FC2ブログ

GW明け特大号 (先週、更新しなかったので)

 
たまにはロッドと一緒に写真撮影。
RIMG9120.jpg

4/28 (土)~5/6 (日)の数日   長良川水系・いろいろ


GWおつかれさまでした。

今年のGWは行った事のある場所、ない場所いろいろ行きましたが
どこも釣り人多数でちょっとした釣り場難民になっていました。 

行った事のある場所は、予測が立て易く釣果も安定するのですが
慣れてくると面白みに欠けてくるので、新規開拓・行った事のない川へ行くと
入渓地点~脱渓地点を探し、魚の生息数やサイズ帯・渓相・シーズンなど調べる事が多く
今回のGWは、新規開拓に時間を使いました。


後半は、天候も崩れて気温が急激に下がるなど条件的にも厳しく
少しの標高差で、魚が浮いていたり沈んでいたり釣り場によって難易度が大きく変化していた気がします。

とりあえず、釣り方を工夫するなどをして対応すれば魚も反応してくれたので
いくつか釣り方の選択肢を持っておくと、悪い日は悪い日なりに釣果が安定するのかなと思います。



高低差があるので、上るのに少し疲れる・・・
RIMG9158.jpg


山葵らしき植物も生えていた。
RIMG9165.jpg


新規開拓の川① K川

立地条件は、車横付け徒歩1分・帰りは林道付き。 

4月30日の月曜日 Kから始まる川が多いので、どこの川か分からなくなりそうですが
このK川は、初めて入る川です。

シーズン的には、ちょうど良いタイミングで入れたようで水生昆虫の姿も見かけ
入渓地点からチラホラとイワナが釣れました。

アマゴも居るかな? と思っていたのですが、アマゴは1匹も釣れずイワナばかりで
アベレージは20cm前後~23cmぐらいまでがほとんどで、魚の難易度は優しく
違うレーンのイワナがフライを見つけて食べに来るぐらいでした。


魚の難易度は優しいのですが、キャストし易い川かと聞かれると微妙な所で
フライをきちんと流すと事が出来るなら、魚の反応は優しい。 というのが正しい表現かもしれません。

魚影は濃く、堰堤下など広いポイントでは複数のイワナがライズしていたり
5匹・6匹と釣れるポイントもありました。 


魚が多いといえば、堰堤下で魚を掛け寄せてくる時に後ろから同サイズのイワナが3匹付いてきていました。

ある程度大きくなると後ろから同サイズの魚が付いてくる事が稀にあるのですが
20cm程度のサイズ帯で、尚且つ3匹同時に付いてくるというのは初めてです。 

別のポイントでも後ろから魚が付いてきたのが見えたので、見えない距離を含めたら
結構、付いてきているのかもしれません。

何ゆえ付いてくるのかはよく分かりませんが、興味本位で付いてきているのだとすれば
ルアーなんか投げたらワラワラとイワナが付いてくる事でしょう。 


高低差があるので、上るのに疲れるのと木の枝が出ている所が多く
少しキャストし難い点を除けば、手軽で良い川なのではないでしょうか。

25cmぐらいまでしか釣れなかったのが少し気になりますが
イワナなら大抵どんな川でも尺ぐらいのは居るので、割合の問題でしょう。



GW中、一番大きかった魚。   イワナ33cm
RIMG9103.jpg


アマゴ向きのポイントも多く、渓相は良い感じ。
RIMG9197.jpg


新規開拓の川② W川

びっくりするぐらい気温の下がった5月4日の金曜日。

道の脇に設置されている気温計は、午前10時過ぎで9℃
5月とは思えない寒さです。 

これだけ急激な気温変化があると、通常とは違った条件になるので釣れても釣れなくても
参考程度にしかなりません。


とりあえず、入渓出来そうなポイントへ行ってみると餌釣りさんの姿が・・・
仕方がないので、車で移動し少し釣り上がった所で別の餌釣りさんに追いついてしまい
これまた移動です

開けた川は、釣り易いので釣り人が多いですね。

少し釣りをした感じだと、小さなアマゴとイワナが数匹釣れただけでしたが
先行者の影響や条件によるものがあるので、なんとも言えない感じです。


4箇所目か5箇所目にしてやっとそれらしい区間に入る事ができまして
渓相は、まずまず良い感じでフラットなアマゴ向きのポイントが多く
アマゴとイワナの混生区間でしたがアマゴが多めに出てきた気がします。

22cmぐらいのアマゴも釣れますが、これも条件的なものなのかチビアマゴの割合が多く
イワナは少ししか釣れませんでした。

一応、魚は居るようなので普通の条件ぐらいの日にもう一度釣りをしてみて
再調査してみてもよさそうな感じでした。



もうちょっと良いサイズ帯のアマゴが出てきて欲しい・・・
RIMG9202.jpg


別の日、別の川で釣った尺イワナ。
RIMG9129.jpg


少しの区間差で、状況は変化する。

だいぶ気温が戻ってきた5月6日の最終日。

この日も釣り場難民になりつつ空いていたN川へ入渓。

なにやら16番ぐらいの茶系カゲロウ(スピナー)が流下しているようで
あちこちでライズしているのを見かけます。 

前日にこの区間より下流で釣りをしているのですが、明らかに前日よりも水生昆虫の量も多く
魚も水面の餌を食べています。


条件ばかりはどうする事も出来ないですが、魚さえ餌を食べに出てきていれば簡単に釣れるんですよね。

たぶん、少し前に釣り人が入ったのか釣り上がるルートの石の上に濡れた足跡らしきものがありましたが
餌が流れていれば少しの時間差でも魚が出てくるので、条件による補正はかなり大きいです。

アマゴが付くような流れの芯にもイワナが出てきているようで、活性は高いようです。 


ライズしているアマゴ・イワナを釣りつつ上流へ上がって行くと、大場所を2つ越えた辺りから
水生昆虫の種類が変わってきて、魚の反応も変わってきました。

昨年も同じ区間で似たような現象に遭いましたが、どうも区間が変わると川底の質が変わって
そもそもの生息している魚の数も多い区間と少ない区間があるような感じです。

少しの区間差で状況が変化していくのもこの時期らしい季節の釣りかと思います。



上流域では、今この水生昆虫が出ているようです。
RIMG9223.jpg


このタイプのイワナは、グラデーションが綺麗。
RIMG9253.jpg


状況に合わせた釣り。

少し時間が余ったので、N川より上流にあるK川の様子を見に行ってみました。

時刻は昼の2時。
水生昆虫の姿は見かけず、魚も浮いている雰囲気がありません。 

ドライフライで様子を見ながら釣り上がって行きますが、反応はなく
いつもイワナが釣れる広めのポイントまで来ました。


よくよく川を見てみるとイワナを発見。 
イワナの真上を通るレーンを流してみるもののチラッともフライを見ません。 

まぁ、水面の餌は流れていないし少し寒いしで動きたくないのでしょう。

それならそれで、こちらにも考えがあります。
員弁川でお馴染みのDニンフシステム(渓流バージョン)で実験してみましょう。


ルールは簡単。 ドロッパーのカディスはドライフライ単体の時に比べて釣り難くなるので
カディスを食べに出てきた時点でカウント1。

体感的にドライフライ単体の時に比べて、釣れる量が半分ぐらいになるので
最終的な合計匹数を2倍にする。

リードのニンフは、食べたかどうかを確認し難いので確実に魚と分かる重みが乗った時点でカウント1。

リード優先の流し方をするので、最終的な合計匹数はそのままの1倍とする。


沈めれば釣れるという訳ではないのですが、条件次第で水面の釣りより反応が良い事があり
魚は見えるのに浮いてこない。 といった時は沈めるパターンに該当する事が多いです。

Dニンフに替えてから結果が出るのも早く、リードフライのニンフが好調のスタート。

詳しい釣り方や狙うべきポイントは、省略して結果だけ書きますが
ドロッパーに出た数が4匹。  リードで掛かった数が23匹。
(調査時間:3時間  途中で針が外れた魚もカウントされています。)

ドロッパーの数を2倍しても 8対23でリードの圧勝でした。 


このシステムで釣りをして5対5だった場合は、ドライフライ単体に替えた方が釣果は良く
3対7ぐらいからこのシステムが優位になります。

暇な時に渓流でもDニンフシステムを試行錯誤してきましたが、だいぶ形になってきたので
中間報告までに実験結果をブログにて報告させていただきます。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

フライフィッシング・サポートの申し込みはこちらまで。 春夏秋渓 フライフィッシング・サポート


5月の定期釣行会は、5/26 (土) 5/27 (日) 九頭竜川水系・石徹白漁業管内の川を予定。
詳細は、春夏秋渓 フライフィッシング・サポートにてご確認よろしくお願いします。

釣りに関する質問等は、ブログのコメント・メールにてお気軽にどうぞ。
答えれる範囲で、お答えします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お魚カウンター
プロフィール

taku

Author:taku
 
内山 拓巳(うちやま たくみ)
愛知県在住の釣り人

渓流のドライフライをメインに
オフシーズンは、ニジマスなど
年中釣りをしています。




フライフィッシングサービス 春夏秋渓も宜しくお願いします。
http://ffs85.blog.fc2.com/

連絡用アドレス
basilisk0088@yahoo.co.jp
 

当ブログはリンクフリーです。
御一報下されば、
こちらからもリンクを貼らせて
いただきます。
 

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR