FC2ブログ

敦賀へリベンジ

 
夏のように暑い昼間。
RIMG8443.jpg

10/9 (月)   敦賀


今年は、良くないのかな?

前回、あまり釣れなかったので敦賀へリベンジ。 

条件としては、濁りもほぼなく波も弱いので釣り易く
3連休の最終日でスレているであろう事を除けば、まずまずの条件。

アオリイカがどのぐらい残っているのか気になるところです。


朝一から釣り始め、すごく単発のアオリイカ。 

しかも、小さい

秋イカにサイズは期待していませんが、外海に向かって釣りをしている割には小さく
釣れても1杯だけで連発せず、群れで回っている感じはありません。

エギに寄って来るイカもほぼ見えず、イカさえ見えれば8割ぐらいの確立で釣れたのですが
年々、見えるイカの数も減ってきているように感じます。

各漁港を回り1~3杯釣って移動の繰り返し。

釣り人だけは多いので、入る場所のない漁港も多く小さめのテトラ帯へも探索へ。



2.5号のエギで、拾い釣り。
RIMG8454.jpg


やっぱり、漁港よりもテトラ帯・地磯の方が良いのかな・・・

漁港は、堤防に囲われたような形のものが多く船の出入り口が1~2箇所あるタイプが多い。

その出入り口は、堤防と堤防の間など漁港内に比べると狭くなっていて
漁港の内と外を行き来する時に必ず通る場所であり、アオリイカも例外なく行き来する時は通過する。

そんな漁港の出入り口は人気のポイントで、堤防の先端にはヤエンのアジが何匹も常に泳いでいて
エギもひっきりなしに飛んでいる状況を見ると、漁港の中に入っているイカの数は少なく
仮に居てもスレている可能性が非常に高い。


昔は、今に比べると何倍もイカの数が居たので漁港内を釣り歩いても十分な釣果があったが
最近は、エギを投げても着いて来るイカは本当に少なくなった。 

そんな漁港内よりも外海に面したテトラ帯・地磯の方が回遊が回ってくる可能性も高く
手軽な漁港内でアオリイカを釣るのは、本当に難しくなったと思う。

すれ違ったエギングの人とも何人か話をしたが、全然釣れないとの事

ゴムボートで沖へ出ていた人の話でもアオリイカは釣れない。 と言っていたので
釣り人の多い漁港内だけが釣れないのではなく、全体的に数が減っているのかもしれない。



居るイカが釣れるだけ。

夕方、漁港で回遊待ちをしつつ釣りをしていると
やっと単発ではないアオリイカの群れが入ってきた。 

5投して3杯釣れれば、たぶん群れだろう。

群れだからあっちの方向に投げると釣れるかもしれないよ。 と、一緒に来ていた人と場所を交代し
しばらく見ていると・・・釣れない。

時間的にエサを探して回遊している群れだと思うので、簡単に釣れると思ったのだが
そう簡単でもないらしい。

キャスト後、1回目のシャクリ前にアタリがあるという事も昔は有ったのに
秋イカは、数が釣れるからエギングを始める時期としては良いよ。 なんて
気軽には言い難くなった今日この頃。

結局、十数杯しか釣れずリベンジとは言いがたい結果になってしまった。 




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR