FC2ブログ

今回は、ニジマスが釣れました。

 
小さいけど、年越しのような気がする。
RIMG8505.jpg

11/5 (日)   員弁川


この条件なら釣れるかな?

2日前にも来ましたが、また員弁川です。

前回に比べると、濁りもだいぶ薄くなってきていて水も少し下がりつつあるので
条件的には良くなっていると思います。

川が変わるほどの増水があったようなので、どのぐらいニジマスが残っているか心配ですが
この増水で上れるところまで上ったニジマスも居ないか上流のポイントに入ってみました。


上流の方は、中流部に比べると濁りがまだ残っていますが前回ほどの濁りではなく
笹濁りぐらいなのでいつものDニンフシステムで釣りをスタート。

釣りを始めて数分。
一つ目のポイントの最後にあるブロックの前を流すとアタリとも言いがたい ん? という違和感。

一応、アワセを入れてみると魚の感触 

それ程大きくはないようですが、よく泳いでくれます。

泳ぎ方が今年放流のニジマスという感じではなく、年越しの感じに似ているので
年越しかな? と思いつつ無事キャッチ 

大増水で流される事なく逆に上ってきたニジマスも居るのが確認できて良かったです。
見た感じ、コンディションも良さそうな感じでした。


その後、他にも上ってきたニジマスは居ないかと釣りをしましたがアタリもなく
今年の放流地点より少し下流まで来てやっと1匹掛けましたが、ティペットが障害物に擦れていたのか
ザラザラになってティペット部分で切れてしまいました。 

流れと流れがぶつかるポイントで、川底へ流れ込む流れへフライラインごと流し込んで掛けた為
特に突っ込むような動きはしていなかったのですが、すでにラインが障害物の間に入っていたのかも?

まぁ、魚が残っているのは確認できたので別の場所も捜索してみましょう。



逆光が眩しい。   いつものロッド写真。
RIMG8517.jpg


川は変わっても、魚は残るものですね。

台風前とは渓相が変わってしまった区間でもニジマスの生存を確認できました。 

増水しているからというのもあるでしょうが、この区間は全体的に平瀬のポイントが多くなり
ルアー向きの渓相になっていました。


Dニンフシステムは、魚が付いているであろうポイントがはっきり分かっている時は有効な釣りですが
平瀬のような速い流れで、どこに魚が付いていてもおかしくないようなポイントには向いていません。

まぁ、時間は掛かりますが一つ一つレーンを潰していけば そのうち魚の居るレーンを通り
釣れるには釣れるのですが、あまり効率的ではないように思う事が度々あります。

そんな平瀬を効率的に釣れないものかとストリーマーの釣りを考えていますが
今回はDニンフシステムのまま少し誘いを掛けて気持ち広範囲を探り
ドロッパーのカディスで釣りました。 

動きに対しては、ニンフよりもカディスの方が反応が良いのか
流れを横切るように誘いを掛けるとドロッパーを食べる事が多いように感じます。

岸際まで速い流れがあり最後の取り込みに時間が掛かりましたが
いつものロッド写真も撮れ、魚もキャッチできました。 



来年の秋まで残っていれば、60cmになる可能性も。
RIMG8521.jpg


今年放流のニジマスなら良いコンディションの魚。
RIMG8526.jpg


釣りの適正距離

ドライフライで釣りをする時とニンフで釣りをする時とでは
たぶんニンフの方がポイントに近づいて釣りをする人の方が多いのではないでしょうか。

私もどちらかと言えばニンフの方が近づいて釣りをしてしまう方なのですが
どうして近づいてしまうのでしょうか?


理由の一つとして考えられるのが、沈んでいる魚を対象として釣りをするので
浮いている魚に比べ沈んでいる魚は逃げ難いというのがあります。

しかし、ドライフライで釣りをする時と同様 距離を取って釣りをした方が良い事もあります。


例えば、同じ沈んでいる魚を対象として釣りをするとしても
距離を取って釣りをするのと近い距離で釣りをするのとでは
流れてきたフライを追う距離・・・といいますか、捕食レーンの範囲が違うような気がします。

底に居る魚でも、距離を取ってフライを流すと中層ぐらいまで浮上しフライを食べる事も多く
近づけば近づくほど動く距離は減り、魚の目の前に流さないとフライを食べなくなり
正確にフライを流す必要性が出てきます。

正確にフライを流せば釣れるかもですが、実は距離を取ってフライを流せば普通に釣れたものを
わざわざ難しくして釣っているという可能性も否定できません。

先行者の有無や条件によって釣りの間合いは変わると思いますが
基本的には沈める釣りでも距離を取って釣りをする方が魚は釣り易いのではないでしょうか。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


今シーズンのフライフィッシング・サポート(渓流)は終了しました。
また、来シーズン宜しくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR