イブニング最盛期

本流イワナ 36cm
RIMG0573.jpg
きれいに写真が撮れたので
RIMG0550.jpg
オオサンショウウオが居ました。
RIMG0553.jpg


5/18
 長良川は、イブニング最盛期になり沢山水生昆虫が飛んでいます。
通常ではドライフライに出ないような大きな淵でも、大型の水生昆虫がハッチする時は
大きな魚が出てきてくれます

 と、言うことで長良川本流にて36cmの尺イワナが釣れました。
やっぱり35cm超えると一段と良く引いて良いですね

 ヒゲナガトビゲラが飛んでいたので、大型のドライフライでフラッタリングさせて釣りましたが
イブニングは、通常サイズのフライよりも大きいサイズのフライの方が大きな魚が釣れる気がします。

 大きいドライフライは視認性も良く、普通サイズの魚が出てもフッキングしにくいので
無駄に浮力を奪われることなく手返しがとても良い。
 魚に気づいてもらう為にフライを少し動かしたのですが、フライを高く浮かせないと水面を滑りにくく
高浮力を維持する為にも大きい方が薄暗くなってからは色々と都合が良いです。

 そして一番重要なのが、魚の出た瞬間を確認し易い事。
魚の出た瞬間が分からないと、気づいた時には岩の下に入られていたり
ピックアップしようとしたら魚が付いていたと言う残念な事になります
 出た瞬間を確認することにより、確実にフッキングし、主導権を取る事ができます

 あとは、ファイト中にラインを切られる事があるとすれば原因は主に3つ。
1.フライを飲まれていて、歯がこすれて切られる。
2.障害物にラインがこすれて切られる。
3.すでにラインが傷ついていて切れやすかった。

 3番目の原因はアレですが、1番目と2番目の原因は”魚の出た瞬間を確認すること”により
まずラインを切られることはないでしょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR