、やはり前回よりも反応は悪く
魚が出てきていない感じ。

今までの経験上、寒い日よりも暖かい日の方がサイズが良い事が多く
特に水生昆虫の羽化が終わった後のタイミングであれば、寒い日というのは水生昆虫の羽化もなく
陸生昆虫もあまり動かず、どっちつかずみたいな感じになり虫っ気がない状態になり易い気がします。



フラッシュをたかないとモヤっとするし、たいたら周りが暗く見えるし・・・   アマゴ 31.5cm
RIMG7564.jpg


そろそろ、尺アマゴが出始める時期ですね。

今日来ていた2人は、夕方5時ぐらいに帰り
明日約束している1人と夕方過ぎに待ち合わせをしていたので、釣りでもして時間潰しをしましょう。

とりあえず、通り道にあるN川で少し釣りをして堰堤下で尺イワナを1匹。
他は20cm前後ばかりで、ここも他と同じような状況でした。


待ち合わせ場所に移動し、電話をしても繋がらなかったので
連絡があるまで近くの長良川本流でイブニングを。

やはり寒い日だったので水生昆虫の羽化は少なく、ライズもぽつぽつ。
白泡が溜まるポイントで、たぶんイワナだと思われるライズを狙うものの
ポイントまでの距離がある為、いつものカディスでは白泡の上に白いカディスでよく見えません

よく分からないので、適当に引っ張ったりするとコツンとアタリがあったものの
適当に引っ張っているので掛かりません。

仕方がないので、カディスが見える白泡のないレーンのライズを狙ってみると
一投目でフライに反応があり、良い感触の重みが伝わります。

イワナとは少し違う感触はあるものの、フッキング時にローリングも全くしないで突っ込んだので
んー? と思っていたのですが、寄せてみるとアマゴの姿を確認。

今シーズン初となる尺アマゴが釣れました。
長良川本流での尺アマゴというのも良いですね。



一緒に釣りに行った方が釣ったイワナ 31cm
RIMG7575.jpg

6/4 (日)   九頭竜川水系・H川


暖かかったら他に見に行きたかった河川も・・・

最近行っていないU川・B川も気になる所でしたが、結局気温もそれ程上がらないみたいなので
比較的手軽なH川へ行く事に。

この日も気温が低いためか、後半にかけて徐々に魚の出が良くなる感じで
行きには浮いていなかったポイントにも帰りに覗いてみると魚影が確認できました。

やはり暖かい日の方が・・・と思いつつ、良くない日は良くない日なりの釣りをする事にしましょう。



尺上チャンス

交互に先行を交代しつつ、私は1匹釣ったら交代。 みたいな感じで釣り上がり
サイズはともかく飽きない程度にはイワナも出てきてくれて、時々魚影も確認できます。

ただ、暖かい日に比べると数・サイズ共に悪いのは確かで
午後2時ぐらいになってやっと25cmが混じり、少しは魚が動いてきた気配が。 


大型が期待できそうな少し大きめのポイントで一緒に来た方が1匹釣り
ライントラブルになってしまったようなので、釣ってください。 とのこと。

まだ、大型が期待できる奥のポイントも残っていた為
上のポイントから入るので、奥のポイントやったら追いついてきてください。 と上流に入り
とりあえず次の大型が期待できそうなポイントの手前まで釣りをして追いついてくるのを待ちます。

話を聞いてみると奥のポイントは釣れなかったそうなので、ここのポイントも大きいのがよく居るので
やって良いですよ。 といつもイワナが付く場所の説明をしていると魚影を発見。 

よくよく見てみると尺あるかも? ぐらいの良いサイズです。

イワナの居る場所を伝え、私は後ろで待機。
見事、一投目で31cmの尺イワナを釣り上げました。 おめでと~>


脱渓地点まで残り20mほど。
気持ちよく尺イワナを釣って満足したようで、最後のポイントを譲ってくれました。

私も尺イワナ釣りたいなー。



私も釣れました。 尺イワナ    36.5cm
RIMG7582.jpg


二人とも尺イワナが釣れました。

ポイントを譲ってくれたので、私も尺イワナ釣る事が出来ました。 

今年は、本当に35cmクラスが多いですね。


脱渓地点まで距離がなかったので、今日は尺以上のサイズは0匹かと思っていましたが
なんとか1匹釣る事が出来ました。

大型のサイズが釣れるポイントというのは、ある程度決まった条件が揃ったポイントで釣れる事が多く
そういったポイントは、丁寧に釣りをする方が結果的に良い事が多いです。

それ以外のポイントは、手抜きで釣りをする事も多いですが
1日中 100%の集中力で釣りをするのは不可能なので、釣るべき時にきちんと釣れれば
集中力を温存しておくのも一つの手かもしれません。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


6月の定期釣行会は、6/17(土)・6/18(日)で九頭竜川水系・I川を予定しています。

雪代も落ち着いて、ドライフライで釣り易い頃だと思います。

数も多く釣れる時期なので、魚を見つけながらサイトフィッシングで釣り上がりができ
大型も浮いている事があります。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR